2017年11月20日 (月)

2017/11/20(月) クリスマス・デコレーション。

Xmasdeco171120

 一週間の釜山滞在を終えて、昨日、帰国。

 ヨットレースのアンパイアリングも

 もちろん、楽ではなかったが

 たとえ最寄りの外国都市からであっても

 その帰国に伴う肉体的苦痛には

 相当の、つらいものがある。

 考えてみれば、朝8時半に釜山のホテル発。

 家に帰り着いたのは、午後3時なのだから

 その間、6時間半を要している。

 疲れるわけだと、改めて思う。

 まあその分、昨晩は、早めに床についたので

 今朝の目覚めは、とても良好。

 また、数日ぶりのオフだと言うことで

 ストレスもなく、起き上がる。

 それにしても、寒くなったもの。

 朝6時半にフィットネスに向かって家を出るが

 長いパンツに、セーリング用の

 しっかりした、ジャケットを羽織って行く。

 冬になったなのだなあ、と思う。

 朝トレを終えて、整形でリハビリを受けて

 その後、西宮まで出かけてみる。

 寒さに襟を合わせるようにして歩いて行くと

 クリスマスソングが聞こえ、

 また、クリスマス用のデコレーションを

 いくつか、見ることができる。

 そんな時、我が左脳は、クリスマスまで、

 まだまだ時間があるではないか、とか

 そもそも、クリスマスは我が国の

 文化ではないではないか、等々

 反論を試みているのだが、残念

 身体は心地よく、受け入れてしまう。

 クリスマスイベントは、長い年月をかけて

 日本にも馴染みきったのだと思う。

 さて、西宮から戻り、きょうはゴルフの練習へ。

 来月初旬にコースを回るので

 そのために、少しずつ、

 クラブに慣れておこうと言う魂胆。

 100球ほど打って、きょうのところは

 このあたりにしといてやろう。

 長いオフの一日かと思いきや

 家に帰って、釜山関係の

 洗濯やらしているうちに

 窓の外は、もう、暗くなっている。

 おお、晩酌の時間到来だな。

 ここのところ場外乱闘ばかりが話題になっている

 大相撲の九州場所をテレビで観て

 そのまま、本日の晩酌に移っていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

2017/11/17(金) 朝食券(Breakfast Coupon)。

Coupon171117

 はやいもので、気がつけば金曜日。

 大会も4日目となる。

 明日は悪天候が予想されるので

 本日中にすべてのプログラムが

 終了する可能性がある。

 うむ。

 喜んでいいのか、微妙なところ。

 大会が一日早く終わるのは、

 自由になる時間が増えるので

 歓迎する部分もあるが

 別に観光のために、

 ここに来たわけではない。

 やはり、心の中では、最終日まで

 ヨットレースシリーズが続いて欲しいと

 願っている自分がいることに気付く。

 そんなことを考えながら、

 本日の一日も、まずは朝食から始まる。

 ここ、シークラウドホテルでは

 チェックインの際に、朝食券が渡される。

 これ、Breakfast Coupon。

 6枚綴りで渡されて、毎朝一枚、

 切り取っては、朝食会場に持って行く。

 このようなレースイベントの際には

 いつでも朝一番に朝食会場へ行くのだが

 ここ、シークラウドホテルでは

 その時間は、ホテルスタッフの

 まかないの時間でもある模様。

 そんなの、ありか?!

