2018年7月23日 (月)

2018/07/23(月) 手巻きフランクロール。

Roll180723

 大船のホテルにて起床。

 昨晩、仙台から新幹線で上京して

 本日からの葉山-志摩回航に備えている。

 葉山の出港時間は、朝6時半なので

 朝からばたばたの準備となる。

 シャワーを浴びて、しっかり着替えて。

 だが、仙台の二日間で着用した服が

 汗でだめになっているので

 思いの他、衣服の選択肢は少ない。

 暦を見れば7月も23日。

 いつの間に、こんなに日が経ってしまったのか。

 いつもながらの時の速さもまた

 朝の焦りに追い打ちをかける。

 朝食は、ホテルの部屋で食べて行く。

 昨晩、手巻きフランクロールを買っておいたので

 それをジュースとともに流し込む感じ。

 このように慌てている時の

 朝食の食材にもいろいろあるが

 やはり、ソーセージの類いは

 最も適したものだと思う。

 また、ジュースの味わいが

 昨晩のビールの分解を助けてくれるような

 錯覚を起こしてくれる。

 準備を済ませて、いざ出発。

 天気予報によれば、軽風域の中

 比較的、快適な回航ができそう。

 明日の朝には志摩でのんびりできるだろうか。

 それとも、下田に立ち寄って

 それはそれでゆっくりできるのか。

 いずれにしても、楽しい回航になりますように。

 では、行ってきます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

2018/07/20(金) 七ヶ浜。

Shichigahama180720

 仙台にやってきて

 ようやく、灼熱から解放されて

 気分良く目覚めることができたように思う。

 熱中症状態からも脱したようで

 朝から食欲もわいている。

 6時過ぎに近くの吉野家に行き

 ハムエッグ、納豆朝食をいただき

 元気溌剌にて、ホテルに戻る。

 シャワーを浴びて、気分も爽快。

 これ、要するに、避暑地に

 やってきたようなものか。

 きょうはルール講習会を行うので

 ホテルの部屋で準備をしながら

 迎えがやってくる時を待つ。

 9時半にクルマに乗って

 本日の目的地である七ヶ浜へ。

 ここの一帯は、津波で大変な

 被害を受けた場所なのだが

 時を経て、着実に復旧している。

 もちろん、まだ手つかずのエリアもあるが

 海辺に新しくできた建物を見ると

 感動で胸が詰まりそうになる。

 同時に、人間の生きる強さを知る。

 みんな、頑張れ。

 さて、11時から、ルールの講習会を行う。

 参加者は8名ほど。

 久しぶりに人前で講習を行うので

 このくらいの人数がちょうど良い。

 参加者に満足してもらえたのか

 ちょっと不安ではあるが

 一生懸命やったのだから

 まあ、許してもらえるだろう。

 涼しい七ヶ浜の一日を終えて

 多賀城のホテルに戻る。

 ここ数日間の体調不良が嘘のよう。

 美味しい冷たいビールを飲みながら

 さあ、今晩はどこに行こうかと

 不良親父の世界に入っていく。

 幸いなことに、ホテルの近場の

 評判の良い店が予約できて

 またもや、元気溌剌。

 明日からマッチレースの本番を迎える。

 始めも終わりもすべて良しの

 素晴らしい週末になりますように。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

2018/07/19(木) 竹中大工道具館。

Takenaka180719

 相変わらず、猛烈な暑さが続いている。

 エアコンは夜通し付けっぱなしだが

 寝心地は決して良いわけではない。

 そういえば、フィリピンから帰って以降

 快適に眠った記憶がない。

 暑さで体力は消耗するが

 それは肉体的な疲労とは異なり

 良い眠りにはつながらない。

 これって、きっと

 熱中症の仕業なのだろうなあ。

 きょうのところは

 わかったようなふりをしておこう。

 きょうは、夕方から仙台に出かけるのだが

 それまで時間があるので

 新神戸まで出かけることにする。

 目的地は、竹中大工道具館。

 FB上での友人の評判も良く

 是非、行ってみたいと思っていた。

 JRに乗って、三宮へ。

 地下鉄に乗り換えて新神戸駅から

 炎天下を数分歩けば到着する。

 館内に入ると、まずはヒンヤリ。

 エアコンの恩恵を知るが

 次の瞬間、なんとも嬉しい

 木の香りに包まれる。

 人間と言うのは、本質的に

 木の香りに幸せを感じるものなのだな。

 まだ、展示品を見る前から

 すっかり感激している自分がいる。

 館内は、木材を用いた建築の

 古代からの歴史に始まり

 現在の木造建築の説明に至る。

 ひとつ、ひとつ、道具の説明があり

 使用している姿が動画で確認できる。

 杉や檜そして欅、等々。

 木の特色に関わる説明にも

 なかなかの味わいがある。

 興味深い内容ばかりで

 何時間でも居座ってしまいそう。

 2時間ほど館内を散策して

 後ろ髪を引かれる思いで館を出る。

 帰宅して、そうめんを食べて

 午後のひとときが過ぎていく。

 夕方4時過ぎにMKタクシーの迎えがきて

 いざ、仙台に向かって出発する。

 ここで家を出たが最後

 12日間の家出状態となるのだな。

 関空からピーチに乗って仙台空港へ。

 仙台空港から電車を乗り継いで

 本日の目的地である

 多賀城に到着する。

 おお。

 この涼しさは何なんだ。

 多賀城駅を降りて、ホテルまで

 荷物を持っていると言うのに

 約10分強の道のりを苦もなく歩く。

 ホテルに着いて、ビールを飲んで

 さあ、明日から三日間の

 ヨットイベントに備えなければ。

 熱中症からも抜け出せそう。

 体調を整えて、頑張るぞお。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

2018/07/18(水) まるいち 辛子明太子。

Maruichi180718

 朝6時過ぎに起床。

 ゆっくり眠れたこともあり

 本日の体調は良好。

 ようやく、先週末の

 セーリング活動に起因する熱中症状態から

 回復したような気がする。

 そういえば、ここのところ

 毎日のように熱中症のニュースが

 メディアを賑やかしている。

 これは、本当にやっかいな問題だと思う。

 今や、熱中症を防ぐために

 エアコンをフル回転で動かして

 それが、地球温暖化を促進するという

 悪循環に陥っている。

 我が子孫たちが苦労しなければ良いのだが

 と、殊勝なことを考えながらも

 やはり今の幸福感が優先してしまう。

 原子力に変わる革命的な

 エネルギーは発明されないのだろうか。

 技術発展との挾間にて

 我が思考は単純に

 夢物語で悩むばかり、なり。

 さて、きょうは、博多まで

 告別式の参列のために出かける。

 自分よりも4歳若い友人の告別式。

 なんとも、やりきれない。

 新幹線に乗って、博多まで。

 地下鉄に乗り換えて

 教会の最寄り駅まで移動して

 同じ目的でやってきた友人たちと一緒に

 タクシーに乗って、教会にたどり着く。

 時計は戻せないのだから

 ここでは、悲しければ

 泣くだけなのだと思う。

 最後に何時会った?という

 お互いの問いかけには

 深い後悔の思いが見える。 

 教会の厳かな空気の中で

 初めて会った25年前に、時は遡り

 いろいろな思い出が、蘇ってくる。

 ああ、よく遊んだ。

 友人の優しい笑顔ばかりが浮かぶ。

 ヨットの名人だったが

 決して、艇上で怒鳴ることなど

 なかったことを思い出す。

 最後のお別れでは、棺の中の

 日焼けした健康そうな顔に

 もう一度、涙が流れる。

 天国でもう一度、みんなで

 ヨットレースをやろう。

 セーラー連中にとっては

 ごく月並みな言葉をかけて

 手を合わせて、お別れとする。

 あまりに寂しいお別れのせいか

 誰とも話をする気が起こらず

 逃げるように会場を後にする。

 さてさて。

 博多駅に着いて、お土産屋を物色する。

 博多なのだから、明太子を買って帰らねば。

 店で聞いてみると、家庭用であれば

 『まるいちの辛子明太子』がいいですよ

 との、ご託宣。

 ならばと、言うことを聞いて

 買ってみることにする。

 が、しかし、この暑さの中で

 持ち帰ることができるのか。

 店の人の話によると

 常温で12時間もつのだと言う。

 ふむ。常温とは何度程度のものなのか。

 ま、とにもかくにも保冷剤を用意してもらい

 できるだけ、早く、我が家の

 冷蔵庫に入れることを考えねば。

 約3時間後に、無事、帰宅。

 早速、『まるいちの辛子明太子』を

 冷蔵庫に入れる。 

 次に、冷蔵庫からビールを取り出し

 その次は、当然のように

 辛子明太子を取り出して

 つまみにして、食べる。

 美味しいではないか。

 悲しい一日を思い出しながら

 ちょいと美味しい明太子の味わいに

 救われたような気分になる。

 明日は、夕方から宮城遠征。

 楽しい週末になりますように。

 神様、お願い。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

2018/07/17(火) 理容 YUI 。

Yui180717

 昨晩は、かなり熟睡できたはずなのだが

 目覚めは、ひどい。

 まるで二日酔い状態なのだが

 そんなに飲んだ記憶はない。

 これ、熱中症の類いではないのか。

 珍しく朝食もとらずに、

 本日の一日が始まっていく。

 今週は木曜日の夕方に

 仙台に向けて出発する。

 その後は、そのまま上京して

 葉山から志摩へのヨットの回航。

 江ノ島までレースに乗って

 その後、ふたたびヨットを志摩に戻す。

 木曜日に出発したら

 そのまま12日間の家出となるのだな。

 だから、出発の準備も少し大変で

 忘れ物がないように、十分な

 注意を払わねばならない。

 その前に、きょうやるべきことは

 とにもかくにも、散髪に行くこと。

 このくそ暑い中、髪が伸びているのは

 我慢がならない。

 昨今は、お値段の安い散髪屋もあるのだが

 散髪の店は決めていて

 わざわざきょうも北新地まで出かけてゆく。

 北新地駅を降りて、徒歩2分程度。

 駅前第二ビルの地下にある

 理容 YUI がいつもの店。

 自分のカルテもあるので

 余計なことを言わなくても

 いつもの通りにやってくれる。

 そもそも床屋でしゃべるのは好きではない。

 性分としては、嫌いなはずはないのだが

 長年にわたり、仕事中に床屋へ行き

 少しでも仮眠を取ろうとする習慣が

 身にこびりついたのだと思う。

 椅子に座ると、不思議に眠くなってきて

 気持ち良く、うとうとしているうちに

 髪は希望通りに短くなっている。

 さあ、昼飯でも食べてから帰宅するか。

 駅前ビルの地下で食事をしながら

 今朝方届いた訃報を読み返す。

 まだ60歳前の友人が、癌で

 亡くなったのだと言う。

 一時、回復したように聞いていたのだが

 ダメだったのだなあ。

 今晩がお通夜で明日が告別式。

 過去によく一緒に遊んだことを思い出し

 博多までお別れに行こうと、決める。

 これでますます、週末の

 支度の時間は少なくなるが

 きょうのうちに、進めておけば

 なんとかなるだろうと、

 いつものように、楽観する。

 癌という病は、治療しなければ

 絶対に治らない。

 それを改めて噛みしめながら

 今や鬼籍に入ってしまった

 親しかった友人たちの顔を思い出す。

 悲しいものだなあ。

 寂しいものだなあ。

 合掌。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/16(月・祝) 寿がきやラーメン。

Sugakiya180716

 志摩YHのマンションで目を覚ます。

 ワールドカップサッカーの決勝戦を

 最初から最後まで観てしまい

 体調は、あまり芳しくない。

 しかも、一歩外に出てみれば

 灼熱の暑さが待ち構えている。

 本日は、2週間後のパールレースに向けて

 最後の準備をする日なのだが

 この暑さでは、まるでやる気が出ない。

 朝からちょいとビールを飲んで

 体内に燃料を放り込むことで

 少しだけやる気も出たか。

 ヨットに行って、いくつかの

 確認事項を済ませた後

 食料他の買い物に行く。

 レース中の食料の買い出しは

 想像以上に大量なもの。

 今回は9人でレースに臨むので

 何を買うにも、×9となる。

 カップヌードルを3種類×9で

 これだけでも27個。

 水は約50リットルを購入する。

 おっと、ラーメン売り場の中に

 寿がきやのラーメンを発見。

 幼少の頃、名古屋に

 2年半ほど住んでいたせいか

 実は、寿がきやのラーメンの

 独特のスープ味には馴染みがある。

 レースとは別に、自分用に二つ買ってみる。

 さてさて。

 凄まじい暑さの中で

 一連の作業を終えて、さあ、帰ろう。

 友人のクルマで伊勢中川駅まで送ってもらい

 後は、近鉄特急にて帰阪する。

 家に帰って、少し空腹を感じたので

 早速、寿がきやのラーメンに湯を入れる。

 待つこと5分。

 特に美味しいというわけではないが

 やはり、独特の味わいは

 しっかり覚えているもの。

 ささやかな満足感を得て

 これを本日のディナーとする。

 明日も暑そう。

 決して無理をしないこと。

 体調管理をしなければ。

 布団に入れば、すぐに気絶か。

 エアコンの効いた部屋で

 爆睡に入っていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

2018/07/13(金) 水道 止まらぬ値上げ。

Water180713

 きょうは、志摩へ行く予定だったのだが

 来週末にかけて、やるべきことが多く

 どうにも身動きが取れない。

 そもそも、1人だけ

 先乗りのつもりだったので

 あまり多くの迷惑を

 かけることもないだろう。

 ともあれ、友人たちにメッセージを送り

 本日は行けない旨、連絡を入れる。

 一方で、どうも腰の調子が悪い。

 ここのところ、整形のリハビリには

 ご無沙汰しているので

 本日の朝トレ後、久しぶりに

 行ってみることにする。

 いつもながら、その効果には驚く。

 すっかり痛みの引いた腰に

 気分を良くして、帰宅する。

 エアコンの効いた部屋で

 改めて新聞をゆっくり読んでみると

 おや、こんな記事を発見。

 『水道 止まらぬ値上げ』だと。

 フィリピンのセブにて

 断水等で苦労したことに加えて

 今は、西日本の多くのエリアが

 土砂災害後の水不足で

 困っているということもあり

 この記事には

 否応なしに目がとまる。

 だが、確かに料金は

 上がっているのかも知れないが

 蛇口をひねれば飲み水が出る環境なのだから

 決して、文句は言えないのだと思う。

 記事内の料金試算では、月間使用量が

 20トンの場合と記されている。

 その量からだけでも、日本がどれだけ

 水に恵まれているかを知る。

 ともあれ、蛇口をひねれば水が出る。

 その当たり前の環境を享受できている幸せを

 改めて感じると同時に

 被災地の厳しい毎日に

 思いを至らせることにする。

 みんな、頑張れ。

 比較的穏やかな一日を終えて

 夕刻から、ビールを飲み始める。

 明日の朝は、間違いなく

 志摩YHに向かって行く。

 充実した週末になりますように。

 ほろ酔い加減の頭で、祈ってみる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

2018/07/12(木) 発明60年。

Invention180712

 昨晩は、普通に床についたはずなのに

 今朝は、何故か寝起きが悪い。

 このようなことは、昨今、記憶にない。

 体調が悪いわけでもなく

 我がことながら、理由がわからない。

 どうやら、ワールドカップサッカー観戦による

 一種の時差ぼけ現象なのではないかと推察する。

 まあ、自分に対する言い訳かも知れないが。

 テレビをつけると、早速、先ほどまで

 やっていたサッカーの模様が放送される。

 クロアチアとイングランドの試合は

 まさに死闘だったのだと言う。

 そっか、どうせ朝の体調が

 今ひとつであるのなら

 観ておけば良かったな、と思う。

 きょうは、午前中に

 芦屋の眼科に行ってみる。

 約3週間前のこと。

 セブに行く前に、突然

 右目の調子が悪くなった。

 今まで放っておいたのだが

 やはり、医者に診てもらうに限る。

 さすが眼科医は、症状を告げるだけで

 概ね理解した様子。

 瞳孔を開く目薬を受け

 その後の診察で、症状と

 病名を教えてもらう。

 煎じ詰めれば、老化と言うことか。

 極端に悪化することがない限り

 放っておきましょう、とのこと。

 なんとなく不完全燃焼ではあるが、

 医師の言葉に安心して、帰宅する。

 昼飯をどうしようかと思い

 ちょいと食材を探してみると

 チキンラーメンのカップ麺を発見。

 たまには、これもいいか。

 熱湯を入れて、3分間待つのだぞ。

 ティファールで沸かした湯を入れて

 さあ、蓋を開けて、食べるとするか。

 あれ、蓋の裏に何か書いてある。

 日清食品の創業者である

 安藤百福氏の写真とともに

 発明60年の記述あり。

 読んでみると、チキンラーメンが

 発明されたのは1958年。

 今年は、それから60年が経つのだな。

 なんだ、我が人生と、ほとんど

 オーバーラップしているではないか。

 どうりで、即席ラーメンの類いが

 好きなわけだと

 1人勝手に納得してみる。

 さてさて。

 きょうは、あまりやることもなく

 退屈な一日が過ぎていく。

 事件があったとすれば

 洗濯の際に、誤って

 財布も一緒に洗濯してしまったこと。

 ああ、これもまた、老化現象か。

 少しだけ反省しながら

 明日からの奥志摩遠征の支度をする。

 好天に恵まれますように。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

2018/07/11(水) HAT神戸。

Hatkobe180711

 昨晩と言うのか、今朝と言うのか。

 3時からワールドカップサッカーの

 フランス対ベルギー戦を

 最初から最後まで観てしまい

 これでは、朝、起きられるはずもない。

 しかも、観戦中にビールを

 飲んでしまったのがいけない。

 二日酔いとまでは、いかないものの

 ぼおおとした気分で目を覚ます。

 このようなことは、もちろん

 会社をリタイヤしたからできるのだが

 それにしても、日本が敗退したと言うのに

 いまなお人を強く惹きつける

 ワールドカップの魅力と

 本来、あまりサッカーには興味がないはずなのに

 生放送に熱中してしまった

 自分の身勝手なパワーに驚く。

 さて、さて。

 きょうも午前中は

 ヨット関係の仕事をこなして

 昼を挟んで、神戸方面へ

 映画を観に行くことにする。

 目的地は、HAT神戸。

 我が家からだとクルマで行くことになる。

 所要時間は、20分程度だったか。

 4階の駐車場にクルマをとめて

 HAT神戸の館内に入ってみると

 思いの他、空いている。

 平日だからだな、と、思ってみるが

 待て、待て、いつも行く西宮ガーデンズは

 平日でも混んでいるではないか。

 彼我の違いは、交通の便か。

 前者は、クルマ。

 後者は、阪急電車。

 やはり、日本においては

 鉄道で行けるモールの方が

 集客しやすいのだと思う。

 せっかくの機会なので、映画鑑賞後

 しばし、館内を散策してから帰宅する。

 このような時、セブのモールと

 比較している自分がいて、面白い。

 セブから戻って、数日が経ち

 なんとなく、懐かしく思っているのだな。

 帰宅して、郵便ポストを開けてみると

 おや、昨日オーダーした

 ガットギターの弦が届いている。

 小一時間ほどかけて

 古い弦を外して、新しいものに替える。

 考えてみれば、ガットギターの弦を

 張り替えるのは、少なくとも

 30年ぶりのことになる。

 やり方を思い出しながら

 ゆっくりと時間をかける。

 夕方からは、ギターを弾きながら

 その合間に、よく冷えた缶ビールを飲む。

 ああ、幸せ。

 明日も良い一日になりますように。

 祈りながら、今晩の

 ビール晩酌が進んでいく。

※写真は、ウェブからの借り物です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/10(火) 帆走指示書の作成。

Si180710

 窓の外は、晴天。

 全国的に梅雨が明けたようで

 今回の豪雨被災も、これからは

 ひたすら復旧に向かっていくのだと思う。

 だが、昼を過ぎた頃

 とんでもないニュースが飛び込んでくる。

 広島市内で、土砂によって川の流れが閉ざされ

 それが原因で、町中に川の水が溢れ

 洪水災害がおこっているのだと言う。

 広島市内も梅雨明けの好天なのに

 しかも、一旦、安心した後に訪れる

 残酷な被災には、胸が痛む。

 テレビのニュースでは、相変わらず

 軒並み、今回の

 一連の被災について知らせてくる。

 いったい、どれだけ深い傷なのか。

 一刻も早い復旧を、そして

 まだ見つかっていない人の無事を

 何度でも、祈る。

 さて。

 きょうは火曜日。

 いつものように、朝はトレーニングから始まり

 昼前に、所用で外出する。

 炎天下に徒歩で動くのは

 さぞかしつらいだろうと想像したが

 リタイヤ後は、スーツではなく

 身軽な服装なので、大したことはない。

 目の前をビジネスマン姿で歩く

 サラリーマンに敬意を表しながら

 涼しい顔で、目的地を往復する。

 帰宅して、さあ、仕事をしなければ。

 ヨットレースの帆走指示書の

 作成を依頼されたので

 午後のひとときは、それに精を出す。

 基本的に、ひな形に手を入れるのだが

 当該の大会に適用すべき特別な規定を

 考慮しながら、加筆訂正をしていく。

 経済的なことを考えると

 パソコン画面ですべて行うべきなのだろうが

 昨今は、目の衰えで、ますます

 文字を読むのが億劫になり

 まずは、印刷することが必須になっている。

 印刷した紙に、自分なりの注釈を書き込んで

 必要に応じて朱を入れることで

 なんとか、間違いを減らすことができる。

 時間をかけながら作業を進めて

 夕方頃に、ようやく、一段落がつく。

 帆走指示書の Ver.1_0 を添付ファイルにて

 関係者に送付したところで

 今晩のビール晩酌の時間となる。

 テレビでは、まだ、引き続き

 西日本豪雨のニュースばかりが流れている。

 そういえば、この豪雨の名前は

 『平成30年7月豪雨』に決まったのだと。

 人の命名は、幸せのシンボルなのだが

 このような命名には、凶事しか伴わない。

 ここのところ、習慣のようになっている

 小さなお祈りを済ませてから

 床につくことにする。

 お休みなさい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

2018/07/09(月) 映画「焼肉ドラゴン」。

Dragon180709

 日本に戻ってから週末を過ごし

 月曜日の朝を迎える。

 日本国内は、水害で大変なことになっている。

 更新されるニュースのたびに

 被害は拡大し、死者が増えていく。

 かつて見たことのない被害映像に心が震える。

 神様、もうここまでにしてくださいと、祈るばかり。

 手を合わせている自分がいる。

 幸い、豪雨は過ぎ去った様子。

 だが、まだ水は引かず、今度は

 真夏の日差しの厳しさが

 被災者を襲うのだと言う。

 少しでも早い復旧がなりますように。

 今一度、祈る。

 さて、きょうは、フィリピンに行っている間に

 たまってしまった仕事をこなすことから始める。

 それ、もちろん、ヨット関係。

 再来週、宮城で行われるイベントの

 準備作業を進めなければ。

 現地と連絡を取り合いながら

 衰えた頭で一生懸命に考える。

 一段落ついたところで

 では、映画にでも行ってみるか。

 ウェブで上映中の映画をチェックしてみると

 その中に「焼肉ドラゴン」というのを発見。

 戦後の復興途上の時代における

 在日韓国人たちの生きる姿を映したものだと言う。

 ちょうど自分の時代にシンクロしていることを知り

 観に行くことに決める。

 人間模様を描く映画として

 これほど強烈なものは、昨今なかったように思う。

 韓国語の話し言葉が放つ重みに共感し

 また、大泉洋の演技力にも、改めて驚く。

 ドシンとした、映画の存在感に満足して

 西宮の映画館を出る。

 映画の後は、牛タンを食べて

 その後、家に帰り

 仕事の仕上げを済ませた後

 夕方から、ビールタイムに入っていく。

 コンビニで買ってきた、焼き鮭、納豆。

 朝炊いてもらっていたご飯とともに

 ガツガツと食べる。

 美味しいなあ、日本食は。

 今回は、被害を受けることがなかった幸運と

 日本に帰国した幸せを感じながら

 月曜日の晩の時を過ごしていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

2018/07/06(金) Day16 新しい硬貨。

Newcoin180716

 時の流れと言うのは

 心構えと正比例の関係にあるようで

 今回のように、2週間と決めれば

 その尺に合わせて、心の中の

 時の長さも決まるものなのだと思う。

 きょうは、今回の留学の最終日。

 思いはいろいろあるが

 感謝の気持ちだけは

 忘れてはならないのだな。

 この手の英語学校には

 各々、長所短所がある。

 腹も立ったが、嬉しいことも

 たくさんあって、幸せだった。

 さてさて。

 きょうは、最終日なので

 宿泊施設のチェックアウトもしなければ。

 部屋に戻り、帰り支度をしていると

 おや、財布の中に、なんだか

 相容れない硬貨が混在してるではないか。

 これ、どうやら、新しい硬貨らしい。

 発見したのは、5ペソと1ペソ。

 いずれも、従来のものよりも

 少し小ぶりなのがわかる。

 硬貨に刻印された顔が

 ドゥテルテ大統領なのかも

 正直なところ、良くわからない。

 当然、なぜ、変わったのか、なんて

 皆目、わかるはずも、ない。

 でも、ま、いっか。

 きょうは、授業の最終日なので

 授業が終われば、先週同様

 みんなで飲みに出かけていく。

 この幸せな瞬間は、いったい何なのか。

 エクスタシーにも似た

 快感を感じながら、

 フィリピンセブの最終日を過ごして行く。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

2018/07/05(木) Day15 スライスチーズ。

Cheese180705

 英語学校での日々も残り二日となり

 そろそろ、帰り支度に入っていく。

 冷蔵庫の中の食料と

 ビールの本数を確認する。

 まあ、食料と言っても

 チョコレートとチーズくらいのもの。

 そう言えば、いつもセブに来ると

 スーパーでビールと一緒に

 スライスチーズを買うのだな。

 これ、ビールのつまみとして

 とても優れものだと思う。

 きょうは、レシートが残っていたので

 値段を見てみると、なんと

 スライスチーズ12枚入りが

 サンミグライト缶6本と

 ほぼ同じ値段なのだと。

 このようなことに、全く

 関心をもたずに人生を過ごしてきたので

 よくわからないのだが

 個人的な感覚に照らし合わせれば

 スライスチーズは、明らかに割高だと感じる。

 因みに、ビール6缶を購入すれば

 日本では、ざっと1,200円くらいするではないか。

 だとすれば、スライスチーズが

 12枚で1,200円という意味ですか?