 朝食券をスタッフに渡すと

 そのスタッフもまた、一緒になって

 バイキングの食事をお皿に載せて行く。

 日本では、なかなか見られない光景だと、思う。

 しかし、まあ、文句は言うまい。

 トーストを焼いて、たっぷりバターを塗って

 スクランブルエッグに

 オレンジジュースとレタスサラダ。

 朝食としては、十分ではないか。

 今朝の貴重な朝食が、こうして完了する。

 そうそう、このような時、

 朝食券が減っていくのを見て

 滞在の残り日数をカウントすることになる。

 あんなにたくさんあった朝食券が

 残り2枚になっているのを見ると、

 なんだか、とても寂しいもの。

 残り少なくなった釜山滞在の郷愁感のようなものを

 このような紙が演出してくれるのかと思うと

 改めて、紙の価値を感じてみたりする。

 まあ、どうでも良いのだが。

 さて、さて。

 本日のレースは、やや中途半端に終了。

 昼過ぎから風がなくなってしまい

 選手もスタッフも、もちろんアンパイアも

 全員、消化不良にて、帰港する。

 明日は、強風予報だが、

 このまま終わるわけにもいかない感じ。

 厳しい明日が待っているのだな、きっと。

 つまり、このような時に

 明日はレースないかも、などと、

 自分の心を緩めては、ならない。

 本気でスタンバイすることが、肝要なのだと思う。

 だが、その前に、今晩は

 アンパイアのみんなと、しっかり飲んで

 明日に備えることにしよう。

 とも、思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

2017/11/16(木) あわびの参鶏湯。

Sangetan171116

 昨晩は、良く眠れずに苦労してしまったなあ。

 室温調整が拙かったのかも知れない。

 夜中に何度も目を覚ましては

 布団をかけ直したり、枕を置き換えたり。

 結果、朝の5時に一旦目を覚ましたものの

 二度寝をしてしまい、30分後に、

 ようやくベッドから抜け出す。

 エアコンをしっかり設定していたはずなのに

 室温が、やけに低かったぞ、と

 エアコンのリモコンに書かれた

 読めない韓国語表示を眺めながら

 ぶつぶつと、つぶやく。

 さて、さて。

 きょうは、大会も三日目。

 いよいよ、選手達にとっては

 イベントも佳境に入っていく。

 会場に着き、服を着替えるのだが

 きょうは、ダウンの上下を着用することにする。

 要するに、それくらい冷えるとの予報。

 あまりの着込みに、陸上では

 暖かすぎて、少し閉口したのだが

 いざ、海上に出てみれば、

 なんと、それでも寒いではないか。

 風がないだけ、ましだったが

 風がなければイベント進行は遅れるわけで

 その分、よけいに海上にいることになる。

 人生、うまくゆかないのであるな。

 本日のレースは、午後4時45分に終了。

 陽はほとんど西に落ちかけている。

 長い一日のイベントを終えて

 ほぼ完全燃焼にてハーバーバックする。

 冷え切った身体を温めるには

 なにより風呂が一番なのだが

 外国のホテルでは、概して、それは望めない。

 シャワーを浴びて、身体をだまして

 今晩のディナーに繰り出す。

 本日、韓国の友人が

 連れていってくれたのは参鶏湯のお店。

 冷えた身体には、最高だと思う。

 店に入り、5種類ほどの中から

 選んだのは、あわびの参鶏湯。

 お値段は、決して安くはないが

 普段日本では食べられないものだという

 贅沢感からすると、高いわけでもない。

 ぐつぐつと煮え立った参鶏湯がテーブルに届くと

 その見栄えだけでも、こりゃあ、楽しいと思う。

 しかも、お店の女性が

 アワビをハサミで切り取って

 参鶏湯の中に、放り込んでくれる。

 ビールを飲んで、美味しい参鶏湯をいただいて

 寒さと戦ったきょうの一日が過ぎていく。

 明日は、雨模様の予報。

 ああ、神様お願い。

 雨だけは、勘弁して欲しいなあと

 真剣に、てるてる坊主を吊すことまで

 考えてしまっている、自分が、いる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

2017/11/15(水) サムギョプサル ディナー。

Sumgyo171115

 釜山国際女子マッチは、二日目。

 しっかり寝たので、目覚めも良い。

 昨日と同様に、朝食をとり

 朝のブリーフィングの後

 選手たちと一緒に送迎バスに乗って、

 レース会場に向けて出発する。

 天候は、晴れ。

 風もそこそこ、あるように見える。

 要するに、良いコンディションということ。

 きょうも幸せな一日になる予感がする。 

 朝9時半に出港して、レース海面に向かう。

 北寄りの風10~15ノット。

 絶好の風に恵まれている。

 だが、たまに吹き込むブローが強烈で

 選手たちを苦しめたりする。

 おっと、苦しむのは、

 もちろん、アンパイアも同じ。

 冷たい風に、気温は体感で8度程度。

 かなり寒い思いをしながら、

 本日の一日を終える。

 夕方4時に帰港。

 こなしたマッチレースの数は

 9フライト、27マッチ。

 疲れるわけだと思う。

 きょうのプログラムを終えてホテルに戻り

 さくさくとアンパイアブリーフィングも終えて

 さあ、きょうのディナーは、サムギョプサル。

 運営スタッフも一緒に、総勢15名にて

 ホテルの近くの店へ出かける。

 韓国のアンパイアの話では

 ビーフとポークが混在している店は

 あまり良くないのだと言う。

 日本とは環境が異なるので

 実態はよくわからないのだが

 とにかく、きょうのお店は、美味しくて感動する。

 特に、忙しいアンパイアチームは

 ろくにランチも食べていないので

 その感動もひとしお、なのだなあ。

 お腹いっぱいに食べて飲んで

 きょうの仕事をすべて完了する。

 ホテルに戻り、さあ、寝るか。

 明日は、さらに気温が下がるのだと。

 より一層、重装備をして、

 明日は海に出ようと思う。

 残り、三日。

 ファイト!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

2017/11/14(火) Busan Cup(釜山カップ)。

Match171114

 さあ、きょうから、

 釜山カップ国際女子マッチレースが始まる。

 釜山は、大阪から来るのにとても便利なこともあり

 この大会のために、釜山にやってきたのは

 多分、6回目くらいになると思う。

 そのうち、最近の3回は、正式に

 アンパイアとして参加しているが

 それ以前は、スタッフとして呼ばれていないので

 観光の合間に、レース会場を訪問した。

 でも、そんな時でも、

 アンパイアとして少し、仕事をさせてもらったり

 特別にスタッフディナーに招待してもらったり、

 本当に、お世話になってきている。

 韓国の運営スタッフのみなさんには

 心から、感謝するばかり。

 いつもいつも、ありがとうございます。

 さて、きょうは朝5時に起きて

 レストランの開店時間の6時ジャストに

 階下に降りて、朝食をいただく。

 因みに、今の釜山の日の出時間は6時40分くらい。

 景観に優れたホテルゆえに

 真っ暗な海を眺めながらの朝食になる。

 食事の後、シャワーを浴びて

 朝8時15分から、大会のブリーフィング。

 8時45分には、ホテルから

 会場行きのバスが出るのだから

 これは、思いの他、忙しい。

 時間ぎりぎりで、バスに乗り込む。

 本日の釜山の海は、晴天。

 風は、あまり安定していないが

 それでも、吹き止むことはなく

 総当たりの前半は、かろうじて、終了する。

 アンパイアは選手と違って、休憩がないので

 海上で半日働くのは、結構、つらい。

 でも、これで一段落がついたと思うと

 まだまだ先は長いながら、ほっとする。

 午後3時過ぎにレースが終わってハーバーバック。

 その後、審問があり、ようやく

 ホテルに戻ったのは午後の5時半。

 ディナーは午後の7時からで

 その後、アンパイアのブリーフィングも行う予定。

 釜山カップは、どうしてなかなか

 アンパイアに楽をさせてくれない。

 でも、せっかくの機会なのだから

 大切な時間を楽しむことにしよう。

 大会予定は、残り4日。

 土曜日に強風予報が出ているので

 明日からの進行が、心配される。

 まあ、自分としては、とにかく、

 すべてのことを、着実に行うこと。

 その結果、良い成果が残せれば、

 それに越したことはない、と思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

2017/11/13(月) シークラウドホテル。

Seacloud171113

 昨日は、西宮でヨットレースがあり

 さらに、パーティにまで参加したものだから

 友人たちと、しこたま飲んで

 今朝は、激しい二日酔い。

 朝5時に目を覚まし

 MKタクシーのお迎えの時間まで

 若干、ぼおっとしながらも

 とにかく、釜山への旅行の支度を進める。

 風呂に入り、シャワーを浴びて

 全身を清めて、さあ、出発。

 MKタクシーは、ジャストタイムにやってくる。

 このような、いつもながらの

 MKの作法には、頭が下がる。

 予定された時間通りに関空に着き

 後は、いつものように

 飛行機に乗って、釜山へ飛ぶ。

 釜山まで来れば、ヨット関係者のお迎えがあり

 指定のホテルまで連れて行ってくれる。

 さあ、ここからが、今回の

 マッチレースの仕事だぞ。

 で、今回泊まるホテルは

 ヘウンデのシークラウドホテル。

 これ、なかなか良い。

 部屋の中は綺麗だし

 窓から眺める景色も最高。

 ヘウンデの海岸線を

 眼下に見下ろすことができる。

 さらに、階下にはコンビニがあり

 安価にてビールを買うことができる。

 こりゃあ、いい。

 チェックイン後、すぐにコンビニに降りて

 アメリカのビールを数本買って

 部屋の冷蔵庫に放り込む。

 さてさて。 

 明日から女子マッチレース。

 だから、そのための準備がある。

 アンパイアのミーティングがあり

 その後、選手とのブリーフィングもある。

 忙しい一日を過ごし、最後は

 ウェスティンホテルにてパーティがある。

 幸せなひとときなのだと思う。

 アンパイアチームのメンバーと

 愉快に語り合いながら、

 釜山滞在の第一日目が終わっていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

2017/11/10(金) アイスクリームケーキ。

Icecake171110

 きょうは、61才の誕生日。

 今さら祝うような年でもないのだが

 毎年の節目として、いろいろと

 立ち止まって考える日なのだと思う。

 今から61年前のきょう、出産のために

 渋谷の日赤病院に入院していた母は

 どのように過ごしていたのだろうか。

 自分の出生の場面にまで

 時間を遡ってみたりする。

 61年前の11月10日は、

 今よりも寒かったのではないか。

 食事は質素なものばかりで

 例えば母は、ビタミン補給のために

 ミカンを食べていたのかも知れないなあ、等々。

 所詮、男の子などと言うものは

 生涯、親不孝の塊みないなもの。

 それがようやく、母のことを

 考えるようになったのだから、

 その内容が、このような

 お粗末なものであったとしても

 天国の母は、あきらめ顔で、

 納得しているのではないかと思う。

 さてさて。

 と、言うことで、きょうは誕生日。

 何人かの友人、知人から

 お祝いのメッセージが届く。

 昨今では、フェイスブック(FB)が

 友人同士の誕生日を知らせてくれる。

 だから、大量のお祝いメッセージが、

 FB経由で届くようになっているのだが

 それがあまりに、こそばゆくて、

 実は、昨年より、自身の

 誕生日の発信を取り消してみた。

 だから、きょう、誕生日祝いの

 メッセージを送ってくれた友人は

 誕生日を覚えてくれていた、ということ。

 これが、嬉しい。

 本来、お祝いのメッセージというのは

 そこにこそ、価値があるのだと、改めて、思う。

 第61回目という、あまり

 めでたくない誕生日ではあるが

 そんなメッセージに背中を押され

 では、ケーキで祝おうという気にもなる。

 そう言えば、子供の頃、

 一度でいいから、アイスクリームの

 バースデーケーキを食べてみたかった。

 その時代には、そもそも、売り物として

 見つけること自体が難しかったし

 仮に、あったとしても、

 値段が高くて、買えなかったと記憶する。

 そんな、昔、昔のリベンジをするかのように

 きょうは、アイスクリームケーキを買ってくる。

 ろうそくは、少しずるをして、6本だけ立てて

 慣例にならって、一息で吹き消す。

 切り分けたアイスクリームケーキは

 冷たくて、適度な甘さで、とても美味しい。

 いやはや、決して上質な味わいではないのだが

 食べられなかった子供の頃を

 思い出したりもするものだから

 感動も増すのだと思う。

 アイスクリームケーキの後には

 もちろん、今晩の晩酌としての

 ビールを飲むことになる。

 これからの一年間もまた

 充実したものになりますように。

 4月になくなった天国の母に向けて

 手を合わせて、祈ってみた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

2017/11/09(木) 季節弁当。

Season171109

 きょうは、11月09日。

 明日は、61回目の誕生日なので

 きょうが60才最後の日と言うことになる。

 祝う理由は、何にもないが

 ひとつのきっかけとして

 昼飯は、美味しものでも

 食べに行こうと考える。

 阪神芦屋駅前のイタリアンが良いかと思い

 店の前まで行ってみると

 きょうは、貸し切りなのだと。

 こんな中途半端な日に貸しきりとは。

 納得はゆかないが、しかたがない。

 それでは、と、今まで店の前を通るだけで

 入ったことのない和食屋へ。

 個室の部屋に通してもらい

 まずは、中瓶のビールを頼む。

 おっと、週日の昼間は

 アルコールは厳禁なのだが

 60才最後の日なのだから

 きょうは、許すことにしよう。

 メニューを見てみると

 結構、良い値段の料理が並ぶ。

 その中に、季節弁当と言うのを発見。

 値段も手頃なのが、良し。

 これをいただくことにする。

 ビールを飲みながら、待つこと、しばし。

 やってきた季節弁当は、

 見栄えもなかなか、優れている。

 秋なのだな。

 見て嬉しい、そして、食べてみて、

 いやはや、美味しいではないか。

 和食特有の上品な味わいに

 感動してしまうのだな。

 すっかり満足して、帰宅。

 食事の満足感とアルコールによる

 強烈な睡魔が襲ってきて、あっさり、降参。

 幸せな午睡となる。

 夕方からは、来週のレースの準備。

 ルールブックと英語辞書を片手に

 書類を読み進める。

 一通り読み終えて、ほ。

 時は夕刻。

 今晩のビールの時間になっている。

 少しだけ、来週のための

 荷造りなどを始めながら

 安心しながらの晩酌となる。

 明日は、金曜日。

 来週の本番に向けて

 本気モードに入らねばならないのだが

 その前に、週末のアクティビティがある。

 うむ。

 調整の難しさを感じているうちに

 きょうの日も過ぎていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

2017/11/08(水) 安売り年賀はがき。

Newyear171108

 今朝は、クルマが雨の路面を

 走る音で目を覚ます。

 このような時は、憂鬱で

 あまり良い目覚めにはならない。

 ただ、雨はすこぶる小雨で

 傘をささずとも、一日を

 過ごすことができそうだと感じる。

 そう思うと、元気も出てくる。

 きょうは、朝トレの後、大阪市内に出て

 いつもの関電病院へ検査を受けに行く。

 朝6時半。

 マンションの玄関を出ると、やはり小雨。

 傘は持たずに出発したので

 ここは、少しだけだが濡れながら歩く。

 朝トレを終えて、芦屋駅前の

 コーヒーショップでモーニングを食べた後

 JRに乗って新福島駅へ向かう。

 この電車は、サラリーマン時代に

 毎日乗っていた電車。

 退職して、そろそろ1年が経つのだと思うと

 なんだか不思議な気分になる。

 新福島駅を降りると、雨は、やや強め。

 だが、傘をわざわざ買うほどではない。

 濡れながら、5分の道のりを歩く。

 関電病院では、実にスムースで

 病院に到着してから、10分足らずで

 診察は完了してしまう。

 二ヶ月後の予約を入れて、

 本日の関電病院詣ではおしまいとなる。

 せっかく大阪市内まで出てきたので

 きょうは、駅前ビルまで足を伸ばして

 年賀はがきを買うことに決めている。

 駅前ビルに立ち並ぶチケットショップでは

 年賀はがきが安売りされている。

 本来、一枚あたり52円のものが48円。

 600枚買うと、なんと

 2,400円の節約になる。

 売るのも買うのも合法なのだろうが

 この差額の裏には、なにがしかの

 理不尽な事情、もしくは

 不正に近い作業があるのではないか。

 少なくとも、年賀はがきのようなものに

 値引きの仕組みがあるとは思えない。

 誰かが、大損を防ぐために、

 多少の損を覚悟で

 捌いているのかも知れないなあ。

 いずれにしても、本日の

 大事な仕事が一件落着。

 JR北新地駅から電車に乗って

 我が家の芦屋へ帰って行く。

 一旦、帰宅の後、きょうは、少し忙しい。

 午後から神戸へ出かけて所用を済ませる。

 iPhoneの報告によると、

 本日の徒歩数は12,000歩を超えている。

 これに、フィットネスのランニングが加わるので

 実質的には、15,000歩というところか。

 雨に降られた割には、

 随分、一生懸命に歩いたのだな。

 再び家に帰り、来週の釜山に備えて

 大切な内容の書類を読み込んでいく。

 適当なところで、ビールも開始。

 ついでにテレビのスイッチも付けて

 ようやく、夜の部に入っていく。

 明日あたりから、旅行支度もしなければ。

 そんなことを考えながら

 スーパーで買った肉じゃがと

 ポテトサラダを食べながら

 本日のビール晩酌が進んでいく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

2017/11/07(火) ほっけ焼き。

Hokke171107

 もしかすると、風邪をひいてしまったかも。

 喉になんとなく違和感があり

 また、身体が、ほんの少しだが

 だるく感じられる。

 だから、いつも以上に

 長い時間の睡眠をとってみた。

 その成果があったのか、

 今朝も、まずまずの体調にて

 布団から飛び起きて

 さあ、朝トレに出かける。

 体重は、やや重め。

 ここのところ、食欲の秋のせいか

 きっと、良く食べているのだろうな。

 朝トレから帰宅して、きょうは

 久しぶりにゴルフの練習に行ってみる。

 来月上旬にラウンドすることが決まり

 まだまだ時間があるというのに

 慌てて練習に行ったりするところが

 自分の落ち着かない性分なのだと思う。

 だが、そうでもしないと我慢ならないのだから

 抗いようが、ない。

 ゴルフ練習場で汗を流して

 家に帰ると、昼ご飯が用意されている。

 メインメニューは、ほっけ焼き。

 これ、居酒屋等へ行った際に

 最も良くオーダーする、

 メニューのひとつなのであるなあ。

 ウィークデーの昼飯時に

 ビールを飲むのは、タブーなのだが

 きょうのところは、ほっけ焼きに免じて

 昼ビールを許すことにする。

 ゴルフの練習後と言うこともあり

 ビールも美味けりゃあ、ほっけも美味い。

 ほっけとは「北魚」と書くらしい。

 ニシンが良くとれた時代には、

 足の速い魚ゆえに

 あまり人気がなかったようだが

 その後、ニシンの不漁に加えて

 流通の刷新も手伝って

 人気を得るようになった魚なのだと。

 陽の高い時間にビールを飲む

 幸せを享受しつつ、要するに

 我が身を怠けさせながら

 本日のいわば贅沢な昼飯が終わる。

 ビールでほろ酔い気分なので

 ちょっと横になるか。

 このような時、そうそう、

 風邪をひいているのだから

 身体を大事にしなければ、などと

 自分に思い切り甘い、自分がいる。

 夕方からは、西宮へ出かけ

 きょうも映画を観たりする。

 おっと、来週のアンパイア業の準備をしなければ。

 殊勝はことも考えるのだが、

 それは、明日からにしよう。

 帰宅してみれば、窓の外は、暗い。

 これは、もうビールを飲むしかないな。

 徐々に気分も良くなってきて、

 上質な幸せを感じながら、

 充実したきょうの一日も終わっていく。

※ほっけの写真は、ウェブからの借り物です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

2017/11/06(月) ポンガラ・カレー。

Pongara171106

 ここのところ、寒暖のせいもあるのか

 身体に大きな負担をかけているようで

 どうも、腰の調子が芳しくない。

 そんなこともあり

 朝トレの後、整形へ行ってみる。

 腰の牽引治療を受けると、

 右腰あたりに違和感があり

 痛みにも似た、快感を得る。

 そして、いつものように

 整形のリハビリの後は、

 一旦、絶好調になるのだから

 ありがたいことだと思う。

 きょうは、釜山行きまで1週間となり

 いよいよ、準備に追われ始める。

 大会側からもメールが届き

 返信するとともに、ルール関係の

 再チェックも始めていく。

 この緊張感が、なんとも言えない。

 若い頃は、緊張が楽しみだったのだが

 昨今は、そうでもない、と思う。

 むしろ、辛いかも知れない。

 そんな思いから逃れるかのように

 そうだ、映画でも観に行こう。

 前から観たかった映画は、

 『ラストレシピ』。

 昼前後の回を、ウェブで予約を取って、

 いざ、JRにて大阪へ出る。

 大阪に着いたのが上映開始の20分ほど前。

 しっかり食事をする時間もないので

 軽食屋を探しながら、地下街を歩く。

 おや、阪急百貨店前に、カレー屋を発見。

 時間的にもちょうど良い。

 店の名前は、ポンガラだと。

 ガラポンではなく、ポンガラ。

 ビーフカレーを頼んだ後

 店の名前の由来を尋ねてみる。

 曰く、川の流れの意味なのだと。

 どこの国の言葉か、聞き損なったが

 そもそも、つまらない答えなので

 もはや、関心もない。

 さらに、お米は、長粒種の

 いわゆる外米なのだと言う。

 これ、なんだか損した気分。

 やはり、カレーライスのご飯は

 日本の美味しいご飯に限ると思う。

 さて、さて。

 映画は、なかなかの出来映え。

 ただし、一刀両断で

 泣かせることのできるストーリーのはずなのに

 切れ味は、悪いな、と思う。

 家に帰れば、もう夕方。

 日が短くなってきたなあ。

 それよりなにより、寒くなってきた。

 もうすぐ、61回目の誕生日。

 もはや、喜びの日ではないのだが

 せっかくの特別の日を

 特別な日として過ごしてみたい、

 と思うこともある。

 わがままなのだなあ。

 と、思いながら、本日の

 ビール晩酌が進んでいく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

2017/11/03(金・祝) 文化の日。

Calture171103

 定年退職してからと言うもの

 休日の感覚がなくなってきている。

 それでも土日は、セーリングがあるためか

 きちんと意識できているのだが

 週日の祝日となると、さっぱり。

 今朝も、単なる金曜日のつもりで目を覚ます。

 いつものようにゴミ出しをして

 階下から新聞を取って、家に戻る。

 ここまで、全くルーティン通り。

 さて、朝トレに出かけるかと

 しっかり準備を済ませて、これまた

 いつものように、朝6時半に家を出る。

 否。出てしまったのであるな。

 芦屋駅までの道のりの半分あたりで

 天気が良いなあ、と思い

 そう言えば、きょうは、11月3日で

 晴れの特異日だったなあと、考えたところで

 ようやく、あ、そうだ。

 きょうは、文化の日で祝日だったのだ、と気付く。

 フィットネスの開始時間は、祝祭日の場合

 10時からとなっている。

 要するに、今行っても、やってない。

 実に阿呆な自分自身を罵りつつ

 きびすを返して、家に戻る。

 きょうは、午後から上京の予定。

 明日は、葉山でマッチレースがあり

 それにアンパイアで参加することになっている。

 本日中に野比の家にたどり着けばよいので

 慌てる必要は、なし。

 午後の新幹線『こだま』に乗って

 4時間をかけて上京する。

 飛行機や『のぞみ』に比べると

 ずいぶん長い時間に聞こえるが

 リタイヤの身としては、所用時間は

 あまり気にする必要がない。

 グリーン車のゆったり席に身を委ね

 ビールを飲んで、少し眠り

 後は、セーリングルール関係の

 書類等を読んでいるうちに

 新横浜に到着するだろうと思う。

 晩飯は、野比駅界隈で

 中華料理でも食べて

 やはり、生ビールでも飲んで

 明日に備えようと思う。

 では、では。

 行って来ます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

2017/11/02(木) 日本シリーズ第5戦。

Series171102

 やること多々の週末に向けて

 気がつけば、木曜日となっている。

 毎日が休日の身とは言え、

 金土日の三日間の予定が

 きっちり埋まっているとなると、

 さて、どのように、こなせばよいのか

 ひたすら慌てることになる。

 また、来週末は、クラス会で上京の後

 韓国の釜山に行く予定になっている。

 しかも、国際女子マッチのアンパイア。

 目前に迫っているものの

 目に見えないプレッシャーに

 負けてしまう自分がいる。

 気分を変えるために

 家を出て、なにかをしては

 また、帰宅して、仕事をこなす。

 このような日は、フィットネスが休日なことを

 本当に恨めしく思う。

 日中は、デスクワークをこなし

 友人関係、マンションの理事会関係

 はたまた、ヨット関係の連絡業務に専念する。

 やることが多いことを知り

 嬉しく思うと同時に、

 やるべきことのあまりの多さに

 少しだけ、不思議にも、思う。

 もしかすると、仕事を

 安請け合い、し過ぎかも。

 さてさて。

 きょうも日が暮れて、テレビをつければ

 プロ野球日本シリーズの

 第5戦が行われている。

 ソフトバンクが3戦を先勝して

 そのまま終わるかと思いきや

 DeNAの反撃が、どうしてなかなか

 凄いことになっている。

 ソフトバンクもDeNAも、別に

 好きな球団ではない。

 にも関わらず、こんなにテレビに

 釘付けになってしまうのは

 試合が面白いからに他ならない。

 プロ野球人気は、今から15年くらい前に

 突然、凋落現象を起こして、現在に至る。

 テレビ広告収入の中心であったはずが

 いつの間にか、スポンサーにも

 嫌われるようになり

 もはや、プロ野球の使命は

 おしまいかと思っていた。

 だが、いやはや、面白い。

 要するに、プロ野球の不人気は

 ジャイアンツにあったのではないのか。

 それを確信しつつ、ビールを飲む。

 きょうも、最後まで試合を観てしまいそう。

 ああ、楽しい。

 プロ野球日本シリーズなのだな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

2017/11/01(水) 芦屋市立図書館。

Library171101

 時の経つ速さは

 嫌になるほど感じているのだが

 今朝は、月が変わっていることに

 全く気付かずに、家を出る。

 フィットネスの後、整形外科へ行き

 受付にて『月初めなので、

 健康保険証を出してください』と言われて

 きょうが、11月01日だと知る。

 いやはや、道理で寒いはずだと思う。

 月も変わったので、少し勉強に

 身を入れねば、と思うのだが

 どうも家の中では、気合いが入らない。

 そんなことを、リハビリ中に考えていたのだが

 整形でのリハビリを終えての帰り際

 フィットネスの先輩から

 芦屋図書館の存在を教えてもらう。

 年齢が一回り上の先輩にしても

 家でデスクワークは進まないので

 たまに、図書館に行くのだと言う。

 このような時、地元の先輩は

 本当にありがたいと思う。

 家に帰り、簡単にデスクワークを済ませてから

 まずは、市役所へ行き、食堂でランチ。

 それから、徒歩で、図書館に向かう。

 グーグルマップによると

 市役所から図書館まで

 1.5キロくらいあるのだと。

 昼飯後の腹ごなしに

 ちょうど良い距離だなあ、と思う。

 15分ほど歩くと、谷崎潤一郎記念館があり

 芦屋市立美術博物館があり、そして、

 今回の目的地、芦屋市立図書館がある。

 図書館に来るなんて、中学生の頃以来かも。

 勝手がわからず、怯えながら中に入り

 しばらくは、館内を散策する。

 中学生以上の人は使うなという

 テーブルを見つけて、また、少しひるむ。

 うっかり使おうものなら

 きっと叱られるのだろうな、と、

 またもや、怯える。

 その後、階上に勉強部屋を見つけて

 ここで小一時間ほど、本を読み

 また、パソコンでパチパチして、過ごす。

 ネット接続がうまくゆかず

 それが大いに不満だったが

 部屋を含む館内の静けさと、

 無料で使える施設全般は

 とても贅沢な環境だと思う。

 さてさて。

 日の入りの早いこの時期。

 暗くなったと思えば

 さあ、プロ野球日本シリーズ

 第4戦がテレビ放映されている。

 王手をかけたソフトバンクに

 きょうは、DeNAが一矢報いる。

 面白い。

 明日も野球が楽しめるのか。

 庶民的な楽しみを享受している自分を

 今は、とても嬉しく思っている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

2017/10/31(火) ソース二度漬けはご勘弁。

Soarce171031

 きょうは、時間があるので

 友人たちの入院見舞いに行くことにする。

 大垣と名古屋市内の2カ所。

 交通の噛み合いが良ければ

 決して、大変なことでもない。

 朝10時に家を出て、

 芦屋駅から新大阪駅へ。

 予約済みの新幹線の時間まで

 少し時間があるのと、少しお腹もすいたので

 駅構内の串カツをいただくことにする。

 カウンターに座って、まずは、朝ビール。

 最初に出てくるのがキャベツなのは

 この手の串カツ屋のお約束か。

 手で摘まんで、目の前にある

 ソースの溜まりにつけて、食べる。

 カウンター越しに、店員が

 『ソースの二度漬けはご勘弁ください。』

 これもまた、大阪の串カツ屋の

 お約束と言うのか、それとも

 法律と言ってもよいのかも知れない。

 キャベツも串カツも、一旦、口に付けたものを

 みんなで使う共用のソースに漬けるのは

 不潔であることはもちろん

 品性にも欠ける、ということなのだと思う。

 関西にやってきて、約30年が経つのだが

 そもそも、やってきて早々に先輩から、

 この二度漬け禁止は、習ったと記憶する。

 串カツでは、当たり前のルールなのだが

 それでも、やってしまう客がいるのだろう。

 カウンターの目の前には、

 二度漬けご勘弁を記したメニュー版がある。

 串カツ屋の庶民的な雰囲気に包まれながら

 まだ、午前中だと言うのに

 生ビールを飲んでしまうのは

 やはり、串カツに良く合うからなのだと思う。

 ぷはーっと、嗚呼、幸せ。

 すっかり満足して、その後、

 新幹線に乗って本日の旅行に出発する。

 米原経由で大垣へ。

 大垣駅からタクシーに乗って病院へ。

 久しぶりに会う友人の元気な顔色に安心して

 今度は、在来線の新快速電車で名古屋へ向かう。

 ここでも、友人の目の輝きに安心して

 さて、名古屋駅から新幹線にて帰阪する。

 本日の旅行は、都合10時間。

 長いようで、短い、一日だったと思う。

 家に帰れば、もう一度、ビール。

 この一杯で、疲れも癒える。

 明日は、オフの予定。

 朝トレの後、ゆっくり寛ぐ一日にしたい、と思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

2017/10/30(月) ヨット "X4"。

X4yacht171030

 月曜日の朝。

 やや二日酔いを感じるが

 ここは元気にフィットネスへ出かける。

 ランニングで汗を流して

 マシーンとフリーウェイトで

 身体をいじめているうちに

 体調は、しっかり戻ってくる。

 週始めの朝を実感して満足する。

 家に一旦帰った後、きょうは

 新西宮ヨットハーバーに出かける。

 いつもお世話になっているヨットの

 船底が少し汚れたと言うので

 友人と一緒に、磨くお仕事。

 このような時、やるべきことがあるのは

 幸せなことだと思う。

 台風に吹き込む風がまだ強いが

 晴天なのは、気持ち良い。

 ヨットのタイプは、"X4"。

 大きくて、とても美しいヨットなのだな。

 船体を眺めながら、こんなヨットに

 時々乗せてもらえることを誇りに思う。

 さあ、一生懸命に仕事するぞぉ。

 午前中一杯をかけて

 しつこい汚れを落とし

 気分を良くして、家に帰る。

 午後には、水道の修理があり

 業者が家にやってきたのだが

 なんとまあ、あっという間に直ってしまい

 完全に拍子抜けしてしまう。

 ドクターがくると、治(直)るのは

 人も物も一緒なのだと思う。

 さて、さて。

 明日は、名古屋方面に行く予定。

 やることがあること、

 また、行くところがあることを、嬉しく思う。

 幸せだなあと思いつつ

 きょうも、ビールを飲むことにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

2017/10/27(金) 伊勢エビフライ。

Ebi171027

 10月27日は、亡き父の誕生日。

 父の死から時が経つにつれ

 この日の認識が、徐々に

 薄れてきていたのだが

 きょうは、完全に失念していた自分に驚く。

 忘れることは、悪いことではないと思うが

 家族4人の幸せな日々を思い出すと

 なにか、とてもいけないことをしたような

 思いにとらわれる。

 そんなことを考えながら、

 きょうは、伊勢奥志摩に移動する。

 週末は、志摩ヨットハーバーで

 オータムマッチが開催されるので

 その前日の準備をしなければ。

 朝9時にクルマにて芦屋を出発。

 ヨットハーバーの最寄りのインターチェンジを

 降りたあたりの一般道が

 通行止めだと言うので、迂回したのだが

 さほど、余計な時間を費やさずに

 奥志摩まで到着する。

 なんだか得した気分にもなり

 では、とばかりに、志摩名物の

 伊勢エビを食べることにする。

 この店のエビフライ定食は

 エビフライの数で値段が決まっている。

 2匹ならいくら、3匹ならいくら、という感じ。

 ランチなので、最小単位の2匹をオーダーして

 つかの間の、楽しいランチタイムとする。

 テーブルには、ナイフとフォークではなく

 お箸が用意されている。

 うむ。

 エビフライを箸で上手に食べるのは

 思いの他、難しいことを知る。

 まあ、美味しければ、良いか。

 ランチを終えて、さあ、

 ヨットハーバーでレースの準備をする。

 今回は人数が多く、仕事は、はかどる。

 短時間で準備は完了。

 ビールを飲んで、晩飯といくか。

 ヨットの楽しい仲間たちと

 宿泊部屋の一室にて、鍋を囲む。

 幸せなひとときだと思う。

 週末は、また台風が接近中。

 台風の被害に遭いませんように。

 神様に祈っているうちに

 TGIFの1日が過ぎていく。

※Thanks God It's Friday!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

2017/10/26(木) トレイ・トロリー。

Tray171026

 なんと言うことか。

 目を覚ませば、朝7時過ぎ。

 こんなに寝過ごしたのは、

 昨今、記憶にない。

 フィリピンとの時差が、まだ

 完全に回復していないのかも知れないが

 それだけでは説明しきれない

 疲労の蓄積があるのだと思う。

 そう言えば、熱っぽいのだが

 これは、インフルエンザ予防接種から

 来ているのだと推察される。

 でも、まあ、これでしっかり体調も

 完調に近づくはず。

 そんな木曜日の1日を

 どのようにして過ごそうか。

 例えば、紅葉狩りも考えてみたのだが

 結局、神戸ポートピアへ行き

 IKEAで買い物をすることにする。

 クルマを運転して、小一時間。

 一種、ワンダーランドのIKEAにて

 楽しい散策のひとときを過ごす。

 店内をうろうろしているうちに

 昼の時間になり、レストランでランチタイム。

 ここでは、各自トレイを持って

 セルフサービスにて、食事を受けとる。

 だが、トレイを乗せるワゴンもある。

 おっと、ワゴンではなく、トロリーだと。

 このトレイ・トロリーに、トレイを乗せれば

 食事を落とす危険もなく

 安全に席まで運ぶことができるのであるな。

 IKEAに来るのは、実は二度目なのだが

 商品には魅力があり、例えば

 子供連れのファミリーは、子供たちを

 キッズ用施設に預けることができる。

 この目配りの細やかさには、驚く。

 日本は、世界的に、最も

 目配りの行き届いた国だと思うのだが

 商業主義が絡むと、

 他国に負けてしまうことがある。

 これ、もしかすると、江戸時代の

 士農工商から、来ているのかも。

 そんなことを考えながら、

 本日の昼の部が終わる。

 では、夜の部は、というと

 夕方から北新地へ出かけて

 ヨット関係の友人と、晩飯会食。

 美味しい和会席料理をいただいて

 大満足にて、帰宅する。

 明日は、志摩に行く予定。

 次の台風はまだ遠いようだが、

 土曜日には影響があるかも知れぬ。

 そんなことを心配しながら

 帰宅後にも、また

 ビールを飲んでしまう自分がいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

2017/10/25(水) インフルエンザ予防接種。

Flu17102501

 まだ、渡航の疲れが残っているようで

 今朝の寝起きは、決して良くない。

 朝6時前に目を覚まし、

 慌てて、フィットネスの支度をする。

 きょうは、朝トレ後に整形にも行きたいので

 健康保険証なども携えて行く。

 軽い筋肉疲労を感じながらの

 朝トレは、なかなか快適。

 また、その後の整形における

 リハビリも、とても気持ち良い。

 ここに来て、ようやく

 帰国したという実感を抱く。

 帰宅の途中、肌寒さを感じながら

 あ、そうだ、インフルエンザの

 予防接種を受けなければ。

 昨年、会社をリタイヤしてから

 初めての予防接種になるのだが

 会社の健康保険組合から、

 費用補填の連絡が届いていたはず。

 良い意味での貧乏性が働いて

 帰宅後、すぐに、近くのクリニックへ行き

 インフルエンザの予防接種を受ける。

 事前アンケートに時間を費やすが

 実際の注射は、あっという間。

 わずか5秒にも満たなかったと記憶する。

 きょうは午後から外出して

 夕方に、帰宅する。

 予防接種を受けた左の腕に

 少し違和感があり、額を触れば

 なんとなく熱があるかのよう。

 だが、どうも勘違いだった模様。

 窓の外が暗くなるに連れて

 少しずつ元気も出てきた感じ。

 気がつけば、健康体にて

 夜の時間を迎えている。

 さあ、そろそろ、週末の支度を始めるか。

 今回は、クルマで行くつもりなので

 荷物を制限する必要がない。

 とは言え、ルールブックや帆走指示書など

 書類が多いのは、悩ましい。

 コンパクトにどうやってまとめるのか。

 そんな悩みを解決するために

 今晩も少しだけ、ビールを飲んで

 頭を冷やすことにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

2017/10/24(火) 阪神国道。

Hanshin171024

 久しぶりに、我が家の布団で目を覚まし

 実に快適に、朝を迎える。

 やはり、長年親しんできた寝具には

 安らぎの基盤がある、と思う。

 一連の朝の仕事を済ませた後

 そして、これもやはり久しぶりとなる

 芦屋のフィットネスへと向かう。

 短パンと半袖のシャツ。

 さすがに寒いだろうと思い

 ダウンベストを羽織っていく。

 自分自身の感覚では、これで

 ちょうど良い塩梅だと思うのだが

 回りを歩く人に、半袖、短パン姿は見つからない。

 セブ滞在の間に、日本の夏は

 終わってしまっていたわけで

 これ、浦島太郎みたいな

 ものかも知れない、と思う。

 フィットネスを含む、朝の

 一連のルーティンを終えて

 さあ、きょうは、映画でも観に行くか。

 ウェブでチェックして、観るべき映画を探す。

 ちょうど良い時間に、

 アウトレイジが上映中だと知り

 そそくさと家を出て、阪急西宮へ向かう。

 映画の内容は、まずまず、というところか。

 適度な満足感にて、さて、家に帰ろう。

 行きと同じルートではつまらないの

 帰りは今津線に乗って、今津駅に出る。

 西宮北口から今津駅まで、わずか2駅なのだが

 2駅の間にあるのが、阪神国道駅。

 今から38年前に初めて大阪に来た頃

 この駅名が、全く不可解だったことを思い出す。

 そして、実は、今もって不可解。

 阪神国道って、なんだ。

 多分、国道2号線の上にあるから

 そのように名付けられたのだと思うが

 では、どこから「阪神」が来たのか。

 未だもって、定かではないし

 どうにも、納得がゆかない。

 いやいや、それすらも

 我が憶測に過ぎないのだな。

 さて、さて。

 家に帰りゆっくりとして

 明日からの毎日に備える。

 天気予報によると、また

 週末には、台風が日本に接近すると言う。

 こんなのありか。

 天に向かって、思い切り腹を立てながら

 今晩のビール晩酌となる。

 ぷんぷん。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

2017/10/23(月) 飛行機のディレイ。

Delayct23

 英語学校の卒業翌日に、すぐ帰国すれば

 何の問題もなかったはず。

 だが、せっかくの機会なので、

 マクタンにもう一泊して

 ダイビングを楽しんでから帰国しようなどと

 貧乏性な欲を出したものだから

 台風の影響を受けることになった。

 週半ば頃の予報では、

 予定された香港-関空のフライトは

 キャンセル必至の状況だったが

 台風の速度が少しずつ上がり

 なんとかなりそうな雰囲気になる。

 が、一方で台風の勢力が増して

 暴風圏が大きくなったので

 またまた、楽観は許されなくなる。

 セブから香港までは、楽勝だが

 その後の、香港-関空便の

 乗り継ぎ便の動向が心配で

 嫌な夢まで見たのだと思う。

 土曜日の昼頃、キャセイから届いた

 メールによると、結果は、ディレイ。

 香港発の時間を約3時間、遅らせると言う。

 なるほど。

 ヨットでよく使う風速予報によると

 香港の出発時間を遅らせて、

 関空着が朝7時を過ぎれば、

 概ね、暴風からは逃れられそう。

 ほぼ定時のセブ発便で、香港へ向かう。

 香港での待ち時間は、3時間のはずが

 このディレイで、5時間半となる。

 空港ラウンジでカールスバーグの

 生ビールを飲みながら

 また、iPhoneで遊びながら

 ひたすら耐えるように、時間を過ごす。

 朝3時50分にようやく搭乗開始。

 結局、関空には朝の9時前に到着する。

 だが、ここからさらに、

 MKタクシーの出発待ちに加えて

 芦屋までの渋滞が待ち構えている。

 3週間ぶりの我が家到着は

 ちょうど正午頃だったか。

 あまりに長い旅と不眠による疲れで

 正直なところ、心身ともに

 かなり参っている。

 軽く食事をして、布団で眠り

 また、夕方にも、布団で眠る。

 セブの寮では、掛け布団の代わりに

 薄い、布きれを掛けて寝たもの。

 だから、我が家のしっかりした掛け布団は、

 信じられないほど、気持ちが良い。

 さて、さて。

 日本の気温は、すっかり下がっていて

 夕方になると、寒さすら感じるではないか。

 テレビを付ければ、クライマックスシリーズ。

 広島とDeNAが、良い試合をしている。

 明日は、何をしようか。

 そんなことを考えながら、そして

 疲れた身体にビールを流し込みながら、

 日本での晩酌のひとときを過ごす。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

2017/10/20(金) Day20 首輪のない犬。

Dog171020

 ここのところ、雨天、曇天が続いている。

 台風の影響なのだろうが

 この後、週末も曇天予報だと聞くと

 フィリピンの気温の高さを鑑みたとしても

 さすがに、気が滅入ってくる。

 軽い二日酔いのせいか

 朝の調子は、今ひとつ。

 しかも、今朝も軽症ながら

 ナイトメアに悩まされながら目を覚ます。

 フィットネスも休みにして

 外の空気を吸いに、少しだけ

 学校の外に出てみる。

 見つけたのは、首輪のない犬。

 要するに、野良犬なのだが

 曇天下では、より侘びしく映り

 このような表現をしたくなってしまう。

 『首輪のない犬』は、

 オフコースの歌のタイトルで

 高校生時代に好きだった曲のひとつ。

 コートを羽織るような冷たい真冬が、

 その歌の背景なのだが

 曇天と野良犬が醸し出す侘びしさと

 少しだけだが、英語学校最終日の

 哀愁のようなものが、このタイトルを

 思い出させたのだと思う。

 一時限目あたりでは、

 若干熱っぽさを感じたのだが

 その後、少しずつ、回復していく。

 そうか。

 やはり、軽い二日酔いだったのだな。

 気がつけば、本調子にて、

 本日の7時限のレッスンも終わる。

 先生のみなさん、ありがとう。

 また、グループレッスンのみなさんにも

 感謝の言葉を捧げたいと思う。

 そして、少しは英語も上達した、と信じたい。

 3週間の長きに渡って、毎日

 長時間の授業を受け続けたというのに

 もしも、何の効果もなかったのだとすれば

 なんたる阿呆なのだろうか。

 そんなことを考えながら、

 Howdyでの最後の授業の後、

 まずは、ひとりで乾杯。

 その後、友人たちとレストランで

 中華を食べながら、改めて乾杯。

 なにはともあれ、3週間の踏ん張りに

 胸をなで下ろし、幸福感に包まれる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

2017/10/19(木) Day19 散らかったデスク。

Messy171019

 悪夢にて、目が覚める。

 帰国するためのチケットが買えなくて

 七転八倒しているのだが

 チケット売り場まで、走りたくても

 足が動いてくれない、という

 至極、ありきたりなナイトメア。

 ああ、乗り遅れた。

 日本には帰れない!!