 1枚100円ですか?

 ううむ。

 わからない。

 そもそも、為替相場を無視して

 ビールとのみ比較することに意味があるだろうか。

 混沌とした頭で、実は

 何も考えないままに

 まあ、いいや。一件落着とする。

 本日の朝の時間も過ぎてゆき

 いつものように、あっという間に

 木曜日の授業もすべて終える。

 晩飯のチョイスで少しだけ悩むが

 きょうは、サンミゲールプラザにて

 ビールとパスタをいただいて

 それを夕食代わりにする。

 そして、ホテルに戻れば

 もちろん、サンミグライト缶を

 スライスチーズをつまみにして

 グビリとやる。

 窓の外は、犬の鳴き声。

 もう帰るのだと思うと

 少しの安らぎとともに

 少しの寂しさが、やってくる。

 次は、いつ来ようかな。

 そんなことを考えながら

 木曜日の晩の時間を過ごしている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

2018/07/04(水) Day14 給水車。

Water180704

 フィリピンにやってきて

 きょうでちょうど2週間が経つ。

 今まで、総計3ヶ月ほど

 フィリピンに滞在してきたが

 幸いなことに、一度も

 病気の類いにかかったことは、ない。

 だが、今朝は少し頭痛がする。

 ついに、風邪でももらったか。

 でもまあ、まずはジムにでも

 行ってみることにする。

 今までの人生では、無理を押すと

 意外に体調が回復することがあった。

 きょうも、それに期待してみよう。

 身体を動かすことで、気分が晴れて

 なんとなく、回復したような気分になる。

 よし。

 きょうも元気に授業を受けに行く。

 最初の二時限を終えて

 一旦、ホテルに帰還。

 ホテルの前には、給水車が来ている。

 これ、今回の訪問中で何回目になるのか。

 今までの短期留学では気づかなかったのだが

 セブ市内でもマンダウエの寮でも

 こうして、給水車がやってきていたのだな。

 各建物には、大きな水タンクが設置されていて

 定期的に給水車がやってきては

 タンクに水を補充する仕組みに

 なっているのだと推察する。

 上水道が完備されていないのは

 なんと不合理なものなのか。

 日本国内では、水道の蛇口をひねれば

 飲み水が出てくることを思うと

 彼我の違いに、あっと思う。

 また、この手の給水とは別に

 各建物には、蒸留水が置かれていて

 そのタンクを配給する仕事もある。

 それぞれの国に個別の事情があるのは

 重々理解しているつもりだが

 この年齢になって知る新鮮な驚きがある。

 それを、我が神様に、感謝したい。

 気がつけば、水曜日もおしまい。

 残りは二日だが、金曜日は

 短縮授業だから、実質一日半というところか。

 授業を終えて、部屋に戻り

 サンミグライトを飲みながら

 過ぎ去った今回のセブでの日々を

 思い出してみる。

 軽い痛みを伴っている頭に

 低アルコールが染みてゆき

 今夕も気分が良くなっていく自分がいる。

 なんて幸せなことか。

 我が神様に、もう一度、感謝しよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

2018/07/03(火) Day13 英語学校のジム。

Gym180703

 朝の3時過ぎ頃。

 アラームをかけていたわけではないが

 目を覚まして、iPadのスイッチを付ける。

 ワールドカップ 日本対ベルギー戦は

 後半に入っていて、しかも

 日本が2-0でリードしているではないか。

 まさかの思いもあり、しばし呆然。

 その後、正気に戻り

 日本の勝利はほぼ確実だとばかりに

 思い切り、興奮してしまう。

 だが、ここからが、まるで悪夢。

 わずか30分足らずの間に

 ベルギーに3点を入れられて

 なんと、逆転負けを喫してしまう。

 ううむ。

 そもそも、世界ランキング3位のベルギーを相手に

 そう簡単に勝てるとは思えなかったので

 結果は、まあ、しかたなし。

 だが、日本の2点のゴールを全く知らずに

 ベルギーのゴールばかり3回も

 観てしまったことが、残念すぎる。

 気持ちの良い部分を全く知らず

 iPadのスイッチを切ると同時に

 新たなステージの正気に、戻される。

 ああ、悲しいし、ある意味

 とても不快な思いに包まれて

 朝を迎えることになる。

 調子が芳しくないので

 今朝のトレーニングはお休みにする。

 と言うことで、きょうはお休みにしたのだが

 この学校に併設されているジムは

 使い勝手も良くて素晴らしい。

 また、早朝の6時から使用できる

 と言うのも、優れものだと思う。

 朝一番にジムに入り

 部屋の明かりを付けると

 ガードマンがやってきて

 エアコンのスイッチを入れてくれる。

 最初は30度くらいを示しているのだが

 それがすぐに27度くらいまで、落ちる。

 汗も引いて、実に快適なワークアウトになる。

 ジムの隣がカフェテリアなので

 アフトストレッチをしながら

 朝食の支度の進み具合を横目でチェックして

 頃合いをみて、ジムからカフェテリアに移動するのが

 ここのところのルーティンになっている。

 さて今朝は、7時過ぎに朝食だけをとりに

 カフェテリアへ行ってみたのだが

 フードの皿の前まで行ってみて

 ああ、この内容では、きっと

 美味しく食べられない、と諦める。

 慌ててマクドナルドへとって返し

 エッグマフィンとコーヒーを注文する。

 このあたりで体調も回復して

 きょうも8時から授業が始まり

 歯抜け、歯抜けで、最終授業は

 いつものように、夕方5時に終了する。

 充実した毎日ではあるが

 なんとなく、満足しきれないのは

 この歯抜けの時間を

 有効に活用しきれないからだろう。

 ホテルの部屋に戻り

 さて、晩飯はどうしようか。

 学校に戻ってカフェテリアで食べるか

 それとも和食屋に行って

 ラーメンでも食べようか。

 今回のセブでの生活も残りわずかとなり

 いつものように、焦りだしている

 小心者の自分が、いる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

2018/07/02(月) Day12 アイスカフェラテ。

Latte180702

 月曜日。

 きょうの、この『こうたんの晩酌でひと言』の

 タイトルに、Day12と記していることに

 驚きを覚えてしまう。

 もう、そんなに経ってしまったか。

 今週末には、帰国して

 また、いつものような

 毎日になっていくはず。

 セブでの毎日は、非日常的なのだが

 それを日常と感じつつ

 過ごしている自分を不思議に思う。

 確かに、四回目のセブ遠征ゆえに

 慣れきっているのだなあ。

 今朝は、朝6時にジムへ行き

 6時半に食事をとって

 最終週の月曜日の朝が始まっていく。

 相変わらず、食事は、不味い。

 一旦、ホテルに戻った後

 シャワーを浴びて、再び学校へ向かう。

 二時限の授業を受けて

 その後、少し時間ができたので

 コーヒーでも飲もうかという気分になる。

 学校の1階にコーヒーショップがあり

 ちょっとお値段高めだが

 美味しいコーヒーが飲める。

 頼んだのは、アイスカフェラテ。

 しっかり焙煎された豆で

 いれるコーヒーの味は、素晴らしい。

 舌で味わう前に、とても香ばしい

 コーヒーの匂いがやってくる。

 これ、なんだか懐かしい。

 110ペソという値段は

 この地では法外にすら思えるが

 この美味しさであれば、OKか。

 少しずつ、名残を惜しむように

 アイスカフェラテの味覚を楽しむ。

 さてさて、きょうは

 深夜にワールドカップの

 日本対ベルギー戦が行われる。

 これ、観戦したが最後

 明日の我が身はないと思え。

 どうしようか。

 悩みつつ、ホテルの部屋における

 月曜日のビール晩酌の時間が

 少しずつ、進んでいく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

2018/06/29(金) Day9 金曜日の短縮授業。

Friday180629

 昨晩は、ワールドカップ

 日本-ポーランド戦のために

 夜更かしをしてしまった。

 試合の内容については

 いろいろ意見はあろうが、日本が

 決勝トーナメントに進むことができて

 本当に良かったと思う。

 もしも、最後の10分間で下手に動いて

 結果、進出に失敗したとしたら

 いったい、誰が責任を取るというのか。

 時にサポーターというのは

 無責任なものだと思う。

 二日続けて、サッカーで夜更かしをして

 しかも試合観戦中は

 ビールを飲みまくりなものだから

 朝の調子は、決して良くない。

 まず、ジムはやめにして、次に

 朝ご飯を食べに、学校へ行こうかと考えるが

 昨今、食事にニンニクが含まれることが多く

 それを思い出しただけで

 尻込みをしている自分がいる。

 学校での朝食はやめにしておこう。

 きょうは金曜日。

 ここブルーオーシャンアカデミーでは

 金曜日は、短縮授業になる。

 1時限が50分から40分に短縮され

 イレギュラーな時間割となる。

 わずか10分なのだが

 授業を受けていると

 とても短く感じられる。

 今朝の調子はどうですか?と

 日常会話をしているうちに

 1時限はすぐにタイムアップとなる。

 最初の2クラスを終えたところで

 空腹を感じ、カフェカウンターで

 チーズ&ハムクロワッサンを買う。

 アイスカフェオレも加えて200ペソなり。

 さあ、ここから小さな混乱が続く。

 短縮授業は金曜日だけなので

 スケジュールを記憶しているはずもなく

 スマホで撮影した対照表を見て再確認する。

 短縮の効果は明らかで

 ランチを食べたと思ったら

 すぐに、きょうの授業は終わった感じ。

 せっかく早く終わったこともあり

 今晩は、クラスメートたちと一緒に

 ビールでも飲みに行こうという話になる。

 この齢になって、若い人たちと

 セーリング以外の世界でも

 知り合えることを

 とても、幸せに思う。

 明日は土曜日。

 なにをして過ごそうか。

 贅沢な悩みを抱えている自分がいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

2018/06/28(木) Day8 ワイヤレステレビチューナー。

Wireless180628

 昨晩は、遅くまで

 ワールドカップ韓国-ドイツ戦を観てしまい

 眠りについたのは、深夜1時。

 さらに、観戦中にビールを

 飲み過ぎたせいもあり

 今朝は目覚めが悪い。

 朝トレはやめにして

 ゆっくり起きて、木曜日の

 セブの一日を開始する。

 それにしても、ここフィリピンで

 日本のテレビ放送が観られるのだから

 便利な世の中になったものだと思う。

 昨年の最初のセブ渡航の際もそうだったが

 日本で放送されているプロ野球を

 フィリピンにて観ることができた。

 これ、今から2年ほど前、

 まだ、会社在籍中に、朝日放送の

 技術部にて働く友人に教えてもらったのだな。

 家のテレビに設置した

 ワイヤレステレビチューナーにアクセスすることで

 世界中、どこからでも

 インターネットさえ接続できれば

 関西の放送番組を観ることができる。

 今晩は、いよいよ、日本対ポーランド。

 これに引き分ければ、日本は

 決勝トーナメントに進出する。

 そんな大事な試合を

 セブマクタンのホテルの部屋で

 ビールを飲みながら

 観戦できるなんて、

 なんて幸せなことか、と思う。

 さてさて。

 きょうも5時間の授業を終えて

 まずは、EGIホテルのプールサイドで

 サンミグライトを飲みながら

 夕涼みのひとときを過ごす。

 その後、ちっとも美味しくない

 学校のカフェの晩飯を食べ

 一旦、ホテルに戻った後、

 口直しに和食屋でラーメンを食べ

 その帰り道にフットマッサージを受けて

 気がつけば、午後の9時を過ぎている。

 サッカーは、こちらの時間で

 午後10時にキックオフ。

 今晩もインターネットが快調に

 つながりますように。

 祈りながら、今一度

 部屋飲みビールにて勢いをつける。

 頑張れ。ニッポン。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

2018/06/27(水) Day7 セブで買った『のりたま』。

Noritama180627

 ようやく、バスタブの事件も収まり

 今朝から穏やかな一日が始まっていく。

 昨日と同様に、朝6時前にホテルを出て

 ジムでしっかり汗を流し

 朝食の後ホテルに戻り

 今朝はしっかりシャワーを浴びて

 授業に向けてスタンバイする。

 全体的に評価の高い学校なのだが

 画竜点睛を欠く部分があるとすれば

 やはり、食事なのだと思う。

 朝食の内容は、ううむ、という感じ。

 ランチも、ううむ。

 晩飯も、ううむ。

 過去の二回、食事が美味しい

 Howdyに在学した身としては

 残念ながら、ブルーオーシャンの食事は

 全くいただけない、と思う。

 そこで、昨日、スーパーで買ったのが

 ふりかけの『のりたま』。

 昼と夜は、ご飯が出るので

 それにふりかければ、少しは

 改善するだろう、という魂胆。

 早速、きょうのランチで試してみるのだが

 はたまた、ううむ。

 Howdyのように、上手にご飯が炊けていなければ

 たとえ、『のりたま』をふりかけても

 劇的な改善がない、ということを

 今更ながら、知る。

 夕方の5時。

 本日のすべての授業を終えて

 1時間待てば晩ご飯の時間となる。

 だが『のりたま』の効果の限界を知った後は

 もはや、ブルーオーシャンの晩ご飯には

 一切の期待はできない。

 節約の精神からは著しく逸脱するが

 あっさり諦めて、近場の

 ピザ屋に行くことにする。

 このピザ屋は、過去に何度も来ていて

 その美味しさは十二分に知っている。

 サンミグライトとマルガリータピザを頼んで

 夕涼みをしながら、美味しいピザと

 冷たいビールの味覚を楽しむ。

 しばし、夕凪で風がピタリと止まり

 身体から汗がふき出る。

 だが、その後、陸よりから

 快適な風が吹き込んできて

 信じられないほどの快感が

 我が身を包み始める。

 ああ、リゾート地だなあ。

 適度に酔った頭で、幸せを感じながら

 本日の終わりを迎えようとしている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

2018/06/26(火) Day6 断水とバスタブの修理工事。

Underrepair180626

 昨晩、少し水道の水の出が

 悪いと思いながらも

 不覚にも、早く眠ってしまった。

 今朝は予定通り、朝5時に起きて

 6時には、ジムに到着する。

 まだ、誰も来ていない中での

 トレーニングは、とても気分良し。

 バーベルを揚げて、適当に

 マシーンで筋肉をいじめて

 約30分間で、フィニッシュとする。

 6時半から朝食が取れるので

 そそくさと食べて、すぐにホテルに戻り

 さあ、シャワーを浴びて

 授業に出かける支度をしなければ。

 だが、ここで問題発生。

 シャワーの水が出ないではないか。

 なんとなく廊下が騒がしいので

 ドアの外へ出てみると

 水が出ないと言うことで

 ちょっとした騒ぎになっている。

 どうやら、断水は昨晩、始まったが

 ガードマンからは、朝には水が出るはずと

 言われていた様子。

 それが反故になっているのだな。

 まあ、フィリピンだから。。。

 とにもかくにも、 

 私の身体はフィットネスで汗だくですよ。

 文句を言う相手もいないので

 ここはやむなく、着替えだけを済ませて

 学校へ行くことにする。

 そうだ、EGIホテルのプールサイドに行けば

 シャワーがあるはず。

 バックパックに、シャンプーとタオルを詰めて

 朝8時開始の授業に向かう。

 連続した二時間の授業を終えて

 10時にEGIホテルのプールへ行き

 冷水のシャワーを浴びる。

 幸い、暑いフィリピンなので

 冷水シャワーで十分。

 むしろ、快適だと感じる。

 その後、一旦、ホテルに戻ってみると

 おお、給水車が来ているではないか。

 これで万事解決かと喜んだのもつかの間

 部屋に戻ってみると、な、な、なんと

 バスルームの状況が尋常ではない。

 バスタブが剥がされて、

 まさに工事中の状態になっている。

 貼られたメモを見ると

 工事中でバスタブは使えません、だと。

 バスタブが使えないということは

 シャワーが使えない、と同義。

 これは、本当に困った。

 階下に降りて、デスクの女性に尋ねると

 本日の夕方までには、修理は終わると言う。

 ほんまかいな。

 再度、学校へ行き、その旨

 何人かの先生に話してみるが

 『ここはフィリピンだからねえ』という

 芳しくない返事ばかり。

 まあ、もう一日

 ホテルのシャワーを諦めればいいのかと

 しっかり覚悟を決めて

 夕方までの授業を受ける。

 暗澹とした気分でホテルに戻ると

 デスクの女性が、呼び止めて

 直っているけど、掃除するので

 もう少しだけ待ってと言う。

 おお、これは嬉しい報せ。

 それではとマッサージ屋へ行き

 小一時間を費やして

 今一度、ホテルに戻り

 すっかり修復した我が部屋と対面する。

 いやあ、長い一日だったなあ。

 とりあえず、ほっと一息。

 冷蔵庫からサンミグライトを出して

 ぐびり!とやる。

 明日は良い一日になりますように。

 神様に祈りながら

 火曜日の一日が過ぎていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

2018/06/25(月) Day5 『Ocean Cruise Hotel』。

Ocean180625

 早いもので、セブ滞在も、もう5日目。

 月曜日を迎え、きょうから

 英語学校の初日が始まる。

 今回の宿舎は、学校の寮ではなく

 『Ocean Cruise Hotel』。

 学校校舎のあるEGIホテルからは

 徒歩3分程度の場所にある。

 校舎から中途半端に離れているのが

 難と言えば難かも知れないが

 授業の合間の10分があれば

 一旦、ホテルの部屋に戻ることができる。

 なにせホテルの室内は綺麗で

 いろいろなものが整っているのだから

 贅沢は言えない、と思う。

 初日だと言うのに、朝の目覚めは今ひとつ。

 やはり、夜中に日本対セネガルの

 サッカーを最後まで観戦してしまったのが

 かなりの悪影響を与えている。

 当初の予定では、朝6時にジムへ行き

 一旦、ホテルに戻ってシャワーを浴びて

 8時くらいに出直して、朝食をいただいた後

 学校のオリエンテーションに

 出席するつもりだったのだが

 初日から、情けなくも挫折する。

 結局、8時に学校へ行き

 カフェテリアで朝食をとった後

 長い、長い、オリエンテーションを受ける。

 午前中一杯をそれで費やし

 午後からようやく授業開始となるのだが

 今回のクラススケジュールは

 飛び石だらけになっている。

 ひとつ授業を受けたら、1時間お休み。

 また、授業を受けたら、お休み。

 また、また、という感じ。

 最後の授業が終わるのは

 夕方の5時なのだと。

 これでは、エンジョイできないではないかと

 ちょっと不満もあるのだが

 学校に来ているのだから、それもやむなし。

 しっかり英語の勉強に専念しようと

 当たり前のことを、改めて、誓う。

 本日の最終授業はグループレッスン。

 日本人2人と韓国人1人。

 楽しいレッスンを終えて

 和食屋で鮭おにぎりを食べてから

 ホテルに戻る。

 食事は三食付いているのだが

 学校の食事内容は、ちょっとひどく

 これでは勉強もはかどらない。

 毎日、一食は、外食にしようと思う。

 夕暮れ時にホテルに戻る。

 このホテルは、ちょっと斬新なフォルムだと思う。

 客船をモチーフにしているのだな。

 これから2週間お世話になるホテルに

 なんとなく敬意を抱き

 頭を下げながら、入館する。

 きょうも一日、お疲れ様でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

2018/06/22(金) Day2 『JY モール』。

Jy180622

 セブのウォーターフロントホテルにて目を覚ます。

 1時間の時差と旅疲れで、むしろ

 心地良く眠れたように思う。

 シャワーを浴びた後

 朝の7時に階下に降りて

 朝食バイキングをいただく。

 かなり豪勢なバイキングだが

 食べる量には限りがあり

 さらに、食べる食事の種類にも

 自分なりの決まりがある。

 卵は2つでターンオーバー。

 美味しそうなパンとバターを取って

 ジュースは、ちょっと贅沢に

 マンゴとオレンジをコップに入れる。

 ベーコン、ソーセージ、サラダ。

 食後には、ホットコーヒーを飲む。

 このくらいがちょうど良い。

 白いご飯もあったのだが

 好きな和風の副菜がないので

 きょうは、やめにしてみた。

 慌てる理由は全くないので

 レストランでゆっくりしてから

 9階の部屋に戻る。

 明日土曜日のチェックアウト時間は

 午後1時を過ぎると

 エクストラフィーがかかるのだと。

 なんとしても1時までには

 出発しなければ、と思うが

 時間に制約されるのも

 なんとなく癪だと思う。

 Take it easy で、いくか。

 さて、きょうは昼前にホテルを出て

 近場を散策してみる。

 このあたりは、昨年6月の

 短期留学で、ひと月滞在したので

 実は、とても馴染みがある。

 昨年の滞在時のことを思い出しながら

 1人で散歩を楽しむことにする。

 最初に行ってみたのは『JYモール』。

 徒歩10分ほどにある、とても便利なモールで

 ここで円をペソに両替しておくことにする。

 換金率もなかなか、良い。

 まだ、早い時間だが

 せっかくセブに来たのだから

 フットマッサージを受けておこう。

 もちろん、お値段はいつもと同じ

 1時間で200ペソ。

 今の為替相場で円に換算すると

 410円くらいのものか。

 本当に安いと思う。

 身も心も軽快になって、次はランチ。

 ITパーク内のチキンレストランにて

 サンミグライトとチキンをオーダーする。

 昼からビールを飲んで、ご機嫌さん。

 ああ、セブに来ているのだなあと

 その解放感に感動する。

 ホテルに戻れば、さあ、プールへ。

 もちろん、泳ぐわけではないが

 プールサイドでビールを飲みながらの

 日光浴も、また、快適なもの。

 小一時間、水の音を聞きながら

 幸せな時間を過ごす。

 さてさて。

 明日はマクタン島へ移動して

 どのような晩を過ごそうか。

 そう言えば、サンミゲールの

 ビヤホールがあったはず。

 そんなことを思い出しながら

 贅沢なホテルでのひと晩が過ぎていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

2018/06/21(木) Day1  ホットベイグルサンド。

Bagle180621

 さあ、きょうからセブへ行く。

 昨年の6月に初めてセブを訪れて以降

 今回で4回目のセブ渡航となる。

 現地での状況が想像できるので

 旅の支度もかなり容易。

 なにより、何がどこで買えるのか

 わかるのが、良い。

 むしろ、準備するのに緊張感が

 ないところが、少し寂しい。

 初めて行った時の苦労を思い出しながら

 荷物の最終チェックを済ませる。

 定刻にMKシャトルタクシーがやってきて

 関空に向かう。

 本日の乗客は、3人のみ。

 MKにしてみれば、3人では

 採算が合うはずもないが

 このような対応をすることで

 信頼を勝ち取っているのだと思う。

 関空に到着。

 昨今の関空は、ものすごく

 混雑しているイメージが強いのだが

 きょうのこの静けさは、何なのか?