 というところで、4時に一旦、

 コケコッコの声を聞きながら、起き上がる。

 額には、汗。

 ほっとすると同時に、

 あまりの疲労感にギブアップして、

 禁断の二度寝に入ることにする。

 ここHowdyでの生活も残り二日となった木曜日

 残念ながら、怠惰な朝となる。

 朝トレも、もちろん、キャンセル。

 ああ、何をやっているのかと

 久しぶりに本気で自分を責めてしまう。

 さらに、部屋の明かりをつけてみれば

 なんだ、このデスクの散らかりようは。

 洗面用具、ウェストポーチ、ヨット関係書類

 ダイビングのログブック、お菓子類

 財布に、Kindleに、手ぬぐいに、等々。

 どうしてまあ、こんなに散らかっているのか。

 我がことながら、嫌になってしまう。

 今回の寮の部屋は、

 ツインを用意してもらっている。

 だから、ベッドはふたつ。

 そして、デスクの上には、スタンドライトが

 ふたつ用意されている。

 良く言われていることだが

 スペースがあれば、その分、

 余計なもので散らかってしまうのだな。

 いよいよ、明後日には、この寮を出る。

 帰り支度をする時間は

 ふんだんにあるようだが、

 明日の夕方は卒業セレモニーで

 思いの他、忙しいかも知れない。

 では、きょうのうちにやっておくか。

 そんなことも、少し考えてみるのだが

 もちろん、怠け者の自分が許さない。

 明日の夜、やれば、いいじゃん。

 はい、と、こんな時だけ

 素直で元気な声を発しながら

 Howdyでの最後の木曜日の晩が

 ゆっくりと過ぎていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

2017/10/18(水) Day18 Howdy Cafe。

Cafe171018

 そもそも、今回の英語学校の名前である

 Howdyの意味もわかっていない。

 このようなことに、無頓着なのが

 自身の良いところなのだと

 常々思っているのだが、

 後になってから、あの時

 どうして誰かに聞かなかったのだろう、と

 反省することが、実は、少なからず、ある。

 きっと、今回も、反省するのだろうなあ。

 そんなHowdyの一階には、

 Howdy Cafeがある。

 味気ない言葉で言ってしまえば、食堂。

 月曜日から日曜日まで、生徒達は

 朝食と昼食が、無料で食べられる。

 あ、これは、授業料に含まれている、という意味。

 また、夕食は、安価にて食べられる。

 朝食にしても、昼食にしても

 この美味しさは、なんだ、と驚く。

 例を出せばきりがないのだが、例えば

 美味しく炊けたご飯と、味噌汁。

 和食特有の、ゴボウや大根、

 また、生姜味に包まれたつくねの味わいには

 正直なところ、参った、と感じる。

 因みに、ここHowdyには、

 キッチンインターンという仕組みがあり

 英語を学びたい、本職の人が

 Howdy Cafeのキッチンで、腕をふるっている。

 どうりで、美味しいわけだと思う。

 前回の短期留学から一緒の友人曰く

 6月の時は、激やせしたが、

 今回は、太って仕方がないのだと。

 さもありなん。

 きょうの朝食も、昼食も

 ご飯大盛りで、ふりかけをかけて

 美味しいおかずとともに

 もりもりと食べきってしまう。

 ああ、幸せ。

 帰国の時まで、いよいよ

 カウントダウンに入ってきたが

 このHowdy Cafeの食事だけは

 忘れがたい思い出になるだろうと

 確信している自分がいる。

 感謝、感謝。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

2017/10/17(火) Day17 ペソ硬貨。

Coin171017

 目を覚ませば、もう火曜日。

 ここのところ、腕時計のペブルに

 毎日のように、起こしてもらっている。

 なんとなく身体が熱っぽいのは

 もしかすると、風邪をひいたのかも知れない。

 朝6時過ぎに、寮を出て

 まずは、朝トレに出かける。

 今朝は開いていますように、と祈る。

 幸い、扉は開いていて、

 さらに、現地の人がすでに

 トレーニングをしているではないか。

 これは、こちらに来て、初めての光景。

 他の人がいるとなると

 少しだけだが、モチベーションも上がる。

 インクラインベンチから始めて

 シットアップ、スクワット、レッグランジ。

 次のラットプルあたりで汗が流れてくる。

 でも、今朝のセブの天気は曇天。

 太陽に照らされさえしなければ、

 比較的、涼しくて快適なのだな。

 30分ほどであがって、寮に戻る。

 納得のゆく朝トレの後は

 シャワーもまた、気持ちが良い。

 食事を済ませ、一旦、部屋に戻った後

 学習の支度を済ませて、部屋を出る。

 財布は持って出る必要はないのだが

 このような時は、習慣として

 ついつい、財布もつかんでしまう。

 おや、随分軽くなったなあ。

 海外に来ると、しばらくの間は

 硬貨の種類がすぐにはわからず

 どうしても、紙幣で支払ってしまい

 お釣りの硬貨がやたらに、財布にたまる。

 だが、後半に入ってくると

 硬貨の価値が瞬時に掌握できるようになり

 例えば、スーパーの支払いでも

 しっかり硬貨を使うようになる。

 そんなこんだで、財布の中の硬貨が

 この1週間で、すっかり減ったというわけ。

 理由が明確ゆえに、気分も良い。

 本日の7時間の授業を終えて

 今夕もまた、スーパーへ行き、

 少しだけ、買い物を済ませる。

 支払いは、紙幣と硬貨。

 また、少し、財布が軽くなる。

 残りの授業は、水木金の三日を残すのみ。

 今回の短期留学では、かなり

 納得のゆく成果が得られたように思う。

 もちろん、自身の勘違いや思い上がりもある。

 さらに、先生から与えられる

 暗示パワーによるものも大きいのだろう。

 でも、ま、いっか。

 3週間のセブ留学が意味がなかったなんて

 思いたくもないし、信じたくもない。

 ともあれ、残り3日間。

 全力で突っ走るぞお。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

2017/10/16(月) Day16 紙袋。

Paperbags171016

 今回のセブでの生活も、いよいよ最終週。

 少しずつ、帰り支度に入っていく。

 昨日は、最後のルームクリーニングを済ませ

 また、部屋に残っている在庫の整理も始めたりする。

 シャンプー、リステリン、電池、トイレットペーパー等々。

 残りの日々の中で不足するのは困るが、

 余らせても意味がない。

 指折り、残りの日々を数えながら

 各々の残量を再確認する。

 そう言えば、紙袋もたまっている。

 これは、スーパーで買い物をする際に

 商品を入れてもらうもの。

 日本人の感覚として、ポリ袋ではないことに

 若干の違和感をおぼえるが

 ここマンダウエでは、プラスチックバッグ、すなわち

 ポリ袋は、使用が禁じられているらしい。

 因みに、セブンイレブンのようなコンビニでも

 紙袋が使用されている。

 三ヶ月前のセブシティでは、当たり前のように

 ポリ袋が使われていたことを思い出し

 環境問題について、少し考えてみたりする。

 この紙袋は、寮の部屋では 

 ゴミ袋として、とても重宝する。

 だから、手に入れるたびに

 丁寧にたたんで、集めておく。

 そして、この紙袋もまた、

 今となっては貯めすぎたので

 そろそろ、しっかり使い切らねば、と

 いつもの貧乏性が、首をもたげる。

 まあ、余ったら捨てれば良いだけなのだが。

 さてさて。

 月曜日の授業も気がつけば、おしまい。

 今晩は、雨天の下、友人と

 パークモールまで、タクシーで行ってみる。

 初めてのパークモールを、しっかり視察して

 フィリピン料理のディナーを食べて、

 タクシーにて帰寮。

 雨天のせいか交通渋滞で時間もかかり

 ちょっとストレスを感じる。

 そう言えば、今朝は少し寝不足だったような。

 やはり、連日の勉強と

 週末のアクティビティで、

 心身を休める時間が少なく

 疲労がたまっているのかも知れない。

 今晩は、ゆっくり寝るかと

 反省っぽい思いを抱く。

 が、ああ、晩酌ビールは、止まらない。

 こりゃあダメだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

2017/10/13(金) Day13 Typhoon。

Typhoon171013

 昨日、映画を観たことが影響しているのか

 今朝は、目覚めが悪い。

 いつになく、眠いなあと感じながら

 朝5時に起きてみると、外は雨。

 小やみになれば、朝トレに行こうと

 考えていたのだが、その後

 雨は、土砂降りに。

 今回セブに来た最初の晩のように

 寮内に凄まじい音が鳴り響く。

 こりゃあ、だめだ。

 諦めて、きょうはデスクワークに徹しよう。

 それにしても、ひどい雨だと思い

 iPhoneにてチェックしてみると

 マニラの北西に台風が発生している。

 セブは、台風の中心部から、

 かなり離れているのだが

 この悪天候は、影響を受けているのだろう。

 おっと、今はセブにいるのだから

 台風ではなく、Typhoonと記すべきか。

 そう言えば、中学生の頃

 台風という日本語が、Typhoonになったのか。

 それとも、Typhoonが、

 台風と言う日本語になったのか

 悩んだことがある。

 確か、それは、英語で台風をTyphoonだと

 習った時に起こった疑問だったと記憶する。

 その疑問が、なんと約50年経った今をもってしても

 解決していないのだな。

 さてさて。

 明日はボホール島観光に出かける予定。

 はたして、天気は大丈夫なのだろうか。

 雨に降られることは覚悟するが

 できれば、小降りで済んで欲しいと願う。

 本日も午後4時20分。

 そうこうしているうちに

 いつものように、7時間の授業が終わる。

 そして、きょうは、放課後に

 なにをしようかと、悩む。

 Howdyは、交通不便な場所にあるので

 毎日の夜の過ごし方が、難しい。

 ふん。

 なにを甘えたことを言っているのか。

 すべてを満たすものなど

 あるはずないじゃないか。

 と、自分自身に叱咤しながら

 本日の軽めの晩酌が進んでいく。

※写真は、Windy からの借り物です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

2017/10/12(木) Day12 映画『キングスマン』。

Kingsman171012

 びゅんびゅん、時が過ぎてゆき

 慌てている自分がいる。

 そんな気分を癒やすためにも

 朝トレは有効なのだと思う。

 きょうも朝6時着で、ザナドゥージムへ。

 だが、昨日同様、まだ、ドアは開いていない。

 昨朝、開場を一緒に待つことで

 早速、友人になってしまった朝トレ仲間も

 玄関の外で待っている。

 彼が言うには、係員は

 朝コーヒーを飲んでいるのだと。

 冗談じゃあないと、腹も立つが

 まあ、ここはフィリピンなのだからと

 静かに気持ちを落ち着けて、待つ。

 5分後に、無事、入場。

 朝トレで汗を流しながら思いついたのは

 そうだ、きょうは映画でも観に行ってみよう。

 iPhoneでチェックしてみると

 午後6時10分から、アヤラシアターにて

 『キングスマン ゴールデンサークル』が

 上映されると記されている。

 午後4時20分に授業が終わるので

 これは、ちょうど良い時間だと判断する。

 本日の7時間の授業を終えて、

 支度をして、階下に降り

 受付にて、タクシーを呼んでもらう。

 ここHowdyでは、プライベートタクシーを

 呼んでもらえるので助かる。

 アヤラモールへ向かう道は

 慢性的な渋滞道路なのだが

 まだ帰宅ラッシュ時間前のせいか

 ストレスを感じることなく、アヤラに到着する。

 過去の例にならって、まずはチケットを買い

 その後、モール内のレストランにて

 サンミグライトを飲みながらのディナーとする。

 フィリピンの映画チケットは

 日本のものよりも立派なので、少し驚く。

 細かく印刷された文字は、

 老眼にはつらいが、適度な厚紙は

 なんとなく、大切にしたくなる。

 丁寧に財布の中にしまって、時を待つ。

 映画『キングスマン』は、尺がちょっと長いが

 とても面白く、満足して、シアターを出る。

 アクション映画というのは、

 言葉があまり理解できなくても

 ストーリーがわかるので、ウェルカム。

 さらに、この映画の日本での上映は

 来年の1月上旬なのだと知り

 より一層、得した気分で、幸せになる。

 単純なのであるな、相変わらず。

 アヤラモールからタクシーに乗って

 帰寮したのは、午後9時半。

 ああ、良く遊んだなあ、と感じる。

 それもまた、幸せなことだと思う。

 明日は、もう金曜日。

 そう思うと、また、少し焦る。

 その心を落ち着かせようとして

 ビールを飲んでしまうのだから、、、

 これはもう、手の施しようがないかもと

 自分のことを責めてみたりもする。

 なにがあっても、明日は、金曜日。

 それを避ける手立ては、もちろん、ない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

2017/10/11(水) Day11 ランドリー。

Laundry171011

 セブで朝トレに行くようになって、二日目。

 今朝も5時に起きて、出発の支度をする。

 6時10分前に学校を出て、

 ジャスト6時にジムに到着。

 だが、あれ、玄関が開いていない。

 もしかして、経営破綻??

 わずか2週間分の入会とは言え

 入会の二日後に破綻なんて

 あまりに不幸だと、一瞬、天を仰ぐ。

 階下に降りて、帰り道を歩き始めると

 おや、少しだけだが見覚えのある顔が

 前からやってくるではないか。

 フィットネスに行くのですかと聞いてみると

 そうだ、と言う。

 間違いない。

 従業員なのであるな。

 後について、もう一度階段を上がっていく。

 電気ボックスからキーを取り出して

 フィットネスジムのドアチェーンを開ける。

 なんてことはない。

 キーの隠し場所まで、

 知ってしまったことになる。

 まあ、何の役にも立たないが。

 少しずつ日が高くなる中

 昨日と同程度のトレーニングを済ませて

 本日の朝トレを終える。

 さて、トレーニングの際に着用していた

 ポロシャツをどうやって洗うか。

 しばし、悩むが、結局

 英語学校の無料サービスの一つ

 ランドリーサービスに出すことに決める。

 3週間の滞在に対して学校から

 5枚のクリーニング無料券をもらっている。

 今回使うのは、その2枚目。

 一度に依頼する量に制限はないので

 ポロシャツに加えて、ソックス、

 バスタオルなどを一緒に入れて

 ランドリーに持って行く。

 仕上がりは、金曜日の午後7時だと。

 これ、本当に助かる。

 フィリピンのランドリーは、

 タイのプーケットと同じで

 洗濯に伴う特別な匂いがつくが、

 まあ、それも良いだろうと諦めている。

 さて、さて。

 水曜日の授業も終了。

 今晩は、友人と夕食を食べながら

 週末のプランなどを検討してみる。

 週日にしっかり学習するから

 週末の楽しみも増えるのだな。

 なんとなく、自分を褒めながら

 本日の早めの晩酌が進んでいく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

2017/10/10(火) Day10 ジム。

Gym171010

 相変わらず、夜中に何度も目が覚める。

 だからと言って、寝不足で

 困ることはないのだから

 気にすることは、ないのだと思う。

 朝は5時に起床。

 窓の外は暗いが、いつものように

 ニワトリたちが賑やかに

 コケコッコの声を掛け合っている。

 今朝から朝トレに行くと決めているので

 そのための支度をすすめていく。

 現金は、念のために200ペソ。

 ウェアは、軽いポロシャツと海水パンツ。

 iPhoneは、部屋に置いて、

 デジカメをウェストバッグに入れて

 タオルではなく、手ぬぐいをポケットに入れる。

 そうそう。

 やはり、水筒は、持たなければならない。

 よし、では、出発。

 最初の日は、少しだけだが緊張する。

 フィットネスの名前は、Xanadu Fitness だと。

 ザナドゥーと聞けば、我々の世代は

 つい、美しい方向に反応してしまうのだが

 このフィットネスは、桃源郷とは、ほど遠い。

 決して美しいとは言えない建物の門をくぐり

 階段を3階まで歩いてあがっていく。

 もちろん、エレベーターは、ない。

 朝6時の開業時間を少し過ぎているので

 フィットネスの扉は、確かに開いているのだが

 中にはいると、誰もいない。

 チェックインもなにもなしで

 クロックスのまま、フロアに入り

 さあ、トレーニングを開始しよう。

 インクラインのプレスから始めて

 ラットプル、シットアップ、アームカール。

 スクワットとレッグランジで少しだけ

 太ももあたりをいじめて、本日の朝トレは

 軟弱にも終了することにする。

 気がつけば、ひとり、ガードマン風の男が

 フロアでウロウロしている。

 が、しかし、なにを聞かれるわけでもなく

 我がトレーニングは終了して

 軽く、手ぬぐいで汗を拭いて、帰路に着く。

 ふむ。

 入会する必要はなかったのではないか。

 そんな良からぬことを考えているうちに

 Howdyの寮に帰り着く。

 きょうも授業は7時間。

 やや、流されているうちに

 本日の授業も終了してしまう。

 いけない、いけない。

 もっと、真剣に授業と向き合わねば。

 明日は頑張るぞ、という、いつもと同じ

 緩い自分に、とりあえず

 ビールだけは飲ましてやろう。

 きょうも1日、ご苦労様でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

2017/10/09(月・祝) Day9 ルーム・クリーニング。

Roomclean171009

 きょうは、体育の日。

 日本にいれば当然休日なのだが

 ここセブでは、そんなの関係ない。

 当たり前のように、

 新しい月曜日が始まっていく。

 イレギュラーだった時間割も

 7時間連続に変更されて

 改めて、気が引き締まる思いを抱く。

 あっという間に、

 残り2週間になってしまったが

 まだまだ、時間はある。

 そう言えば、ここに来て

 1週間が経つのだが、

 一度も部屋の掃除をしていない。

 これ、一階のエレベーター横に

 紙が貼り出されていて、

 ルーム・クリーニングが必要な人は

 時間を書き込むようになっている。

 一方で、ルーム・クリーニングの際は

 本人が立ち会わねばならない、とある。

 みんな、授業があるのに 

 どうやって立ち会っているのだろうか。

 まあよい、ランチブレークタイムに

 やってもらえばいいか。

 で、12:30からを選んでみる。

 4時間目の授業が終わり、

 自分の部屋に戻ってみると

 いわゆる、掃除道具が

 部屋の前にやって来ている。

 おお、準備万端なのだな。

 仕方がない。腹は減っているが

 ランチを後回しにして

 掃除の立ち会いをしなければ。

 せいぜい20分程度で終わると思ったのだが

 ベッドメイクをして、モップかけをして

 バスルームを徹底的に掃除してもらって

 エアコンのフィルターまで洗って

 そうこうしているうちに、すでに40分が経過。

 いつまで経っても、掃除は終わらない。

 モップがけが乾いてから、最後に

 掃き掃除が残っていたようだが

 それはお断りして、終わりにしてもらう。

 次の授業まで10分たらず。

 一階におりて、食堂にて

 慌ててランチを頬張る。

 次の授業に間に合って、ほ。

 そんなこともあり、

 忙しない1日になったが

 授業が終わり、綺麗になった部屋に戻り

 とても良い気分になる。

 さてさて。

 明日は火曜日。

 なにが変わるわけでもなさそうだが

 今回の短期留学も、ほぼ半ばとなる。

 社会人の頃には、1週間の休暇を取得するのに

 あんなに苦労したものなのに。

 今は、3週間のセブ滞在を

 むしろ短いと感じてしまう。

 道理で、サラリーマン時代には

 完遂することができないことが

 少なからずあったのだなあ、と

 わかったようなふりをする、自分がいて

 なんだか、可笑しい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

2017/10/06(金) Day6 Insular Square。

Insular171006

 ようやく、というのか

 もう、というのか。

 毎日、授業時間は長いのだが

 全体的に、時が経つのはとても速く、

 気がつけば、金曜日を迎えている。

 そう言えば、前の英語学校では

 金曜日の朝、先生達が声を揃えて

 TGIF!と叫んでいたなあ。

 Thanks God It's Friday。

 きょうの授業でも、先生達は

 そう声を上げるのだろうか。

 そんなことを考えているうちに

 金曜日の朝は、過ぎていく。

 朝8時半に最初の授業が始まり

 そして、いつもの時間割に従って、

 1日が進んでいくのであるな。

 2時間目が終わり、ここで1時間のブレイク。

 いつもであれば、買い物にでも出かけるのだが

 何故かきょうは、疲れていて

 ベッドに横になり、早い昼寝となる。

 ああ、気持ち良し。

 やはり、疲れがたまっているのだと思う。

 その後も踏ん張って、午後5時20分。

 ようやく第1週目の授業は終了。

 まずは、外の空気を浴びたくて

 学校の外に出てみる。

 目に入るのは、Insular Squareのサイン。

 英語学校が入っているInsular Squareは、

 スーパーがあり、レストランがあり、と

 必要なものはなんでも揃っているが

 ちょっと気の効いたもの、となると、見あたらない。

 因みに、学校を申し込んだ時は

 Square内にジムがあったのだが、

 それも廃業になったのだと言う。

 おかげで、この1週間、

 運動不足もはなはだしい。

 とまあ、最初の頃は、

 とても良い場所だと思ったのだが

 徐々に、悪いところが見えてきたのだな。

 さてさて

 そんなこともあり、きょうのディナーは

 遠出をしようと考えたのだが

 諦めて、ちょいと歩いて

 Pacific Mall まで行ってみる。

 1人で晩飯を食べて、帰りに

 フットマッサージを受けて

 すっかり満足して、寮の部屋に戻る。

 明日は、土曜日。

 学校のアクティビティで、カオハガン島へ行く。

 天気に恵まれますように。

 祈りながら、眠ることにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

2017/10/05(木) Day5 KitKat。

Kitkat171005

 セブの英語学校での、厳しい毎日が続く。

 朝から夕方まで、息をつく暇がない。

 一日に7時間の授業を受けるのだが

 最後の授業になると、頭が疲れ切って

 言葉が出てこなくなる。

 こうなると、授業を受けている価値もなくなり

 モチベーションも、地に落ちてしまう。

 困ったものだと、思う。

 で、きょうは、対策を考えてみる。

 そう言えば、テレビドラマ「Doctor-X」で

 主人公の大門未知子は、手術の後に

 ガムシロップをがぶ飲みしていたではないか。

 まあ、それを鵜呑みにするわけではないが

 とりあえず、砂糖が頭の回復に

 効くことを信じてみることにする。

 午前中の空いている時間にスーパーに行き

 缶ビールと一緒に、KitKatを買って帰る。

 うむ。

 赤いパッケージを眺めているだけで

 効いてくるような気がするなあ。

 ところで、この赤いパッケージを眺めていると

 マッキントッシュという言葉を思い出す。

 そもそも、この商品は、

 マッキントッシュ社から

 売られていたのではなかったか。

 早速、ウェブで調べてみると、ピンポン!

 昔は、イギリスのマッキントッシュ社の

 商品だったのであるなあ。

 テレビ広告でも、マッキントッシュのKitKatと

 発信していたのだと言う。

 さて、さて。

 きょうは、5時間目の授業の後

 KitKatを2ピースほど、口に放り込む。

 6時間目が終わり、そして

 魔の7時間目に突入。

 おお?!