 フィリピンエアのカウンターに

 人の並ぶ列はなく

 空港の検査にも、列がない。

 あっという間にウィング内に入り

 時間を持て余してしまう。

 搭乗後には、機内食が

 出るのはわかっているが

 ここで少し、腹ごしらえをしておくか。

 頼んだのは、生ビールと

 ホットベイグルサンド。

 レンジでチンして温める

 ホットベイグルサンドは、

 どうしてなかなか、美味しい。

 あ、好物の生ビールを飲んでさえいれば

 なんでも美味しいということかも。

 ビールを飲んで、気分も良くなり

 出発ロビーでうとうとしているうちに

 搭乗時刻となる。

 機内では、食事時間以外は

 ほとんど眠ってしまう。

 もちろん、この睡魔は

 機内食の際に飲んだ、ビールによるもの。

 ほとんどリクライニングしないシートで

 寝心地は最悪のはずだが

 その割には、気分よく、眠る。

 概ね定刻にセブのマクタン空港着。

 パスポートコントロールはがらすき。

 さらに、ラゲッジもすぐに出てきて

 なんだか、拍子抜けしてしまう。

 空港の外に出てみても

 人は、いつもより、極端に少ない。

 ああ、そうか。

 過去三回のセブ渡航では

 英語学校の新たなタームが

 始まる曜日に合わせて

 マクタン空港にやってきた。

 だから入学する生徒とそのお迎えで

 ごった返していたのだが

 今回は、その2日前に来ているので

 整然としているのだなあ。

 さあ、タクシーに乗って

 本日の目的地である

 セブ市内のウォーターフロントホテルへ。

 ちょうど帰宅時間と重なったためか

 激しい交通渋滞に巻き込まれたが

 1時間ほどでホテルに到着。

 このような時、タクシー代が

 せいぜい、日本円で700円くらいというのが

 精神的に、とても良い。

 ホテルでは、アップグレードにて

 スイートの部屋に案内される。

 これは、ラッキー。

 でも、ホテルの室内では

 ここでもしっかり貧乏性を発揮して

 冷蔵庫の飲み物には一切手を付けず

 すぐにホテルの外に出て、コンビニで

 サンミグライトを買ってくる。

 グビリ!と飲んで、ああ

 帰ってきたなあ、という感じ。

 人生4回目のセブ遠征の

 Day 1 の晩が過ぎていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

2018/06/20(水) ヤイリのミニガットギター。

Yairi180620

 先日、ヤマハのギターを

 手放したばかりなのだが

 実は、その後、通販にて

 ミニガットギターを買ってしまった。

 矛盾していると思われるかも知れないが

 安いガットギターは、ある意味

 乱暴に、すなわち、楽に扱うことができる。

 弦も張りっぱなしで

 そのあたりに置いておき

 いつでも弾ける強みがある。

 だから、以前からガットギターを

 一台、買いたいと思っていたのであるな。

 買う時に、ヤマハにするか

 それともヤイリにするか、迷ったが

 ブランドに対する憧れ感があり

 最終的にヤイリに決めた。

 安物ゆえに、音には期待できないが

 弾きたい時に弾けるのは

 なんとも心地良い。

 夢の中にもこのギターが出てきて

 それを弾いている自分がいた。

 毎日のように弾いているうちに

 指も少しずつ硬くなってきて

 61歳にして、多少は

 ギターが上達してきている。

 いや、上達ではなく

 少し、回復してきている、程度か。

 いずれにしても、新しいギターのおかげで

 楽しい日々になっていることは

 確かだと思う。

 さて、昨晩はワールドカップサッカーで

 日本がコロンビアに勝利して

 日本全国、盛り上がっている。

 テレビを付ければ、その話題ばかり。

 まだ、一次リーグ突破が

 決まったわけではないが

 初戦に勝利すると85%の確率で

 突破できるのだと言う。

 スポーツの話題は、いつの時代も

 愉快で楽しいものだと思う。

 窓の外は、雨。

 室内でゆっくり過ごす一日に

 したいところなのだが

 明日の昼前に出発して

 2週間のセブ短期留学に出かけるので

 そのための準備をしなければ。

 滞在ビザ用の写真を撮り

 また、日本円も多少は

 用意しておかねばならぬ。

 本降りの雨の中

 傘をさして、外に出かける。

 日本はちょうど梅雨に入ったが

 梅雨真っ盛りの時期に

 セブのリゾート地で過ごせることを

 幸せに思う。 

 良い2週間になりますように。

 楽しい日々を想像しながら

 出発前夜もテレビにて

 ワールドカップサッカーを観ながら

 ゆっくりと過ごすことにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

2018/06/19(火) 古い賞状。

Prize180619

 震災の翌朝。

 夜中に少し余震を感じたが

 それ以上の揺れはなく

 朝は気分良く目を覚ます。

 震源の高槻方面では

 厳しい状況が続いているはずだが

 幸いなことに、我が街は

 わずか24時間で、しっかり

 立ち直ったように思う。

 フィットネスへ電話して

 営業状況を聞こうかと思ったが

 芦屋の状況から鑑みるに

 営業しているに違いない。

 念のため、ウェブでチェックして

 何も書いてないことを

 確かめてから家を出る。

 フィットネスでは、少しだけ

 館内チェックをしているが

 まるで、何事もなかったかのように

 火曜日の朝が動いている。

 今から23年前の阪神大震災の時は

 6階のプールがクラッシュして

 改修に3ヶ月かかったことを思い出す。

 と、同時に震源地の人たちの苦労を

 改めて想像する。

 早期に回復できますように、

 と、心から、祈る。

 フィットネスから帰宅して

 まずは、身の回りの確認をする。

 そう言えば、昨日の地震の際に

 棚から落ちたものがある。

 その一つが、ヨットの優勝賞状。

 10年前に亡くなった

 我が師匠との思い出もあり

 大切に飾っていたのだが

 もしかすると天国の師匠に

 『未練たらしく飾っているな、そんなもの!』

 と叱られて、落下したのかも知れない。

 我が師匠は、生涯現役でセーリングに勤しみ

 人生最後の日も、ヨットの練習を

 一緒にしていたことを思い出す。

 人生を過去で語ることが多かった師匠だったが

 時に、人生過去では語れないと

 人生訓をたれていたことも思い出す。

 改めて賞状を眺めてみると1996年だと。

 なんだ、20年以上も前ではないか。

 よし、今度のその他ゴミの日に

 廃棄しよう!と決心する。

 61年の人生を生きてきて

 まだまだ、前方だけを見ていかなければ。

 さて、きょうはワールドカップの

 日本対コロンビア戦が9時から放送される。

 これは、楽しみ。

 少し早めにビールを飲み始めて

 るんるん気分にて、サッカーの試合を

 楽しみたいと思う。

 昔親父から、競馬で金をかけるのではなく

 自分で走れ、とよく言われたもの。

 でも、競馬ではなくサッカーなのだから

 ビールを飲んで、観戦するだけもありだろう。

 そんな言い訳めいたことを

 独りごちながら、今晩の

 ビール晩酌が始まっていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

2018/06/18(月) 高速道路の通行止め。

Traffic180618

 週末を楽しく過ごし

 今朝は、志摩ヨットハーバーの

 マンションの一室にて目を覚ます。

 いつものように5時に目を覚ますのだが

 外の雨音を聞いて、元気喪失。

 珍しく、二度寝を決め込む。

 8時前、ペブルが振動して

 おや、目覚ましにしてはおかしいと

 確認してみると、iPhoneが

 地震警告を発しているではないか。

 その約3秒後に、震度2程度の

 地震がやってきて、うわあ、と驚く。

 60年越えの人生の中で

 地震の予告は、初めてのこと。

 すぐに、起き上がって、テレビを付けて

 世の中の地震の様子を確認する。

 大阪北部が震源で、震度6弱だと言う。

 これは、かなりえらいことになったなあ。

 すぐにクルマで帰宅することを考えるが

 いや待てよ、と、iPhoneにて

 道路状況をチェックしてみる。

 なんと、関西エリアの高速道路が

 すべて通行止めになっているではないか。

 ここは慌ててもしかたなし。

 ヨットの整備などをしながら

 午前中は時間をつぶすことにする。

 そうこうしているうちに

 通行止めも解除されるだろうと言う魂胆。

 が、しかし、11時が過ぎ、12時が過ぎ

 これは、もう、待っても無駄か。

 大阪に近づいたあたりから

 下道を走って帰ることに決める。

 渋滞で長丁場になる可能性も高いので

 ガソリンを満タンにして

 コンビニで、水分補給と同時に

 念のためにトイレにも行く。

 さて、もう一度、道路状況のチェック。

 おお。高速道路の通行止めは

 13時をもって解除されたのだと。

 助かった。

 しかも、渋滞もほとんどなく

 むしろいつもよりも早いペースにて帰宅する。

 家の中に入ってみると

 棚の上にあったはずのものがなくなっている。

 我が家の界隈は、震度5弱だったはずだが

 震度5という地震の大きさは決して侮れない。

 大事に至らなかったことを

 神様に感謝しておくことにする。

 マンションのエレベーターは自動停止状態で

 しかるべき人が来ない限り

 動き始めることは、ない。

 不便でしかたないが、所詮

 ライフラインではないのだから

 ここは、我慢することにしよう。

 木曜日からのフィリピン行きが

 少しだけ、気になるところだが

 今は、被害者のみなさんの

 一刻も早い復帰、復旧を

 祈ることにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

2018/06/15(金) 松阪牛丼。

Matsuzaka180615

 きょうから三泊の予定で志摩YHへ

 ヨット「シャロン」の整備と調整に行く。

 新しいヨットになって

 最初のビッグイベントとなる

 パールレースのスタートが

 来月末に迫っている。

 クルーが集まれる日は、そう多くはなく

 今週末もその貴重なチャンス。

 時間を大切に使わなければならない。

 みんなが集まるのは、土曜日だが

 一日前乗りして、少しでも

 やれることをやっておこうと考える。

 朝トレの後、午前の時間を家で過ごし

 昼前にクルマで出発する。

 志摩までの所要時間は、約3時間。

 出発前にそうめんを食べたのだが

 途中でもう少し、腹に入れて行こうか。

 松阪あたりまで一気に走り

 嬉野のSAにて休憩する。

 午後2時という中途半端な時間なので

 食べるか否か迷うのだが

 メニューを見ると

 松阪牛丼というのがある。

 松阪牛の牛丼という意味だろうから

 これは、トライの価値有りか。

 気がつけば、自販機の

 ボタンを押している自分がいる。

 しまった。

 お値段なんと1,000円なり。

 こりゃあ、高い。

 吉野家、松屋と比べるまでもなく

 途方もなく値段の高い牛丼だと思う。

 しかし、もはや引き下がれない。

 せっかくの機会でもあるので

 松阪牛丼というものを試してやろう、と決める。

 味は、と言えば

 うむ、大したこと、なし。

 そもそも牛丼という庶民の味に

 松阪牛が効果をもたらすとも

 思えないではないか。

 さらに、紅ショウガの味が

 今ひとつ、ときている。

 このような味は、学生の頃から

 しっかり吉野家に

 慣らされているのだな、きっと。

 さあ、1,000円を払ってしまったことは

 もはや、しかたなし。

 美味しかったなあ!と

 自分自身に負け惜しみに似た

 一言をぶつけるようにして

 いざ、志摩YHに向かってクルマを走らせる。

 ヨットハーバーに着いてみると

 心配していた雨はあがっている。

 すぐに、ヨット「シャロン」に行き

 キャビンに外気を通して、次に

 エンジンを始動して

 バッテリーをチェックする。

 エンジンは小一時間程度かけておきたいので

 艇の外回りをチェックした後は

 しばらく、フリータイムとなる。

 クルマに戻り、ドローンを取り出し

 では、とばかりに、ドローンを飛ばす。

 思い切り高く上げて

 ヨットのマストを見下ろす。

 ああ、気分良し。

 前後、左右にびゅんびゅんと飛ばして

 久しぶりにドローンで遊ぶ

 格別な満足感を得る。

 ヨットチームのマンションに戻り

 冷蔵庫を開けてみると

 おや、ビールが残り少ないではないか。

 近場の「ぎゅーとら」までクルマで走り

 ビール1ケースを買って、戻る。

 きょうの日もこれでおしまい。

 では、ビールで晩酌を始めるか。

 マンション内のテレビのスイッチを付けて

 好物のビールを飲み始める。

 幸せだなあ。

 我が神様に、手を合わせて

 改めて、幸せなひとときに感謝する。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

2018/06/14(木) 多田神社。

Tadashrine180614

 ここのところ、どうも疲れが取れていない。

 海外遠征を含む強行軍が

 老体に悪く効いてしまっているのかも。

 疲れの兆候が身体から抜けてくれないことに

 少し苛立ちを覚えながら

 目を覚まして起き上がる。

 珍しく家で朝食をとり

 さあ、きょうはどこに行ってみようか。

 川西能勢口から能勢電鉄に乗って

 北に上がって行くと

 多田という駅があり、その徒歩圏に

 多田神社があると言う。

 源氏に由緒ある神社のようだが

 そこへ行ってみようと検討を始めてみる。

 阪急電車に乗って行けば

 一時間と少しで到着できそう。

 だが、よくよく経路を眺めてみると

 なんだ、クルマであれば

 短時間で行けそうではないか。

 昼からビールを飲むわけでもなし。

 ここはクルマで出かけることに決める。

 西宮から名神高速に乗り

 豊中で阪神高速に乗り換える。

 池田からさらに高速道路が続き

 到着してみれば、なんと

 家からわずか30分程度しか

 かからなかったことを知る。

 幸いなことに天気は晴天。

 心地よい風が吹き

 絶好の観光日よりとなっている。

 神社の境内を散策して

 その後、多田駅までゆっくりと歩き

 駅前のフルーツ喫茶にて

 フルーツをメインにした

 美味しいデザートをいただく。

 頼んだのは、クロワッサンド。

 クロワッサンに、メロンを中心に

 美味なフルーツが挟んである。

 この店はコーヒーもまた美味で

 とても満足したひとときとなる。

 帰り道は、一般道を走り

 小一時間をかけて帰宅する。

 さて、明日から月曜日まで

 志摩YHに行き、真夏のレースの

 準備、整備に当たる予定。

 だから、きょうのうちに

 済ませておくべきことがある。

 あれや、これやと

 デスクワークをこなして

 ようやく、心も落ちついてくる。

 フィリピン行きが近づいていることもあり

 月内は、実は、ほとんど時間がない。

 それを思い出すと、小心者ゆえに

 再び、落ち着きがなくなっていく。

 では、とばかりに晩酌を開始。

 適度なアルコールが体内に入り

 落ち着いてしまうのだから

 これ、ちょっとまずいかも。

 でも、ま、いっか。

 ワールドカップサッカーが開幕して

 これから世界は、それに狂うのか。

 サッカーではなく、弱い

 阪神タイガースの野球をテレビで観ながら

 もう一杯、ビールをやるかぁ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/13(水) 枇杷(びわ)。

Loquat180613

 今朝は、久しぶりに関電病院へ行く日。

 朝トレを済ませてから

 朝8時半前のJRに乗って新福島駅へ。

 9時前には病院に着き

 比較的早く、受診を済ませる。

 きょうは、友人から届き物があると言う。

 午前着の宅急便で送ったとのこと。

 宅配ボックスがあるよと言ってみたところ

 ボックスには入れられないかも、との返事。

 一体、なにが届くと言うのか

 興味津々だったので

 できる限り早く帰宅してみる。

 帰宅時間が10時半。

 だが、残念、郵便受けには

 9時45分の時刻にて

 宅急便の不達届けが入っている。

 宅配ボックスに入れられなかったのは

 なるほど、生ものか。

 早速、再送の連絡を入れて

 昼過ぎの便を待つことにする。

 昼飯は、これまた久しぶりに

 芦屋市役所の食堂に行ってみる。

 A定食のお値段480円。

 とても得した気分にて帰宅して

 宅配の再送を待つ。

 指定した時間通りにやってきて

 丁寧に梱包された箱を開けてみると

 なんと、枇杷が入っているではないか。

 そう言えば、半年程前に

 その友人から、枇杷を育てている旨

 連絡があったことを思い出す。

 厚かましくも、できたら送ってくれと

 こちらからお願いしたのであった。

 枇杷を食べるのは、何年ぶりか。

 薄皮をむいて、食べる。

 すぐに大きな種にぶつかるのが

 なんとも懐かしくて、嬉しい。

 すっかり忘れていた素朴な美味しさに

 幸せになっている自分がいる。

 本当にありがたいことだと

 友人に、心から感謝する。

 さて、季節も移ろい、いよいよ

 ワールドカップサッカーが

 明日から開幕するのだと言う。

 ロシアでの開催と聞くと

 すぐに国内の時差のことが頭に浮かぶ。

 選手たちも大変なのかなあ。

 それとも、時差を全く考慮することなく

 ロシアでの調整をするのだろうか。

 そんなことを考えていると

 お、CSにてブラジル対アルゼンチンの

 親善試合が放送されているではないか。

 これは、面白い。

 ワールドカップの観戦を

 さらに心待ちにしながら

 本日のビール晩酌が、ぐんぐん進む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

2018/06/12(火) 森田童子(もりたどうじ)。

Morita180612

 きょうは、米朝首脳会談という

 歴史歴な出来事がシンガポールで

 行われるのだと言う。

 だが、それ以上に、今朝の新聞にて

 とても小さいが、あっと驚く記事をみつける。

 森田童子が亡くなっていたのだと。

 森田童子は、自身が大学生の頃

 その歌で、我々の心をつかんで離さなかった。

 メジャーではなかったがゆえに

 より強く支持されたのかも知れない。

 その、乾いた静かな歌声と

 若い世代であれば

 誰でも共感してしまう歌詞に

 当時の多くの学生たちが、涙した。

 さらに、それから10年以上が経ち

 TBSのドラマ『高校教師』のテーマ曲で

 森田童子の『僕たちの失敗』が流れた時には

 郷愁感、新たな感動、そして驚き。

 あらゆる感性が反応したことを

 昨日のことのように思い出す。

 新たに森田童子を知った若い世代にとっては

 突如、目の前に現れた

 斬新なアーティストだったのだと思う。

 当時の会社の部下が、その名前を

 『もりたどうこ』と呼んだことも思い出す。

 さて、その森田童子だが

 その他メディアによると

 享年66歳だったとのこと。

 そう言えば、森田童子については

 経歴はもちろん、顔も知らない。

 これだけ表舞台に出ないまま

 死んでいったアーティストも

 珍しいのではないか。

 早速、家のなかを探して

 森田童子のCDを見つけ出す。

 週末はクルマの運転をしながら

 彼女の歌を聴いて、それを

 我が思いとして天国に伝えたいと思う。

 さてさて。

 きょうは友人とミナミで食事。

 それを終えて、家に戻り

 今一度、森田童子を思い出しながら

 本日の晩酌が進んでいく。

 テレビでは、米朝首脳会談の話ばかり。

 内容はと言うと、かなり物足りなく思える。

 そんなことより、もっと

 大事なこともあるのではないか。

 ぶつぶつとつぶやきながら

 ビールの、ひとり飲みが進む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

2018/06/11(月) 塩鯖(サバの塩焼き)定食。

20180612_094558

 いやあ、この週末もよく飲んで

 よく遊んだなあと、自分自身に感心する。

 昨晩は、夕方に帰宅して以降

 布団の中でダウンしてしまい

 気がつけば、月曜日の朝を迎えている。

 ほんと、ついでに、よく寝たもんだと思う。

 あまりに早く目が覚めたので

 朝トレに行く時間が待ち遠しい。

 いつもの6時半になり、すぐに家を出る。

 フィットネスでは、新幹線内の

 殺傷沙汰による殺人事件が

 みんなの話題にのぼっている。

 怒りの矛先はいろいろと向いているが

 いずれにしても、気持ちの良い話ではない。

 昨日、無事故で新幹線で帰阪した者としては

 いつ遭遇しても不思議ではないと思うだけで

 背筋が凍りそうになる。

 物騒な世の中になったものだなあ。

 きょうの午前中は、ばたばたと雑務を済ませる。

 その雑務の中には、住民税の払い込みがある。

 リタイヤ後、ついに、その

 支払いの時が来た、という感じ。

 第二期以降を自動振り込みとして

 手続きを済ませ、一方で

 第一期分を郵便局にて支払う。

 さて、ひと仕事を済ませて

 きょうは西宮へ行き映画鑑賞。

 帰りに阪神今津駅前で

 少し遅い時間の昼食とする。

 入った店は、やよい軒。

 どこにでもあるような一杯飯屋だが

 芦屋には、ないなあ。

 ここのところ体重が減っているので

 白米の食事でリカバリしておかないと。

 自販機にて、塩鯖(サバの塩焼き)定食を購入。

 なんだか久しぶりの焼き魚に

 ちょいと期待している自分がいる。

 突き出しの冷や奴が、思いの他、美味しい。

 もちろん、塩鯖は、がつがつといただく。

 醤油味に大根おろしがマッチして

 典型的な和食らしさを演出する。

 そういえば、北新地の入り口に

 塩鯖を名物にしている一杯飯屋があったなあ。

 うちは日本で一番美味しい塩鯖を出すのだと

 いつも豪語していたのだが

 気がつけば、別の店に変わっていた。

 塩鯖などと言う物は、どこで誰が焼いても

 美味しいものなのだと、改めて、思う。

 さて、今週末は奥志摩でヨットの練習があり

 それが終われば、来週は

 久しぶりにセブへ出発する。

 慣れたセブだが、やはり異国に行くとなると

 それなりの準備は、要る。

 ドローンを持って行こうか、などなど。

 どうでも良いようなことに悩んでいるうちに

 きょうもそろそろ、

 晩酌の時間が近づいてくる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

2018/06/08(金) カインズホーム。

Cainz180608

 昨今、立て続けに飛行機で

 長旅をしたせいだろうか。

 昨晩の高速バスでは、比較的

 気分良く眠れてしまって、少し驚く。

 つまり、高速バスの3列シートが

 実は、相当、快適なのだな。

 大してリクライニングしないとは言え

 飛行機のエコノミーのシートに比べれば

 はるかに大きくリクライニングするし

 カーテンで遮断すると、自分の空間は

 しっかりプライバシーを保つことができる。

 また、バスの揺れが、適度に

 人を眠りに誘うのかも知れない。

 朝の7時過ぎに、鎌倉駅前にて

 絶好調で、バスを降りる。

 鎌倉駅前のマクドナルドで朝食をとり

 横須賀線に乗って、久里浜へ。

 京急に乗り換えて、野比駅から

 徒歩にて、我が野比の家に向かう。

 家に着いて、雨戸を開けて

 家中に風を通す。

 さて、きょうの仕事は、両親の墓参りと

 掃除機の購入。

 きょうは、兄貴にお願いをして

 クルマに乗せて連れて行ってもらう。

 菩提寺の満昌寺では、

 先祖の墓に水をかけて

 昨今の報告と家内安全を祈る。

 この程度のことで、なんとなく

 善行をしたように感じてしまうのは

 昔ながらの親孝行の感覚と同じなのだな。 

 要するに、懺悔の一種なのだと思う。

 積もり積もった親不孝を

 こんな一瞬の行為にてリカバリしようなんて

 実にふてえ根性なのだと

 我がことながら、反省もしきり。

 でも、親子なのだから、それでもいいか。

 次の世代では、同じことをされるだろうが

 子や孫を責めることもないだろうと

 勝手な想像をして、自分をも、許す。

 墓参りの次は、お買い物。

 電気掃除機が全くだめになったので

 これは、買っておかねばならぬ。

 まだ、早い時間で電気量販店は開店前。

 でもそうだ、カインズホームであれば

 朝9時半開店だったはず。

 早速、ウェブで調べてみると、ビンゴ。

 久里浜のカインズホームへ向かう。

 到着はジャスト9時半。

 開店と同時に、店に入る。

 ここへは先週も来たばかりなので

 店内の様子には、多少、明るい。

 すたすたと掃除機売り場へ歩いて行き

 お目当ての充電式掃除機を購入する。

 なに?

 一台につき、不要な掃除機を一台

 無料で引き取ってくれるのだと。

 これは、嬉しい。

 家から持ってきた、今や廃棄物となった

 掃除機を引き取ってもらってご機嫌さん。

 朝から、とても多くの仕事を

 こなしたような錯覚に包まれ

 ではとばかりに、帰宅後には

 午前からビールを始めてしまう。

 ほろ酔い気分で、家の掃除をして

 昼からは、自転車で三浦海岸あたりまで

 走り回って、金曜日の一日が終わっていく。

 明日は、葉山へ行き、

 熱海レースに参戦する。

 レース所要時間は、4時間程度か。

 因みに、きょうは南寄りの風が

 びゅんびゅん吹いている。

 こんな風に恵まれれば

 レースもあっという間に終わるだろうなあ。

 そんなことを想像しながら

 もう一本、もう一本と

 海を眺めながらの幸せな

 ビールタイムが進んでいく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

2018/06/07(木) 3列独立シート。

Threeseats180607

 昨晩は、友人たちと盛り上がり

 その分、今朝は二日酔いにてダウン。

 とは言え、昨晩の楽しい思い出で

 幸福感に包まれた朝を迎える。

 木曜日なので、トレーニングはお休み。

 しっかり朝食を取って

 午前中はゆっくり過ごしているうちに

 二日酔い状態からは、脱却する。

 だが、昼過ぎにクルマで買い物に出かけて

 帰宅した瞬間に、オフモードに変更。

 えびグラタンを食べながら

 ついつい、昼ビールが始まってしまう。

 実に退廃的な一日になってしまうのだが

 まあ、たまには、いっか。

 たまりにたまった疲労感と戦うかのように

 椅子に座って、午睡。

 その後、布団に横になって

 本格的な午睡をむさぼる。

 さて、今晩は夜行バスにて上京する。

 昨今、使うのは、南海バスの鎌倉行き。

 夜10時半に梅田からバスに乗り

 明日の朝、7時過ぎに

 鎌倉駅前に到着すると言う

 セーラーにとっては

 とてもありがたい夜行バス。

 リクライニングの角度は浅く

 熟睡はできないのだが

 3列の独立シートは

 どうしてなかなか、快適なもの。

 カーテンで隣の席から遮断されて

 ゆっくりと車内で寛ぐことができる。

 もちろん、携帯の充電もできるし。

 いざとなれば、トイレもある。

 なにより、値段が安い。

 さて、さて。

 夕飯は家で食べて

 支度を慌てることもない。

 テレビを観ながら

 出発の時間まで、余裕で過ごす。

 日本は梅雨のシーズンに入り

 これから毎日、雨天曇天となる。

 明日は多少なりとも好天に恵まれますように。

 天に祈りながら、出発までの時間を過ごす。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/06(水) ヤマハFG580。

Yamahafg180606

 三日連続でフィットネスへ行くのだから

 きょうは、当然水曜日だとわかろうものなのだが

 どうも、曜日感覚が曖昧になっている。

 フィットネスでも友人たちと話をしていて

 自分がきょうを火曜日と勘違いしていることを知る。

 定年退職して一年半が経過して

 そういえば、仕事のことを

 すっかり忘れていることにも、時々気づく。

 要するに、これがリタイヤライフなのだと

 当たり前のことに感心してしまう。

 さて、フィットネスから帰宅して

 きょうの一番大きな仕事は

 高校生の時に買ったギターを売りに出すこと。

 家にはもう1台ギブソンのギターがあるので

 以前から、もう不要だと思っていた。

 クルマで約10分程度の場所に

 いわゆるリサイクル店があると言うので

 午後1時に予約をして、持ち込んだ。

 この手の話は半信半疑で

 半年ほど前に、同じように

 某お店にギターを持ち込んだのだが

 引き取りを断られたことがある。

 だが、きょうの店は、とても丁寧。

 ギターを含む楽器の知識のある店員が

 しっかりチェックして、買い取り額を出す。

 所要時間は10分程度だったか。

 正直なところ、値が付かなくても

 次の所持者がギターを楽しみ

 上達してくれるのであれば

 それで十分と思っていたのだが

 想像以上の値が付いて、驚く。

 大切に引き取ってもらうのだと思うと

 それだけで、感激してしまう。

 45年前、このギターを買うときに

 どれだけ苦労したかを思い出し

 また、若い頃の思い出までも

 走馬灯のように、よみがえってくる。

 最後にもう一度、ケースを開けて

 まごうことなく、我が青春の1ページを作った

 最愛のヤマハFG580の美しい姿を拝む。

 泣けてくる。

 目を真っ赤にしながら、店を出る。

 帰宅して、しばし休憩。

 今晩は、友人たちと心斎橋で宴会がある。

 5時半から始まって

 解散は、11時くらいになっていたか。

 ほとんど、記憶なしの状態で帰宅する。

 ああ、楽しかった。

 幸せだった記憶だけを抱きながら

 水曜日の一日が過ぎていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

2018/06/05(火) ふくやの明太子。

Fukuya180605

 ホノルルから帰国して

 早6晩を過ごしたのだが

 まだ、時差ぼけが残っているかのよう。

 夜は、いつもの時間まで起きていることができず

 また、朝はいつも以上に早く目が覚める。

 昨晩は、7時に眠ってしまい

 今朝は、3時半に目を覚ます。

 帰国直後の岐阜~葉山の強行軍が

 思いの他、きつかったのかも知れない。

 フィットネスの体重計によると

 ドイツへの出国前よりも

 体重は2キロ近く落ちている。

 これ、主に筋肉が落ちているようで

 例えば、ベンチプレスのバーベルが

 重たくて、想像したようには揚がらない。

 また、少しずつ、時間をかけて

 取り戻していかねばならないのだな。

 ところで、体重が落ちる主な要因は

 やはり、食べ物によるものだと思う。

 基本的に和食が好きなので

 白いご飯中心の食事がとれないと

 全体的に食べる量が減って

 体重減につながりやすいのだと推察する。

 さて、きょうは昼から西宮へ出かけて

 帰宅後に一人で家の中での晩飯となる。

 いつものようにビールを飲んで

 さあ、何を食べようかと冷蔵庫を

 物色してみると、なんと好物の

 ふくやの明太子を発見。

 小さなパッケージに入っていて

 お値段は、確か、1,080円だったと思う。

 冷たいビールとともに、ぱくぱくと食べる。

 ふた腹食べた後、台所にて

 多分、朝、炊いたであろう、白いご飯を発見。

 これは、大助かりとばかりに

 最後のひと腹の明太子は

 ご飯と一緒に頬張る。

 わずか10分足らずにて

 ふくやの『味の明太子』を消費してしまう。

 もったいなかったかなと思う貧乏性と

 日本人に生まれて良かったという

 いつにない前向きな思いが交錯する。

 テレビ地上波にて、プロ野球阪神戦や

 CS放送で、藤井7段の将棋対決を

 観戦しているうちに、夜の時間が経つ。

 今晩は10時に就寝。

 うむ。身体もようやく日本時間に戻ってきたか。

 明日は、完全復調だな、と

 より元気な姿を想像しているうちに

 気持ちの良い、睡魔に飲み込まれていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

2018/06/04(月) 飛騨高山中華そば。

Takayamaramen180604

 久しぶりに、我が家の

 布団の上で目を覚ます。

 相変わらず、疲労感はあるのだが

 やはり、目覚めは、良い。

 起き上がって、すぐに

 朝の仕事をいくつかこなす。

 今の時代、パソコンさえ持ち歩けば

 どこでも仕事はできそうなものだが

 やはり、家のデスクでやるほうが

 なにかとはかどる。

 きょうやるべきデスクワークをメモして

 さあ、6時半に家を出て

 これまた久しぶりの朝トレへ行く。

 運動不足の状態でいきなり無理をすると

 関節等を傷めることがあるので

 きょうのところは、手加減をする。

 少し早めに上がって

 風呂に入って、気分良く

 コーヒーショップにて朝食をとる。

 家に帰り、午前中は、デスクワーク。

 あれやこれや。

 やるべきことは、とても多い。

 気がつけば、お昼時となっている。

 昼食は、どうしようか。

 そうだ、先日、高山へ行った際に

 いただいたお土産に、生麺の

 ラーメンがあったはずだと思い出す。

 冷蔵庫に入っていた三種類の中から

 塩味を選んで、早速、作る。

 鍋で生麺を茹でる一方

 ティファールにてスープ用のお湯を沸かす。

 これ、手際よくやれば

 5分もかけずに出来上がる。

 うわあ、これは美味しい。

 何の具も入っていないのだが

 この手の生麺特有の美味しさが

 『飛騨高山中華そば』には込められている。

 食べ終わり、早速

 この『飛騨高山中華そば』を

 くださった方に、報告を込めて

 感謝のメールを送信する。

 冷蔵庫の中には、残りふた袋。

 醤油系のものが、残っている。

 大事にしたいという、いつもの

 貧乏性が首をもたげるが

 賞味期限はあと数日。

 決して無駄にしないよう

 早く食べよう、と心に決める。

 さて、今晩は8時から心斎橋で

 友人たちとの飲み会があったのだが

 疲れがとれず、諦めることにする。

 疲れと言うより、とにかく眠い。

 軽めの晩飯を食べて、7時には床につく。

 明日の朝には、完全復帰していますように。

 ファイト。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

2018/06/01(金) 高山ラーメン。

Tramen180601

 高山のホテルにて起床。

 昨晩は、温泉に入らなかったので

 今朝、一気に、ホテル内の

 二つの温泉に入ることにする。

 一つは、地下の畳風呂。

 もう一つは、最上階の露天風呂。

 いずれにも入って安心するところが

 我が貧乏性の真骨頂なのだと思う。

 バイキング朝食をいただいて

 さあ、本日のゴルフ場に向かって出発する。

 天気は、晴天。

 高山は高地なので首都圏と

 比べて気温は低いはずだが

 それでも20度ほどで、とても暖かい。

 快適で楽しいゴルフになる予感がする。

 午前中のハーフを終えて

 きょうは、クラブハウスにて昼食となる。

 メニューを見てみると

 おや、高山ラーメンがあるではないか。

 実は、昨日の夕方のこと。

 高山の町中を散策した際に

 美味しそうなラーメン屋がたくさんあったのだが

 晩飯前ゆえに、諦めたという経緯あり。

 そんな、是非一度食してみたかった

 幻の高山ラーメンが、今、ここにある。

 当然のように、頼んだのは高山ラーメン。

 醤油味のシンプルな味は

 可もなく不可もなくだが

 ラーメンの美味さは、それに尽きる、と思う。

 さて、さて。

 本日のゴルフは午後3時に終了。

 ゴルフ場の風呂に入って

 汗をすっかり流してから

 従兄弟のクルマで岐阜駅まで送ってもらう。

 岐阜駅から名古屋に出て

 新幹線で新横浜。

 在来線に乗って、大船駅へ。

 本日の宿泊地に到着する。

 明日は、久しぶりのオフ。

 朝はゆっくりホテルの部屋で過ごし

 その後、野比に移動して

 ボンボンベッドに横たわって

 午睡をむさぼりながら

 この2週間にわたる、ドイツ、ハワイ遠征の

 疲労を癒やしたいと思う。

 ホテルのベッドに横になると

 気絶しそうになる。

 おつかれさん、と自分自身に

 声をかけて、目を閉じる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

2018/05/31(木) 飛騨高山の町並み。

Takayama180531

 昨晩は、岐阜のホテルに宿泊。

 ホノルルとの時差と疲れのせいか

 夜中に目を覚まして

 いったいどこにいるのか、全くわからず

 起きていながらの悪夢を知る。

 こんなことがあるのだなあと

 不思議に思うと同時に

 近い将来、このように

 いろいろなことがわからなくなるのではという

 不安にかられてしまう。

 そんなこともあり、寝不足を感じつつ

 朝5時に目を覚ます。

 食欲があるわけもなく

 6時半の迎えを待つ。

 友人のクルマは6時過ぎに来て

 さあ、岐阜から飛騨高山方面へ向かう。

 きょうの最初の目的地は、荘川。

 高山の手前でゴルフを楽しみ

 その後、高山の温泉へ行くというプラン。

 天気は今ひとつだが

 ドイツ、ハワイと転戦した後ゆえに

 純日本風のひとときに期待する。

 荘川に着き、ゴルフ開始。

 朝は曇天。

 その後、雨にも降られるが

 昼過ぎには、スルーのゴルフを終了する。

 ああ、楽しかった。

 昼飯に美味しい蕎麦を食べた後

 飛騨高山へ移動する。

 高山に来るのは、二度目だが

 前回は、町中を歩いていない。

 今回は、なんとしても

 町中を散策してみたいと思っていた。

 日本ならではのクラフト系のお店があり

 ラーメン屋、せんべい屋、飛騨牛のお店等々

 独特の世界を演出している。

 外人客が多いのも、わかるような気がする。

 晩飯は、ホテル近くのお店にて

 和食フルコースを食べてご機嫌さん。

 とても幸せな飛騨高山の一日を終える。

 明日もゴルフ。

 時差が抜けて、体調も良くなり

 納得のゆく一日になりますように。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

2018/05/30(水) 新幹線『コダマ』。

Kodama180530

 日本とハワイの時差は19時間。

 だから、タイムマシーンのような現象が起こる。

 因みに今回の遠征だが

 先週の木曜日の夜に出国して

 8時間の飛行時間の後

 ホノルル着は、同じ木曜日の朝。

 これ、タイムマシーンだろお。

 日本からハワイの往路では

 二度の同じ日を体感するのだが

 復路となると、一日を返却することになる。

 で、きょうは、その一日を返したのだな。

 火曜日の昼前にホノルルを離陸して

 約8時間の飛行の後、火曜日ではなく

 水曜日の午後に関空に無事到着する。

 空港に着けば、いつものように

 MKシャトルタクシーに乗って芦屋に帰る。

 帰宅時間は、夕方の5時。

 シャワーを浴びて、少し休憩して

 さあ、岐阜へ行く支度をしなければ。

 そして、夜8時前に家を出る。

 時差と長旅による疲れなのだろう。

 少し、ふらふら。

 目を閉じると、眠ってしまいそう。

 JR芦屋駅から東海道線にて新大阪へ。

 岐阜へは在来線だけでも行けるのだが

 ここは、新幹線を効率的に活用するに限る。

 乗ったのは、『コダマ』。

 米原まで『コダマ』で行って

 そこから在来線で岐阜まで行くプラン。

 米原から岐阜まで行くのに

 大垣で乗り換えなければいけないのが

 とても残念だが、まあ、それでも

 これが最も合理的な行き方だと思う。

 そうそう。

 この『コダマ』のチケットを予約しようと

 ウェブで操作したのだが

 指定席が取れないではないか。

 グリーン車以外は、全席自由席の

 『コダマ』があるのだと。

 知らなかった。

 昔、昔の新幹線『コダマ』の強い存在感は

 今や、全くなくなってしまったように思う。

 幼い頃、まだ、新幹線もない頃

 母と兄と3人、当時の特急列車で

 名古屋へ行ったことを思い出す。

 幼い兄弟を退屈させまいと

 母がちり紙でコヨリを作り

 それを車窓から飛ばしたことを

 今でも明確に頭に思い浮かべることができる。

 おっと。

 そうこうしているうちに

 米原から在来線を乗り継いで

 無事に岐阜に到着。

 明日は、朝6時過ぎに

 従兄弟が迎えにきてくれる。

 起きることができるのだろうか。

 早起きじじいなのだが

 明日は、さすがに少し、自信がない。

 ビールを部屋飲みして

 睡眠を誘発させて

 しっかり眠ることにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

2018/05/29(火) レンタカー。

Dodge180528

 気がつけば、早いもので

 今回のハワイ遠征も、もうおしまい。

 本日午前11時ホノルル発の

 関空行き直行便で帰国する。

 だが、その前にひと仕事あり。

 ヨットの修理に関わる契約のために

 オーナーをマリーナへ連れていく。

 朝6時半にホテルをチェックアウトして

 Keehiのマリーナへ行き、今一度

 ホテルにとって返して、再度

 ホノルル空港に向けて、出発する。

 飛行機の搭乗時間的にも、また

 レンタカーの返却時間的にも

 朝9時までに空港に着く必要がある。

 米国の休日明けで、多少

 交通量は多いようだが

 かなりの余裕をもって、空港着。

 レンタカー返却レーンを通り

 ハーツのブースにクルマを返す。

 ほんの5、6日程度だったが

 よく働いてくれたと、クルマに感謝してしまう。

 返却の手続きは、実に簡単で

 あっという間に完了する。

 アメリカのクルマ社会としての成熟度を

 このような時に実感する。

 そういえば、借りる時も

 デスクで手続きをして、クルマの引き渡しは

 駐車場の指定された場所へ行って

 勝手に持って出ていく形。

 クルマの傷のチェックもせずに

 どうして、うまく成り立つのか

 日本との彼我の違いに、少し驚く。

 さて、飛行機は予定通りに離陸。

 日本に向かって、さあ、帰ろう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/28(月) ホノルルの雨。

Rain180528

 オアフ島レースの初日に

 マカプーポイントの手前で

 まさかの座礁をしてしまい

 我らがクレセントチームは

 残念ながら、3日間のレースすべてを

 キャンセルせざるを得なくなってしまった。

 本日、月曜日は米国の休日なのだが

 無理を押して、クレセント3の

 上架作業をしてもらうことに。

 朝8時前にホテルの駐車場に集合して

 Keehiのマリーナにクルマで向かう。

 艇をクレーンで吊り上げていくと

 当たり前だが、損傷部分が見えてくる。

 ああ、ここの部分を座礁したのだなあ。

 ヨット乗りとしては、決して見たくない傷を

 あきらめ顔で、丁寧に、確認する。

 いつも一緒にヨットに乗っている

 プロフェッショナルクルーの話によると

 その他、いくつかのチェックポイントがあるのだと言う。

 上架した艇の下に入って、その作業に入るが

 なに?!こんな時にこれか!と

 天を恨みたくなるような激しい雨が降り始める。

 ハワイでは、シャワーと呼ぶらしいが

 この30分にも及ぶ土砂降りの雨のことも

 果たして、シャワーと呼ぶのだろうか。

 最初はヨットの下に隠れ

 その後、小やみの時に屋根のある場所に移動して

 最後は、クルマの中に身をかくす。

 天気は東から徐々に好転していくのだが

 きょうの雨は、しつこくて

 なかなか、やむ気配を見せない。

 本来であれば、午前中に終わるはずの仕事が

 午後1時くらいまでかかり

 その後、アラモアナショッピングセンターに戻り

 フードコートにて、ランチをとる。

 ランチを終えて、外に出れば

 ピーカンの晴天で、これは、暑い。

 あの午前中の冷たい雨は何だったのか。

 もはや、思い出すのも

 難しいような記憶に転じているのだな。

 ランチを終えて、町中を散歩しているうちに

 本日の午後のひとときが過ぎていく。

 夕方からは、ワイキキヨットクラブにて

 チームのみんなと、ビールを

 飲みながらの歓談タイム。

 クレセントチームのレースリタイヤは

 とても残念なことだったが

 そのおかげで、チームメンバー全員と

 ゆっくり時間を過ごすこともできたのだと

 前向きに考えることにする。

 さて、明日は早朝にホテルを出て

 日本に帰る予定。

 日本に帰ったら、そばでも食べて

 幸せな食事の時間を過ごしたい。

 それまでの貴重な時間を

 大切に過ごすことにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

2018/05/25(金) ウェストマリン。

Westmarine180525

 ホノルルに来て、二日目。

 時差の関係で、あたかも二度の

 木曜日を過ごした後のような

 不思議な感覚で金曜日を迎える。

 きょうの午前中の仕事は

 チームの後発隊を

 空港まで迎えに行くこと。

 朝9時頃にホテルを出発して

 後発隊の2人が、ちょうど

 アライバルゲートに着いた時に

 こちらも到着する。

 すぐにピックアップして

 ワイキキヨットクラブへ戻る。

 その後、もう1人を空港に迎えに行き

 今回のチームメンバー総勢7名が揃う。

 さて、明日からオアフ島レースが始まるが

 その前に、今夕、サンセットレースがある。

 早く整備を進めて、準備をしなければ。

 このような、準備、整備のためには

 なにはともあれ、ウェストマリンへ

 足を運び、必要なものを調達する。

 アセトン、フェンダー、フェンダーカバー

 その他、いろいろ、もろもろ。

 ここウェストマリンには、

 おおよそ、ないものが、ない。

 だから、ついつい

 個人用セーリング用品の

 物色をはじめてしまう。

 別の観点における

 セーラーの天国なのだと思う。

 後ろ髪を引かれるような思いで

 ウェストマリンを後にして

 ワイキキヨットクラブに、再度、戻る。

 夕方からサンセットレースに参加。

 美しいハワイの海を堪能して

 本日の一日が終わっていく。

 幸せなことだなあ。

 一緒に遊んでくれるみんなに

 感謝して、ホノルルでの

 金曜日の一日を終える。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

2018/05/24(木) 肉入りカット野菜。

Vegit180524

 久しぶりに、家の布団にて眠る。

 夜中に目覚めることはなく

 さぞかし快適な目覚めかと思いきや

 時差ぼけ特有のじいいんとした

 前頭の重さを感じながらの

 不快な目覚めとなる。

 だが、我が家にいることを知り

 これは、やはり、嬉しいもの。

 しばしの安堵感に包まれる。

 さあ、今夕からホノルル行き。

 支度をしなければ。

 ホノルルの先発隊から

 現地で必要なものがあるので

 日本で買って持ってきて欲しいのだと。

 他にも個人的な買い物があり

 クルマにて、出かけることにする。

 西宮のオートバックス、ドラッグストア

 そして、コンビニでビールの購入。

 小一時間をかけて、用事を済ます。

 さて、昼食は何にしようか。

 しばらくドイツ料理ばかりだったし

 今夕から機内食の後

 今度は、ハワイの食事となる。

 ならば、きょうのランチは

 典型的な和食たるラーメンにしておこう。

 しかも、インスタント。

 買い置きの袋麺、明星チャルメラの封を切る。

 いつもであれば、麺だけの

 即席ラーメンになってしまうのだが

 きょうは、セブンイレブンの

 『肉入りカット野菜』を冷蔵庫にて発見。

 沸騰したお湯に麺を入れる前に

 この『肉入りカット野菜』を

 入れれば良いのだと書いてある。

 生まれてこのかた、人生60年間

 即席袋麺に具材を入れて

 作ったことが、実は、ない。

 経験も自信もない身ではあるが

 これ、簡単そうだなあ。

 指定通りに即席ラーメンを作ってみれば

 なんと、簡易湯麺のできあがり。

 これは、良い。

 次回以降、くせになりそうな予感がする。

 常人には決して理解してもらえそうにない

 次元の低い満足を感じながら

 本日のランチタイムが、終わる。

 もちろん、ビールを飲みながら。

 いよいよ、出発の時間が近づいてくる。

 昼寝をしたり、もう一杯、もう一杯と

 ビールを飲んでいるうちに

 穏やかな日本の初夏の午後が過ぎていく。

 幸せだなあ。

 明日以降がまた、もっと

 幸せな日々になりますように。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/23(水) 到着時免税店。