 いけるじゃないのぉ。

 びしばしと!、とまでは行かないが、

 ぼちぼちと、くらいは、言葉が出てくる。

 満足はできないが、納得のゆく

 本日の最終授業となる。

 もちろん、きょうの授業が終了すれば

 ビールを飲んで、疲れを癒やす。

 きょうもご苦労様。

 頑張った自分にご褒美なのであるな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

2017/10/04(水) Day4 時間割。

Classschedule171004

 授業初日の長い一日を終えて

 かなりの疲労感を抱えていたので

 良く眠れるかと思いきや、

 夜中に何度も目を覚ます。

 いつも思うのだが

 人の身体というのは、精神的な疲労と

 肉体的な疲労のバランスが悪いと

 寝付けないもの。

 今回のように、精神的疲労ばかりがかさみ

 肉体的には、ちっとも疲れていない状態が

 眠りには、最悪なのだと、思う。

 とは言え、早く床についた効果はあるようで

 目覚めは、良し。

 晴天に恵まれているのが、さらに、良し。

 全体的には、気分良く、目を覚ます。

 早朝の時間を適当に過ごし、

 昨日と同様に、朝7時に階下に降り

 誰よりも早く、朝食を食べる。

 何故、こんなに早い時間に、と

 友人に尋ねられて

 「私は、小心者なので、

 時間に追われることを恐れるから。」

 そう、すらすらと、答えてしまう。

 確かに、選手でレースに出るときも

 アンパイアをしている時でも

 はたまた、仕事の時でも

 締切時間に追われるのは

 ゴメンだと、いつも思っている。

 さて、さて。

 きょうも昨日と同じ Class Scheduleに従って

 一日が始まっていく。

 これ、要するに時間割のこと。

 朝8時半から夕方の5時20分までの

 先生の名前とレッスンの種類が、これでわかる。

 朝から夕まで7時間のスケジュールを入れるのだから

 それほど多くのオプションがあるとは思わないが

 最初の2時間の授業の後、

 1時間の休憩が入るのが、いただけない。

 この尺は、帯に短し、たすきに長しで、

 マッサージに行くだけの時間はないし

 かと言って、息抜きとしては、長すぎる。

 今までのところ、はっきり言って

 無駄に過ごしている、と思う。

 明日の朝、担任の先生に、来週からの

 変更をお願いしよう。

 ところで、7時間の授業は

 長時間だが、実感としては、短い。

 気がつけば終わってしまった感じ。

 これでは、いけない。

 もっともっと、充実した毎日にするために

 予習、復習にも励まねば。

 でもまあ、今晩のところは

 ビールでも飲んで、寝るとするか。

 と、相変わらず、自分を

 甘やかしまくっている、自分がいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

2017/10/03(火) Day3 マンダウエ シティ。

Mandaue171003

 今朝も雨の音で、目を覚ます。

 この時期のセブの朝は

 毎日のように、雨模様なのかも知れない。

 そして、朝の5時。 

 ペブルウォッチのアラームに起こされて

 火曜日の一日が始まっていく。

 シャワーを浴びて、髭を剃って

 髪を整えて、そうこうしているうちに

 朝食の時間になる。

 寮の食堂は、朝7時が開店時間なのだが

 どうも朝は時間にルーズなようで

 2、3分過ぎないと、始まらない。

 しかたなく、しばし、待つことに。

 早起きジジイにとって、朝一番の時間は

 とても貴重なのだが、

 相手が学校では、かなわない。

 ここは、我慢することにする。

 朝食を終えて、朝8時半から

 英語学校の初日の授業が始まる。

 ガイダンスによると、本日から金曜日まで

 とてもタイトなスケジュールにて

 授業を受けることになると言う。

 8時半から2時間の授業の後

 10時半から1時間の休憩があり、

 12時半から1時間のランチタイム。

 その後、4時間の授業を受けて

 ようやく、初日の缶詰から解放される。

 一コマの授業の合間には、

 10分の休憩時間があり

 そのたびに、部屋に戻って準備をする。

 夕方の5時20分。

 ついに、最後の授業が終了。

 解放されて、まずは、ビール。

 本日のつらいパーツの一日が終わり

 心から、ほっとしている自分がいる。

 さて、さて。

 ここで、ちょっと解説してみると、

 今回、来ているのは、マンダウエ シティ。

 これ、セブ シティの東に隣接しているのだが

 学校のあるインシュラ・スクエアは

 そのマンダウエのさらに、東端にある。

 シティマップで見てみても

 最も、端っこではないか。

 その割には、交通渋滞は激しく

 不便この上なし、と言いたくもなる。

 だが一方で、買い物は便利だし、

 必要なものは揃っているし

 さらに、学校のセキュリティは優れている。

 ここマンダウエのインシュラ・スクエアは

 どうしてなかなか、過ごしやすい。

 まあ、まだ初日なので

 どのような落とし穴があるかも知れぬ。

 そんなことを考えながら

 授業が終わって午後6時過ぎ。

 友人と落ち合って、ディナーへと出かける。

 ハンバーグ、チキンウィング、そして、サラダ。

 もちろん、サンミグ・ライトを飲みながら

 友人としっかり1時間半、

 英語学校のこと、また、

 リタイヤ後の人生のこと

 ついでに、今まで歩いてきた

 サラリーマンライフのこと等々

 愉快に話しながら、幸せなひとときを楽しむ。

 これでようやく、授業の初日が終了。

 明日は、どうなるのだろうか。

 ますます募る不安を胸に.

 静かなビール晩酌を進めていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

2017/10/02(月) Day2 激しい雨。

Hardrain171002

 昨晩、セブに到着。

 とてもスムースにイミグレーションを済ませ

 荷物もすぐに出てきて、これはラッキーか。

 さらに、英語学校のスタッフにもすぐ会えて

 全くストレスなく、学校に到着。

 今回、短期留学する学校は

 校内に寮が併設されているので

 とても便利な反面、窮屈な感じもする。

 これ、逃げ場がないかも。

 そんなことを考えながら

 かなり綺麗で広い部屋のベッドに

 旅に疲れた身体を、思い切り伸ばした。

 そして、今朝、起こしてくれたのは、

 時計のアラームではなく、雨の音。

 まるで、何かボイラーが異音を立てているかのような

 凄まじい音が、建物内に鳴り響く。

 火事ではないのか。

 すぐに飛び起きて、部屋のドアを開けてみる。

 廊下に出て、左右を確認してみるも

 何にも起こっていない様子。

 ああ、よかった。

 と胸をなで下ろすと同時に

 実は、それが、屋上を叩く

 激しい雨の音なのだと知る。

 与えられた部屋が、最上階ゆえに

 これほどの音になるのだと思う。

 室内に戻って、窓を開けると

 確かに、土砂降りの雨。

 この雨が終日続いたらどうしよう。

 本日、外出する予定は、特にないのだが

 小心者ゆえに、気になってしかたがない。

 しっかり目が冴えてしまったので

 さあ起きて、シャワーでも浴びるか。

 朝7時に寮の食堂で朝食を食べる。

 なかなかボリュームのある献立で

 期待値以上の満足感あり。

 ご飯には、ふりかけも用意されてるし。

 食事を終えて、一旦、部屋に戻り

 8時40分から、オリエンテーション。

 それが終われば、恒例行事の

 英語力テストの時間となる。

 リスニングテストの後、筆記試験。

 こんな難しい試験があっていいのか。

 天を仰ぎつつ、シャーボで回答を

 連ねているうちに、タイムアップとなる。

 この手の90分間は、身体に悪い。

 が、しかし、フィードバックでは

 担任講師から、まずまずの

 成績だと聞いてひと安心。

 ようやく、明日への活力が湧いてくる。

 本日の学校での行事は、ここまで。

 初日は、優しいのだな。

 その後、冷たいビールを飲んで

 寮の食堂でランチを食べて

 散歩ついでに寄ったタイマッサージの店で

 フットマッサージを受けながら

 約1時間、気持ち良く、爆睡する。

 マッサージ屋を出て

 学校の最寄りのモールまで歩き

 どのような店が入っているのか

 しっかりチェックして、帰寮する。

 前回、セブに来た時もそうだったが

 このように徘徊を繰り返しながら

 街を知るものなのだな。

 さて、明日から授業開始。

 朝8時半に教室へ行き

 毎日7時間のレッスンを受ける。

 心身ともに耐えられるのか。

 どうにも自信はないのだが

 まあ、なんとかなるだろう。

 明日の自分に、頑張れ!と

 実に無意味な声をかけて

 きょうのところは、おとなしく眠ることにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

2017/09/29(金) 出国の支度。

Packing170929

 気がつけば、9月の29日。

 フィリピンへの出発も明後日に迫る。

 半袖では寒いくらいの気温の中

 朝トレに行き、いつものように

 朝の時間を過ごすのだが、

 まだ、出国の支度が

 済んでいないと思うと

 どうにも落ち着かないのであるな。

 午前中には、以前から依頼していた

 レンジフードの清掃があり

 が、しかし、残念ながら

 清掃のための分解がうまくゆかず

 業者が途中で諦めることに。

 これ、ドラマ「Doctor-X」で言えば

 インオペって、ことか。

 手術をやめて、患部を閉じるのと同様に

 清掃作業は一切しないで

 分解したパーツを元に戻す。

 メーカーに電話をして、修理の依頼をして。

 そうこうしているうちに

 あっという間に昼となる。

 いかん、いかん、時間がない。

 この期に及んで、午後から

 旅行の支度を開始することに決める。

 スーツケースを出してきて

 すでに作成した支度メモに沿って

 さあ、荷造りを始めよう。

 フィリピン行きは二度目なので

 現地で手に入りにくい物が

 概むねわかっているのが強みかも。

 また、寮の生活を想像しながら

 必要なものを改めて、チェックする。

 夕方までには、荷造りの9割方が完了。

 スーツケースの容量ほど、

 我が身の器は大きくないので、

 この段階でようやく安心している自分がいる。

 よし、よし。

 明日は昼から宴会があり

 夕方に酔っ払って帰宅の予定。

 日曜日は早朝出発なので

 明日は、もう、何もできないようなもの。

 でも、現地では、マンダウエという

 セブ島内の繁華街に住むのだから

 どうしても必要なものは、買えるはず。

 だから、慌てるなかれ。

 そう自分に言い聞かせて、

 今晩のところは、ビールでも飲んで

 酔っ払って眠ることにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

2017/09/28(木) よしもと西梅田劇場。

Yoshimoto170928

 ふた月に一度くらい、なんば花月へ

 よしもとの公演を観に行くことにしている。

 お値段は5,000円弱で

 若手、ベテランの漫才と落語

 その後、新喜劇を楽しむことができる。

 公演時間は2時間強。

 入場前に、たこ焼きを食べたり

 終了後に、フグを食べたり。

 とても得をした気分で、幸せな一日になる。

 で、今回も、よしもと禁断症状が出て

 なんば花月へ行ってみよう、となった。

 だが、ウェブサイトでチェックしてみると

 なんば花月は年末まで休業。

 その代わりに、大阪中央郵便局跡にて

 よしもと西梅田劇場が、開場するのだと。

 公演内容に変わりがないのであれば

 難波でも、梅田でも、どちらでも、良い。

 チケットを購入したのは、

 2週間ほど前だったと思うが

 いざ、公演当日のきょう、

 新鮮な期待を胸に抱いて

 よしもと西梅田劇場へ行く。

 臨時に建てられた小屋は

 設備が完全ではなく、少し不満足。

 音の跳ね返りがあり、かつ

 近くを走る電車の音も割り込んでくる。

 しかし、入り口の外には、しっかり

 ビール他の売店があり

 まあ、及第点か、と評価する。

 いつものように、よしもとを楽しみ

 午後1時半、帰路に着く。

 大阪駅前で、少し贅沢な

 ランチタイムも考えたのだが

 難波とは異なり、気軽に入れる店が少なく

 また、午後1時半を過ぎると

 ランチタイムも終わってしまう。

 おとなしく、芦屋に帰ろう。

 さて、明日は金曜日。

 いよいよ、フィリピン行きが目の前に迫る。

 その前に、やること、多々。

 あれも、これも。

 いつものように、慌て出す自分がいる。

 明日の午後が、勝負だな。

 覚悟と言うより、諦めを抱きつつ

 えい、今晩も飲んでしまえ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/27(水) 半年ぶりのゴルフ練習。

Golf170927

 ここのところ、アマゾンプライムで

 ドラマ鑑賞が続いているせいか

 メリハリのない、だらだらとした

 毎日を過ごしているように思う。

 今朝は、ちょっとそのあたりを意識して

 そうか、久しぶりに

 ゴルフの練習にでも

 行ってみようか、と考える。

 定年退職して以降、フィットネスの友人たちから

 平日ゴルフに誘ってもらえるようになったのだが

 5月上旬に右中指を痛めてから

 完全に遠ざかってしまっている。

 しかも、4月上旬には、新しく

 ユーティリティを購入したと言うのに

 それを試すこともできていない。

 こりゃ、いかん。

 もったいないし。

 で、今朝は、フィットネスと整形の後

 クルマを運転して、甲子園の

 ゴルフ練習場へ行ってみる。

 空いている駐車場にクルマを駐めて

 キャディバッグを肩にかついで

 練習場の中に入る。

 プリペイドカードを購入済みなので

 チェックインの手続きも簡単。

 一階の左寄りのブースで

 靴を履き替えて、いざ、練習を開始。

 短いクラブから始めて

 いよいよ、新しく買ったユーティリティを振る。

 おお、これは、良い。

 ゴルフのクラブというのは

 新しくなるにつれて、本当に

 やさしくなっていることを、改めて知る。

 ドライバーもぶんまわして

 最後は、短めの距離感を確認して、あがる。

 ゴルフに行きたいなあと思うのだが

 今度の日曜日から、三週間、フィリピン滞在。

 月末にはヨットレースがあるので

 早くても11月になるのだと思う。

 さて、さて。

 練習を終えて、家に帰り

 午後の所用を済ませた後

 夕方にはクルマで尼崎の友人宅へ。

 お裾分けをいただけると言うので

 喜んで、飛んでいく。

 そのおかげで、今晩の夕食は充実する。

 ありがとう。

 窓の外は、雨なのか。

 そんなことを関知する余裕もなく

 夕食を済ませた後、

 残念ながらアマゾンプライムで

 だらだらとテレビドラマを観てしまう。

 でも、幸せであれば、まあ、良いか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

2017/09/26(火) 映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」。

Namiyamovie170926

 月曜日の朝が、いわば

 その週の助走のようなものだとすれば

 火曜日は、本格的に走る一日か。

 朝からばたばたと仕事をこなし

 その後、朝トレに出かける。

 朝トレ、朝トレと呼んでいるが

 いつからか、単なるフィットネスになっている。

 それでも、1992年から開始して

 25年間続いているのだから

 我がことながら、感心することがある。

 おっと、そう言えば、きょうは結婚記念日。

 こちらも、35周年となるのだな。

 調べてみると、珊瑚婚と呼ぶのだと。

 35年間という長い年月にわたる

 幸せな日々は、祝福したい。

 だが、周年の切れ目は、と言えば

 人生を全うするまでの

 通過点に過ぎないのだから

 取り立てて、祝う必要もないと思う。

 珊瑚を買って祝え、などと言うのは

 商売ネタにしても、あまりに

 お粗末では、ないか。

 さて、さて。

 フィットネスで身体をしっかり動かして

 モーニングを食べて

 家に帰って、今一度、所用を済ます。

 で、きょうは、西宮まで

 映画の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を

 観に行ってみることにする。

 昔、昔の若い頃は、読書が大好きで

 小説で読んだものを映画で観るなんて

 邪道中の邪道だと、信じて疑わなかったもの。

 しかし、社会人になり、職業がら

 映画のもつパフォーマンスを

 正当に評価するようになったのだなあ。

 今では、可能な限り

 小説を読んだ後、映画を観て

 抜け落ちている想像力を補い

 楽しむことにしている。

 特に今回の映画では、

 あの煩雑、複雑な物語を

 どのように切り取るのかも興味津々。

 実際に映画を観ていると、

 時代背景とその描写に惹かれているうちに

 上手に話の流れに乗せられていて

 さすがの演出力だと感心するばかり。

 だが、泣きどころはしっかり押さえているが

 小説で読んだ時の方が、泣けたなあ。

 先に読んだ効果なのかも知れないが

 このあたりは、勝手な想像力の方が

 自分自身を泣かせる力があるのかも知れぬ。

 2時間の適度な尺の映画を見終わって

 阪急電車と阪神電車を乗り継いで

 芦屋の自宅に戻る。

 映画鑑賞の直後ではあるが

 家に帰れば、今度は、

 「Doctor-X」の続編が待っている。

 ああ、止まらない。

 でも、きょうは少しスタートを遅めにして

 ビールの飲む量も減らして

 健康的なドラマ鑑賞の時間にしよう。

 と、実に中途半端な

 健康管理を自分に課しながら

 きょうの日も、夜が更けていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

2017/09/25(月) よく焼きトースト。

Toast170925

 月曜日の朝は、二日酔いなことが多い。

 週末、楽しく遊び、その後

 酒を飲み過ぎることによるのだと思う。

 今朝も二日酔い気味だったのだが

 ここは、頑張って、朝トレに行く。

 いつもの支度で出発しようとして

 あ、きょうは、関電病院に

 行く日だということに気付く。

 診察券や健康保険証、

 その他、必要なものをカバンに入れて

 朝トレからそのまま病院に

 行けるようにして、家を出る。

 朝トレを終えれば、コーヒーショップへ。

 馴染みのウェイトレスに

 いつものですね、と聞かれて

 はい、そうです、とだけ答える。

 この、いつもの、というのは

 ゆで卵のモーニングセットで

 サラダ付きで、飲み物は、ホットコーヒー。

 でも、実は、一番大事なのは、

 トーストをよく焼いてもらうこと。

 これ、思いの他、多くの客が要求するようで

 店の中では「よく焼きトースト」という単語が、

 当たり前のように、通用している。

 きょうも、よく焼けたトーストを食べて

 とても気分良く、関電病院へ行く。

 病院では、いつになく待たされて

 支払いまで終えて、解放されたのは

 午前11時過ぎだったか。

 半年後の検査を予約して

 検査の説明も受けて、病院を出る。

 外に出ると、なんだ、この蒸し暑さは。

 半袖、半パン姿だと言うのに

 汗をかきながら、JR新福島駅まで、歩く。

 家に帰れば、ドラマ鑑賞。

 相変わらず「Doctor-X」の

 続編鑑賞が止まらない。

 午後5時にビールを飲み始めて

 気がつけば、10時前となる。

 明日はどうやって過ごそうか。

 来週の日曜日には、セブに行く。

 その前にやっておくことが、

 少なからず、ありそう。

 しっかり準備を整えて

 来週の海外遠征に備えようと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

2017/09/22(金) 西京極陸上競技場。

Nishikyougoku170922

 朝の五時。

 窓の外が真っ暗なことに、改めて、驚く。

 秋分が目前となり、当然のことなのだが

 日の経過する速さには、

 悲しいほどの寂しさが、伴う。

 玄関のドアを開けると、涼しさをこえて

 いよいよ、寒さが訪れようとしている。

 まだまだ、半袖姿でなんとかなるが

 来月、フィリピンへ行き

 帰ってくる頃には、たぶん

 暖房が必要になっているのではないか、と思う。

 金曜日の朝は、ゴミを出し

 新聞を取って、家に戻る。

 スポーツ面を読んでみると

 プロ野球、大相撲、そして

 ほほお、大学アメフトの記事が載っている。

 アメフトで一世を風靡した、京都大学が

 再び、強くなってきているのだと。

 そして、きょうは、優勝候補の

 関西学院との一戦があると伝えている。

 特に予定はないので、では、観戦に行ってみるか。

 が、しかし、試合は、京都の西京極。

 しかも、ナイターなのだと。

 遠いし、夜だし。

 一旦、完全に諦めたのだが

 フィットネスへ行って、話を聞いてみると

 どうやら、少なからぬ

 フィットネスの友人たちが観戦に行くと言う。

 一緒に観戦するか、と聞かれ

 行きます!と元気に答える。

 夕方、家を出たのは、5時前。

 1時間強をかけて、阪急西京極駅へ。

 駅を降りて、人の流れに身を任せれば

 そのまま、西京極陸上競技場に到着する。

 観覧席の関学側、40フィートラインあたりの

 最上段に、友人たちは陣取っている。

 合流して、ビールを飲みながら

 さらに、ワインも飲みながら

 エキサイティングなアメフトの試合を観戦する。

 試合は、やや雑なプレイが目立つものの

 関学が圧倒的な強さを見せたまま、終了する。

 試合が終わり、友人たちと

 京都河原町まで戻ってビアホールで乾杯。

 帰宅は久しぶりの午前様となる。

 ああ、楽しかった。

 明日は、上京。

 その支度をしなければいけないのに

 なにも手がつかないまま布団に倒れ込む。

 幸せな気分に包まれながら

 きょうの一日が終わっていく。

 おやすみなさい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

2017/09/21(木) Doctor-X。

Doctorx170921

 アマゾンのプライム会員に登録しているので

 プライムビデオを観ることができる。

 その中には、無料で観られる映画やドラマが

 多数、用意されているのだが

 昨晩のこと、以前テレビ朝日系で放映されていた

 テレビドラマ「Doctor-X」を見つけた。

 あまりに面白くて、途中でやめられず、

 シーズン1を第一話から最終話まで一気に鑑賞。

 当然、ビールを飲みながらだったのだが

 第5話くらいで冷蔵庫内のビールはなくなり

 ならばと、日本酒を飲むことになったのであるな。

 日本酒の口当たりの良さに

 我が意志は負けて、ついつい飲み過ぎ。

 そのせいか、今朝は、かなりの二日酔い。

 フィットネスが休館日ということもあり

 7時過ぎまで寝坊を決め込むことにする。

 朝食の後、さあ、なにをするかと

 しばし、考えた後、そうだ

 昨日の続編、シーズン2を観よう!となる。

 いやはや、このドラマは止まらない。

 過去に一度、観たことがあるはずなのだが

 昨今の健忘気味の頭のおかげで

 まるで初めて観るかのように

 しっかり楽しむことができてしまう。

 それはそれで、ちょっと問題かも知れないが

 楽しければ、それで、良し。

 二日酔いに始まった木曜日は

 テレビドラマ漬けという

 退廃的な一日となっていく。

 このような時は、飲み過ぎ注意。

 特に、昼間から飲み始めるような

 愚かな行為だけは、禁物と心得よ。

 そこは、自制心で、ぐっと堪える。

 飲み始めるのは、夕暮れ時からだぞ。

 このようなところで、自制心を

 働かせなければいけないとは

 とほほ、ではあるが、、、

 で、夕方の5時。

 さあ、飲むか。

 冷蔵庫から冷たいビールを取り出して

 「Doctor-X」の続きを観るとしよう。

 今晩も長くなりそうな、予感が、する。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

2017/09/20(水) 芦屋市役所の食堂。

Cityhall170920

 ここのところ、疲れがたまっていたせいか

 本調子になれなかったのだが

 今朝、ようやく絶好調にて目を覚ます。

 1週間ぶりの朝トレに行き

 ランニングと軽めのマシーンで

 適度に身体をいじめて、

 気分良く、朝のルーティーンを終える。

 水曜日なので、腰、首、指のリハビリの日。

 毎週この日は、フィットネスの

 友人2人も、同じクリニックに通っている。

 8時40分に藤崎整形のドアを開けると

 すでに友人2人は待合にて歓談中。

 フィットネスでしゃべり、また、整形の待合にて

 ふたたび、どうでも良いようなことを

 しゃべりながら、9時のリハビリ開始を待つ。

 約1時間にわたるリハビリが終わる頃、

 その友人の1人が、嬉しいことに

 きょうのランチに誘ってくれるではないか。

 11時半に芦屋市役所の食堂に来れば

 本日のランチをご馳走してくれると言う。

 人生の先輩からのお誘いということもあり

 ここは、快く、甘えることにする。

 整形から一旦、帰宅して

 11時20分過ぎに、家を出る。

 芦屋市役所までは、わずか徒歩5分程度。

 今まで市役所には、何度も足を運んでいるが

 食堂に入ったことは、一度もない。

 市役所地下の食堂に入ってみると

 おやおや、何人もの人が

 すでにテーブルにて、待機状態。

 もちろん、我が友人も座っていて

 曰く、11時半にならないと

 食券が販売されないのだと。

 待つこと、数分。

 自動販売機にて、食券の販売が始まる。

 友人から500円硬貨を預かり

 480円のB定食の食券を買い

 20円のお釣りを返す。

 ご馳走さまです。

 本日のB定食は、鯖のカレー煮。

 ご飯を大盛りでよそってもらい

 もちろん、セルフサービスなので

 定食の載ったトレイをテーブルに運ぶ。

 次に、お茶とお水。

 食堂には、食堂の約束と流儀があるのだと思う。

 食事をしながら、もちろん、いろいろと

 ここでは、レストランのことについて語り合う。

 朝トレのロッカールームでしゃべり

 整形の待合室でしゃべり

 芦屋市役所の食堂でしゃべり

 本当に、きょうは、同じ人と

 よくしゃべる日だなあと

 我がことながら、感心すると同時に

 幸せなことだと思う。

 トレイを指定の場所に返して、

 本日のランチは終了となる。

 その後、阪神芦屋駅から電車に乗り

 大阪市内に出て、散髪へ。

 来週末から、また、3週間ほどセブへ行くので

 そろそろ、髪を切っておく必要がある。

 髪を切ってもらって、気持ち良し。

 家に帰れば、さあ、ビールで晩酌か。

 週半ばのストレスの少ない

 水曜日の一日が過ぎていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

2017/09/19(火) 野田鶴声社の廃業。

Nodakakusei170919

 アンパイア講習会に講師で参加した際に

 受講生のみなさんに、

 ホイッスルの話をすることがある。

 アンパイアは、良い音が鳴るホイッスルを

 持つことが大事だと言うこと。

 また、日本には、世界に誇る

 ホイッスル製造会社があることを伝えてきた。

 それが、野田鶴声社(のだかくせいしゃ)。

 先週末は広島にて、アンパイア講習会があり

 やはり、同じ話をしてきたのだが

 帰宅後少し気になって、久しぶりに

 ウェブサイトを訪問してみると

 なんと、昨今、創業社長が亡くなって

 野田鶴声社自体が、廃業したと言う。

 要するに、野田鶴声社のホイッスルは、

 もはや製造していない、ということ。

 廃業から一年以上が経っている

 今となっては、在庫も底を突いたはずで

 日本が産んだ世界最高のホイッスルは

 二度と、手に入らないのか。

 確か、販売をミズノの委託していたはずだがと

 ミズノのウェブサイトを訪ねてみても、もちろん

 現在取り扱っていません、と表示されている。

 ああ、残念。

 実は、ゴールドのホイッスルに加えて

 シルバーのものを2個、予備で購入済みなのだが

 手に入らないとなると、

 ならば、もっとたくさん買っておけばよかった、と

 いつもとは少し異なる貧乏性があらわれる。

 手元にある野田鶴声社の3個のホイッスルを

 一カ所に集めて、ぱちりと撮影。

 そもそも、とても高価なホイッスルだが

 今となっては、金で買えない価値が

 出たということなのかも知れない。

 過去に国際マッチレースイベントに参加する時

 海外のアンパイアへのお土産として

 何回か買って、持って行ったことがある。

 受けとったアンパイアの友人たちは

 みんなとても喜んでくれたものだが

 もう、そんなこともできなくなる。

 そんな思い出とともに、寂しさも、募る。

 さて、さて。

 きょうは、予定の詰まっていない火曜日。

 先週末、アンパイアのセミナーを終えて

 精神的圧迫感から、解放されている。

 この解放感が、なかなか気持ち良し。

 朝トレにも行かず、自分自身をできるだけ、

 怠けさせてあげることにする。

 定年退職後、サンデー毎日とか言われるが

 実際には、結構、働いているし

 プレッシャーも受けているのだと思う。

 午前中をゆっくり過ごし、

 美味しいランチを食べた後は

 映画でも観て、明日への活力を

 しっかり蓄えることにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/18(月・祝) ナミヤ雑貨店の奇蹟。