Dutyf180524

 長時間の旅行の際には

 いったい、どこで日が変わったのか

 さっぱりわからないことがある。

 今回のチューリッヒから大阪までの

 約27時間にわたる長旅でも

 朝だか夜だか、わけがわからなくなり

 その後、時間の概念も失ってしまう。

 香港に到着したのは、明るい頃だったのか。

 はて、今、記憶をたどってもはっきりしない。

 疲れも加わっているのだろうなあ、と思う。

 チューリッヒから香港空港までの

 11時間のフライトを終えて

 次のフライトまでの4時間

 プライオリティパスを使って

 いつものようにラウンジを使う。

 ラウンジ入り口には列ができていて

 異常に混んでいる上、入ってみると

 ビールは黒ビールしか、ない。

 さらに、男子トイレは故障中だと。

 なんだあ、これは。

 少し早めに搭乗ゲートに移動して

 今度は、別のラウンジに入ってみる。

 おお、こちらは空いてる。

 しかも、ビールはカールスバーグの

 生が飲めるではないか。

 ようやくつかんだ心地よさに

 しばし浸りながら

 幸せだった数日間のことを思い出す。

 さて、香港から大阪まで

 最後のフライトは、約3時間強。

 日本時間の午後4時過ぎに

 無事、関西空港に到着する。

 かなり旅客で混雑しているのだが

 パスポートは自動改札登録をしているので

 このような時は、強い。

 全く並ぶことなく、ゲートを通過してみると

 あれ、こんなところに

 デューティーフリーショップがあるではないか。

 本来、免税店は、飛行機の中が最終チャンスであり

 そもそも、空港をたってしまったが最後

 もはや、お土産は買えない

 というのがルールだったはずなのに。

 すぐにウェブでチェックしてみると

 到着時免税店と呼ぶのだと。

 関空の店は、今年に入ってから

 開店したのだと言う。

 新しいもの好きの身としては

 ちょっと寄ってみたい気もするが

 ここまで来て、もう旅行の

 延長としてのお金は使いたくない。

 せめて、売っている物の

 チェックくらいはしたかったのだが

 欲しい物が目の前に現れた時の

 自身の意志の弱さを知っているがゆえに

 やめにして、荷物の受け取りを急ぐ。

 評判の良い関空のこと。

 ラゲッジの到着も、早い。

 最初の荷物が流れ出してから

 わずか5分ほどで、我がスーツケースを受け取り

 ごろごろと転がして税関を通過する。

 ああ、帰ってきたなあ。

 モバイルWi-Fiを返却して

 MKタクシーの受付で名前を告げて

 これで、今回の遠征は、ほぼ終了。

 お疲れ様でした。

 今晩、しっかり眠れますように。

 祈りながら、眠りにつくことにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

2018/05/22(火) チューリッヒ空港。

Zurich180522

 マッチレースジャーマニーが終わり

 きょうは、帰国の日となる。

 クルマでチューリッヒ空港まで

 送ってくれると言うので

 帰りもそれに甘えることにする。

 少し、空港の到着時間が早すぎるが

 海外旅行では、とにかく

 空港にたどり着くことが肝要。

 後は、何があっても帰国することができる。

 往路と同じで、オーストリアを通過して

 チューリッヒの町中に入っていくのだが

 渋滞がひどくて時間がかかる。

 ドイツでは、昨日が祝日だったのだが

 スイスも同じだったのかも知れない。

 だとすれば、休日明けの渋滞と言うことか。

 ボーディングタイムまで、4時間以上あるので

 慌てることは全くないのだが

 人間とはわがままなもので

 やはり、渋滞は、嫌だと思う。

 チューリッヒ空港に着いて、小一時間

 朝食も兼ねて、レストランにて

 ゆっくりと時間を過ごす。

 空港のWi-Fiも完備しているので

 このような時、とても楽に感じる。

 11時前にキャセイのチェックインを済ませ、

 荷物検査とパスポートコントロールを通過して

 搭乗ゲート近くのラウンジに入る。

 このような時、プライオリティパスが、効く。

 冷たいビールをつかんで、適当な椅子に座り

 電源とWi-Fiを拝借しながら

 パソコンにて、ぱちぱちとやる。

 それにしても、ここチューリッヒ空港の

 美しさは、どうだ。

 まずは、そのロケーションからして

 素晴らしく、整然としている。

 広さの割に利用客が少ないのか

 空港内のウィングは、静かで

 なにより、汚れが、見つからない。

 このような時、改めて

 スイスという国を考えてみたりする。

 昨日だったか、アンパイアボートの上で

 ドイツの友人がスイスを語っていた。

 ドイツもスイス同様に

 石と木で建てられた

 古くて美しい建造物がたくさんあったのだが

 ドイツは、戦争で多くが焼け落ちてしまった。

 一方で、スイスは戦争をしていないので

 今でも美しい建物が、残っているのだと。

 なるほど。

 チューリッヒ空港で広々とした滑走路を眺めていると

 スイスの平安な歴史を、少し、感じる。

 さあ、そろそろ搭乗の時間。 

 ラウンジを出て、ゲートに向かうことにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/21(月) ランゲナルゲン城。

Castle180521

 いよいよ、マッチレースジャーマニーも最終日。

 きょうは、決勝シリーズだけなので

 朝の時間には余裕がある。

 ブリーフィング開始時間が1時間遅いので

 食事の時間も1時間ずらしても良かったのだが

 その時間がもったいないので

 いつもの7時に朝食会場へ出向く。

 だが、あれま、まだ開いてない。

 それでは、と 晴天の下

 散歩に出かけてみる。

 まず向かったのは、ランゲナルゲン城。

 正式の名前は、違うのだろうが

 この地の代表的な建物なのだから

 そう呼んでも良いだろうと、勝手に思う。

 この城は、昔、この地のキングが

 自分の娘のために建てたのだと。

 早朝なのに扉は開いていて

 せっかくだから、塔の一番上まで

 行ってみようと目論んだのだが

 塔への階段は、閉まっている。

 一方で、城の地下にあるトイレには

 入れるようになっている。

 それを、なんだか不思議に思う。

 この大会では、ホテルに泊まることがない。

 会場から少し離れた

 ホストファミリーの家のお世話になり

 イベント会場に移動してから食事をとる。

 だから、朝食後のトイレのことを

 過去二大会ではいつも心配してきたのだが

 こんなところにもしっかりトイレがあるのだな。

 今度は変な感心をしてしまう。

 城を出て、ぶらぶらと歩いていると

 地下駐車場があり、おや

 ここにもトイレがあるではないか。

 さらに、町の真ん中に公衆トイレを発見。

 なんだ、今まで気がつかなかったが

 あらゆる場所にトイレがあることに

 今回、ようやく、気づく。

 後刻、地元の人とその話をしてみると

 町を美しく保つためには

 トイレをできるだけ多くの場所に

 設置するに限るのだと言う。

 少し、納得。

 さて、さて。

 本日はファイナルマッチの日。

 微風の中、完遂が心配されたのだが

 このイベントも21年目ともなると

 レース委員長も慣れたもの。

 午後3時過ぎに、決勝マッチを完了して

 由緒ある21回目の

 マッチレースジャーマニーは無事に終了。

 プレスカンファランスとギビングプライズの後

 アンパイアチームの5人で

 いつものように、ワイナリーへ行き

 ランゲナルゲンの美味しいワインを楽しむ。

 大会参加も三回目となり

 みんなと親しくなっていることを、改めて知る。

 嬉しいことだと思う。

 来年も是非、やってきたいもの。

 帰国したら、お世話になった

 みなさんに感謝のメールを打って

 今から少し、お願いをはじめておこう、と思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

2018/05/18(金) 2ユーロのジョッキディポジット。

Euro180518

 昨晩はゆっくり眠れたので

 きょうの朝はすこぶる快調。

 時差ぼけも完全に克服したと思う。

 昨日同様、朝シャワーを浴びて

 6時50分のお迎えクルマに乗って

 まずは、会場にて朝食を取る。

 誰よりも早く朝食を済ませることで

 余裕を持って、レースを迎えることができる。

 このような時、早起きの三文の得が

 あるかも知れない、と思う。

 さて、この朝食の会場となるヒュッテは

 ドイツのビール会社が、会期中だけ

 一時的に建てて運営する。

 ヒュッテのキットのようなものが用意されていて

 大会前に三日位をかけて建てて

 大会後は、わずか一日で解体して

 すべての材料をトラックで運びだして

 臨時ヒュッテは、姿を消すことになる。

 2年前、そのなくなった景色を見て

 とても寂しく感じたことを思い出す。

 本日の出港時間は、朝の8時45分。

 好天と適度な風に恵まれて

 本日はマッチレース11フライトをこなす。

 夕方、雷雨が近づいてきたタイミングで

 本日のレーススケジュールは終了。

 夕方6時過ぎに、帰港する。

 水上の滞在時間は、約9時間。

 日の長いシーズンのマッチレースでは

 よくあることだが、本当に

 長時間、頑張ったと思う。

 陸に戻り、審問をひとつ片付けて

 ようやく、ビールの時間となる。

 運営関係者には、食事とビールのチケットが

 すでに配布されているので

 これで、美味しい生ビールを飲むことができる。

 だが、その際にチケットとは別に

 2ユーロを支払わねばならない。

 これ、ジョッキのディポジット。

 最終的にジョッキを返却すれば

 2ユーロが返ってくる、というもの。

 お代わりの際にもジョッキを持っていかねば

 もう一度2ユーロを払わねばならない。

 ジョッキを持っていけば、もちろん

 新しいジョッキに美味しい生ビールを注いでもらえる。

 確実にジョッキが回収できて

 掃除も楽になる仕組みなのだと思う。

 因みに、こちらにやってきてから

 お金は一銭も使っていない。

 財布から出したのは、この2ユーロのみで

 その2ユーロも、財布に戻ってきている。

 考えてみれば、すっかり

 お世話になっているのだなあ。

 毎日毎日、長時間のアンパイアの仕事は

 楽ではないが、幸せなことだと思う。

 明日はラウンドロビンの残り7フライトの後

 次のステージに入っていくはず。

 良い天気と風に恵まれて

 明日も美味しい生ビールが飲めますように。

 財布に戻った2ユーロを眺めながら

 湖の神様に、祈ってみる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

2018/05/17(木) 今年も、雨のランゲナルゲン。

Rain180517

 時差のせいだと思うのだが

 夜中に何度も目を覚ます。

 1時、2時、3時。

 腕のペブルで時間を確認するたびに

 なんだか、がっかりする。

 習慣というものには

 抗えないものなのだと思う。

 5時に目を覚ましてシャワーを浴びる。

 6時過ぎに部屋を出てみると

 ホストが味噌汁を作って待っていてくれる。

 これは、本当にありがたい。

 日本好きのホストに

 日本流の食べ方を披露しながら

 朝の会話も弾んでいく。

 クルマの迎えの時間が来て、外に出ると

 あれま、本降りの雨ではないか。

 しかも、気温はかなり低い。

 クルマを待つ間に、身体を

 冷やすわけにはいかないので

 バックパックからカッパを出して、着込む。

 レース会場に到着して、いの一番に

 ヒュッテにて朝食を取る。

 ドイツの美味しいパンに

 ハムとチーズを挟んで

 コーヒーで流しこむ感じ。

 集合時間の30分前には

 しっかりスタンバイする。

 屋根を叩く雨音が激しい。

 本降りの雨は、今や

 土砂降りの雨になっている。

 先週の日曜日もそういえば

 土砂降りの奥志摩だったなあ。

 そうそう。

 こちらの友人と話をしたところ

 二年前のこの大会は、雨に祟られたと言う。

 はい。その大会には、自身も参加していたので

 よく覚えていますよ。

 と、もしかすると、雨男なのかなあと

 我が身を一瞬、恨んでいまいそう。

 大会第一日目は、雨のち曇り。

 微風~軽風の中、4フライトのみで終了。

 12チームによるラウンドロビンの完了には

 22フライトが必要なので

 明日、明後日で9フライトずつが必要な計算になる。

 それを思うと、少し気が重い。

 本日のレースを終えて陸に戻り

 ビールを飲んでいると

 空に少し晴れ間が見え始める。

 明日は好天に恵まれるのか。

 そう思うと、元気も出てくる。

 よし。頑張るぞお。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

2018/05/16(水) オーストリア。

Aust180516

 キャセイパシフィックを香港で乗り継いで

 今朝、定時の6時半に

 チューリッヒ空港に到着する。

 ここへ来るのは三回目で

 ちょいと慣れたもの。

 過去の二回は、空港から

 フリードリヒスファーヘンまで

 スイス鉄道とフェリーに

 乗っていったのだが

 今回は、空港までクルマで

 迎えに来てくれると言う。

 鉄道とフェリーの小旅行もまた

 楽しいものなので、この送迎は

 とても嬉しい反面、少し

 さみしい思いもある。

 わがままなのであるな。

 入国手続きを済ませた後

 ともに長旅をしてきた荷物を取って

 到着ゲートに出てみると

 マッチレースジャーマニーのサインを

 掲げたお迎えが待ってくれている。

 このような時、三回に一回くらい

 待ち人来たらず状態に陥るものなので

 まずは、心から安堵する。 ほ。。

 今の時代は便利なもので

 クルマがどこを走っているのか

 グーグルマップで正確にわかる。

 高速道路を中心に目的地に向かうのだが

 おや、このコースで行くと

 オーストリアを通過することになりそう。

 我が人生、オーストリアには入国したことがない。

 若い頃、仕事で行く機会があるぞと

 上司から言われたことがあり

 少し期待したことがある分

 この国には、特別な感情がある。

 スイスとの国境を通り過ぎ

 我が幻のオーストリアに入る。

 このあたりの景色は同じようなものなのだが

 スイスやドイツと比べて

 美しく感じてしまうのだから

 人間の感覚は不思議だと思う。

 オーストリアの通過時間は、わずか15分程度。

 気づかぬ間に、ドイツに入国している。

 朝の9時過ぎ。

 ヨットレースの会場である

 ランゲナルゲンに到着。

 ホームステイの家に入れるのは

 午後4時半からなので

 しばらくは、プレスセンターで

 時を過ごすことになる。

 天気は、雨。

 この地の雨は、とても冷たい。

 明日からの天気が思いやられるが

 地元の人の情報によると

 天気は良くなる一方で

 気温も同様に上がり続けるのだと。

 本日の気温は摂氏10度程度だが

 大会会期中は、20度以上なのだと。

 この言葉は、信じたい。

 ともあれ、たっぷりとある時間を

 旅疲れを癒やす時間に充てようと思う。

 目を閉じれば、眠りそう。

 今夕からイベントは始まるので

 それまで、とにかく、休むことにしよう。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

2018/05/15(火) アメフト反則行為。

Breachr180515

 朝5時にしっかり起床。

 窓の外は明るく、夏至に向かって

 季節が動いていることを知る。

 6時半に家を出て、フィットネスへ。

 気持ち良く、汗を流すのだが

 ランニングの際のテレビでは

 アメフトの違反行為が、何度も何度も

 画面に映し出される。

 昨日来、テレビでも新聞でも

 ニュースになっているのだが

 こうして、動画映像で見てみると

 重大な反則行為のように映る。

 セーリングでもそうなのだが

 故意の反則行為は許されず

 重いペナルティもしくは

 不正行為として、別の裁きを受けることがある。

 さらに、アメフトの場合には

 人体への深刻な悪影響が起こりうる。

 二年ほど前に『Concussion』と言う映画を観たが

 その中では、アメフトの元名選手が、後年

 脳の深刻な障害で苦しむ姿が主題となっていた。

 映画『青春の蹉跌』では

 主人公はラストシーンのアメフトの試合で

 首の骨を折るような設定だったと思う。

 あれだけの防具を着けていても

 接触の際の衝撃を完全に防ぐことはできず

 逆説的に言えば、だからこそ

 あれだけの防具を着けているのだろう。

 アメフトは、門外漢なので

 自分自身の確固たる意見はないのだが

 少なくとも、故意の危険な反則だけは

 発生しないよう、徹底して欲しいと願う。

 その上で、学生のスポーツなのだから

 お互いに許し合える環境を

 作り上げて欲しい、とも願う。

 さて、さて。

 きょうは、夕方からドイツへ向かう。

 二年ぶりのランゲナルゲンには

 少し、期待で胸がときめく。

 あまり寒くありませんように。

 雨に降られませんように。

 とにかく、寒さだけは勘弁して欲しい。

 そう、神様に祈りながら

 旅の最後の支度を進めていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

2018/05/14(月) 膨らんだライフジャケット。

Pfd180514

 三日間の奥志摩遠征から昨日戻り

 今朝は、若干疲労が残っている。

 明日の午後から1週間の

 ドイツ遠征に行くこともあり

 大事をとって、きょうの朝トレはお休みにする。

 しかし、考えてみれば

 朝トレへ行って、何が困るわけでもなし。

 行けば良かったなあと

 朝っぱらから反省している自分がいる。

 とほほ。

 せっかく朝の時間ができたので

 週末の後片付けを開始する。

 これには、いろいろあり

 ワールドセーリングへのレース成績報告や

 公式ウェブサイトへの成績掲出

 精算見積もりの作成等々。

 それにもちろん、衣服の洗濯もある。

 また、これは後片付けではないのだが

 ひとつイベントが終わったので

 次のイベントの案内も発信することになる。

 そんなことで、多忙な午前中を過ごす。

 さらに、もうひとつ、昨日のこと。

 日曜日のレースがすべて終わって帰港して

 ストーブの前で膨張式のライフジャケットを

 バックパックにしまった瞬間

 ボン!っと膨らんでしまったのであるな。

 バックパックの中で膨らんだので

 それを取り出すのにも苦労したのだが

 いずれにしても、一旦膨らんでしまった

 膨張式のライフジャケットは

 ボンベとセンサーを取り替えなければ

 もはや、なんの役にも立たない。

 一連の後片付けの後、それを思いだし

 今一度、ライフジャケットを口で膨らまして

 全体のチェックを済ませてから

 ウェブサイトでボンベとセンサーを購入する。

 送料も思いのほか高く

 総額で2,050円だと。

 口で膨らましたライフジャケットの空気を

 今一度排出して、折りたたんで

 入れ物に、しっかり格納する。

 ボンベセットが、明日の

 早い時間に宅急便で届けば

 セットしてからドイツへ向かうことができる。

 このようなトラブル系は

 できるだけ早く、片付けておきたいもの。

 さて、午後から西宮へ映画を観に行って

 夕方からは、いよいよ本格的に

 明日の支度に入っていく。

 お土産類もほぼ買いそろえて

 これで準備も万端か。

 海外用のWi-Fiが宅急便で届き

 明日の迎えの時間を

 MKタクシーからの電話で知らされる。

 日がすっかり長くなり、暗くなるまでは

 まだまだ時間はありそうだが

 そろそろ、本日の

 ビール晩酌を始めることにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

2018/05/11(金) 牛清のお弁当。

Gyusei180511

 きょうから奥志摩。

 土日の二日間、ヨットの

 マッチレースを開催するので

 前日の準備をしなければならない。

 朝トレへ行って、適度に汗を流し

 いつものようにコーヒーショップで

 モーニングコーヒーを飲んでから

 一旦帰宅の後、クルマで出発する。

 名神高速、新名神ともに

 ほとんど渋滞は、なし。

 スムースに志摩ヨットクラブに到着する。

 ちょうど昼時に着いたので

 まずはランチタイムにしよう。

 コンビニ弁当を検討するが

 そういえば、近くに牛清(ぎゅうせい)という

 肉屋があり、そこでも弁当を売っていると言う。

 コンビニ弁当よりも上質だとの評判なので

 ここは、ちょいと足を伸ばして牛清へ。

 窓口でいろいろな弁当をオーダーできるが

 既成でできあがった弁当もある。

 きょうは、その既成弁当を買ってみる。

 主菜、副菜が小分けになっていて

 昼からのビールに合いそう。

 志摩ヨットハーバーにて

 生ビールと一緒に、いただく。

 美味いではないか。

 とても満足して、昼からの仕事に

 とりかかることができる。

 本日の準備には、いつも以上に

 多くの人が参加してくれたので

 作業はあっという間に終了する。

 夕方からハーバーのBBQコーナーにて

 友人たちと、トンシャブで楽しい会食。

 いつものように、しっかり飲んで

 すっかり酔っ払って、眠ることになる。

 明日の朝は、多分、二日酔いか。

 天気は上々の予定。

 楽しい二日間になりますように。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

2018/05/10(木) 道具屋筋。

Doguyasuji180510

 週末が近づいてきて、少し、焦る。

 ここのところの傾向として

 夜見る夢の内容が、あまり芳しくない。

 それもこれも、その焦りに

 起因しているのかも知れない。

 だが、焦ってばかりいてもしかたないので

 朝起きて、さあ、きょうは

 どこに行こうか、と考える。

 ウェブで調べてみると

 ほほお、なんば花月に空きがあると言う。

 本日午後2時半からの

 よしもと公演のチケットを購入して

 昼前に家を出発する。

 阪神電車に乗って、大阪難波まで。

 よしもとの公演まで、まだ時間があるので

 久しぶりに道具屋筋を

 散策してみることにする。

 ここは、面白い。

 本来は、飲食店の出店のための

 ありとあらゆる道具が揃った商店筋なのだろうが

 一般客のための、楽しい

 散策ルートになっていると同時に

 昨今では、海外からの観光客ルートの

 ひとつにもなっている模様。

 南北に早足で歩けば

 5分程度の短い筋だが

 ゆっくりと店をひやかしていると

 あっという間に小一時間が経っている。

 不思議な場所だなあ、と思う。

 その後、なんば花月で公演を楽しんで

 帰宅すれば、もう空も暗くなっている。

 さあ、明日から志摩へ。

 長い長い遠征の始まりとなる。

 冷たいビールを飲みながら

 明日の支度を進めていく。

 毎日、毎日、有意義な日々があることを

 とても幸せに思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

2018/05/09(水) 玉突き(追突)事故。

Accident180509

 ここのところ、政治絡みの話で慌ただしい。

 国際的には、北朝鮮の核放棄と

 南北統一の可能性が見え隠れして

 それに伴い、アメリカだ中国だ韓国だ

 そして日本も、一生懸命に

 キャッチアップさせられているように見える。

 また、今まで世界をリードしていたはずのアメリカが

 トランプ大統領の暴走で、なんだか

 脱輪しまくっているように思えるし。 

 一方で国内では、あれやこれやと

 政府与党の失態が発覚して国会は空転。

 ようやく、収まりそうな気配を

 見せ始めているものの、

 根本的解決には、ほど遠いように思う。

 今朝の朝日新聞の社説では

 麻生財務大臣の無責任コメントを

 徹底的に叩いている。

 ああ、どうなってしまうのか。

 所詮、人間社会などというものは

 壊れやすく不安定な橋の上を

 かろうじて歩いているようなものかと

 改めて、思う。

 きょうは、朝トレの後

 久しぶりに整形外科に行ってみる。

 今週末から3週間の遠征続きになるので

 このあたりで、一度、腰と首を

 調整しておくべきなのだな。

 1時間のリハビリを終えてとても快調。

 その後、西宮へ映画を観に行って

 都合の良い場所で、ヨットルールの

 判例集を読み込んで勉強しているうちに

 気がつけば夕方の時間となる。

 さて、さて。

 家に帰ってみれば、あれま

 マンション前の国道2号線で

 乗用車3台による、玉突き(追突)事故が発生。

 救急車、パトカーがサイレンとともに集まり

 さらに、スピーカーによる逼迫した音声が伴う。

 我が家の二重窓を突き抜ける

 大音響には、驚く。

 せっかくの機会なので

 階上からじっくりと現場を見下ろしてみる。

 先頭車両は、被害が一番小さい模様。

 一番被害が大きそうなのは最後尾の車両で

 エアバッグが膨らんでいるのが見える。

 乗員がいないところを見ると

 すでに、救急車で運ばれたのかも知れない。

 おっと、これ、決して

 興味本位で眺めているのではなく

 我が身に降りかからぬように

 注意深く、事態を掌握しているのであるな。

 事故のためにできた渋滞もひどい。

 発生から1時間半が経った頃

 ようやく先頭車両が自力で走り去り

 さらに30分後に、後方の2台が順に

 レッカー車で引っ張られていく。

 これで、事故処理は一件落着。

 流れ出したクルマを眺めながら

 涼しい風の吹き込む、二重窓を閉じる。

 テレビを付ければ

 CS放送にて巨人-阪神戦。

 我が家には事故はなく

 きょうも穏やかな夜の時間が過ぎていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

2018/05/08(火) JR神戸駅。

Kobest180508

 気分良く目を覚まして

 きょうは、朝トレへ行く。

 天気は今ひとつなようだが

 気温は、比較的、高い様子。

 半袖のポロシャツ一枚だけ着て

 朝6時半に家を出発する。

 小さな荷物の中に

 ヨットレースのコールブックを入れていく。

 来週早々、ドイツへ行き

 マッチレースジャーマニーに

 アンパイアとして参加する。

 レベルの高いヨットレースゆえに

 事前の準備と勉強が必須なのであるな。

 電車の中など、時間があるときに

 とにかくコールブックを読み込んで

 少しでも学習して、本番に臨みたいと思う。

 来週以降、とても忙しくなることもあり

 きょうは、ばたばたの一日となる。

 まずは、大阪市内に出て、散髪。

 そうこうしているうちに、ドイツからメールが届き

 チューリッヒ空港到着後の諸段取りを知らされる。

 現地では、今回もホームステイとのこと。

 そうであれば、手土産くらいは用意せねば。

 慌てて大阪から神戸へ移動して

 お土産を物色して歩く。

 歩いたルートは、元町駅から神戸駅まで。

 神戸と一言で表現してしまうものだが

 実は、神戸と言っても東西に広がっている。

 昔、神戸と言えばJR神戸界隈が中心だったが

 それが、東方に移動して、元町が中心になり

 さらに、移動して、昨今では三宮が

 神戸の中心となっている。

 そのような経緯があるせいか

 本来の神戸らしい味わいは

 元町駅から神戸駅のルート上に

 多く見つけることができる。

 そうそう、余談になるが

 今から25年ほど前のこと。

 新幹線の新神戸駅を

 活性化したいとのオファーを

 仕事で請け負ったことがあった。

 『それなら新神戸駅の名前を

 神戸駅に変えればいいではないですか。』

 社内会議のブレストで得意になって発言したが

 当時の上司から、即時、却下されたことがある。

 確かに現実的ではない提案かもしれないが

 今でも方向性に誤りはないと確信している。

 さて、ドイツへのお土産を購入して

 JR神戸駅から芦屋に戻る。

 はて、もしも提案が通ったとして

 新神戸駅が神戸駅になったのであれば

 こちらの神戸駅は、何という名前になったのか。

 そんな愉快な空想をしながら、帰宅する。

 家に帰ってみれば、ドイツから

 さらに追伸が届いている。

 そのやりとりをしていると、なんだか

 ドイツ行きが、とても楽しみになってくる。

 きょうは、たくさん歩いたせいか、喉が渇く。

 来週以降の楽しみとともに味わう

 晩酌の冷たいビールが

 とても、美味い。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

2018/05/07(月) 連休明けの土砂降り。

Weather180507

 ゴールデンウィークの連休が終わり

 普通の人たちは、きょうから仕事を再開する。

 窓の外は、雨。

 しかも本降り。

 そういえば、夜中の雨の音に

 何度か目を覚ました記憶がある。

 それがまた、悪い夢にも結びついたようで

 寝起きの調子は今ひとつだと感じる。

 きょうは朝トレをさぼって

 午前中は家の中で少しゆっくり過ごす。

 とは言っても、来週から凄まじく忙しくなるので

 その準備に追われてしまう。

 まずは今週末は志摩でヨットレースがあり

 帰宅すれば、いざ、ドイツに出発する。

 ドイツから帰れば、その翌日

 ハワイへ出かけることになっている。

 ハワイから帰ったその日に

 岐阜へ行って、翌日はゴルフ、とまあ

 これ、凄まじく忙しいと表現しても

 きっと許されるだろうと、思う。

 さて、きょうは昼前に大阪市内に出かけて

 友人とひとときを過ごす。

 午後からフグでも食べようと思ったのだが

 なんと、お目当ての太政千日前店は

 月曜日がお休みなのだと。

 そんなの聞いてない。

 では、日本橋の店に行ってみたのだが

 いつの間にやら、閉店となっている。

 天下の太政も、どうやら昨今の

 若い人たちの人気には

 合致しなくなっているのかも知れない。

 結局、寿司屋でランチタイム。

 これはこれで、お値段も含めて、満足、満足。

 心身ともに満たされて、店を出る。

 だが、それにしても、この激しい

 土砂降りの雨には降参。

 叩きつけるような雨に打たれながら

 地下街の入り口へ、逃げ込む。

 電車に乗って、家に帰りついて、ほ。

 きょうの一日も終わっていく。

 家の中でちびドローンを飛ばして遊んで

 ポップコーンをレンジでチンして

 冷たいビールを飲みながら

 幸せな時間を過ごしていく。

 みなさんお疲れさまでした。

 おやすみなさい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

2018/05/04(金・祝) 増上寺と東京タワー。

Tower180504

 さあ、きょうから上京。

 品川のホテルに泊まり

 明日、明後日は、秩父へ行き

 毎年恒例の三峯神社に登拝する。

 新幹線に乗って、品川で下車。

 東京に着くと、人混みに参る。

 東京生まれの東京育ちなのだが

 住みやすい関西に30年もいると

 もはや、東京の人混みには

 耐えられないのだなあ。

 きょうは、半日時間があるので

 そうだ、東京タワーを観に行ってみよう。

 今から25年程前、仕事が変わって

 朝日放送を担当することになり

 芝公園に日参していたことがある。

 だから、増上寺と東京タワーには

 特別な思いがある。

 そうそう。

 4月の花見の頃には

 増上寺の境内で、昼からビールを飲んで

 増上寺と東京タワーが作り出す

 人造の絶景を楽しんだもの。

 ひさしぶりに来てみる増上寺は

 その頃を思い出させてくれる。

 あの頃、一緒に遊んだ人たちも

 今はリタイヤして、毎日を

 楽しんでいるのだろうなあ、と想像する。

 東京タワーは、今や、スカイツリーに

 その主役の座を譲ってしまったかのように

 語られるが、そんなことは、ない。

 赤く美しく、屹然とたたずむ鉄塔は

 何年経っても色あせることはないのだと確信する。

 綺麗だなあ。

 立派だなあ。

 満腹の思いで、彼の地をあとにする。

 品川に戻り、生ビールとともに

 夕飯を食べ、きょうの一日も

 おしまい、となる。

 幸いなことに、天気は良さそう。

 秩父の三峯山も最高だろうな。

 美しい山肌を想像しつつ

 品川のホテルの一室で

 コンビニで買ったビールの

 晩酌が進んでいく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

2018/05/03(木・祝) 高座の滝ロックガーデン。

Rockgarden180503

 きょうからGWは後半に入る。

 テレビによると、高速道路の下り線では

 かなりの渋滞が発生していると言う。

 昔と違って余裕ができた、とは言え

 やはり、働く人々にとっては

 GWこそが、年内でも数少ない

 貴重な連続休暇なのだと知る。

 GWとは関係なく、木曜日なので

 フィットネスはお休み。

 だから、早朝はもちろんのこと

 以降の時間も、トレーニングとは

 無縁の一日となる。

 そこで、ちょいと散歩を考える。

 家から徒歩40分ほど歩けば

 芦屋ならではの観光場所

 高座の滝へ行けるのであるな。

 風は強いものの、天気は良し。

 適度なハイキングの気分で

 高座の滝へ、歩いて行く。

 概ね、想定時間内に滝までたどり着き

 きょうは、その先まで登ってみる。

 足場は決して良くないが

 高座の滝の上流を見つけて

 さらに、美しく白い岩肌の

 ロックガーデンは、背景に

 大阪湾の海も見下ろして

 絶景を演出する。

 少し疲れたが、やはり

 ここまで来て良かった、と思う。

 足下に注意しながら、滝まで降りて

 お茶屋さんでおでんを食べる。

 帰りのための体力を取り戻して

 さあ、下り道を歩いて帰ろう。

 道路を下っていくと、おや

 前方から堂々と歩いてくるのは

 イノシシではないか。

 このような時、奈良の鹿と同じにはできない。

 猪突猛進で知られるイノシシゆえに

 攻撃でもされようものなら

 ひとたまりもないだろう。

 できる限り静かにやり過ごす。

 少しだけ怖い思いもしたが

 それも、芦屋川上流ゆえの

 貴重な体験なのだと思う。

 さて、さて。

 明日から上京。

 品川で一泊の後

 毎年恒例の三峯神社へ登拝する。

 今年は奥宮まで行ってみようか。

 いろいろなことを考えながら

 本日のビール晩酌を楽しもう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

2018/05/02(水) マリーナの雀。

Sparrow180502

 朝起きて、今朝はまず、窓の外を見る。

 天気予報によると、きょうから

 天気は崩れるのだと。

 昼過ぎから本格的な雨になり

 今夕から明日にかけて

 強風が吹くのだと言う。

 ここのところ、週末のヨットレースが

 強風のために中止になっているが

 GWまっただ中の3日~5日のレースも

 開催は簡単ではないかも知れない。

 とは言え、きょうは友人のヨットを

 西宮から淡輪まで回航することになっている。

 悪天候予報であまり気乗りはしないのだが

 支度を済ませて、家を出る。

 新西宮YHへ行き、友人と会い

 きょうの回航同行から解放されることに。

 役に立てなくてごめんなさい、という気持ちと

 ほっとする気持ちが交錯する。

 昼前にハーバーの桟橋で

 離岸してゆく友人夫妻を見送って

 なんだかきょうの仕事が

 終わったような気持ちになる。

 その後、ハーバーの桟橋前で

 少しゆっくりしていると

 おや、雀が飛んでくるではないか。

 しかも、食べ物でも欲しがっているのか

 かなりの至近距離に、とどまる。

 どうやら、人に慣れている様子。

 ヨットハーバーでは、いつもヨットのことを

 考えるばかりなので

 こんなことに気づくこともなかったなあ。

 実はここは、雀が集まる場所として

 みんなが知っている場所なのかも。

 曇天の空の下、しばし

 雀の接近を楽しんでいるうちに

 ぽつり、ぽつり。

 ああ、ついに予報通りに雨が降ってきた。

 慌ててクラブハウスに戻り

 本降りになった雨の中

 バス停まで小走りにて移動する。

 帰宅後は、なんだか疲れたので

 午睡をむさぼる。

 GWの疲れが出ているのだろうか。

 働くのも遊ぶのも、どちらも

 疲れるものなのだと思う。

 さて、明日からGWの後半に入る。

 毎年恒例の三峰山参拝にも行く予定。

 明日からのヨットレースに

 参戦するみなさんには申し訳ないが

 嵐は一気に行き過ぎて

 後は好天に恵まれますように。

 思い切り、祈らせてもらうことにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

2018/05/01(火) 標準時の変更。

Standardtime180501

 4月もいろいろあったなあ、と

 思っていたのもつかの間

 きょうから2018年の5月となる。

 いつも月日の経つ速さに驚くが

 その分、季節の移ろいに合わせて

 気温はしっかり上がっているのだから

 文句の言いようもないのだと思う。

 GWの合間の週日なので

 フィットネスは通常営業日。

 いつものように朝トレへ出かける。

 ロッカールームでは、背広姿が目立つ。

 自分自身の現役時代もそうだったが

 GWの合間の週日は、休むことができず

 多くの人が、仕事に出るのだなあ。

 しかし、そのようなことも、当時は

 全く苦にならなかったことを思い出す。

 ワーカホリックというやつか。

 それとも、やはり仕事が好きだったのか。

 実のところ、後者だったのだと思う。

 さて、家に帰ってゆっくり新聞を読む。

 きょうの我が関心は、北朝鮮が

 今月の5日から標準時を変えるというニュース。

 標準時はその国が勝手にやることなので

 もちろんなんの文句もないのだが

 今から3年前に30分の時差を作り

 それをすぐに改正できるところが

 ある意味、すごいと思う。

 今から4年ほど前に、ウラジオストックが

 ローカル時間を1時間変更したことがある。

 その際に混乱しないのか

 とロシアの親しい友人に尋ねたところ

 何度も変えているので、もはや

 混乱はないのだと、自嘲気味に

 話してくれたことを思い出す。

 まあ、人の国のことだし

 自分が渡航することもなさそうなので

 この際、これ以上考えるのはやめよう。

 さあ、明日は友人のヨットで

 西宮から淡輪までクルーズの予定。

 だが、天候は雨天曇天。

 しかも風は前から吹いてくる予報になっている。

 ヨットの場合、いつもいつも

 快適なクルーズとは限らない。

 でも、やっぱり晴れて欲しいなあと

 ほとんどダメモトで、海の神様に

 手を合わせている自分がいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/30(月・祝) 大桝公園。

Ohmasu180430

 きょうで今年のGWの前半が終了か。

 まあ、サンデー毎日の身には

 実感はわかないのだが

 テレビの交通情報によると

 そういうことらしい。

 明日から二日間の平日を挟んで

 GWは、四日間の後半に入っていく。

 もちろん、休暇の取れる人は

 9連休を前提に、海外等で

 すでに楽しんでいるのだと思う。

 一方、実感のない身とは言え

 GWでは、多少の影響を受ける。

 周囲にイベントが発生するので

 それに参加させてもらうことになる。

 だから、いつもより、出番も増える。

 おかげさまで、とても幸せなことなのだが

 寄る年波にはかなわず、少し、疲れる。

 で、きょうは、家でゆっくりと過ごす。

 だが、せっかく天気が良いので

 郵便局に留め置きの書留郵便を

 わざわざ取りに行ったり

 家の近場の公園に出かけたりする。

 我が家の周りには、三つの町が

 西から東に並んでいる。

 公光(きんみつ)町、大桝町、茶屋之町。

 その各々に公園が一つずつ、ある。

 中でも一番広いのが

 大桝町にある大桝公園。

 たくさんの遊具があり

 また、広い地面を使って

 自転車の練習をしている子供たちや

 親子でボール遊びをしている姿も見える。

 今の季節、美しい花壇が目の保養にもなる。

 使うことは、ないが、

 しっかりトイレも設置されていて

 さすが芦屋の公園だなあと

 変なところに感心してみたりもする。

 公園内の平和な光景をしばし楽しみ

 ゆっくりと帰宅する。

 晩飯は、大好物のトンシャブ鍋。

 ビールを飲んで、鍋を食べて

 美味しいご飯で仕上げとなる。

 ああ、幸せ。

 明日は、朝トレで汗を絞って

 怠けた身体を少しいじめよう。

 と、考えているうちに

 心地よく、睡魔に襲われていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

2014/04/27(金) 鈴鹿サーキット。

Suzuka180427

 曇天の朝。

 昨晩、少し夜更かししたのと

 きょうは、朝から外出予定で

 はなからフィットネスへは

 行くつもりがなかったので

 ゆっくり6時半に布団から起き上がる。

 夜中に見た夢の内容も芳しくなく

 それも、寝坊の要因に

 なったのかも知れない。

 ほんっと、悪い夢というのは

 元気をなくすものだと思う。

 きょうの行き先は、志摩YH。

 だが、その前に鈴鹿サーキットへ

 行ってみようと、決めていた。

 鈴鹿サーキットは若い頃

 仕事で何回か訪れたことがある。

 だが、いわゆる遊園地『モートピア』には

 足を踏み入れたことがない。

 ウィークデーですいているとの情報もあり

 ならば、と、行ってみることにしたのであるな。

 クルマで走ること約2時間。

 駐車場に着いてみると

 なるほど、連休前の週日は

 嵐の前の静けさのようなものか。

 がらがらに空いている様子。

 実際に園内に入ってみても

 あらゆるアトラクションにおいて

 並ぶ必要が、ない。

 これは、ストレスがなくて、良い。

 子供のように遊びまくり

 本日のモートピアでの半日が終了する。

 夕方3時過ぎに、鈴鹿サーキットを出て

 目的地である志摩YHへ向かう。

 ビールを飲んで、ゆっくりと過ごし

 ああ、今週も終わったな、と思う。

 明日から本格的にGWが始まる。

 楽しく有意義な日々になりますように。

 また、元気に過ごすことができますように。

 改めて、厚かましい祈りとともに

 我が神様に向かって手を合わせる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

2018/04/26(木) 山口達也メンバー。

Member180426
 月、火、二日間の飲み過ぎも収まり

 比較的、元気に目を覚ます。

 まずは、マンションの一階まで新聞を取りに行く。

 新聞は、ニュースのプライオリティを

 読者に知らせてくれるので

 とてもありがたいと思っている。

 それを偏りと呼び、新聞の論調で

 世論が動くと言う人もいるが

 それは、各々の読者が、慎重に

 読み解けばよいのだと思う。

 さて、今朝の新聞は、第一面に

 「山口達也メンバー」の強制わいせつによる

 書類送検のニュースが載っているではないか。

 ところで、この呼称の「メンバー」とは何なのか。

 ずいぶん前のこと、稲垣吾郎が

 交通事故を起こした際に、メディア上に

 「稲垣メンバー」と言うヘンテコな呼称が現れて

 困惑したことを思い出す。

 また、会社の部下が会議にて

 この「メンバー」の呼称で報告したので

 それを制した記憶もある。

 今回は、その「稲垣メンバー」を判例にした

 措置なのだと推察するが

 やはり、ひどい違和感を覚える。

 言葉は、時代とともに

 感じ方が変わってくるはずだが

 「メンバー」には、そもそも

 呼称に使うべき、正しい意味合いも

 必要性も、ないのかも知れない。

 もし、悪人に聞こえないようにする

 メディア側の配慮なのだとすれば

 朝日新聞さん、間違っていますよと

 叱りの言葉を伝えたくもなる、が

 ま、いっか。

 さて、さて。

 きょうは、高校から大学時代の友人と

 北新地でランチタイム。

 昼前に出発して、何十年ぶりに再会する。

 しかし、昔ながらの友人、知人は

 いつ会っても、すぐに打ち解けるのが良い。

 楽しい2時間ほどを過ごして

 また、会いましょうとお互いに声をかけて

 本日のランチは解散となる。

 因みに、今回会食で使ったお店は

 サラリーマンの現役時代に仕事で良く使った。

 そもそも、放送局の偉いさんに

 連れてきてもらったのが

 最初だったと思うのだが、きょうは

 その放送局の少し若い友人と店内で出会う。

 こちらも嬉しい、ひさしぶりの再開。

 先方は仕事中で、邪魔はできないので

 一言、二言だけ、近況を伝えて、

 お互いの健康を祈念しながら

 店先にて、お別れする。

 昼から生ビールを飲んだこともあり

 とても幸せな気分で帰宅する。

 明日は、奥志摩へ行く予定。

 天気が良くなりますように。

 祈りながら、家飲みビールが

 始まっていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

2018/04/25(水) 神戸屋レストラン芦屋店の閉店。

Kobeya180425

 かなりきつい二日酔い状態にて目を覚ます。

 そう言えば、昨日はヨットに乗りながら

 朝からビールをやってしまったのだな。

 さらに、帰宅後も飲み続け

 今朝の不調に至る、という感じか。

 だが、このままだらけていても

 体調の回復は望めない。

 しっかり朝トレへ行き、汗を流して

 体調を整えることにする。

 朝トレ後の一連のルーティンを済ませてから

 もう一度西宮ヨットハーバーへ行き

 ヨットの後片付けの予定だったのだが

 友人から電話があり、人手が足りているので

 来るには及ばない、とのこと。

 ちょっと残念、少し、ほ。

 では、懸案事項を一つ片付けることにする。

 ここのところ、面倒だなあと思っていたのは

 フィリピンへの国際送金。

 今時、多額の振り込み料を支払って

 国際送金する愚を認めたくないのだが

 先方がそうしてくれと言うのであれば

 抗うわけにもいかない。

 家からゆっくり歩いて、

 但馬銀行の芦屋北店へ行く。

 その道すがら、おや、神戸屋レストランの

 芦屋店が3月末で閉店したのだと。

 へえ、知らなかった。

 そんなに頻繁に利用した記憶はないが

 おしゃれな食事のできる場所として

 家族で何度か使ったことがある。

 張り紙によると、27年間お世話になりました、とある。

 長い期間だとも思うが、

 考えてみれば、阪神大震災が23年前なのだから

 その少しだけ前に開店したことになるのだな。

 人生の時計の進む速さに改めて驚きながら

 家族で来た、神戸屋のことを思い出す。

 さてさて。

 但馬銀行で目的を済ませて

 きょうの午後は阪急西宮北口へ映画を観に行き

 帰ってくれば、はや、夕方となっている。

 きょうも一日、幸せでした。

 神様に感謝しながら、ま、冷蔵庫を開けて

 冷たいビールを飲むことにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/24(火) 青井荘。

Aoi180424

 きょうは、民宿『青井荘』にて、目を覚ます。

 楽しかった昨晩の夕食を思い出し

 幸せ気分で、るんるんな朝を迎える。

 だが、天気は雨。

 そういえば、ここのところ晴天続きだったのだから

 雨に降られるのもしかたなし。

 諦めながら、雨支度を始める。

 ここ民宿『青井荘』は

 目の前にヨットを泊められるのが、良い。

 また、食事が素晴らしく

 天然のヒラメに始まり

 絶品の海の幸が、続く。

 さらに、朝食もグッド。

 お腹いっぱいになって

 きょうは、西宮までの航海となる。

 界隈にはコンビニ等は一切ないので

 昼飯用におにぎりをお願いしたのだが

 昨晩のたこ飯を握ったのだから

 お代は要らないと言う。

 なんとも嬉しい話ではないか。

 民宿前にたむろするネコたちにも

 お別れの挨拶をして、さあ、出港。

 雨に降られるのは、つらいのだが

 ヨットは、明石海峡の連れ潮に乗って

 きわめて順調に走っていく。

 ヨットの機走性能から想定すると

 ともすると、夕方着くらいになるかと思ったが

 3時前には、西宮に到着。

 ハーバーでシャワーを浴びて

 旅の疲れを取ってから、帰宅する。

 家に帰って、ビールを飲んで

 楽しかった月、火の二日間を思う。

 週末からは、いよいよGWに突入か。

 サンデー毎日の身にしてみれば

 混雑するだけの日々でもあるが

 やはり、世の中が賑わうことは

 歓迎しなければいけない、と思う。

 みなさんにとって、

 素晴らしいGWになりますように。

 そして、そのご相伴にあずかれますように。

 図々しいことを考えながら

 本日の晩酌が進んでいく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

2014/04/23(月) 公楽食堂。

Kohraku180423

 高松のホテルにて起床。

 きょうは、友人のヨットを

 高松から西宮へ運ぶお手伝い。

 その初日のレグで、姫路沖の

 男鹿(たんが)島までの航海となる。

 出港予定は、朝の9時。

 その前に、しっかり支度を済ませなければ。

 大切なのは、なによりも朝食。

 ホテルにて割引チケットを購入して

 すぐそばの『公楽食堂』へ行く。

 朝7時に店に入ろうとすると

 なんと、満席だと。

 ほほお。

 人気の店なのだな。

 仲間4人一緒の席は望めず

 ばらばらに分かれての朝食となる。

 500円の値段は決して安くはないが

 内容的には、十分に満足のゆく朝食となる。

 さて、朝食を済ませて

 準備万端にて、出港する。

 天気は晴天。

 気温もほどほどに高く

 最高のセーリング日よりとなる。

 小豆島の沖合を通り

 本日の目的地である男鹿島には

 午後3時過ぎに到着。

 民宿『青井荘』にて

 風呂に入って、ビールを飲んで

 楽しく充実した一日が終わっていく。

 本当にヨットというのは

 幸せな遊びだなあ、と思う。

 友人たちにも感謝して

 さあ、明日は西宮へ向けて

 もう一日、セーリングだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

2018/04/20(金) 開聞岳。

Kaimon180420

 指宿のホテルにて、起床。

 当然のように、朝風呂に行き

 指宿温泉の快適な湯につかる。

 その後、旅館の美味しい朝食をいただき

 朝8時過ぎに、本日の観光に出発する。

 最初に訪れたのは、砂蒸し風呂。

 これ、生まれて初めての体験となる。

 浴衣に着替えて、海岸へ降り

 用意された砂地の寝床に横たわり

 スタッフの人に、スコップにて

 温かい砂をかけてもらう。

 全身が砂に埋まり、これは快感。

 だが、数分経つと我慢できなくなり

 10分くらい経過したところで

 ギブアップして、砂から飛び出す。

 汗びっしょりで砂だらけの身体を

 シャワーで清めて、これで

 最初のイベントは終了する。

 その後、絶景の露天風呂に入り

 開聞岳の周りをクルマで走り回って

 次から次へ、観光地を訪れていく。

 そこで気がついたのは、

 鹿児島南部の観光と言うのは

 要するに、どのように

 開聞岳の美しさを楽しむのか。

 例えば、きょうは、東側から開聞岳を拝み

 その後、開聞岳の三合目まで上がって

 下から開聞岳を見上げ

 ぐるりと回って、今度は北側から

 美しく毅然とした開聞岳を眺める。

 さらに、池田湖畔からも

 景観の中心に鎮座するのは

 常に開聞岳なのだなあ。

 本日の観光は、最後に

 鰻池の温泉を訪ね、ついでに

 温泉にも浸かったところで完了するが

 主役はまごうことなく

 開聞岳だったのだと思う。

 さあ、明日は鹿児島旅行の最終日。

 旅館を早めにチェックアウトして

 鹿児島市内から桜島にフェリーで渡り

 まだ見ぬ東エリアの

 鹿児島観光を楽しみたいと思う。

 旅館の料理に舌鼓を打ち

 今一度温泉に入り、

 もちろん、冷たいビールを飲んで

 鹿児島の最後の夜を楽しむとしよう。

 おやすみなさい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木)

2018/04/19(木) 知覧特攻平和会館。

Sankaku180419

 きょうから二泊三日で鹿児島旅行。

 朝4時45分にMKタクシーの迎えが来る。

 だから、今朝は4時に起床。

 シャワーを浴びてしっかり目を覚まして

 さあ、鹿児島に向かって、GO!