Namiya170918

 台風でダメージを受けてしまった週末だが

 それは、それで、楽しい過ごし方がある。

 本来、広島に滞在しているはずだったが

 家に帰り、日曜日は昼から宴会。

 友人たちとの楽しいひとときとなる。

 もちろん、いつものように飲み過ぎて

 夜は8時前には寝てしまったせいか

 夜中の1時過ぎに目を覚ましてしまう。

 しかも、目はぱっちり開いて

 これは、しばらく、寝られそうにない。

 そう言えば、読みかけの小説があったなあ。

 東野圭吾の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」。

 これ、映画化が決まったと言うので

 読んでみることにした。

 日本人は、書き手も、読み手も

 そもそもおとぎ話が苦手だと思うのだが

 この小説は、かなり上手におとぎ話を語ってくれる。

 あり得ない話を、奇蹟と表現して

 読む物を泣かしてくれるところが、良い。

 だが、しかし、今回読んだ後半パーツは

 なんだか、帳尻合わせのような感があり

 なんだ、やはり、日本人だなあと、

 少し、がっかりしてしまう。

 読み終わったのは、深夜の2時。

 目の疲れもあったのか

 布団に入って、しっかり眠る。

 台風一過の月曜日は

 西宮へ行き、友人たちとヨットに乗る。

 南西の風、15~20ノット。

 天気は、晴天。

 絶好のセーリング日和の下

 豪快なセーリングを楽しみ

 その後は、いつものように宴会となる。

 ヨットの世界に長い間、生きてきて

 本当に、友人たちに恵まれてきたと思う。

 きょうも、適度な運動とそれに続く楽しい会話。

 幸せなことだと思う。

 友人たちと、神様にも、感謝しよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

2017/09/15(金) 神戸のステーキ弁当。

Steak170915

 広島へ行く日の朝。

 朝トレに行ってから広島へと

 甘い考えを持っていたのだが

 目を覚ましてみると、朝の7時。

 とんでもない寝坊をしてしまう。

 どうやら、昨日の病院での検査と

 それに伴う絶食が、思いの他

 身体の負担になったのだと思う。

 ともあれ、目覚めは良いので

 問題は、なし。

 朝の支度を整えて、9時前に出発する。

 新神戸から新幹線に乗るのだが

 到着が昼前になるので

 お弁当を買って行くことにする。

 買ったのは、神戸のステーキ弁当。

 これ、何度だまされたか。

 神戸のステーキと言う響きに、

 ついついつられて買ってしまう。

 きょうこそ、だまされないぞ、と思うのだが

 結局、買ってしまう意志の弱さは何なのか。

 そして、新幹線の車内で

 ああ、だまされたと痛感しながら

 冷たくて、決して美味しくない

 肉片をかじりながら、ご飯を食べる。

 新幹線を降りて、広島駅から

 在来線に乗り換えて、西広島駅へ。

 駅前のコンビニで、午後の講習会用に

 適量のお菓子類と、軽食として

 チーズバーガーを買っていく。

 コンビニのレンジでチンしてもらうのだが

 これが、弁当のステーキより

 美味なのが、なんだか、悔しい。

 さて、午後は、講習会。

 12時半に開始して、終了は18時。

 5時間半の充実した時間となる。

 本日の仕事を終えて、ホテルまで送ってもらい

 近場で晩飯を食べてから

 今晩のデスクワークとなる。

 明日も充実した一日になりますように。

 そのためにも、しっかり

 予習をしなければならない。

 冷たいビールを飲みながら

 軽いフットワークにも似たフィーリングにて

 明日の準備を進めていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

2017/09/14(木) 江戸そばの、たぬき。

Tanuki170914

 台風18号が接近中。

 明日あたりに右へフックして、日本に上陸、

 日曜日に中国地方を直撃通過するコース。

 関東、中部、関西で行われる

 週末開催のヨットレースは

 次々に中止の発表がなされている。

 さて、明日出発して参加予定にしている

 広島のレースはどうなるのか。

 発表時刻の18時を待たねばならぬ。

 このような時、大会オーガナイザーの

 つらい気持ちが痛いほどわかる。

 難しい事は考えずに

 そして、心を痛めることなく

 平常心で決めてもらえば、良い。

 苦労して、腐心して、考え抜いた決断には、

 文句のひとつのあろうはずもない。

 その決定時間まで、まだ、時間がある。

 きょうは、朝から関電病院へ。

 内視鏡検査を受けるため

 朝8時半に、関電病院にチェックインする。

 診察券を受付機に挿入すると

 本日の受診票が出力される。

 それを持って、指定された窓口へ。

 検査の準備時間が2時間半。

 それからさらに1時間ほど待って

 ようやく、検査の時間となる。

 終了時間は、午後の2時。

 約5時間、病院にて過ごしたことになる。

 そう言えば、

 昨晩9時に最後の食事をしてから

 本日午後の2時まで、完全な絶食。

 これだけ長時間、食事を断つと

 むしろ、食欲はわかないのであるな。

 何を食べようか、迷っているうちに

 JR芦屋駅に到着する。

 駅を降りて、蕎麦でも食べるか。

 芦屋駅の北側に「江戸そば」があるので

 きょうは、そこへ行ってみる。

 江戸そばなのだから、当然、

 関東風のメニューを想像する。

 だが、たぬきそばを頼んで、

 出てきたのは、きつねそば。

 なんだ、と、思う。

 しかも、薄口。

 これが、どうして江戸そばなのか。

 別に薄口やきつねそばが

 嫌なわけでは決してないが

 納得のゆかない気持ちでそばを食べ

 やや不満にて、店を出る。

 さて、もうそろそろ、夕暮れ時を迎え

 明日の予定が固まる予定。

 なにがどうなったとしても

 まずは、広島へ行くことにしている。

 もしも時間に余裕ができたら

 広島で何をしようか。

 まあ、ビールでも飲みながら、

 考えることにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

2017/09/13(水) ボクサー田中恒成。

Boxer170913

 水曜日の朝。

 天気は、上々だが、どうやら

 台風が接近しているらしい。

 今週末に広島で予定されている

 ヨットレースの開催ができるのか。

 本気で心配になってくる。

 大会オーガナイザーからもメールが入り

 最終決定は、明日、発信すると言う。

 まあ、なるようにしか、ならない。

 ここは、参加の準備を進めつつ

 最終決定を待つしかないと腹をくくる。

 朝からフィットネスへ行き、

 その後、整形外科で、指の診察と

 腰、首、指のリハビリを受ける。

 所要時間は、しっかり1時間半。

 レントゲンの診断結果によると

 骨折していた右中指も回復していて

 先生曰く、ゴルフもOKだとのこと。

 おかげさまで体調はすこぶる良好。

 10時半に帰宅して、さあ、デスクワークに専念する。

 本日のお仕事は、広島の大会に向けて

 予習、復習を含む、準備をすべて終えること。

 デスクに必要書類を並べて

 最終ページまで、チェックしていく。

 終わったのは、午後の4時。

 ひと仕事を終えて、ほっとする。

 その他の仕事もしっかり済ませて時計を見ると

 そろそろ8時にならんとしている。

 では、ビール晩酌をしながら、

 テレビでも観ることにする。

 本日のテレビ鑑賞は、ボクシング。

 ダブルタイトルマッチの生放送があり

 まずは、WBOのL.フライ級世界チャンプ

 田中恒成選手の二度目の防衛戦が始まる。

 いきなり倒されて、ピンチ。

 だが、このような試合の流れこそ

 最もエキサイティングなのだと思う。

 中盤から息を吹き返してきて

 ついに第9ラウンドにて、相手を倒し

 その後も、打ちまくった結果

 レフェリーストップとなり勝利が決まる。

 凄まじい試合に、ビールも美味し。

 我が心の中の、残酷さを感じながらも

 ボクシングはスポーツなのだから、

 まあ、いいだろうと、許すことにする。

 さて、さて、今月は関電病院月間。

 明日もまた病院へ行き、

 検査を受ける予定になっている。

 食事は、今晩、夜の9時までで

 明日の朝は、絶食となる。

 良い天気になりますように。

 また、台風の被害がありませんように。

 祈りながら、きょうの晩酌を

 あ、そろそろ切り上げねば。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

2017/09/12(火) 六徳恒河沙の麻婆豆腐。

Rittoku170912

 昨今、記憶にないほどの、

 激しい雨の音で目を覚ます。

 これ、雨水の降り落ちる音だけではなく

 クルマの通行音が混ざっている。

 家の前が国道なので、

 窓を開けると、より一層

 タイやがはじく、ざざーっと言う

 重たい水音が飛び込んでくる。

 どんよりと暗い朝の景色に降る雨は

 決して気持ちの良いものでは、ない。

 今朝はゴミを出す日なのだが

 中に雨水が入らぬよう

 ビニール袋の口をいつも以上に

 しっかり縛って、運び出す。

 帰りに郵便受けから新聞を受けとって

 朝のルーティーンが終わる。

 きょうは、朝から関電病院へ行き

 MRI、CT、そして、内視鏡検査と続く。

 いわば、消化器内科検査のオンパレードか。

 当然、朝から絶食で、空きっ腹を我慢して

 朝7時半に家を出る。

 で、関電病院着は8時10分。

 このような時は、少しでも早く済ませて

 美味しい食事といきたいのだが

 関電病院では、受付は8時半からなのだと。

 20分以上も前に到着したのに、残念

 やることもなく、iPhoneを触って時間をつぶす。

 でも、いざ時間になれば、

 段取りが良いのが関電病院の真骨頂。

 次々と検査は進み、あっと言う間に

 最後の胃の内視鏡検査に進む。

 静脈注射を打って、あれま

 いつものように記憶がないままに、終了。

 このような検査の後は、

 刺激の少ない食事が良いのかなと

 一瞬、考えた後、あ、そうだ

 せっかく福島に来たのだから

 中国料理屋の

 「六徳(りっとく) 恒河沙(ごうがしゃ)」へ行き

 麻婆豆腐を食べて行こうと思う。

 この店は、大沢シェフが営む

 「酒中花 空心」から暖簾分けしてできた店で

 さすが空心の一級品の味を引き継いでいる。

 先日、空心へ行った際

 昨今、少し客が減ったようだと言うので

 では、とばかりに開店時間の

 15分前に来てみたのだが

 なんのことはない、すでに6人の客待ちがいて

 すぐ後ろに、さらに7~8人が

 あっという間に並ぶではないか。

 頼んだ料理は、もちろん、麻婆豆腐。

 関電病院での検査のことはすっかり忘れて

 超刺激的で絶品の、麻婆豆腐を味わう。

 美味い!!

 すっかり気分よくなって家に帰り

 午後からは、たまった仕事をこなそう、などと

 殊勝なことを考えてみるのだが

 どうも、内視鏡検査の際の

 静脈注射が効いてしまったようで

 頭がいまひとつ冴えないのであるな。

 よし。明日できることは、明日にしよう。

 我が身をしっかり甘やかして

 きょうは、早めのビール晩酌を、開始。

 つまみは、明太子といくら。

 それに、コンビニ肉じゃがもあるみたい。

 これだけあれば、充実した

 晩酌も楽しめるだろう。

 おっしゃあ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

2017/09/11(月) JR関ヶ原駅。

Sekigahara170911

 新聞休刊日の朝。

 それをしっかり手帳に記しているので

 誤って、階下に新聞を取りにいくこともない。

 朝トレまでの時間を家でゆっくりと過ごす。

 時間を家でゆっくりと過ごす。

 ここのところ、首、腰、指の

 リハビリからご無沙汰しているので

 きょうは、朝トレ後に、整形へ行く。

 約1時間しっかりかけたリハビリは

 いつものように、体調を整えてくれる。

 さて、きょうの予定は、友人のお見舞い。

 ヨット関係の友人が入院したと言うので

 ちょいと名古屋まで足を伸ばす。

 交通費は安くないのだが

 所要時間は、新大阪-名古屋間であれば

 1時間もかからない。

 名古屋駅から地下鉄を乗り継いで

 目的地の病院に到着する。

 友人の元気そうな顔を見て、安心。

 また、相変わらずのウィットに富んだ

 面白い話が飛び出して

 病室内は、笑いに包まれる。

 これであれば、大丈夫。

 また来ますよ、と声をかけて病院を後にする。

 きょうは、もうひとり、大垣の病院に

 やはり入院している友人がいるので

 帰り道がてら、訪ねてみることにする。

 名古屋からJR快速電車に乗って、30分。

 大垣は名古屋から近いのであるな。

 残念ながら、こちらの友人には会うことができず

 手みやげのみ置いて、帰ることにする。

 病室にて、ゆっくり待ってさえいれば

 友人には絶対に会えたはずだが、

 大垣から芦屋の帰路選択は

 どうして、なかなか容易ではない。

 大垣から西へむかうと

 交通の便は、どんどん悪くなっていくのだな。

 かと言って、大垣からもう一度

 名古屋に戻る手は、ありえない。

 悩んでいるうちに、

 タイムアップになってしまったと言うわけ。

 病院からタクシーに乗って大垣駅へ。

 大垣駅からJR在来線の

 各駅停車に乗って、米原駅に向かう。

 途中、関ヶ原駅にも停車する。

 関ヶ原と言えば、先日、映画を観たばかり。

 iPhoneのグーグルマップで

 改めて、地形を確認したりして、

 ほほお、ここで合戦があったのだなあと

 せっかくのデイトリップのひとときを

 充実させてみたりする。

 さて、さて。

 ようやく、米原駅に着けば、隣のホームに

 播州赤穂行きの新快速が止まっている。

 これが、また、悩ましい。

 新幹線に乗って新大阪まで乗って行くべきか。

 それとも、せっかく目の前に、芦屋駅にも止まる

 新快速電車が待っているのだから

 それに乗り換えればいいじゃないか、とも思う。

 新幹線代を支払って、稼げる時間は30分程度。

 しかも、新大阪で乗り換えがある。

 ううむ、と悩むが、ここは

 車内設備の快適さを優先して、新幹線を選ぶ。

 新幹線で時間を稼いだおかげで

 午後7時過ぎには、無事に帰宅。

 楽しいデイトリップだったと思う。

 元気な友人の姿を見ることもでき

 有意義な一日になったと思う。

 いつものようにビールで晩酌を始めるか。

 では、ひとりで、乾杯!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

2017/09/08(金) ドトールのカフェラテ。

Cafe170908

 金曜日の早朝。

 まだ、暗いので不確かなのだが

 どうやら晴天の模様。

 窓を開けて、風を通す。

 交通量も少なく、静かな朝だと思う。

 ゴミを出して、新聞を取って

 金曜日の一日が始まっていく。

 きょうも関電病院の日なので

 フィットネスへ行く際に

 それなりの支度をして行く。

 通勤していた頃と同様に

 ビジネスカバンを肩にかけ

 そのカバンの中に、

 フィットネスの着替えを入れる。

 病院関係の書類や保険証、カードが

 きちんと入っていることを確認して

 いざ、フィットネスへ出発する。

 月、火、水、金と

 今週四日目のトレーニングなので

 内容は、かなりきつめ。

 だが、多少の苦しさもまた、快感となる。

 フィットネスを出て、いつものように

 モーニングセットを食べてから

 JRに乗って、新福島駅へ。

 関電病院着時間は、9時を少し回る。

 心電図を取って、その後、診察。

 我が心臓の鼓動は、安定しているとのこと。

 主治医からそれを聞いて、

 安心して、病院を出る。

 さて、せっかく市内まで来たのだから

 映画でも観て行くか。

 若向けの邦画を観てみようと決め

 上映時間まで、しばし時間をつぶす。

 そのために入ったお店は

 ドトールコーヒー。

 頼んだのは、アイスカフェラテ。

 サラリーマン時代、このあたりには

 頻繁に来たものだが、

 そう言えば、コーヒーの類いを飲んで

 時間をつぶした記憶がない。

 仕事中にコーヒーを飲んだのは

 タバコを吸っていた、若い頃だけだったなあ。

 そもそも、その時代には

 ドトールもなかったはず。

 また、コーヒーを飲む店は、

 必ず、タバコを吸う場所でもあった。

 今の喫煙不可の状況は、

 考えられない時代だったのだと思う。

 カフェラテなんて、言葉も

 なかったように思う。

 変わっていく時代に気後れする今の自分が

 カフェラテにオーバーラップして、

 なんとなく恥ずかしい。 とほほ。

 そんなことを考えているうちに

 ドトールのアイスカフェラテを飲みほし

 階上に上がって、邦画を鑑賞。

 本日もこれで、有意義な半日の過ごし方となる。

 遅い昼食を食べて、帰宅すると

 午後2時近くになっているではないか。

 今朝、家を出たのは、6時半。

 7時間を外で過ごしたのだな。

 きょうもやること多々ながら

 なんだか、自分を甘やかしたくなり

 夕方までの時間をゆっくりと過ごす。

 明日は、土曜日。

 週末だが、ヨットの予定はないので

 週日の続きのような感覚がある。

 いやいや。

 あれもやらねば。

 そして、あれも、これも。

 と、やるべきことを思い出しているうちに

 なんだか、焦っている、いつもの自分がいる。

 でも、今晩は、ま、いっか。

 と、ビールの晩酌を楽しむことにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/07(木) ヨットレースのコールブック。