 晴天下、まずは、関空に。

 関空からピーチに乗れば

 1時間ほどで鹿児島空港に着く。

 バスに乗って鹿児島中央へ。

 鹿児島市内を2時間半ほど散策して

 昼前の『いぶすき宝箱電車』に乗って

 本日の宿泊地である指宿へ向かう。

 指宿駅前のトヨタレンタでクルマを借りて

 これで、今回の旅行のスタイルが、固まる。

 クルマに乗って、最初に向かうのは、知覧。

 そもそも、知覧特攻平和会館が

 鹿児島旅行の一番の目的地だった。

 下道をスムースに走って

 小一時間で知覧に到着。

 敷地内にある練習飛行機と

 ハヤブサの前で写真撮影をした後

 知覧特攻平和会館に入場する。

 生まれてから60年間と少し

 第二次世界大戦の話は、長きにわたり

 教えられてきたはずだが

 改めて、特攻という、愚かにして

 崇高な歴史を目の当たりにして

 とてつもない力に心を動かされる。

 言葉に、ならない。

 今回の知覧訪問で、特に

 新たに知る事項はなかったのだが

 目で見て、肌で感じるものが、ここにはある。

 きょう、ここに来ることができて

 本当に良かった、と思う。

 知覧から指宿のホテルへの帰り道

 知林ヶ島に立ち寄る。

 ここは今の季節、島まで

 砂地の架け橋ができるので

 歩いて渡って行くことができる。

 片道30分程度をかけて

 歩きにくい砂道を往復してみる。

 少しずつ満ちてくる潮を見ながら

 ある種の達成感に包まれて、幸せ。

 ホテルにチェックインして、温泉に入り

 美味しい食事をいただいて

 鹿児島旅行の初日を終える。

 本日の徒歩数は2万歩強。

 よく遊んだなあ。

 明日もまる一日、鹿児島観光。

 どこに行くか、考えながら

 部屋飲みの晩酌が進む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

2018/04/18(水) "Manhattan Portage"。

Manhattan180418

 水曜日の朝。

 早朝のルーティンを終えて

 さあ、きょうも朝トレに出かける。

 だいぶ、暖かくなってきたので

 薄手のセーリング用ジャケットを羽織り

 やはり薄手のパンツ姿にて出発する。

 着替えを入れるのは

 小さくて青い肩掛けのカバン。

 これ、定年退職の際に

 元部下たちからプレゼントされた

 "Manhattan Portage"。

 これを下げてフィットネスに行くのが

 昨今定番の姿になっている。

 最初の頃は、なんとなく

 幼稚なカバンに思えたのだが

 使い慣れると、なかなか良い。

 また、外観は小さく見えるが

 思いのほか、たくさんの荷物が入る。

 先日、ドローンスクールに行くときも

 本体とリモコンが

 しっかり収納できて驚いた。

 この"Manhattan Portage"は

 これから先も、我が相棒として

 一緒に人生を歩いていく予感がする。

 プレゼントしてくれた

 元部下たちに、感謝したいと思う。

 さて、さて。

 明日から三日間の予定で

 鹿児島へ旅行に行く。

 九州の南端と言うことで

 大変な旅行にも聞こえるが

 飛行機に乗って、現地では

 レンタカーで動き回るのだから

 実は、気楽な旅行なのだと思う。

 しかも、天気は上々で気温も高いはず。

 夕方になり、いつものように

 ビールで晩酌をしながら

 明日からの旅の支度をする。

 バックパックに必要な荷物を詰めて

 そうそう、"Manhattan Portage"も

 連れて行こうかと、一瞬考えるが

 どうやら、その必要もなさそうだな。

 明日の朝は、MKタクシーが

 我が家まで迎えに来るのだが

 時間は、朝4時45分。

 ビールは、ほどほどにして

 早めに寝ることにしよう、と思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

2018/04/17(火) 小平初V。

Kodaira180417

 昨日は志摩からの運転で疲れたのか

 かなり早く床についてしまった。

 そのせいか、朝は3時半に目が覚める。

 もう眠る気にもならないので

 そのまま起きて、所用を済ませ

 5時を過ぎたあたりで階下に降りて

 新聞を取って家に戻る。

 スポーツ欄を見てみると

 ほほお、小平初Vだと。

 28歳の小平智選手がアメリカ男子ツアーの

 RBCヘリテージで優勝したのだと。

 これは、すごい。

 と思って、社会面を見てみると

 こちらは、ボストンマラソンで

 川内優輝選手が、1987年の

 瀬古利彦選手以来31年ぶりに

 日本人として優勝を飾ったのだと。

 日曜日には、ボクシングの村田諒太選手が

 世界ミドル級タイトルマッチでTKO勝ち。

 野球では、大リーグで

 大谷翔平選手が大活躍中。

 昨今、日本のスポーツ選手は

 世界中で活躍しているのだなあ。

 それも、昔は全く歯が立たなかった種目でも

 活躍しているのだから

 例えば1964年の東京五輪の時代と比べて

 とてつもなく、良い方向に

 動いているのだと、改めて、思う。

 日本人活躍のニュースに刺激を受け

 では、とばかりに朝トレへ行き

 61歳の老体に鞭を打って

 バーベルとマシーンにて

 思い切り、身体をいじめてみる。

 最後のストレッチを終えて、体調は、良し。

 気分も良くしてフィットネスを後にする。

 さあ、今夕はひと月に一度の

 マンションの理事会がある。

 出席が嫌なわけでは決してないのだが

 理事会が終わるまで、ビールを

 飲めないのが、残念なのであるな。

 テレビを観て、ちょいとドローンの

 マニュアル本などをチェックしながら

 理事会までの時間を過ごす。

 まだまだ、ビールタイムまで

 3時間を待たねばならぬ。

 でもまあ、月に一度なのだから

 我慢することにしなければ、ね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

2018/04/16(月) ヨット『ShallonⅦ』。

Shallon180416

 金曜日に志摩へやってきて

 本日、月曜日まで、三泊、滞在した。

 志摩に新しい艇がやってきたので

 その整備とチェック他が今回のお仕事。

 土日の二日間では、時間が

 十分でないことに加えて

 せっかくのリタイヤライフを

 有効活用しよう、というところか。

 いずれにしても、月曜日まで

 仕事に悩まされずに過ごせるのは

 心身ともに爽やかで、良い。

 さあ、今朝はヨットチームの

 クルーハウスにて目を覚ます。

 三泊ともにここに泊まったのだが

 宿泊費が不要なのも、とても助かる。

 ハウスから外に出てみると

 やや冷たい風は吹いているが

 天気は、晴天。

 奥志摩の美しい景観が青空に映えて

 とても気持ちが良い。

 奥志摩での贅沢な時間だと思う。

 で、今朝の仕事は、ヨットのチェック。

 ハウスから高低差約40メートルほどを降りて行き

 桟橋に舫われている我らのヨット『ShallonⅦ』まで。

 艇を止めているロープ類を確認して

 不都合な方向に動かないように

 今一度、舫いロープを確認して

 必要に応じて、増やしていく。

 そうそう。

 今回のヨットの名前は『ShallonⅦ』。

 それまで乗っていたヨットの名前は

 『ShallonⅤ』だったのに

 では、ⅤとⅦの間のⅥは

 どこに行ってしまったのか。

 オーナーに聞いてみたところ

 Ⅵは、なんとなく格好が悪いので

 一気にⅦにしたのだと言う。

 確かに007にしても、セブンだから

 格好良いと思えるのかも知れない。

 また、レース艇ゆえに

 ラッキーセブンにもあやかりたいところ。

 そんなことを考えながら

 朝の仕事をすべて終えて

 これで志摩YHでのお仕事は終了。

 クルマを運転して、帰路につく。

 ヨット『ShallonⅦ』は、今夏の

 パールレースが当面の目標だが

 すでに来年の小笠原レース参戦も内定している。

 さらに、再来年の沖縄レースも

 出場するつもりなのだと。

 そうなると、往路の回航からレースフィニッシュまで

 すべてお手伝いさせてもらうことになるのかも。

 歳をとるにつれて、なにかと

 無理が利かなくなってきているが

 大好きでライフワークにしたヨットなのだから

 小笠原でも沖縄でも

 チャンスがあれば、行ってやろうと思う。

 老体に鞭打って頑張るぞ。

 さあ、今後の幸せなヨットライフを頭に浮かべながら

 本日月曜日のビール晩酌を始めよっと。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

2018/04/13(金) アマゾンの宅配。

Amazon180413

 ここのところ、ドローン『SPARK』のことで

 身も心も一杯になっているように思う。

 特に、昨日スクールで飛ばして

 一連の撮影などにも

 トライしてみたものだから

 なおさら、なのだな。

 そのような中、まず着手したいと思ったのは

 バッテリーの追加購入。

 バッテリーの持続時間は

 一個あたり、現実的に12分程度。

 ちょっとこれでは物足りないと思い

 昨晩、アマゾンにて二個、ポチりとやってみた。

 四個あれば、トライアル&エラーを含む

 練習もしっかりできるだろう、と考えたわけ。

 この追加バッテリーは、今週末にも使いたいので

 すぐにでも届いて欲しいもの。

 でも、本日は昼前に出発予定なので

 いくらなんでも、それには絶対に間に合わないと

 諦めきっていたのだが。

 なんと、午前9時過ぎに玄関のチャイムが鳴り

 おお、アマゾンの宅配が届いたではないか。

 いつもの見慣れたアマゾンの

 段ボールを開けてみると

 あっぱれ、我が望みのバッテリー二個が

 これまたいつものラップに包まれている。

 早速、取り出して

 充電器につないで充電開始。

 二個のバッテリーのフルチャージは

 約20分程度で終了する。

 週末用の荷物の中に、この二個の

 追加バッテリーを詰め込んで、準備完了。

 さあ、出発するとしよう。

 志摩までの所要時間は、3時間半の予定。

 神戸の空は、快晴。

 気持ちの良いドライブになりそうで

 それだけで、気分は高まる。

 一方、週末の天候は、悪天候予報で

 葉山で予定されていたヨットレースは

 中止になったとの連絡が入る。

 うむ。

 志摩のコンディションはどうなるだろうか。

 まあ、だめならだめで、酒を飲むだけか。

 そんなダラシのない考えを頭に浮かべつつ

 まあ、とにもかくにも、行ってきます!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

2018/04/12(木) テストフライト。

Trial180412

 新しいドローン『SPARK』が

 我が家にやってきて二日目。

 きょうは、ドローンスクールに行って

 心ゆくまで飛ばしてみることにしている。

 朝10時に家を出て

 阪神電車に乗って野田駅へ。

 スクールは、3月半ばに

 三日ほど通った場所なので

 すっかり慣れた場所。

 阪神野田駅を降りて

 ちょっと遠いが、約15分の

 道のりを歩いて行く。

 スクールに着いて、ドローンを組み立てて

 さあ、飛ばしてみるか。

 広大な屋外ほどには熱狂できないが

 屋内とは言え、大阪市内にて

 びゅんびゅんとドローンを

 飛ばすことができるのは

 やはり、幸せなことなのだと思う。

 なにより、高く飛ばせるのが良い。

 そして、いくつかの撮影パターンを

 楽しみながらトライしてみる。

 搭載カメラにはジンバルが付いているので

 スティルもムービーも

 実に簡単に撮影することができる。

 いいなあ。

 楽しいなあ。

 あっという間に時間は経ち

 持ってきた二個のバッテリーともに

 要充電状態に陥ってしまう。

 再充電して、もう一回トライ!とも考えたが

 きょうのところは、ここまでか。

 心満たされて、スクールを後にする。

 帰宅して、撮影した映像を見てみると

 どうしてなかなか、グッドではないか。

 とても満足して、さあ、

 本日のビール晩酌となる。

 明日から奥志摩。

 天気予報によると

 週末の天候は今ひとつだそうだが

 それはそれで、楽しい日々になるだろう。

 ドローンを飛ばすチャンスもありそうだし

 いつになく、充実した

 志摩の週末になりそうな予感がする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

2018/04/11(水) SPARKのマニュアル。

Manual180411

 きょうの楽しみは、

 我が家にドローンがやってくること。

 実は昨晩、アマゾンで

 『SPARK』というドローンを買ってしまった。

 今、持っているドローンは

 いわばおもちゃだが

 『SPARK』は本物、というところか。

 これは、楽しみ。

 朝トレの後は、YouTubeを見て

 セッティングの方法や

 性能をチェックしてみたり、する。

 まるで子供だなあ、と思う。

 気がつけば、昼飯時。

 芦屋市役所の食堂へ行き

 リーズナブルなランチを食べる。

 一旦、家に帰り

 また、午後の遅い時間に外出する。

 やや暗くなってから、帰宅して

 さあ、宅配ボックスをチェックしてみると

 おお、届いているではないか。

 ボックスから段ボールを取り出して

 大事そうに家に持ち帰って封を切る。

 中から出てきたのは

 もちろん、『SPARK』のセット。

 本体を丁寧に取り出して

 セットアップしていく。

 が、しかし、マニュアルの

 この文字の小ささは、なんだ。

 老眼の目にしてみれば

 眼鏡をかけても、全く読めない。

 このような時は勘が頼りなのだが

 最初のセットアップは

 間違いがあってはならない、と思う。

 かけた時間は、一時間以上か。

 なんとか、飛ばすところまでたどり着く。

 家の中でびゅんびゅんと飛ばしてみて

 ようやく、一安心する。

 ドローンスクールにも

 明日の朝、飛ばしに行く旨、連絡を入れる。

 よしよし。

 これで明日以降の楽しみができたではないか。

 ふむふむと、満足感を味わいながら

 本日の晩酌のひとときが進む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

2018/04/10(火) 阪神タイガースの開幕戦。

Tigers180410

 春だ桜だと言っているうちに

 4月も中旬に入っていく。

 時の速さに合わせるように

 今後の予定をしっかり手帳でチェックしてみる。

 昨今、何をするにも失念しがちなので

 逐一、確認することこそが肝要なのだな。

 さらに、時間の経過感覚が

 サラリーマン時代とずれてきていて

 ブッキングしていた日が

 想像以上に早く訪れてしまうので

 来月、再来月の予定確認が重要となる。

 よし。大丈夫。

 きょうの一日が、いつものように

 朝トレから始まっていく。

 きょうは、友人と大阪市内で会う予定。

 久しぶりで、とても楽しみ。

 朝トレから一旦帰宅した後

 好天下、るんるん気分で家を出る。

 大阪市内でゆっくりするのも久しぶりか。

 夕方までミナミ界隈でうだうだして

 さて、阪神電車に乗って、家に帰ろう。

 やけに混んでいる電車だなあとは思っていたが

 多くの乗客は、甲子園駅で、一気に降りる。

 そうか、きょうは阪神タイガースの

 甲子園開幕戦なのであるな。

 そういえば、今朝、

 阪神芦屋駅の改札口には

 すでに本日の甲子園球場のチケットは

 完売だとの案内があったではないか。

 ここ関西においては

 阪神タイガースの甲子園開幕戦は、

 プロ野球開幕戦と同義なのだなあ。

 この一両日、スポーツ界における旬な話題は

 サッカーのハリルホリッジ監督解任だが

 関西では、タイガースの背後に

 隠れてしまう、かのよう。

 テレビでは、テレビ大阪にて、

 広島-阪神戦の実況生中継中。

 4回の裏にタイムリーが出て

 1点を返したところで、甲子園は大騒ぎ。

 ああ、これが阪神ファンか。

 変に嬉しい気持ちに浸りながら

 まあ、きょうのところは

 ゆっくりテレビで野球を観戦することにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

2018/04/09(月) 国際運転免許証。

License180409

 朝は、いつも通り朝の5時に

 目を覚ましたのだが

 週末の飲み過ぎがきつくて

 きょうの朝トレは、やめにする。

 家で朝食をとり、午前の時間を

 ゆっくり過ごそうと考える。

 お、そういえば近々海外で

 クルマの運転をする可能性があるのだった。

 だとすれば、国外免許が要るのだな。

 時間がある時に、取っておこうと考えて

 早速、ウェブにて免許申請の

 段取りをチェックする。

 パスポートと自動車免許。

 それに、写真があれば、よし。

 写真は会場でも手配できるだろうと考えたが

 確か、最近撮った適切な

 サイズのものがあったはず。

 ビジネスバッグを探ってみると

 あった、あった。

 指定されたサイズにカットして

 これで準備は完了する。

 芦屋駅から電車に乗って

 尼崎駅乗り換えで伊丹駅へ。

 10時過ぎに、伊丹の

 免許更新センターに到着する。

 玄関を入り、国外免許の取得だと伝えると

 すぐに、案内されるのだが

 そこからの段取りの悪さには、閉口する。

 なにしろ担当者はたった一人。

 説明するのも一人、受け付けるのも一人、

 免許証を作成するのも、発行するのも

 みいんな一人でやっているではないか。

 要するに、申請者がやってくるたびに

 作業は止まり、時間だけは流れて行く。

 結果、免許を手渡されたのは11時半。

 しっかり1時間半がかかったのであるな。

 ところで、手に入れた免許証のタイトルは

 国際免許となっているのだが

 発行手続き上は、国外免許となっている。

 この違いは、いったいどこから来るのだろうか。

 また、手数料の2,350円は妥当なのだろうか、

 などと余計なことも考えながら、そして

 いつにない徒労感に包まれながら

 さあ、芦屋へ帰って行く。

 本日の主な仕事は、これでおしまい。

 明日からに備えて、きょうは

 とにかく休養に充てることにしよう。

 夕方6時になれば、晩酌の時間。

 冷たいビールを飲みながら

 そして、ハリルホリッジ監督の

 解任ニュース等をテレビで眺めているうちに

 週はじめの一日が過ぎていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

2018/04/06(金) アスパラガス。

Aspara180406

 そういえば昨日、千苅浄水場からの帰り道

 神戸のフルーツフラワーパークに寄って

 野菜を買ってきたのだった。

 その買った野菜の中に

 アスパラガスがあり、きょうは

 そのアスパラを食べてみることにする。

 ところで、アスパラガスを

 食べるようになったのは

 いつ頃からだっただろうか。

 子供の頃は、当たり前のように

 嫌いな食材だったし、それは

 最近まで変わらなかったように思う。

 3年前の5月にドイツに行った際

 ディナーの席に、かなり立派な

 アスパラがずらりと出てきたのだが

 ビールと一緒に食べて

 その美味しさに驚いたことを思い出す。

 もしかすると、好きになったのは

 その時からかも知れない。

 要するに、ごく最近のことなのだな。

 さてさて、きょうは、晩ご飯にも

 アスパラガスが登場する。

 ビールと一緒に食べて、

 これ、かなりいけるじゃないか。

 つい、ぱくぱくと食べてしまい

 もちろん、ビールも進んでしまう。

 幸せなだなあ。

 窓の外は、小雨模様。

 だが、この雨は今晩中にやむと言う。

 明日、明後日は、琵琶湖へ行き

 年に一度の花見クルーズの予定。

 厳しい寒さの再訪に悩まされそうだが

 友人たちとの、きっと楽しい

 二日間になるのだと思う。

 少しでも好天に恵まれますように。

 今一度、神様に祈ってから

 眠りにつくことにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/05(木) 千苅(せんがり)桜まつり。