Trcallbook170907

 ずいぶん涼しくなったなあと感じながら、目を覚ます。

 また、朝の5時は、まだ、暗い。

 真夏を過ぎたばかりのようだが、実は

 もうすぐ、秋分を迎えることを、知る。

 時の経過する速度に、人生の

 はかなさのようなものまで感じてしまう。

 罪な木曜日の朝、だと思う。

 きょうは、天候が不安定で

 午前中に一度、雷雨となる。

 激しい土砂降りの雨は、

 ほんの短時間だったのだが

 落雷のせいか、一瞬、停電となり

 テレビの画面が消えたのには、驚く。

 これ、秋雨前線によるいたずらか。

 でも、本日は出かける予定がないので

 天候はどうでも良いぞ、と開き直る。

 きょうは、家にこもってヨットレースルールのお勉強。

 ヨットレースルールの関係書類には、

 ルールブックの他に、コールブックというのがあり

 アンパイア稼業のためには

 これをしっかり頭にたたき込んでおく必要がある。

 コールブックとは、いわば、判定集か。

 アンパイアはヨットレースにおいて

 海上で即時判定をするのだが

 その際に、ルールブックと同様レベルで

 重要な判定基準となる。

 今、読み込んでいるのは、

 チームレースのコールブック。

 日本語翻訳がわかりにくい場合には

 英文に立ち戻り、理解しようと試みる。

 だから、時間もたっぷりかかる。

 100を超える判定があり

 それを、ひとつ、ひとつ、解いていく感じ。

 ようやく半分を越えて、

 きょうのところは、ここまで。

 意志の弱い自分ゆえに

 このような区切りを付けるのが

 実は、思いの他、難しい。

 本番までの残った日数を数えて

 これから毎日、どの程度進めばよいのか

 適当に計算を立てて、区切りを付ける。

 デスクワークを終えて、

 近場のスーパーにクルマで買い物に行き

 さあ、きょうの晩飯は、とんしゃぶ。

 冷たいビールと白ワインを飲みながら

 腹を満たしていく。

 幸せだなあ。

 食べてすぐに寝ると牛になるよ。

 そんな、昔ながらの言い伝えを

 頭の隅に感じながらも

 残念ながら、しっかり、眠りについてしまう。

 モ~、お休みなさい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

2017/09/06(水) 酒房「月桂冠」。

Gekkeikan170906

 きょうは、ふた月ぶりの関電病院。

 先のPET受診の結果を聞きに行く。

 朝9時半までには市内の

 福島に行かねばならないので

 そのための荷物を持って、フィットネスへ行く。

 フィットネスでは、しっかり負荷を掛けて

 きつめのトレーニングを行う。

 上半身、下半身ともに、

 適度に筋肉が張って、気持ち良し。

 快適気分で、関電病院へ向かう。

 病院に着いて、受診票をプリントして

 耳鼻科の窓口へ提出。

 そのまま20分くらいは待つのが普通なのだが

 今朝は、わずか5分で、主治医から

 直接、呼ばれて、少し驚く。

 だが、なにかあったわけではなく

 なんにもないので、早く済まそうということか。

 念のため、いつものスコープにて

 手術跡を内側からチェックして

 後は、PETの結果を聞いておしまい。

 二ヶ月後の予約を入れて、関電病院を後にする。

 実は、今月は関電病院月間であり

 明後日は、心臓のチェック、

 来週は胃と大腸の内視鏡検査のために

 またまた、関電病院に来ることになっている。

 いろいろと診てもらえるのだから、

 幸せなことだと思う。

 家に帰り、所用を進める。

 きょうもヨット関係の仕事がメイン。

 やってもやっても、遅々として、

 なかなか前進しないのが、少し苦痛。

 気がつけば、昼前となり

 では、芦屋駅前に食事にでも出かけるか。

 頭の中は、日本蕎麦になっていて

 駅前の蕎麦屋を想定して出かけたのだが

 そのお目当ての蕎麦屋の手前に

 酒房「月桂冠」という店があり

 その昼飯メニューに、一瞬にして惹かれてしまう。

 旬のさかなの塩焼きが

 蕎麦の魅力に勝ったのであるな。

 因みに、この酒房「月桂冠」は、芦屋駅界隈では

 唯一と言ってよい、一杯飲み屋。

 特に、夕方になると、客で溢れる。

 いやあ、昼飯で入るのは初めてだが

 昼定食に惹かれて来る客も多いのだなあ。

 年齢層も、どうやら、近い。

 身なりから判断するに、定年退職者の含有率も

 かなり、高い!と見た。

 美味しい塩焼きを食べて

 お値段は、税込みで680円也。

 安い。

 これから先、酒房「月桂冠」の

 昼のファンになってしまいそうな予感がする。

 さて、さて。

 きょうの晩飯は、大阪市内に出て

 友人達と美味しい中国料理をいただく。

 紹興酒を飲んで、積もる話をして

 きっと楽しいひとときになるのだと思う。

 行って来ます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

2017/09/05(火) 環境処理センター。

Kankyocenter170905

 昨日から、いつも通りの毎日となり

 身体も正常化に近づこうとしているかのよう。

 体調良好にて、目を覚ます。

 ニューカレドニアとの2時間の時差もなくなり

 目覚めも、良し。

 一連の朝のルーチンを済ませた後

 フィットネスへ向かって家を出る。

 メニューは、昨日とは打って変わってきつめにする。

 しっかり時間をかけて

 朝のひとときを終える。

 帰宅後のきょうの仕事は

 芦屋市環境処理センターへ行き

 燃えないゴミを捨てること。

 前日に予約電話を入れさえすれば

 たいがいのゴミは、受けとってもらえる。

 10キロまでは無料で

 仕組みを知ってから、重宝している。

 家からクルマで10分程度。

 計量をして、問題なければ

 その場で受けとってもらい、はい、おしまい。

 この作業で、家の中がすっきりするわけで

 精神衛生上も、とても良い。

 さてさて。

 帰宅すれば、やはりきょうも

 ヨットのお仕事に精を出す。

 レースルール関係の仕事があり

 午前中の2時間をそれに費やす。

 昼から散歩に出かけて

 夕方、帰宅してから、今一度

 同じ仕事に集中する。

 締切は、来週末。

 このペースであれば、なんとなかりそう。

 そう思うと、ビールでも飲むか、となる。

 プロ野球を少し観戦した後

 アマゾンプライムで映画「タイタニック」を鑑賞。

 ほほお。

 この映画を観るのは20年ぶりになるが

 名作中の名作だと感心する。

 若きデカプリオが、また、かっこいい。

 映画を見終わって、満腹で幸せな感じ。

 明日もバランスの良い

 一日が送れますように。

 そんなことを考えながら、もう一杯だけ

 缶ビールの晩酌がすすむ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

2017/09/04(月) 映画「関ヶ原」。

Sekigahara170904

 約10日ぶりに、我が家の布団にて起床。

 そう言えば、昨晩はエアコンはオフ状態。

 わずか1週間、海外へ行っていた間に

 日本も夏から秋へ、移行したのだな。

 6時半。

 朝トレに向かって家を出ると

 外の空気が涼しいではないか。

 あの、凄まじかった暑さと湿度から

 解放された幸せを感じながら

 芦屋のフィットネスへ歩いて行く。

 フィットネスでは、軽めの運動を中心にして

 いつも通りのスケジュールにて

 トレーニングを終える。

 トレーニング後は、もちろん、風呂。

 しばらく、シャワーだけだったので

 風呂に入るのも久しぶり。

 ゆっくりと広い湯船に身体を伸ばして

 先週とは打って変わった

 都会生活の幸せを享受する。

 さて、帰宅すれば、ヨットの仕事が待っている。

 ここのところ、先延ばしにしていたことを

 きょうは、少しは進めねば。

 2時間ほどデスクワークをして

 一件落着して、一安心。

 では、とばかりに、西宮へ出かける。

 きょうの目的は、前から観てみたかった

 映画「関ヶ原」の鑑賞。

 岡田准一と役所広司。

 比較的純粋な石田三成に対して

 老獪な徳川家康が、また、見応えあり。

 このような時、なんとか石田三成に

 勝たせてやりたいと思うのだが

 戦争映画と同じで、残念ながら

 結論は決して、変わらない。

 それにしても、この映画、

 関ヶ原の合戦のことに多少の知識がないと

 あまり楽しめないのでは、ないか。

 かくいう自分も歴史には疎いため

 時間や人の動きが、今一つ、把握できない。

 だが、それなりに解釈してみると、、、

 とても短時間で終わってしまった

 天下分け目の合戦だったわけだが

 要するに、水面下の工作によって

 大勢は決まっていたのであるな。

 因みに、石田三成は、41才で亡くなったのだと。

 短い人生だったのだなあ。

 秀吉に拾われたのが

 幸せだったのか、それとも、不幸か。

 そんなことを考えながら、帰路につく。

 帰宅時間は午後3時半。

 少し早いが、ビールでいいだろう。

 エアコンで部屋を冷やして

 冷たいビールでひとり、乾杯。

 一週間のクルージングで

 落としてしまった体重を

 まずは、戻すことにしよう、と思う。

 しっかり、飲んで、食べよっと。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

2017/09/01(金) テンダーボート。

Tender1708

 ヨットをアンカーリングするのであれば

 風と波を防ぐために

 島影を選びそうなものなのだが

 きょうも島影では、決して、ない

 いわば、不思議なアンカレッジから

 クルージングの一日が始まっていく。

 湾の外のアンカーリングは

 なんとも不思議で不安に思うのだが

 スキッパーによると

 アンカーの効きの良い海底状態で

 また、ヨットを囲む、幾重にも連なるリーフが

 波を押さえてくれるのだと言う。

 確かに、波による不愉快な揺れを

 全く感じることなく、

 とても快適に、快晴の朝を迎える。

 ヨットの後ろには、

 テンダーボートがつながっている。

 エンジン付きのインフレータブルと

 2人で漕ぐ、カヌー。

 今回のクルージングでは

 この2艇のテンダーボートが大活躍している。

 海遊びの道具であることはもちろん

 砂浜に上陸する時や

 別のヨットとの人や食糧のやりとりでも重宝する。

 このようなテンダーをヨットとともに

 運ぶことができるのは

 それだけ大きなヨットであるがゆえなのだが

 遊ぶことを主目的とした

 チャーターヨットならではの

 素敵な、はからいなのだと思う。

 さて、楽しかったクルージングの日々も

 きょうで最後の晩となる。

 明日は、朝7時に出港して、1時間ほど走って

 ヌーメアの出発点に戻り

 船を返し、帰国の支度をすることになる。

 ああ、楽しかった。

 毎日の飲み疲れで、晩飯後には

 一旦、バタンキュー。

 最終日を迎えたみんなの

 ハイテンションな声を聞いているうちに

 熟睡の領域に入っていく。

 おやすみなさい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

2017/08/31(木) 満天の星。

Star1708

 驚くほど美しい、

 小島の沖で目を覚ます。

 時刻は、4時半。

 ニューカレドニアのこの時期

 この時間は、まだ、真っ暗。

 ヨットのデッキに出てみると

 満天の星が輝いている。

 北の空には、いつもとは反対向きの

 オリオン座が見え

 視界を反対舷に移すと

 馴染みのない星々が散らばっている。

 プラネタリウムファンの身にしてみれば

 星と星座はお手の物のはずなのだが

 南半球の星空には、疎い。

 大阪科学館のプラネタリウムでも、

 見せてくれないもんなあ。

 さて、さて。

 きょうは朝から島で遊んだ後

 北へ移動して別の島へ。

 夕方には、海に沈む美しい夕日を見つめる。

 日が沈めば、また、星が輝きだす。

 月の横には、土星。

 西の空高くに、木星。

 そして、南西の空には

 南十字星が小さな光を発し始める。

 天頂には、蠍座。

 蠍座がこのような位置にあるのは

 見たことがないと思う。

 いずれにしても、単純に幸せな

 クルージングの一日が終わっていく。

※写真は、ウェブからの借り物です。

 実際の南十字星は、もっと横向きでした。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/30(水) 豪華客船。

Ship1708

 イル・デ・パンの湾口にて

 二度目の朝を迎える。

 天候は曇天ながら、雲間に

 太陽の光を感じる。

 上々の朝だと思う。

 艇上での朝食を終え

 沖合に目をやると、おや

 数万トン級と思われる

 大型豪華客船が入港してくるではないか。

 ここイル・デパンの湾口は

 客船のアンカレッジにもなっているのか。

 が、しかし、どのように上陸するのかと

 興味津々にて、作業に釘付けになる。

 まずは、もちろん、本船がアンカーリング。

 客船から比較的大きなボートが降ろされ

 各々乗客30人ほどが乗り込んで

 小さな桟橋まで運ばれてくる。

 我々チャーター艇のスキッパー

 イバンによると、きょうは

 豪華客船の乗客1,500人で

 砂浜があふれかえるのだと。

 我々はその前に出港するのでハッピー。

 スキッパーの指示に合わせて

 そして、豪華客船を横目で眺めながら

 イル・デパンを出港していく。

 晴天下、西へ走り

 本日のアンカレッジに到着。

 これがまた、リーフに囲まれた

 信じられないような美しい場所なのだな。

 海で遊んで、その後、晩飯の支度をして

 晩飯とも宴会とも言える

 楽しいひとときに入っていく。

 2艇のクルーは、総勢14名。

 これだけの大人数になると

 それだけで、愉快な晩になる。

 幸せなことだと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

2017/08/29(火) イル・デ・パン。

Ildepinmap1708

 ニューカレドニアに来て、四日目。

 目を覚まして、ヨットの外に出てみれば

 イル・デ・パンの朝の美しい海辺がある。

 イルは、島の意味だから、要するに、パン島。

 だが、パンが何の意味なのかは

 この際、どうでも良い。

 きょうの天気は、昨日の雨から一転して、好天。

 天気が良いと、景色が全く変わって見えるから

 不思議だと思う。

 さて、本日のクルージングの予定は

 ここから約1時間ほどの島へ移動して

 スノーケリング他、海遊びを楽しむ。

 数あるリーフを縫うようにして

 50フィートのヨットは

 海遊びのための綺麗な海辺に到着する。

 砂地の海なので、透明度は今一つだが

 海水は、コバルト色に輝く。

 嗚呼、感激。

 ややひやりとする冷たい水温だが

 晴天下で、実に快適な一日となる。

 すっかり遊んで、夕方には

 また、イル・デ・パンへ帰港。

 あっという間に、過ぎてしまう毎日に

 少し焦りを感じつつ

 本日の晩の宴会に入っていく。

 みんなで、乾杯!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

2017/08/28(月)  ニューカレドニアの雨。

Rain1708

 ニューカレドニアに来て、はや、三日目。

 クルージングの二日目は、曇天から始まる。

 予定通り、朝8時に出港。

 ニューカレドニア本島の南端の島から

 きょうは、一気にイル・デ・パンまで、走る。

 せっかくの海外クルーズなのだが

 天候は、残念、雨天。

 出港から2時間後には、土砂降りになる。

 厳しめのクルーズになるが、

 途中で鯨の親子によるジャンプショーを観て

 また、ヨット後方に流したケンケンにカツオがかかり

 それらがとても楽しいひとときを演出してくれる。

 午後3時には、本日のアンカレッジに到着。

 イル・デ・パンの湾内の美しい景観が

 幸福を感じさせてくれる。

 ほっとして、ビールを飲んで

 さあ、きょうの日が、終わっていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

2017/08/25(金) オードトアレ(シトラス)。

Citrus170825

 さあ、金曜日。

 きょうは、午後から関空~成田。

 今晩は、成田駅前のホテルに一泊して

 明日から約1週間、ニューカレドニアへ行く。

 暖かい国でのデイクルーズなので

 軽めの装備でOKのはず。

 詰め終わったスーツケースも

 いつもに比べると、かなり、軽い。

 午後の出発まで時間がたっぷりあるので

 朝はしっかりフィットネスに行き

 汗を流して、体内にたまったアルコールも

 しっかり排出した、つもりになる。

 体調がなんとなく優れないのは

 飲み過ぎにともなう脱水症状だろうか。

 水分を意識して多めに摂り

 MKタクシーが迎えにくる

 午後までの時間を、穏やかに過ごそう。

 このような時、気分転換に良いのは、オードトアレ。

 昨日、神戸布引ハーブ園で購入した

 シトラスのオードトアレを、

 シュッっとかけて、その香を楽しむ。

 これ、ハーブ園にて、お気に入りのものを

 1cc単位で購入することができる。

 昨日は2cc買ったので、容器代込みで

 750円ちょっと支払った。

 自分で気に入ったものを

 好きな分量だけ買ったためか

 なんとなく、いつも以上に愛着がわいている。

 そうか、これもせっかくだから

 ニューカレドニアへ持っていくことにしよう。

 窓の外は、曇天。

 だが、気温はかなり高い模様。

 今回の旅行は、日本の残暑から逃げる

 避暑のひとときになるのだろうか。

 それとも、ちょうど同じ時期に

 日本国内も涼しくなっていくのだろうか。

 来週末の日本の空を想像しながら

 出発のための最後の支度を進めていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

2017/08/24(木) 布引の滝(雄滝)。

Nunobiki170824

 昨晩は寝る前に、

 大接戦の囲碁対局を

 テレビ観戦したせいだろうか

 なんとも、寝起きが、悪い。

 いやいや、囲碁のせいではなく

 やはり、ビールの飲み過ぎなのだと思う。

 思い出してみれば、囲碁観戦しながら

 随分と飲んだではないか。

 今朝は、二度寝、三度寝までして

 朝7時過ぎに、起き上がる。

 二日酔い気味で、気分は悪いが

 朝食をいただいているうちに

 気分は、ハイになっていく。

 単純な自分の体調を嬉しく思う。

 きょうは、神戸まで行き、

 久しぶりに布引の滝を見てみよう。

 10時半くらいに家を出て

 JRで三宮、地下鉄で新神戸。

 そこから徒歩で歩いて行く。

 手前にある滝が、布引の滝の雌滝。

 徒歩でせいぜい5分程度。

 近い。

 そこからさらに上っていくと、雄滝がある。

 ここも近いが、階段をひたすら上るので

 足に自信がないと、少し、ひるむかも。

 しかも、きょうも、蒸して暑い。

 気温は35度オーバーだろうなあ。

 汗を全身から、だらだらと流しながら

 美しい雄滝にたどり着く。

 凄まじい自然が織りなす景観に感動するのだが

 実は、雄滝の奥には

 人の手による、ダムがあると言う。

 それを知ると、なんとなく、興ざめしそうだが

 知らんぷりをして、やり過ごそう。

 雄滝からの急な階段を降りれば

 おや、あっという間に新神戸にたどり着く。

 で、きょうは、そのまま

 新神戸駅をくぐるようにして

 ハーブ園行きのロープウェイに乗ってみる。

 6人乗りのロープウェイは、

 非常にスムースに運行していて

 全く待たせることなく

 客をハーブ園まで運んでいく。

 ロープウェイの途中で

 眼下に雄滝が見え、その先には

 残念ながら布引のダムも見えてしまう。

 まあ、いいか。

 晴天の暑い一日を外で過ごし

 家に帰れば、当然、ビール!となる。

 アルコールが入れば、

 なんとなく、やる気が失せてしまうのだが

 明日の午後、ニューカレドニアに

 向かって出発するので

 その支度はしなければならぬ。

 とは言え、落ち着き払っている自分がいる。

 まあ、なんとか、なる。

 今晩のところは、ゆっくり

 冷たいビールでも飲むことにしよう、と思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

2017/08/23(水) ドライアイス。

Dryice170823

 世の中のお盆休みを終えて

 ようやく、定年退職者にとっても

 お盆休み明けっぽい毎日となる。

 昨日はPET検査だったので

 今朝は一週間ぶりに朝トレに行く。

 しっかり走って、バーベルを上げて

 とても気分良く、フィットネスを出る。

 コーヒーショップでモーニングを食べた後は

 整形外科へ行き、リハビリを受ける。

 これも、また、気分良し。

 腰も首も、さらには

 指の状態も上々にて、帰宅する。

 それにしても、この暑さはなんなのか。

 残暑という言葉では著しきれない

 恐ろしい湿気と高温が

 世の中を支配しているかのよう。

 その一方で、今朝から大阪の一部で

 停電が発生しているというのだから

 こりゃあ、大変だと、思う。

 幸い、我が家には停電の影響はなく

 しっかりエアコンが作動するのだが

 それでも、やはり、冷たいものは食べておきたい。

 昼を挟んで、近場へ出かけて

 帰りにスーパーマーケットにて、

 アイスクリームを買って帰ることに。

 レジで支払いをしていると

 ドライアイスは要りますか?。

 家までわずか徒歩4分程度なので

 本来、ドライアイスは不要なのだが

 このような時は、生来の貧乏性が、出る。

 はい、お願いします!。

 帰宅して、アイスクリーム類を冷凍庫に入れた後、

 さあ、ドライアイスを水に漬ける。

 これ、子供の頃からのお約束。

 普段では決して見られない

 容器からあがる白煙に、

 まるで幼児の頃と同じように、

 見とれてしまうのだな。

 ついでに、ネコもそばに連れてきて

 ほら、見てごらん、と言ってみるのだが

 ネコは食事以外に興味なし。

 うむ。つまらん。

 テレビを付ければ、高校野球は

 圧倒的なスコアで、埼玉がリード。

 そのまま、優勝を決めてしまう。

 ああ、夏も終わりか。

 夏の終わりにしては、

 あまりに暑い外気を想像しつつ

 きょうの日も終わっていく。

 どうやら、明日以降も暑さは続くとのこと。

 明後日には、国外逃亡できる予定だが

 それまで、とにかく、自愛して

 灼熱の日本の夏を過ごすことにしよう、と思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

2017/08/22(火) PETセンター。

Pet170822

 朝、5時に起床。

 きょうは、大阪市内に出て、

 PET検査を受ける予定。

 検査の5時間前までに

 食事を済ませよとのことなので

 やむなく、6時前にカップ麺を食べることで

 朝の空きっ腹を満たす。

 PET検査は、2年前に下咽頭癌が発覚して以降

 今回で3回目の受診となる。

 場所も毎回同じなので、慣れたもの。

 大阪駅から徒歩10分歩いて

 目的地のPETセンターに到着する。

 更衣室で着替えて、問診と

 1分ほどの簡単な注射のあとは

 ひたすら寝るだけの検査となる。

 検査前に、20分ほど横になり

 最初のPET検査を終えてから

 再び、20分ほど横になり

 二度目のPET検査を受けて、はい、おしまい。

 PET検査中は、もちろん、

 横になっているだけなので

 なんとも実感に乏しい検査なのだが

 癌発見のための最上手段なのだと聞けば

 高額な出費を押してでも

 受けてみようと思うのが、人情だろう。

 検査の後はせっかく市内に出かけたので

 本町まで足を伸ばし、マリンショップへ。

 店で待っていてくれた友人と

 しばし雑談をしてから、さあ、帰ろう。

 家に帰れば、甲子園の準決勝をテレビで観る。

 西東京対埼玉の戦いは

 9回裏に同点となる大熱戦。

 本来であればビールを飲みながら

 テレビ観戦したいところだが、

 今晩は、某会議があるので、そうもゆかない。

 コップに氷を入れた麦茶を飲みながら、

 声援を送っているうちに、軍配は、埼玉に上がる。

 さて、さて、今週末から

 約10日間の海外遠征の予定。

 金曜日の昼から出発するので

 そろそろ荷造りを始めなければ。

 洗ってすぐに乾く素材の服ばかり揃えれば

 荷物は少なくて済むだろう。

 行き先は、夏だし、と

 いつものように、

 なめてかかっている自分がいる。

 まあ、良い。なんとか、なるだろう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

2017/08/21(月) こだま☆楽旅IC早特。

Kodama170821

 日曜日の晩は、野比の家に宿泊。

 エアコン不要で快適に眠れるのが

 海の家に泊まる特権なのだと思う。

 気がつけば、涼しい風が窓から吹き込み

 また、秋の虫の声を聞きながら

 眠りにつけることを幸せに思う。

 とは言え、朝5時に目を覚ましてみると

 こりゃあ、激しい二日酔いか。

 そう言えば、昨日のヨット練習会の後

 逗子駅前で、しこたま飲んだのだったなあ。

 これだけの二日酔いということは、

 それだけ楽しかったという証。

 だから、しかたがないわけで、

 自分を責めるのも、やめようと思う。

 帰りの新幹線は、新横浜12時16分のこだま。

 出発まで、ゆっくり時間がある。

 朝シャワーを浴びて、体内にたまった

 アルコールを洗い流す。

 水をがぶ飲みしてしまうのも、また

 二日酔いの典型的な症状なのかも。

 朝10時半。

 家の戸締まりをして、さあ、帰路に着く。

 野比の家からYRP野比駅まで徒歩15分。

 そこから京急快特に乗って、上大岡へ。

 上大岡から地下鉄に乗って、新横浜。

 これが、いつものルートになっている。

 さて、今回のチケットは、

 こだま☆楽旅IC早特、というもの。

 通常、のぞみに乗ると、13,000円かかるところが

 このチケットであれば、こだまのグリーン車利用で

 11,100円と、かなりのお値打ちなのだな。

 所要時間は1時間強、余分にかかるのだが

 会社を退いて以降、時間は、ある。

 往復で4,000円ほどを浮かして

 しかも、こだまでもグリーン車は、やはり快適。

 とても気分良く、新幹線での時間を過ごす。

 ただ、このサービスは、9月初旬に終了するのだと。

 なんだ、つまらん。

 せっかく、リーズナブルで

 新たな交通手段を発見したと思ったのだが。

 次回の上京予定は、9月末。

 こだま利用で小田原経由の

 割安チケットで上京すべきか

 それとも、夜行バスを再検討してみるか。

 ま、時間はあるので、ゆっくり考えてみることにしよう。

 家に帰り着き、止せばよいのに

 ああ、またビールを飲んでしまう。

 二日酔いで辛かったのではないのか。

 そんなことを、まるで、

 昔、昔のことを思い出すかのように

 すっかり忘れて、今宵の晩酌に入って行く。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

2017/08/18(金) 対馬でカワウソ。

Kawauso170818

 海外では、テロ事件が相変わらず発生している。

 北朝鮮の核装備が、毎日のニュースとなり

 アメリカでは、KKKによる黒人迫害と

 それを大統領が支持したかのような

 発言が波紋を呼んでいる。

 本当に不愉快で、

 お先真っ暗なニュースばかりなのだが

 ここ日本では、昨晩から、なんとも楽しく

 笑顔が浮かんでしまいそうなニュースが、

 新聞やテレビを賑わしている。

 対馬でカワウソが発見されたのだと。

 日本国内でカワウソが見つかったのは

 実に38年ぶりであり、しかも、それが

 カメラに偶然に写り込んだと言うのだから、

 また、喜ばしいではないか。

 さらに、そのカワウソが

 もしかすると、絶滅したと判断された

 ニホンカワウソかも知れない、と言う。

 いやまあ、大陸に最も近い

 対馬で発見されたのだから

 大陸系のカワウソの可能性が高いのだろうが

 このようなニュースには、夢を抱くことができる。

 もしも、ニホンカワウソだったら

 いったい、今までどのように生息したいたのか、等々。

 生物系の科学者にとっては

 これから楽しみな日々になるのかも知れないし

 そんなことを、素人の身をもってしても

 考えさせられてしまうのだから

 昨今、まれに見るグッドニュースと

 言っても良いのだと思う。

 ただ、この手のニュースは、継続性に乏しく

 次に我々の目の前に現れる時は

 ニホンカワウソか否か、はっきりした時

 もしくは、新たな事実が発覚したときになるのだろう。

 それが何時の日になるのか、

 楽しみにしておくことにしよう。

 さてさて。

 きょうは、朝トレの後、

 昼を挟んでニトリへ買い物に出かける。

 いろいろなものを買ってしまうのだが

 10月にまた、フィリピンへ行く予定なので

 その際に必要なものも、一緒に購入する。

 バスマットやキッチンタオル等

 フィリピンではそう簡単に手に入らないものを

 今から買っておこう。

 家に帰れば、テレビで高校野球の観戦をして

 気がつけば、夕方となっている。

 もうビールを飲んでもいいだろうか。

 自分にビールを許す時間となり

 自動的に、今晩の晩酌となる。

 明日から、上京。

 今回は初めて、新幹線こだまの

 割引を利用してみる予定。

 いつもよりも時間はかかるが、

 料金は安くしかもグリーン車が使えるのだと。

 快適な上京になれば良いのだが。

 おっと、そろそろ、週末の支度を始めよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/17(木) 神戸ワイン発祥の地。

Kobewine170817

 昨日は、福良から新西宮まで

 約11時間の楽しい回航だった。

 しかも、真夏のデイクルーズなので

 苦労は、まったくなし。

 楽しいばかりの11時間だったのだが

 問題は、クルーズ中に

 冷たいビールを飲み過ぎてしまうこと。

 氷でキンキンに冷やしたビールは

 ヨット上では最高に甘露であり

 ついつい、飲み過ぎてしまうのが、常。

 で、昨日もご多分に漏れず、飲み過ぎ。

 今朝は、二日酔いの朝、となる。

 お盆休み明けなので、朝トレに行きたいところだが

 木曜日なので、フィットネスはお休み。

 家で朝食を取った後、

 昨晩予約した、グリコピアに向けて

 クルマで出発する。

 グリコピアは、要するに江崎グリコの神戸工場。

 予約しておけば、工場見学をすることができる。

 クルマで走ること1時間と少し。

 朝9時半前には、グリコピアに到着する。

 開場は9時半なので、しばしクルマで待機。

 その後、10時からの見学会に参加して

 お菓子を愛する、子供達と一緒に

 小一時間のグリコの旅を楽しむ。

 グリコピアを出て、さて、どこへ行くか。

 そうそう、道中にたしか

 神戸市農業公園があったなあ。

 せっかくなので立ち寄ってみる。

 ここは、神戸ワイン発祥の地なのだと。

 建物が全体的に立派で

 とても由緒ある場所かと思わせるのだが

 発祥は、1984とある。

 うむ。

 なんだか、とても最近なのだな、実は。

 まあ、日本のワイン発祥の地と

 謳っているわけではないのだから

 確かに、そんなものかも知れぬ、と思う。

 このようなところに来ると

 ついつい、神戸ワインを買ってしまいそう。

 で、一本、購入。

 2本横並びであれば、高めのものを

 買ってしまうのが、これまた人情だと思う。

 せっかくここまで来たのだからという

 いわば、貧乏性が、また、出た。

 さて、さて。

 クルマで家に帰った後、

 タッチアンドゴー!で、今度は

 また、三田までJRに乗って行き

 キリンのビール工場見学へ。

 三田駅前からラガーバスに乗って

 キリンビールの神戸工場にたどり着く。

 工場内を見学して、お約束の

 ビール試飲を思い切り楽しんで

 とても満足した一日が、終わっていく。

 もちろん、家に帰れば、ビールで晩酌。

 二日酔いのきつい朝だったこともすっかり忘れて

 ビール工場の絶品のビールを思い出しながら

 今晩のビール晩酌が進む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

2017/08/16(水) ヨット「ヤフラン」。

Llaflanc170816

 朝4時半に、福良の民宿にて起床。

 5時にタクシーを呼んでいるので

 ここは、しっかり目を覚まさねば。

 そそくさと支度をして、

 5時10分前には、民宿の外に出て

 予約していたタクシーを待つ。

 時間ぴったりにやってきたタクシーに乗り込み

 約5分ほどの、港まで乗せてもらう。

 こんな早朝に、しかも、800円程度の客で

 さぞかし立腹かと思いきや

 想像していた以上の、いわば

 シーマンシップを持った運転手さんで

 とても気持ちよく、我々を

 送り出してくれるではないか。

 最後まで、福良の町に感謝をして

 最高の気分で福良を後にする。

 今回の一連のヨット遊びで

 乗ったヨットは、ヨット「ヤフラン」。

 艇種は、ブルースファー設計による、30フィート。

 軽量タイプのスピードヨットで

 とても良く走る。

 だから、今回のお盆休みのレースでは

 十分に楽しませてもらった。

 なんとなく、ヨットに対する

 労いの気持ちを抱きつつ

 福良から西宮まで

 最後の航海となる。

 所要時間は、11時間。

 ヨット「ヤフラン」は、午後4時前に

 新西宮ヨットハーバーに到着。

 我々のお盆休みの旅も終了となる。

 船底をしっかり洗って

 セールも洗って、お疲れさん。

 8月11日から6日間、

 ああ、本当に楽しかった、と思う。

 一緒にヨットに乗ったみなさんと

 そして、ヨット「ヤフラン」に感謝しながら

 きょうは、家でビール晩酌を楽しむことにしよう。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

2017/08/15(火) ハモ三昧。

Hamo170815

 11日に新西宮を出港してから、5日目。

 3つのレースを走り終えて

 きょうから、収束の部に入っていく。

 要するに、ヨットを西宮へ持って帰れば良いのだが

 単純な直行では、

 せっかくのお盆休みがもったいない、

 というアイデアがあり

 きょうは、福良まで行って

 もう一晩、休日を楽しむことにしている。

 徳島から福良までは、ヨットで2時間半程度。

 昼前には、福良港に到着する。

 さて、昼飯だが、ここはウニが名産なのだと。

 しかし、お盆休みの繁盛で

 ウニはほぼ売り切れ状態となり

 名物「ウニ丼」は、売り切れ。

 やむなく、いくら丼を頼むのだが

 ダメモトで、ウニをひとくちでもいいから

 載せてください、と頼んでみる。

 値段は上がるけど、いいですか?との回答。

 ここは、素直に、はい!と応えて

 ウニトッピングのいくら丼をかっこむ。

 こりゃあ、美味い。

 お腹が一杯になったところで

 本日の宿へ向かう。

 港から徒歩で15分程度。

 腹ごなしにもちょうど良い距離か。

 綺麗な民宿で午睡をして

 夕方目を覚ますと、晩飯の

 支度ができている、とのこと。

 階下に降りると、こりゃあ凄い。

 ハモ三昧。

 実は今回の福良に来た目的は、これ。

 思い切り、ハモを食べようという企画。

 冷たいビールを飲みながら

 これでもか、というくらい

 徹底的にハモを楽しむ。

 幸せだなあ。

 明日の朝は早いので

 食事が終われば、さあ、寝よう。

 少しだけ、みんなで部屋飲みして

 広い部屋に適当に布団を敷いて

 お盆休み、最後の晩となる。

 明日は、福良から新西宮まで

 最後のレグになる。

 良い天気になりますように。

 おやすみなさい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/14(月) 眉山。

Ebizan170814

 8月14日と言えば、お盆休みの真っ最中。

 世の中は、完全にお休みモードに入っていて

 テレビをつければ、交通渋滞のニュースが

 刻一刻と入ってくる。

 そんな朝、徳島のホテルにて起床。

 ここ徳島は、阿波踊り一色に染まっている。

 昔、昔、東京に住んでいた頃には

 四国に来ること自体、想像もできなかったものだが

 関西に住居のベースを変えて以来、というのか

 それともヨットを始めて以降、か

 徳島には数え切れないほど、やってきている。

 毎年この日、徳島では

 阿波踊りヨットレースが開催される。

 阿波踊りという、そもそも大イベントが

 ベースになっていることもあり

 ヨットレースも盛大なもの。

 国内でも有数のお祭りヨットレースとして

 今や、押しも押されぬステータスをもっている。

 で、我々ももちろん、

 阿波踊りヨットレースに出場する、というわけ。

 朝5時に起床。

 6時半には、全員集合して、いざ、出陣となる。

 ヨットが留めてあるのは

 徳島県庁前の、ケンチョピアマリーナ。

 背景には、美しい眉山がたたずむ。

 エンジンをかけて、出港。

 お盆の時期は、空気も綺麗なようで

 景色もまた、素晴らしい。

 秋空を感じさせる空気感の中

 そびえる眉山は、感動的に美しい。

 8時半にスタートしたレースは

 一旦、風が落ちたものの

 全体的には恵まれて

 午後1時前に、我々はフィニッシュ。

 今度は、眉山に向かって、帰っていく。

 神戸には六甲山があり、

 松山には松山城があり、

 徳島には眉山か。

 そこに住む人にとって

 方向を示す、大切なエッセンスなのだと思う。

 阿波踊りヨットレースが終了すると

 我々ヨット乗りにも

 夏の終わりが訪れる。

 なんとなく、寂しい感じ。

 これで60回目の夏が終わるのだなあ。

 まあ、まずは冷たいビールでも飲みながら

 真夏のひとときを楽しむことにしよう、と思う。

 乾杯。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

2017/08/11(金) 本阿弥ストラット。

Honnami170811

 一晩中、冷房を入れていたせいか

 朝の体調は、あまり芳しくない。

 いや、一晩中、冷房を入れているのは

 なにも、昨晩だけではないじゃないか。

 そうか。

 外気温が下がっていて、それに伴い

 室温も下がっているのだな。

 きょうから約1週間にわたる

 お盆休みのクルージングに出るのだが

 今年の夏も、もう終わりに近いのだと思うと

 かなり強い寂しさを感じる。

 窓の外は、曇天。

 路面には雨に濡れたあとがある。

 週間天気予報によると

 お盆の終盤には、

 激しい雨の日もあると言う。

 出発を前にして、荷物を再チェック。

 雨と寒さの対策を少し厚めにする。

 また、ヨットに乗るのだから、

 友人たちとの話題に応えられるように

 今月号の舵誌に、もう一度、目を通しておくか。

 そうそう。

 舵誌に紹介されていたので

 Kindleで漫画を買ったのだった。

 題名は、「本阿弥ストラット」。

 これ、江戸時代の新酒番船競争が

 舞台の一つになっている。

 作者の言葉によると、この部分は

 今は亡き我が師匠が書いた小説の

 小説現代新人賞受賞作「疾風伝」を

 ベースにして書いたのだと言う。

 これは、読まないわけには、いかない。

 漫画を読み進めてみると、登場する船頭役は

 疾風伝の主人公に、よく似ている。

 粗雑、乱暴にして、聡明。

 そして、日和見を含む操船が上手い。

 そう。 このキャラクターは、実は、

 故二宮隆雄大師匠そのものなのであるな。

 まだ、第一巻しか出版されていないが

 続編が出たら、また、買おうと思う。

 さてさて。

 もうすぐ、出発の時間を迎える。

 昼間だけの航海なので

 気分は、かなり楽なのだが

 事故や怪我がありませんように。

 今一度、自らの気を引き締めて、、

 行って来ます!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

2017/08/10(木) 鹿ヶ壷。

Shikagatsubo170810

 木曜日なので、フィットネスはお休み。

 と言うより、本日からしばらくの間

 フィットネスもお盆休みに入る。

 ま、明日から来週の半ばまで

 ヨットの毎日に突入する我が身にしてみれば

 フィットネスのお盆休みは関係ないのだが

 きょうの朝、トレーニングができないのは

 正直なところ、ちょいと寂しい。

 だが、一方で、

 本日、朝トレがないということを

 頭のみならず、身体も知っているのだろうか

 起床時間も6時半を回っている。

 要するに、寝坊。

 このような怠け癖は大嫌いなのだが

 なってしまうものは、しかたがない。

 ゆっくりと起き上がって、

 さあ、きょうは何をしようか、考える。

 我が家から、少し距離はあるのだが

 姫路から北へ向かい、山奥に入ったところに

 鹿ヶ壷と呼ばれる名勝がある、とのこと。

 クルマで行けば、片道2時間弱か。

 しばし、出発すべきか逡巡するが

 他にプランもなく、ここは決行とする。

 カーナビは、神戸方面に向かってから

 北に上れと言うのだが、

 それでは渋滞につかまりそう。

 ここは、先日の

 フルーツ・フラワーパークの時と同様

 過去のゴルフ通いで覚えた獣道を活用して

 目的地に向かって行く。

 目論み通り、渋滞は、一切なし。

 ちょうど昼時に、目的地付近に到着する。

 なにせ、名勝なのだから、クルマを降りて

 最後は歩いて行かねばならぬ。

 炎天下、太陽光に照らされる

 森林の匂いを吸い込みながら

 美しい川沿いの道を上って行く。

 きっと、この場所に慣れた家族連れなのだろう。

 一見、とても危険そうな川の水流を

 上手に使って遊んでいる。

 楽しそうに遊ぶ姿を横目に

 清流に沿って、階段を上って行くこと約15分。

 おお、これは、素晴らしい。

 本日の目的地である、鹿ヶ壷に出会う。

 滝の流れによってできた窪地に

 透き通った水たまりができ、その形が

 鹿の横たわった姿に似ているのだと。

 加えて、あたり一面、滝、滝、滝。

 長年にわたる、落下する水の勢いで

 このような窪みと水たまりができたのだろう。

 そう思うと、ロマンチックな気分による

 失神しそうなほどの気の遠のきを感じてくる。

 これ、幸福感と同義語なのだと思う。

 しばし、綺麗な水の流れを楽しんだ後、

 鹿ヶ壷からの帰り道を降りて行く。

 滝壷の付近は、多少、気温は低いのだが

 炎天下にさらされると、突然、

 太陽光の熱波が頭上から襲ってくる。

 アイスクリームを食べて、

 ペットボトルのドリンクを飲んで

 息を整えてから、さあ、帰るか。

 だが、貧乏性の身ゆえに

 もう一つの名勝「三ヶ谷(みがだに)の滝」を見て

 また、帰り道では、加西の羅漢寺を訪ね

 五百羅漢を見学してから

 さあ、本格的に帰路に着く。

 家に着いて、ビールを飲んで

 おもむろに、明日からの支度を始める。

 約1週間の遠征なのだが

 夜の航海がないので、比較的、軽装。

 楽しいクルーズ&レースになりますように。

 この気持ちを、神様に祈るだけでなく、

 一緒に行く友人たちと共有したいと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

2017/08/09(水) セーリング・ショーツ。

Shorts170809

 朝トレを含む、一連の

 朝のルーティーンを終えて

 さて、きょうはどうしようかと考える。

 このような時、良く言われるのが

 きょういく、と、きょうよう。

 きょう行くところがあるか?

 きょう用事があるか?ということだと言う。

 定年退職後の人生において

 その日にやるべきことがあるか否かが

 大切なのだと言うことらしい。

 サラリーマン時代から

 週末はセーリングの人生を送ってきたので

 幸いなことに、週末はほとんど

 埋まっていて、やることは多い。

 だから、週末の激しい疲れを、

 今では週日に癒やすべきで

 例えばきょう、やることがなければ

 ゆっくり静養すれば、良いのだと思っている。

 つまり、きょういく、と、きょうよう、に

 大いに反論あり。

 とは言え、家でうだうだするのは

 どうにも性に合わないので

 では、どこかに出かけるか。

 そこで、きょうは久しぶりに大阪市内へ。

 セーリンググッズを買いに行く。

 欲しいものの一つは、ニーパッド。

 ここのところの頻繁な航海とレースで

 右膝を少し痛めたので

 それをカバーするためのもの。

 週末からの阿波踊りヨットレースと一連の回航で

 活躍してもらわねばならぬ。

 もう一つは、セーリング・ショーツ。

 1992年にニューポートで初めて購入して以来

 セーリング・ショーツはアメリカの

 セーリング・アングルス製と決めてきたのだが

 その会社自体が3年ほど前に

 消滅してしまったようで

 以降、ウェブサイトでも買えなくなってしまった。

 そんなことで、いよいよ

 セーリング・アングルスの家内在庫も

 底をつきかけてきたので

 新たに購入しなければ、となった。

 阪神電車で梅田に出て

 地下鉄四つ橋線に乗って、本町駅へ。

 このあたりは、サラリーマン時代に

 とても慣れ親しんだ場所なのだが

 ここに、きょうのような

 短パン、半袖シャツという

 ラフな格好で来たことは、ない。

 昨年まで、真夏の暑さの中

 上着を着て歩いていたことが、

 今となっては、信じがたい。

 よく、頑張ったものだなあと、

 過去の自分を労ってみる。

 さて、お店にて予定通りにニーパッドと

 セーリング・ショーツを購入。

 ついでに梅田駅界隈のドラッグストアで

 その他必要なものも購入して

 満足して、帰宅する。

 新しいセーリング・ショーツをはいてみて、

 これも、また、満足。

 気分を良くして、夕方から

 冷たいビールによる晩酌を開始する。

 CSテレビでは、コンバットを上映中。

 これも、また、また、満足か。

 充足した一日が、また、過ぎていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

2017/08/08(火) 右中指の骨折。

Broken170808

 あまりに過去のことなので、

 ことの次第はすっかり忘れてしまったのだが

 5月上旬に三峯神社に行った時

 宿坊の興雲閣の風呂場で滑り

 受け身の際に、右の中指を突いて傷めた。

 さして痛みもなかったので

 多少の腫れは気にもせず

 そのまま放っておいたのだが、

 ひと月経過して、どうも良くならず

 ふた月経過しても、やはり、少しおかしくて

 ついに、三ヶ月が経過しても、まだひかぬ腫れに

 これはおかしいと言うことで

 今朝、いつもの整形外科にて

 診てもらうことにした、というわけ。

 レントゲンを撮って診てもらうと

 なんたることか、折れた痕があると言う。

 要するに、今から三ヶ月前に、

 右中指を骨折した、ということらしい。

 すでにその時から三ヶ月が経過しているので

 もはや、骨折は治っている。

 靱帯が傷んでいるようだが

 部位から見て、手術等の必要はない、とのこと。

 とにかく、医師の診断が聞ければひと安心。

 先生にそのように伝えてみると、

 三ヶ月も経って、今さら

 安心もないだろうと笑われてしまう。

 だが、最初のひと月は、

 もうすぐ治るだろうと高をくくり、

 ふた月めに入っても、まだ、腫れてるにせよ

 もうすぐ治るだろうと、やはり高をくくり

 三ヶ月目になって、まだ引かぬ腫れに

 ついに、焦り始めたと言うのが正直なところ。

 だから、この安心感は

 三ヶ月を経過したからこそ、なのですよ、先生。

 それにしても、骨折していたと言うのに

 今までどうしてさほど痛みがなかったのか。

 我慢強いと言えば、聞こえも良いが

 単なる鈍感と言うことかも知れぬ。

 ヨットに乗って、ロープを引っ張ったこと、たびたび。

 どころか、何十回もハリヤードを揚げているし

 タックのたびに、ジブシートも引いてきたし。

 また、毎日のようにフィットネスにて

 バーベルやマシーンを握って

 思い切り、押したり、引いたり。

 ははあ、だから治らなかったのか。

 そんなことに、今さら気付く自分が可笑しい。

 さて、きょうは台風一過の

 爽やかな一日か、と思いきや

 昼過ぎから突然の土砂降りで

 甲子園の初日の試合は、しばし中断となる。

 あまりの雨に、これはもう

 本日の試合再開はないのではと思ったが

 その後、からりと晴れ上がってしまうのだから

 本当に変な気候なのだと思う。

 夕方になり、窓の外も暗くなっていく。

 さあ、テレビでも観ながらビールでも飲むか。

 きょうは、少し驚きの朝ではあったが

 まあ、いつものように幸せな一日だったと思う。

 神様に感謝しながら、

 本日のビール晩酌、と行こう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

2017/08/07(月) 立秋の台風。

Typhoon170807

 迷走台風が、結局、近畿に接近中。

 この時期に近畿圏に上陸しそうだなんて

 やはり、天候はおかしくなっているのだと思う。

 一方で、新聞の第一面には、立秋だと。

 そうか、暦の上では秋なのか。

 改めて調べてみると、この日から

 秋らしい気配を感じ始めるのだと言う。

 確かに、今年で言えば、今回の

 台風がそれに該当するのだろうか。

 秋台風のコースにて、本日の夕方には

 我が家にも強風や大雨をもたらすのかも知れぬ。

 侮れぬ、立秋台風なのだと思う。

 そんなことを考えながら、

 さあ、朝の支度をしなければ。

 この週末は、土日の二日間ともに

 朝から晩まで飲みまくったので

 今朝の体調は、ちょっとひどいかも。

 でも、いつものように運動をすれば回復するだろう。

 期待を抱いて、頑張って朝トレに行ってみる。

 ランニングは軽め。

 腹筋運動も軽め。

 バーベルも軽め。

 その他マシーンも軽め。

 みいんな軽めにて、今朝の運動を終える。

 体重計に乗ってみると、

 いつもよりも1キロアンダー。

 飲み過ぎによる脱水症状なのだろう。

 朝トレ中も、とても喉が渇き

 そのたびにふんだんに水を飲んだのだが

 飲んでも飲んでも飲み足りない。

 まるで、週末のビールのようだなと

 全く異なる事象を同レベルで語ってみる。

 我がことながら、馬鹿だな、と思う。

 家に帰って、デスクワークをして

 台風接近のきょうは、なるべく外に

 出ないようにして一日を過ごす。

 台風は午後、和歌山に上陸。

 神戸界隈は、幸いなことに

 雨風ともに大したことがない。

 今回の立秋台風をやり過ごせそう。

 とは言え、かなり強烈な台風ゆえに

 まだまだ暴れるだろうと、心配される。

 さて、さて。

 夜になれば、体調はすっかり回復。

 徐々にビールが飲めそうな、というより

 ビールが美味しそうな雰囲気になり

 では、とばかりに冷蔵庫から

 冷たいビールを取り出して、飲んでみる。

 うむ、美味い。

 明日は、体調をしっかり戻して、

 きっちりとした朝トレを敢行するつもり。

 台風一過で好天になるのだろうか。

 だが、好天は好天で

 暑すぎるのが、困る。

 とてもわがままな物言いだが、

 ま、人間とはそんなものだと諦めて、

 自分のことも許してしまおう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

2017/08/04(金) 神戸フルーツ・フラワーパーク。

Fruit170804

 昨晩、いつになく早めに寝たせいか

 むしろ、体調が狂ってしまった感じ。

 朝の目覚めは、今一つとなる。

 いつものように、5時に

 一旦目を覚ましたはずだが

 二度目の目覚めは、ジャスト6時。

 あれま、しまった。

 朝トレ必須の金曜日ゆえに

 慌てて、朝の支度をしなければ。

 灼熱の朝、いざ、朝トレへ。

 本日、我が家の一帯は

 燃えるゴミを出す日なのだが

 近所のゴミ捨て場が

 カラスに荒らされているのを発見。

 対岸の火事にほっとすると同時に

 こんな暑い日であっても

 カラスはカラスでしっかり生きる道を

 見つけなければならないのだな、と

 当たり前のことを、ひとり

 ぶつぶつと語っているうちに

 セントラルフィットネスにたどり着く。

 朝トレを終えて、モーニングを食べて

 さあ、きょうはこれから何をしようか。

 そうだ。

 神戸フルーツ・フラワーパークへ行ってみよう。

 電車に乗って行くことも考えるが

 場所の不便さを勘案すると

 こりゃあ、やはりクルマだなあ。

 仕事でゴルフに通っていた頃の

 一種、けもの道をクルマで走って、約1時間。

 目的地の神戸フルーツ・フラワーパークに到着する。

 広大な土地に、ホテルがあり

 プールがあり、BBQコーナーがあり

 その他、レストランがあり

 乗馬施設があり、モンキーハウスがあり

 ゴーカートやパットゴルフの施設もあるのだと。

 きょうは、プールに入るつもりもないし

 乗馬その他を楽しむ余裕もない。

 ぐるりと一回りして、買い物をして

 ひとまず、帰ろう。

 次回、どのようなプランを立てるか

 少しだけ頭を働かせながら

 往路と同じルートにて、芦屋に帰還する。

 家に帰り、フルーツ・フラワーパークで購入した

 枝豆を茹でて、ビールタイムとなる。

 窓の外は、あれま、土砂降り。

 台風の接近で、相変わらず

 不安定な天気なのだと思う。

 明日は、志摩へ行き、

 海水浴企画を楽しむ予定。

 曇天予報なのが、がっかりだが

 せめて雨は降らないで欲しい。

 神様、お願い。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

2017/08/03(木) もみじてんぷら。

Momiji170803

 日本のはるか南に停滞して、

 長い間迷走していた台風5号も

 ようやくまともな方向に動き出した模様。

 この週末には、沖縄もしくは九州に

 接近する可能性があると言う。

 うろうろと迷走しているうちに

 勢力も増したと言うのだから

 この台風は、なんともクセが悪いと思う。

 日本にこれ以上の被害をもたらすことなく

 静かに過ぎ去って欲しいと、ひたすら願う。

 そんな台風の状況を知らぬかのように

 今朝の天気は、真夏の晴天。

 暑く、そして湿度の高い

 典型的な日本の夏の日になっている。

 暑さに参っているわけにはいかないので

 きょうは、箕面まで行って

 滝を眺めることで、涼しさを感じようと言う

 特別なミッションを描いてみる。

 阪急芦屋川まで行き、十三、石橋乗り換えで

 箕面駅までたどり着く。

 そう言えば、関西生活は30年以上になるが

 阪急箕面線に乗ったのは、実は初めて。

 若い頃、箕面駅近くで仕事はあったのだが

 いつもクルマで行っていたのだな。

 だから、土地勘があるようで、ない。

 箕面駅を出ると、しばし

 右や左を、きょろきょろと眺めてしまう。

 大滝への道のりは、概ね一本道。

 念のためにiPhoneのグーグルマップを起動するが

 目新しい情報は、全く入ってこない。

 ただ、目新しいことは、と言えば

 もみじてんぷら、か。

 どうやら、箕面の名物らしく

 道沿いで営業する店のほとんどが

 もみじてんぷらを売っている。

 しかも、揚げたて。

 未経験の味覚に、興味は津々なのだが

 滝までの往路は、とにかく

 一生懸命に歩いて行こう。

 だらだらとした上りの道を

 約50分歩いて、大滝に到着。

 滝壷から飛んでくる水滴とそよぐ風が

 汗に濡れた身体を冷ましてくれる。

 こりゃ、快感。

 避暑だなあ、と思う。

 滝の回りでしばし時を過ごし、

 ようやく気分も落ち着いてきて

 そうだ、もみじてんぷらでも

 食べてみようか、となる。

 小さな紙袋に二つ入って100円なり。

 なんだ、この味は。

 不味いわけではないが、

 決して美味いものでもない。

 でもまあ、ここまでやってきた

 旅の記念だと思えば良いか。

 復路は山を下りるので、楽だし

 時間もさしてかからない。

 だが、下界に降りるに従って

 気温も湿度もぐんぐんと上がる。

 ああ、現実に戻されたのであるな。

 箕面駅から阪急電車に乗って、

 往路と同じルートにて、帰宅する。

 家に帰り着けば、冷たいビール。

 大したことをやったわけではないのだが

 一つのことを終えて、

 多少の満足感とともに

 飲み味わうビールが、また、良い。

 明日一日を終えれば、もう週末か。

 速い時間の流れに、自分は

 もまれてばかりだな、と思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

2017/08/02(水) 全国高校軟式野球選手権。

Highschool170802

 真夏と言えば、このイベント

 全国高校野球選手権大会。

 昨日は、話題の中心だった

 早稲田実業が敗れてしまうと同時に

 全国49代表が決まったのだな。

 今朝の新聞には、晴れの

 代表校名が記されていて

 いよいよ、夏の甲子園開幕が

 迫っていることを知る。

 しかし、実はもっと気になることもある。

 スポーツ面をよく眺めて見ると

 とても小さな記事なのだが

 全国高校軟式野球選手権の

 代表校の記載があるではないか。

 おお、我が母校が、今年も勝ち上がって

 代表校として、参加するとのこと。

 これは、嬉しい!

 因みに、全国軟式高校野球は

 8月の24日から

 6日間の日程で行われるのだと。

 うむ。

 他の予定があるので

 もしかすると、観戦に行けないかも。 

 でも、我が母校が全国大会に

 出場してくれるだけで

 信じられないくらい、嬉しい。

 後輩たちよ、ありがとう。

 きょうは、朝のフィットネスの後

 整形へ行って、リハビリ。

 その後、映画を観て

 夕方は、フィットネスの友人たちと

 三宮にて、ビールを飲む。

 ああ、楽しい。

 まだ、ヨットの疲れは残っているが

 ビールの酔いが心地よい。

 この調子でいけば明日の朝には

 すっかり回復しているのかも。

 そんなことを想像しながら、

 今一度、家でビールを飲みながら

 今晩の晩酌がすすむ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

2017/08/01(火) コッコランド。

Cocco170801

 思い出してみれば、この1週間で

 布団で寝たのは、わずか二日。

 後の五日は、ヨットのキャビン泊。

 しかも、そのうち四日は

 回航もしくは、レース中の仮眠のみ。

 こりゃあ、疲れるわけだと思う。

 特に、パールレースのようなショートオフショアは

 ワッチを組むこともないので

 その分、どうしても寝不足となる。

 と言うわけで、昨晩は、爆睡!のはずが

 どうもバイオリズムが狂ってしまったようで

 夜中に目を覚まして、ビールを飲み直して

 起きたのは、朝の7時過ぎ。

 目覚めは決して良くないのだが

 布団の中で目覚めたことで

 幸福感が我が身を包んでいる。

 ああ、快感。

 朝9時過ぎ、志摩のハーバーにて

 もう一度、ヨット「シャロン」のチェックをする。

 多少の問題はあったものの、概ねOK。

 ハーバーマスターと言葉を交わして

 さあ、久しぶりの家に帰る。

 志摩からの帰りには、

 コッコランドの自販機にて

 大玉タマゴを買って帰ることにしている。

 12個入っていて、お値段300円。

 この大玉タマゴは、12個のうち、4個くらい

 双子タマゴがあるのが嬉しい。

 きょうも自販機の前にクルマを駐めて

 さあ、買うぞお!と気合いは入ったのだが

 なんと、大玉タマゴのみ、売り切れ。

 これ、もしかすると週明けだから、かも。

 きっと、週末のファミリー客が

 買って帰ってしまうのであろうなあ。

 残念。

 帰路の道のりは、すべて順調。

 渋滞も全くなく、3時間弱にて帰宅する。

 家に帰れば、やること、多々。

 今回は11日間の遠征だったのだから

 それも、当然か。

 デスクワークの後

 洗濯を済ませ、掃除機をかけて

 荷物を片付けて、

 後はビールでも飲んで寛ぐことにする。

 きょうは、寝るぞ。

 そんなことを口に出して

 改めて、陸に戻った幸福感を得る。

 さて、さて。

 きょうから八月。

 真夏に向けて、頑張るぞ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

2017/07/31(月) 尾西の赤飯。

Onishi170731

 慌ただしく週末が過ぎていく。

 きょうは、パールレースを終えて

 江の島から志摩へ、ヨットを回航した。

 思い出してみれば、先週の月曜日に

 ヨットを葉山から志摩へ回航したばかり。

 その後、レースで志摩から江の島へやってきて

 すぐに、そのヨットを江の島から志摩へ回航するのだから

 充実した毎日と言えば、確かにそうだが

 疲労感は、マックスに達しつつある。

 日曜日の朝、8時半に江の島にフィニッシュして

 買い物だけ済ませて

 10時には志摩に向けて出港。

 時間は、ほとんどなく、

 しかも、江の島のヨットハーバーには

 物資を補給できる施設がほとんどないときている。

 ヨットレースに参加したヨットが

 帰るための軽油すら買えないというのだから

 もはや、開いた口が塞がらない。

 まあ、あてにするだけ腹も立つので

 いつものように、ここは

 必要物資だけを入手して

 志摩に向けて、いざ、出発。

 ところで、今回の回航とレースで

 食事の場面で大活躍しているのは

 実は、「尾西のアルファ米」シリーズ。

 これは、お湯を入れるだけで

 美味しいご飯ができるのだな。

 最初は嘘だと思ったのだが

 赤飯を食べた時の

 この食感は、なんだ?!

 臭みも一切なく、炊きたてご飯の

 美味しさそのまま。

 今回の江の島-志摩の回航でも

 もちろん、大活躍。

 お湯を入れて、20分。

 ちょっと待ち時間は長いが

 待つだけの価値は、十分にある。

 唯一の欠陥はと言えば

 ごま塩が入っていないことくらいか。

 熱湯を入れた後、ふた部分を

 チャックで閉じることができるので

 カップ麺のように、艇の揺れを気にすることもない。

 ヨット艇上で食べるための

 条件を、かなり満たしていると思う。

 さて、さて。

 ヨットは、本日の昼過ぎに志摩YHに到着。

 回航を終えてご苦労さん。

 明日は、ヨットの整理整頓をしてから帰宅の予定。

 なんだか、自分の家が、

 少しだけ、懐かしい。。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

2017/07/28(金) 台風の空。

Tsuyu1707

 さあ、パールレース。

 志摩YHのオーナーズマンションにて目を覚ます。

 窓を開けると、嫌な曇天。

 ああ、真夏のはずなのに

 この天気は何なのか。

 日本の南を迷走している

 台風5号の影響なのだな。

 いわば、この空模様は、台風の空。

 いいことは、何もないのだと思う。

 当然、レースのコースにも

 大きな影響がある。

 マンションのベッドの上で

 iPhoneをチェックして

 レースコースを検討する。

 基本は目的地まで一直線を引くので

 選択肢は、そう多くはないが

 直線からずらす際に、

 北か南か、どちらにずらすか

 それが勝負どころになると思う。

 レースは11時にスタートする。

 天候に対する不安もまた

 ヨットの楽しみの一部か。

 さあ、朝シャワーを浴びて

 食事を済ませて、

 では、元気に行って来ます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

2017/07/27(木) 旅館さざなみ。

Sazanami170727

 真夏の楽しい回航のはずが

 思いの他、きつい回航となり

 昨晩は、ばて気味で床につく。

 泊まったのは、旅館さざなみ。

 この旅館は、ヨットの大師匠

 故二宮隆雄氏の家に近いこともあり

 師匠が健在だった頃は

 頻繁に泊まった記憶がある。

 なにより景色が素晴らしく

 五ヶ所湾の海が一望できる。

 窓を開ければ、涼しい風が吹き込み

 温泉ではないが、露天風呂が、また、良い。

 今朝は、このさざなみにて目を覚まし

 かなり回復した自分自身を感じ取る。

 朝風呂に入り、疲れた腰を温めて

 その後、旅館ならではの

 嬉しい朝食をいただく。

 本来の航海日程であれば

 火曜日に到着して、さざなみに

 ふた泊できるところだったのに、と

 変な喪失感に打たれてしまう。

 やはり、人間、小さい、と思う。

 さて、8時半にさざなみを出発して

 ヨットのある志摩YHへ。

 明日スタートするパールレースの

 準備をしなければならない。

 天気は、なんと、雨模様。

 この時期、かんかん照りも困るのだが

 雨というのは、本気で困る。

 いや、困ると言うより、とにかく、嫌だ。

 小やみの合間を縫うようにして

 積載する荷物をヨットに運びこむ。

 天気予報によると、明日も曇天なのだと。

 迷走する台風は、かなり南方に留まり

 ヨットレースを危険にすることがなさそうだが

 迷走は、やはり、迷走。

 信じられる針路があるわけもない。

 全体的に軽風の予報だが

 ひとたび針路が北にずれれば

 凄まじい強風に見舞われる危惧もある。

 加えて、この天候の不安定さに

 なんともやりきれないものを感じる。

 ともあれ、午後になれば

 チームのメンバーも現地に集まってくる。

 わいわいがやがやと騒いでいれば

 気分も高揚してくるのだと思う。

 さあ、やるか。

 レースにむけた準備にも

 いよいよ、気合いが入っていく。

※写真は、旅館さざなみのウェブサイトより。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

2017/07/26(水) 布施田水道。

Fuseda170726

 深夜を過ぎて、日付が変わるが

 要するに今、下田から、志摩YHまで

 110マイルの航海をしている。

 風は、真正面からの強風。

 しかも、相変わらず潮も悪く

 対地速度は全く伸びない。

 大気はかなり不安定で

 時折、雨も降ってくれる。

 とほほ。

 御前崎を過ぎ、逆潮マックスの時には、

 このままでは志摩の到着時間は

 7/26(水)の夕方だ、と推測され

 ヨットの艇上で絶望感にひしがれる。

 ヨットに乗って38年。

 こんな嫌らしいコンディションの回航は

 かつて、例がない、と思う。

 目的地が近づき、大王崎が見え始めた頃

 ようやく、潮が少し好転し始める。

 しっかりした連れ潮まではいかないが

 逆潮がなくなって、スピードメーター通りの

 対地速度が得られるようになっている。

 これは、素晴らしい。

 なにより、モチベーションがあがっていく。

 目的地の志摩YHの手前には

 最後の関所とも言うべき

 布施田水道が待ち受ける。

 手前には、大網があり、

 反対方向からは、大きな本船が入ってくる。

 慣れた場所なので、必要以上に

 慌てる必要はないのだが

 やはり、少し緊張しながら

 そして、海図にて指示された通りに

 布施田水道のブイの横を

 なめるようにして通過していく。

 天気は、晴れ。

 だが、また、ところどころで雨が降る。

 不安定な天気を伴った

 迷走する台風の進路が心配だが

 明後日の昼前には、

 ロングレースのスタートとなる。

 適度なコンディションになりますように。

 改めて、神様に祈りながら

 民宿での晩酌が始まっていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

2017/07/25 (火) コインシャワー。

Shower170725

 昨日の朝、ヨットにて葉山を出港。

 南東からの強風を受けて志摩へ向かったが

 真向かいの風、強い逆潮のために

 艇速が全く稼げなかった。

 で、やむなく下田にて停泊。

 今朝は下田の港にて、目を覚ます。

 昨晩は、夜の8時半くらいに到着したのだが

 風呂に入るか、寿司を食べるかの

 二者択一でしばし悩み

 結局、寿司を取ってしまったのであるな。

 まあ、この寿司が絶品だったので

 なんの文句もないのだが

 海水に濡れたべとべとの身体は

 できれば、一旦、綺麗に流したいもの。

 そう言えば、艇の係留場所から

 徒歩約2分くらいのところに

 コインランドリーがあり、

 温水シャワーがあると書いてあったはず。

 では、行ってみるか。

 タオルを持って、行ってみると

 6分200円なのだと。

 早速、百円コインを2枚、自販機の

 ボックスのような箱に入れてみると

 ざざーっと勢いよく、温水シャワーが

 噴き出してくるではないか。

 頭を洗って、全身もしっかり洗って、これは爽快。

 とても幸せな気分になって

 いざ、志摩への回航に出港する。

 出港時間は、朝の8時半。

 いつもの常識であれば、

 せいぜい24時間程度で志摩に着くはずだが

 きょうは、そうはいかない模様。

 昨日と同様に、真っ正面から風を受け

 さらに、悪魔のような意地悪さで

 真っ正面からの逆潮を受ける。

 果たして、明日の夕方までに

 志摩YHにたどり着けるのだろうか。

 真剣に悩みながら

 精神的につらい航海が、続く。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/24(月) Mizukami cup(マグカップ)。

Magcup170724

 大船のホテルにて起床。

 きょうは、葉山から奥志摩まで

 ヨット「クレセント」航海の予定。

 天気があまり芳しくなく

 少し、気後れしてしまうが

 夏なのだから、まあ、

 気にするほどではないじゃないか、と

 自分自身に言い聞かせてみる。

 ベッドから起き上がって、デスクの上をみると

 昨日、七ヶ浜にて頂戴した

 参加賞のマグカップが置いてある。

 大会名の「Mizukami Cup」と刻まれ

 その下には、「Challenger」と、ある。

 大会主催者によると、優勝者のカップだけには

 「Champion」と記されているのだと。

 どうして、なかなか芸が細かいと感心する。

 宮城での楽しかった二日間を思い出し

 にんまりとしながら、ホテルにて

 朝の時間を過ごす。

 鎌倉駅の集合時間は、6時45分。

 それから葉山マリーナへ行き

 準備をしてから出港する予定。

 今回乗るヨットは機走も速いので

 伊勢奥志摩には、明日の

 昼前には到着するだろうと思う。

 風向は、西南西。

 うむ。

 しばらくは、真ん前から

 風を受けながらの航海になる。

 楽しい二日間になりますように。

 それを海の神様に祈りつつ

 さあ、出発するか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

2017/07/21(金) 仙台空港アクセス鉄道。

Reilway170721

 いつものように、朝5時に起床。

 だが、きょうは、仙台へ行くために

 6時前には家を出なければならない。

 そう思うだけで、プレッシャーを感じ

 なんとなく、不愉快になる。

 人間、小さいのであるな。

 朝の一連の仕事を済ませて

 さあ、10日間にわたる遠征の

 最後の支度にとりかかる。

 残された時間は、30分ほど。

 このような時、あらかじめ

 荷造りメモを用意しているので

 思いの他手際よく、作業は進む。

 予定通りの電車に乗って

 三宮駅経由で神戸空港へ。

 スカイマークに乗って、仙台へ飛ぶ。

 所要時間は、1時間20分。

 仙台に来るのは、40年ぶり以上か。

 要するに、サラリーマン時代には

 一度も来ることができなかったと言うこと。

 そう思うと、不思議な感慨が押し寄せてくる。

 だが、そんな感慨も無駄なこと。

 とにもかくにも、今は

 ヨットハーバーへ行かねばならぬ。

 iPhoneのアプリによると

 仙台空港から、アクセス鉄道に乗れ、と言う。

 空港の案内を注意深くチェックしながら

 その、仙台空港アクセス鉄道に向かう。

 空港の二階フロアに上がり

 どうやら、それらしい施設を見つける。

 ここまで来れば、もう安心。

 仙台駅まで辿りつけば、

 次のステップは、多賀城駅。

 電車の座席に深く座って

 仙台駅乗り換えで、多賀城駅へ向かう。

 多賀城駅に着いて、徒歩10分。

 今回、ふた泊滞在する予定の

 キャッスルプラザ多賀城に到着する。

 少し、休んだ後、さあ、

 タクシーに乗ってヨットハーバーへ。

 明日から始まるマッチレースの

 準備のお手伝いをして、半日を過ごす。

 きょうは、いろいろあるなあ。

 疲労困憊にて、ホテルに帰還。

 明日は、朝7時にお迎えが来てくれる予定。

 良い、週末になりますように。

 神様、お願い。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

2017/07/20(木) 鰻重に山椒。

Sansho170720

 うわあ、もう7月も20日か。

 フィリピンから帰国して

 もう、3週間も経つということが

 にわかには、信じられない。

 時が経つのは、本当に、速い。

 それが、慣れた毎日であればなおさらで

 もったいないなあと思っているうちに

 大切な一日が、また、

 目の前を過ぎ去っていく。

 そのような、状況下

 きょうは、昼飯をどうしようか、少し悩む。

 7月も末なのだから、ここは鰻か。

 そう言えば、去年まで職場では、

 毎年、この時期に、みんなで

 鰻重もしくはひつまぶしを食べに行ったもの。

 そんなことを思い出して

 では、ひとりで鰻重を食べに行くぞと

 変な気合いを入れてみる。

 徒歩5分のところに、鰻屋あり。

 灼熱の暑さの中、お店まで

 一生懸命に歩いて行く。

 到着時間は、11時40分。

 正午まで20分の時間があれば

 すぐに、店内に案内されて

 鰻を食べられると思っていたのだが

 そうは、問屋が卸さない。

 きょうは、予約で一杯なのだと。

 予約のないお客様は、

 二階の広間で相席になりますが、

 よろしいでしょうか、と聞かれる。

 そんなのどうでも、よい。

 誰もいない二階の広間に通されて

 ひとりで鰻重をいただくことに、なる。

 もちろん、ビールを頼んで、

 喉を潤した頃に、鰻重がやってくる。

 この幸福感は、なんなのか。

 鰻に山椒をたっぷりふりかけて

 鰻重の竹を美味しくいただく。

 ところで、山椒の風味というのは

 なんと鰻重に合うことか。

 夏の暑さによるものか

 はたまた、鰻ならではの

 味覚の合致なのであろうか。

 そう言えば、有馬温泉旅行の際

 有馬に並ぶ商店の店先にて

 山椒を購入しようとしたことを思い出す。

 いやいや、決して結論は出ないのだが

 要するに、そもそも山椒の風味が大好きなのだが

 それ以上に、山椒は、鰻に合う。

 きょうのところは、そこまでにしておこう。

 さて、鰻を腹一杯食べて、帰宅して

 午後は、デスクワークに専念する。

 ああ、なんだか、忙しい。

 気がつけば、外は暗くなり

 明日からの遠征の出発時間が

 迫ってくるように感じてくる。

 このような時は、ビールでも飲むか。

 まだ、やらねばならぬ仕事を抱えながら

 でも、ビールでも飲まねば、頑張れない。

 二律背反の我が癖に挟まれながらも

 まあ、なんとかなるだろう。

 明日は明日の風が吹く。

 良い風が吹きますように。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

2017/07/19(水) 腰巻き式ライフジャケット。

Pfd170718

 朝起きれば、クマゼミの声。

 ああ、夏だな、と思う。

 天気予報によると、近畿地方は

 梅雨が明けた、と言うのだが

 実は、セミの声で、すでに知らされている。

 人を囲む自然環境の存在に

 改めて気付かされる事象だと思う。

 きょうは、朝からトレーニングに行き

 その後、久しぶりに整形外科へ。

 腰と首のリハビリを受けて

 とても気分よく、一日が始まっていく。

 フィットネスから帰宅すれば

 やるべきこと、多々。

 中でも、週末の支度に時間を取られる。

 単なる週末だけではなく、

 約10日間の遠征。

 しかも、仙台から東京。

 そして、志摩と相模湾の往復という

 複雑な内容の遠征ゆえに

 荷造りも容易ではない。

 最初に訪れる予定の仙台では

 アンパイアの仕事もあるので

 自分のライフジャケットを

 持って行く必要がある。

 現地で借りても良いのだが

 やはり、自分のものを持って行かねば

 レースオフィサーとして、格好がつかない。

 で、そのような時に役立つのが、これ。

 腰巻き式のライフジャケット。

 これからの暑い時期は、

 上半身に着用する必要がないので

 より一層、重宝する。

 しっかり荷物の中に入れて、

 さあ、準備もおおむね完了する。

 明日は、朝から病院で検査。

 そして、明後日の朝の飛行機で

 仙台へ行く。

 仙台へ行くのは、実に久しぶり。

 ヨットレースの遠征は観光とは異なり

 ホテルと会場の往復だけになるのだが

 それはそれで、少し楽しみにしている自分がいる。

 天気予報によると、週末の

 仙台の天気は雨天、曇天なのだと。

 ヨットなのだから、晴天までは望まないまでも

 せめて、よい風には恵まれて欲しいと願う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

2017/07/18(火) 大阪の散髪屋。

Bb170718

 朝から気分は今一つ。

 少し、飲み過ぎた感はあるが

 それ以上に髪の毛が邪魔で、邪魔で。

 思い起こせば、最後に散髪に行ったのは

 フィリピンに行く前の5月中旬。

 かれこれ、もう、2ヶ月が経つ。

 いつものように朝トレに行き

 一旦、帰宅した後、大阪市内まで出て、

 馴染みの散髪屋へ行く。

 この店には、いわゆるカルテがあり

 なにも言わなくても、いつも通りに

 仕上げてもらうことができる。

 きょうも、店員から、

 どうしますか?

 いつも通りにしますか? と聞かれ

 うっかり、はい!と答えてしまうところだったが

 朝のあまりの不愉快感が勝ったのか

 「ううむ。この髪型にも飽きてしまったんですよ。

 なにか、良いアイデア、ありませんか?」と

 問いかけてみる。

 すると、店員曰く

 「では、ツーブロックにしてみましょう。」

 どうなるのか、よくわからないが

 ここは、同意するに限る。

 後は、お任せ。

 サラリーマン時代の癖なのだろう、

 ひたすら眠っているうちに

 散髪の大勢は決まってしまう。

 何年間も変えなかった髪型ゆえに

 違和感があるのは否めないが

 かなりさっぱりした髪型には

 どうしてなかなか、

 いいじゃないのぉ。

 散髪屋を出て、慣れた場所で

 昼飯を食べてから、芦屋に帰る。

 家に帰れば、幸いなことに

 やること、多々。

 少しでも世の中の

 お役に立っていることを嬉しく思う。

 マンションの会合があり、

 それを終えて、きょうも終わる。

 つまり、ようやく、ビールが飲める。

 解放された幸福感に包まれながら

 今晩のビール晩酌が、進む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

«2017/07/17(月・祝) 灘浜サイエンススクエア。