Sengari180405

 一昨年の暮れに定年退職して

 サンデー毎日になった我が身にしてみれば

 フィットネスが休館日の木曜日は

 いわば、週に一度の休日のようなもの。

 何に追われることもなく

 朝のひとときをゆっくりと過ごす。

 家での朝食を終えて、シャワーを浴びて

 午前中は、いくつかのデスクワークをこなし

 さあ、きょうはどこへ行こうか。

 ゆっくり花見をと考えてみるのだが

 近所の桜は、かなり散り落ちて

 葉桜と化している。

 では、少し山奥に行けば、

 まだ旬の桜が見られるかも。

 そう考えて、本日の目的地は

 千苅(せんがり)貯水場と決める。

 ウェブ情報によると、そこで

 期間限定の桜まつりをやっていて

 今だけ、場内に入れるのだと。

 昼前にクルマで家を出発して

 ゴルフルートを通って、六甲山を越える。

 おっと、ゴルフルートとは

 我が家から兵庫圏のゴルフへ行く際に

 良く通るルートだと言う、自身の造語。

 つまり、昔、走り馴れた道を通って

 目的地の千苅貯水場へ向かう。

 JR道場(どうじょう)駅の横を通って

 細い道を上がって行くのだが

 行けども行けども、それらしい場所は見当たらない。

 諦めて引き返そうかと思った頃に

 おお、ようやく、千苅貯水場の門が

 目の前に現れる。

 千苅桜まつりと書かれた

 やや雑な横断幕にも味わいあり、か。

 せっかくやってきた桜まつりなのだが

 場内の桜は、若木が多く

 お世辞にも味わいありとは言えない。

 残念。

 だが、桜まつり会場の先まで

 歩いて行ってみると

 目の前に荘厳な千苅ダムが現れる。

 ダムの斜面を流れ落ちてくる

 大量の水流も、豪快で、美しい。

 桜は少し残念だったが、これで

 しっかり取り返した、と納得する。

 千苅からの帰りに夕食の買い物をして

 家に帰れば、やや早めのビールタイムとなる。

 これから週末に向けて

 天気も気温も下り坂なのだと。

 あまり気にもならないのだが

 やはり、好天を期待している

 わがままな自分がいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

2018/04/04(水) ウィンストン・チャーチル。

Winston180404

 いつもよりも早く、朝5時前に目が覚める。

 これ、気温が上がったせいかも知れない。

 朝一番に階下へ新聞を取りに降りるが

 半袖のシャツのままでも寒くない。

 週間天気予報によると

 週末に天気が崩れて、日曜日は

 10度以下まで落ちるのだと言う。

 相変わらず寒暖の激しい昨今の気候だが

 とりあえず、きょうの温暖な一日を

 快適に過ごそうと、決める。

 朝トレの後は、クルマを12ヶ月点検に出し

 その足で、JRに乗って大阪に向かう。

 クルマの点検が終わるまで

 映画でも観るか、というわけ。

 選んだ映画は、ウィンストン・チャーチル。

 日本人の辻一弘氏が、アカデミーの

 メーキャップ・ヘアスタイリング賞を受賞して

 国内でもとりわけ注目された映画だが

 副題の「ヒトラーから世界を救った男」に

 少し、惹きつけられた。

 もちろん、辻一弘氏がメイキャップした

 ゲイリー・オールドマンの変貌ぶりも

 是非、見てみたかったのであるな。

 歴史に疎い者としては、正直なところ

 話の流れが良く理解できないのだが

 当時のドイツ軍がやたらに強かったこと

 また、対する連合軍が、ほとんど

 敗北の危機にあったことなど

 この年齢になって初めて知る史実に

 興奮させられてしまう。

 要するに、すっかり、楽しませてもらった。

 帰り道、神戸トヨペットにて

 愛車のアクアをピックアップ。

 コンビニに寄って、ビールを買って

 さあ、きょうの一日も後半に入っていく。

 甲子園では、大阪桐蔭が

 選抜連覇を決めたのだと。

 これで春の甲子園も終わり

 季節も次に進んで行く。

 その動きに歩幅を合わせながら

 ゆっくりと前に進んで行こう、と思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

2018/04/03(火) 芦屋の空き地。

Vacant180403

 6日間の長い遠征から帰宅した翌朝。

 いつものように、朝5時に起きる。

 窓の外は明るく、新聞を取りに

 外に出てみると、気温も高い。

 桜は満開を過ぎて、葉桜となり

 いよいよ春爛漫の時を迎えつつある。

 さあ、今朝はフィットネスへ行って

 ひさしぶりに、しっかり汗を流さねば。

 マンションを出て、隣の桜の前を通り過ぎ

 信号を渡ったところで、左に曲がる。

 この角には、ひと月ほど前までは

 家が建っていたはずなのだが

 今は空き地(更地)になっている。

 驚くのは、建物がひとつなくなると

 とてつもなく景観が変わること。

 はて、建物があった時には

 ここはどんなところだったのか、

 思い出すのも難しい。

 だが、建物は思い浮かばないのだが

 金木犀の甘い香りは

 しっかり記憶に残っている。

 そうそう。

 この角を通る時、外壁の

 内側に咲く金木犀の香りで

 秋の到来を知ったもの。

 そんな、自分に少なからぬ影響を

 与えた場所だったはずなのに

 実は壁の向こうに

 関心を寄せたこともないのだな。

 さて、きょうは朝トレを終えてから

 友人との会食のために

 大阪市内へ出かけて行く。

 北新地でランチを食べながら

 たくさん楽しく話をして

 すっかり満足して、帰宅する。

 芦屋駅からの帰宅時には

 また芦屋の空き地の脇を通る。

 我が家へ帰るには、その空き地の

 土の上を歩いて行けば

 少しショートカットになるのだがなあ、と

 そんな、子供じみたことを

 本気で考えている自分がいる。

 帰宅して、テレビを観て。

 そうこうしているうちに

 先週、岐阜のゴルフ場から返送した

 我がキャディバッグが宅急便で届く。

 明日は、ゴルフの練習にでも行ってみるか。

 のんびりと明日以降のことを考えながら

 本日のビール晩酌が進んでいく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

2018/04/02(月) ゲートボール。

Gateball180402

 先週の水曜日に家を出て

 木金は、岐阜でゴルフ。

 土日の二日間は、葉山でヨットと言う

 贅沢な日々を過ごしてきた。

 だが、今回の上京の本来の目的は

 きょう満昌寺で執り行われる母の一周忌。

 だから、目を覚ましてすぐに

 少しだけ、気合いが入る。

 起きたのは、野比の海の家。

 家が海岸に面しているせいか

 夜中は寒くて閉口したが

 日が昇ってくると、たちまち

 気温は上がってくる。

 ストーブのスイッチを消して

 今度は窓を開けて

 海側から吹き込んでくる

 快適な風を室内に招き入れる。

 一周忌の行事は、11時からなので

 朝の時間は、たっぷりある。

 いつものフィットネスの代わりに

 電動アシスト自転車に乗って

 久里浜駅までの往復6キロを走り

 帰宅後、シャワーを浴びて

 一周忌に備えて、着替えをする。

 部屋の中を片付けて

 電気を切って、ガスの元栓も閉めて、さあ、出発。

 家を出て、ゴミを捨てようとして

 ゴミ捨て場に近づくと、あたりが少し騒がしい。

 なにかと思って見てみると

 ほほお、ゲートボールをやっているではないか。

 ゲートボールは、高年齢者のスポーツとして

 日本中で一時流行ったはずだが

 昨今は、さっぱり聞かなくなっている。

 だが、このような場所で

 高齢者が集まって、楽しんでいるのだなあ。

 この競技のことは、全く預かり知らないのだが

 お金が必要な遊びには思えない。

 質素にして、十分な楽しさを備えた

 きっと、素晴らしいゲームなのだと想像する。

 競技を楽しむ人たちの

 わいわいがやがやの声を後にして

 また、重たい荷物を転がしながら

 母の一周忌の舞台である満昌寺に向かう。

 JR衣笠駅からタクシーに乗って満昌寺に到着。

 境内の桜は満開を過ぎて

 すでに葉桜模様になっている。

 生来、セレモニーは嫌いなので

 お経の類いには、退屈するだけなのだが

 このような最高の季節に

 一周忌を行えることを、幸せに思う。

 さて、行事を終えて

 近場の衣笠温泉で豪華ランチを食べた後

 衣笠駅から電車に乗って

 久しぶりの家に帰る。

 所要時間は、約4時間。

 帰宅すれば、まずは荷物の後片付け。

 もちろん、洗濯も伴う。

 面倒くさいが、これを終わらせて

 ようやく、長い遠征が終わったように思う。

 その後は、もちろん、ビール。

 幸せなひとときを感じながら

 4月最初の、月曜日の晩が過ぎていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

2018/03/30(金) 飛騨高山カントリークラブ。

Hidatakayama180330

 高山グリーンホテルにて

 朝5時に目を覚ます。

 確か朝風呂は5時からだと記憶していたので

 ベッドから起き上がってすぐに、大浴場に向かう。

 こんな早い時間であれば

 誰もいないかと思ったのだが

 すでに数人が朝風呂を楽しんでいる。

 さすがに外人の姿は見えず

 やはり、朝風呂のようなものは

 日本人ならではの楽しみなのだなあと

 わかったようなことを言ってみる。

 さて、きょうのゴルフは、

 このホテルからクルマで20分程度の

 飛騨高山カントリークラブにて。

 風呂から上がり、一本だけ缶ビールを飲んで

 朝食バイキングで腹一杯食べてから

 いざ、出陣!となる。

 本日の高山の気温は

 かろうじて摂氏数度のレベル。

 標高700メートルのこの地は

 当然のごとく、気温は低い。

 ゴルフ場では、昨日より多少厚着をして

 スタートホールに向かう。

 天気は上々だが、

 北の風が少し冷たい。

 スタートして、しばらくは

 ゴルフのプレーに集中~熱中するが

 いくつ目かのティーグラウンドで

 目の前に現れた、日本アルプスの

 あまりに美しい雪渓に息をのむ。

 従兄弟に聞くと、穂高なのだと。

 ドライバーをぶん回して

 山に届けと言わんばかりの

 ナイスショットを打ちたかったが

 それは、練習不足にて、残念。

 いつもと同様、凡庸のスコアにて

 本日の楽しいゴルフも終了する。

 ゴルフ場からの帰り道、

 高山の味わいある市内を

 クルマで案内してもらってから

 岐阜駅まで送ってもらう。

 JRに乗って、新幹線で新横浜へ。

 在来線に乗り換えて、

 本日の宿泊地、大船に到着する。

 ああ、よく遊んだ。

 楽しく充実した二日間を思い出しながら

 今晩は一人、大船のホテルの一室で

 とにもかくにも、ビールを、やる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

2018/03/29(木) ユーグリーン中津川ゴルフ倶楽部。

Nakatsugawa180329

 いつものように、朝5時に目を覚ます。

 目を開けると、ホテルの窓から

 新幹線のホームを見上げる。

 ああ、岐阜羽島に来ていたのであるな。

 6時にホテル階下に降りて

 バイキングの朝食をとり

 シャワーを浴びた後は

 ゆっくりと部屋で寛ぐ。

 7時に従兄弟のクルマがやってきて

 本日のお楽しみ、ゴルフ場へ

 連れて行ってもらう。

 ユーグリーン中津川ゴルフ倶楽部までは

 岐阜羽島からクルマで1時間半弱。

 とても順調に走り、ゴルフの

 スタート時間の1時間半前には

 ユーグリーン中津川ゴルフ倶楽部に到着する。

 時間がたっぷりあるので、まずは

 レストランで無料のコーヒーを飲み

 心を落ち着かせて、ゴルフに備える。

 どうやら、このゴルフ場は

 シャトレーゼグループの経営によると言う。

 だから、レストランでは

 シャトレーゼのスイーツを

 無料でいただくことができる。

 この歳になって、スイーツが無料と聞いても

 それほど反応するものではないが

 子供の頃だったら、さぞかし

 喜んだだろうなあ、などと

 しょうもないことを考えている自分がいる。

 さて、10時前本日のゴルフはスタート。

 定年退職後に再開したゴルフの

 調子は少しだけ上がってきたように思う。

 だが、結果を見れば、進歩なし。

 これがゴルフだなあと

 当たり前のことをほざいてしまう。

 ゴルフの後は、風呂には入らず

 高山のホテルへ移動する。

 本日の宿坊は、高山グリーンホテル。

 そう言えば、高山を訪れるのは

 生まれて初めてだと思う。

 温泉に入って、さあ晩飯。

 高山は富山に近いので海の幸も豊富。

 造りの盛り合わせに始まり、飛騨牛等々

 豪華な食事が次から次に出てくる。

 もちろん、生ビールを飲みながら

 本日の夕食のひとときが進む。

 久しぶりに会う従兄弟たちとの

 会話もとても盛り上がる。

 ああ、幸せだなあと思いながら

 岐阜高山の夜は過ぎていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

2018/03/28(水) アパホテル岐阜羽島駅前。

Apa180328

 きょうも朝から関電病院へ行く。

 二日、連続。

 だから昨日と同様に、フィットネスへは

 病院へ行く格好で出かける。

 このスタイル、昨日、一度経験したので

 今朝は精神的にも余裕がある。

 フィットネスではフルメニューで身体をいじめて

 心身ともに絶好調にて

 きょうの一日が始まっていく。

 関電病院では、昨日のCTの結果を通告される。

 もちろん、問題なし。

 次回は3ヶ月後に診察を受けることにして

 今回の一連の関電病院詣ではおしまいとなる。

 病院から大阪駅までゆっくりと歩き

 JRに乗って、芦屋へ帰宅。

 さあ、週末の遠征の支度をするか。

 テレビをつけると高校野球。

 高校野球を観戦するとなると

 つい、缶ビールをあけてしまう。

 プシュ、あ、しまった。

 でも、まあ、いいか。

 今回の遠征は、イベント盛りだくさん。

 岐阜で二日間、ゴルフをして

 その後、葉山に移動して

 土曜日、日曜日の二日間は

 ヨットイベントに参加する。

 さらに、月曜日は、母の一周忌。

 要するに、ゴルフウェア、ヨットウェア

 そして、多少は見栄えの良い

 服装も必要だと言うこと。

 それらを二つのコロコロバッグに詰めて

 一つは、関東のホテルに宅急便で送る。

 そして、もう一つのコロコロを転がしながら

 さあ、本日の宿である、岐阜羽島へ向かう。

 岐阜羽島の宿は、昨年の暮れと同様

 アパホテル岐阜羽島駅前を予約している。

 ここ、本当に安い。

 まるでカプセルホテル並みの料金だと思う。

 チェックインして、部屋に入り

 おっと、コンビニへ行ってビールを買わねば。

 少し飲み過ぎのきらいがあるので

 ビールと一緒にウコンを購入。

 支払いの際に、ウコンはなんて高いのだと

 一瞬、腹を立てるが、それもこれも

 自分のせいだと諦めなければ。

 部屋に戻り、まだ早い時間だが

 もう、外には出ないぞ、と決める。

 ホテルの浴衣に着替えて

 後はテレビでも観ながら

 ゆっくり過ごすことにしよう。

 明日はゴルフ。

 昨今、練習していないので

 相当不安ではあるが

 それはそれで、なんとかなるだろうし

 なにより従兄弟たちとのゴルフは

 それだけで楽しい。

 明日のゴルフの後の

 高山の晩もまた楽しそう。

 明日からの週末の日々に

 胸をときめかせながら、

 アパホテル岐阜羽島駅での

 静かな晩酌が進む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

2018/03/27(火) 元キリンプラザ大阪。

Kirinpraza180327

 今朝も良い天気。

 窓の外の明るさが嬉しくて

 るんるん気分できょうの一日が始まる。

 きょうは、朝一番で関電病院へ行くので

 朝トレには、その支度をして行く。

 よし。忘れ物は、なし。

 しっかり確認して、さあ

 フィットネスへ行って、汗を流す。

 トレーニングを終えて、風呂に入って

 芦屋駅改札前のコーヒーショップで

 モーニングセットを食べてから

 新福島駅へ向かう。

 病院に着いて、あれ?

 忘れ物は、なしだと、

 あれだけ気合いを入れたはずなのに

 肝心要の診察券を忘れた。。

 昨今、このような忘れものが本当に多い。

 診察券がないと、

 自動チェックインができないので

 受付の人の手を煩わせることになる。

 ごめんなさい。

 さて、チェックインしてしまえば

 いつものように関電病院は手際が良い。

 あれや、これやをすべて済ませて

 ざっと30分ですべて完了。

 とても気分よく、病院を出る。

 早く終わったので、では

 甲子園にでも行ってみようか。

 阪神福島駅から阪神電車に乗って

 そのまま甲子園球場へ。

 いつものように、内野の

 特別自由席のチケットを買って

 好天のもと、高校球児の

 エキサイティングなゲームを観戦する。

 甲子園の滞在時間は5時間程度。

 しっかり野球を楽しんで

 きょうの一日が、概ね、終わる。

 帰宅して、テレビを観ていると

 大阪の土地の価格が発表されたのだと。

 昨年までは、梅田のグランフロント界隈が

 トップだったのだが、今年は

 難波に移ったのだと言う。

 んん??どこだと思ってみたら

 なんと、元キリンプラザ大阪が

 あった場所だと言うではないか。

 思い出してみれば、今から約25年前。

 キリンプラザ大阪の仕事をさせてもらっていた。

 アートを紹介するビルというコンセプトで

 一年間を通じて、なにがしかの

 芸術祭を開催していたもの。

 その実績の中で、多くの

 若い芸術家も育ててきたと思う。

 そのキリンプラザ大阪のビルの立地が

 今、大阪市内で最も高値の場所なのだと。

 どうでもいいことだが

 思い出多く、懐かしい場所ゆえに

 捨て置けないのであるな。

 さてさて。

 明日の夕方から遠征に出かける。

 楽しい数日間になりますように。

 せめて晴天に恵まれますように。

 神様、お願い。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

2018/03/26(月) 五分咲きの桜。

Cherry180326

 ヨットレースの疲れもあり

 昨晩は早めに床についた。

 だが、夜中の2時過ぎに目が覚めてしまい

 そんな時間にもう一杯

 ビールを飲んだものだから

 今朝の目覚めは最悪なものとなる。

 朝トレも中止して、典型的な

 怠惰な朝を過ごす。

 ちょいとマンションの外に出てみると

 天気は良く、気温も高い。

 春と言うより、これは、初夏の陽気か。

 甲子園にでも行ってみようかと目論むが

 本日の第2試合は、地元強豪の

 大阪桐蔭が出場すると言う。

 こりゃあ混んでいるだろうなあと諦めて

 家の中でゆっくりとテレビ観戦する。

 試合は下馬評通り、大阪桐蔭の

 圧倒的なパワーが炸裂。

 開始早々、大勢が決まってしまう。

 せっかく天気も良いので

 昼から外に出て、芦屋川界隈を散歩する。

 芦屋の桜祭りは約2週間後なのだが

 すでに芦屋川河畔の桜は

 5分以上に咲いている。

 背景には、六甲の山並み。

 実にきれいな景観だと、感激してしまう。

 2018年の春なのだなあ。

 さあ、今週は水曜日の午後から岐阜旅行。

 岐阜羽島駅前に泊まって

 木金の二日間、ゴルフを楽しむことになる。

 まずは、宅急便でクラブを発送。

 これで、準備の大半は済んだようなもので

 まずはほっとする。

 岐阜でゴルフの後、週末は葉山でヨットの予定。

 3月末のこの季節に

 4日続けて晴天に恵まれることは

 期待できないだろう。

 でも、連日楽しい企画で

 埋まっているのだから

 天気はどうであれ

 幸せな日々になることは間違いない。

 それだけでも、十分ではないか。

 この幸せを神様に感謝しながら

 きょうの一日を静かに終えることにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

2018/03/23(金) センバツ第1日。

Day1180323

 毎度、毎度のことながら、もう、金曜日。

 三日間のドローン講習のことを

 楽しく思い出しながら、起き上がる。

 ちびドローンの充電の完了を確認して

 室内でちょっと飛ばしてみようかとも考えるが

 自重して、まずは朝トレへ行こう。

 春分の日をを過ぎて

 朝の6時半はすっかり明るい。

 気温も上がっている。

 お隣の3分咲きの桜を見ると

 少し慌てている自分を感じる。

 何を慌てる必要があるのか

 まるで意味はないはずなのだが

 元広告屋の性分として、心のどこかで

 桜関係イベントを担当している誰かの

 焦る気持ちを想像してしまうのだと思う。

 一連の朝の行事を終えて

 さあ、きょうは甲子園へ行く。

 高校野球 春のセンバツ第1日。

 10時半から初戦だと言うので

 10時前に家を出て、甲子園球場へ。

 我が家から甲子園球場までは

 阪神電車を使って、全行程20分強。

 試合開始前に、楽々、到着する。

 広々とした球場内に入ると

 その広さと春らしい日差しに感動する。

 最初は、バックネット裏一塁寄りの

 全体を見渡せる高所から観戦するが

 日陰で寒いので、低地へ移動。

 昼前になると、そこも日陰に入ったので

 今度は三塁側に移動する。

 日向はぽかぽかで、居眠りもできてしまう。

 生ビールを飲みながら、

 そして、お腹が空けば、甲子園名物の

 ごく当たり前のカレーを食べて

 高校球児の熱戦を目の前で楽しむ。

 2試合を見て、午後の3時に帰宅。

 よおく遊んだなあと言う気分。

 せっかく近場で楽しめるイベントなのだから

 会期中、何度かまた甲子園へ

 行ってやろうと思うのだが

 月末から月初は行事が続いていて

 そう簡単には、ゆきそうにない。

 まあ、だからこそ

 良い思い出にもなるのだろうし

 一方で、イベント盛りだくさんなのは

 リタイヤの身にしてみれば大歓迎だ。

 いつもながら、幸せなことだと、思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

2018/03/22(木) マリカー。

Maricar180322

 ここのところ、天気が悪い。

 きょうは、好天になるかと期待していたが

 朝、窓の外は暗く、これでは

 晴天は望めないと諦める。

 しかしながら、天気予報によると

 雨は降らない、という。

 予報を信じて、傘はもたず

 きょうもドローンのスクールに出かける。

 野田駅で降りて、徒歩15分。

 かなり歩くことになるが

 フィットネスのない日の朝

 しっかり歩くのは、

 健康に良く、気分も優れる。

 ところで、ドローンスクールの隣には

 小さなゴーカートのようなクルマが

 たくさん置かれている。

 看板には、『マリカー』云々との記述あり。

 ほほお。

 これが、マリカーか。

 マリオカーの真似をしているとのことで

 任天堂と訴訟中だったか。

 しかし、マリカー側は

 マリオカーとは、一切関係がない、として

 徹底抗戦をしているらしい。

 まあ、そのようなことは、どうでも良いのだが

 そのマリカーの大阪の拠点が

 ここにあったと言うことに

 少し、興奮してしまう。

 さて、さて。

 きょうもスクールにて、朝から夕方まで

 ドローンの講習を受ける。

 自己評価は、10段階で7くらい。

 要するに、合格であるな。

 勝手な判断だが。

 スクールの帰りにも、当然のように

 マリカーの前を通ることになる。

 ドローンも楽しいが

 マリカーにも乗ってみたいなあと

 本気で思ってしまうところが

 還暦を過ぎて、まだ幼稚と言われる

 ゆえんなのだと思う。

 家に帰ってみると、宅配便あり。

 これ、昨日購入した小型のドローン。

 早速、充電して、家の中で飛ばしてみる。

 スクールの難しい訓練機で

 受講した効果があったのか。

 とても狭い家の中で

 上手に飛ぶではないか。

 とても幸せな気分にて

 本日の晩酌の時間に入っていく。

 明日は、金曜日。

 朝はフィットネスに行って

 昼から甲子園へ高校野球を

 観戦に行こうと思っているが

 その前に、芦屋川河畔にて

 ちびドローンを飛ばしてみようか。

 冷たいビールを飲みながら

 そんな楽しいことを想像しているうちに

 窓の外は、暗くなっていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

2018/03/21(水・祝) ドローン。

Drone180321

 2018年の春分の日の朝。

 天気は、悪い。

 窓の外は、雨で

 風も強く吹いているように見える。

 嫌だなあと思うが

 そうか、きょうは終日

 ドローンスクールで室内なのだから

 悪天候でもかまわないか。

 朝8時半に家を出て

 野田にある、ドローンスクールへ。

 昨日、場所は確認できているので

 迷うことなく、スクールに到着する。

 本日の最初のレッスンは、座学。

 法規やら、機器の特性やら

 いろいろと興味深いことを学ぶ。

 いつも思うのだが、学ぶと言うのは

 脳の刺激になって、良い。

 ほほお、と思うこと、多々。

 充実した座学だと感心する。

 座学が終われば、もちろん、実技。

 昨日と同様、室内にて

 実際にドローンを飛ばして

 飛行練習をする。

 二日目となり、なんとなく馴れたあたりが

 一番の鬼門なのかも知れない。

 うまくいかないなあ、と悩んでいるうちに

 午前中のレッスンは修了してしまう。

 いかん、いかん。

 もっと、自ら吸収していかなければ。

 休憩して、練習をして。

 それを繰り返しているうちに

 きょうのすべてのレッスンは修了する。

 なんとなく、頭の中に

 ドローンのぶんぶんと飛ぶ音が残る。

 そう言えば、"Drone"の意味は

 そもそも、ぶんぶんという音の意味だと言う。

 それが転じて、無人飛行物体を

 表す言葉になったのだろう、と思う。

 なるほど、と頷く。

 野田からの帰り道、阪神芦屋駅前の

 スーパーにて鍋の具材を買って帰宅する。

 ビールを飲んで、鍋を食べて

 しっかり学んだことによる満足も感じながら、

 そして、季節外れの東京の降雪のニュースを

 テレビで観ているうちに

 きょうの幸せな一日が過ぎていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

2018/03/20(火) 傷んだオークリー。

Damaged180320

 昨日は、志摩からの帰阪日だったので

 本日が、実質的に今週の始まりとなる。

 朝6時半に家を出て

 フィットネスで汗を流す。

 これで、体調が戻った感じ。

 とても快適な気分にて

 いつもの生活もまた、始まっていく。

 だが、その前に、

 そういえば、週末のヨットレースの際

 サングラスのレンズが傷んでいて

 視界がゆがんで困ったことを思い出す。

 バックパックから取り出して

 状況を再確認してみると、

 いやはや、これは、ひどい。

 レンズの内側がまるで何かの薬品で

 溶けてしまったかのよう。

 このオークリーのハーフジャケットは

 10年以上前に購入したものだが

 スタイルもフレームの色も

 とてもお気に入りで、愛用している。

 実は7年ほど前に、すでに一度

 レンズ交換をしているのだが

 よし、もう一度、レンズを交換して

 まだしばらくは愛用してやろう、と決める。

 そうとなれば、三宮の東急ハンズか。

 JRに乗って三ノ宮駅へ行き

 ハンズのめがね売り場へ

 傷んだオークリーを持ち込む。

 店の人の話によると、

 廃番になった商品なので

 オークリーの純正では、

 直せないとのこと。

 他のメーカーでレンズを調達して

 オークリーでそのレンズをはめる手はあるが

 レンズ代と修理費で2万円強かかるのだと。

 因みに、店で売っている

 類似タイプのオークリーは、もっと安い。

 いかに愛用しているサングラスとはいえ

 新品購入以上の費用をかけて

 修理する手があるはずもない。

 この時点でギブアップ。

 やりようのなくなったサングラスのフレームを

 店で処理してくださいなと

 お願いして、帰路につく。

 さて、さて。

 きょうは、夕方から大阪市内に出て

 ドローンのスクールへ行く。

 本日のレッスンは、約1時間半。

 練習用のドローンを室内で飛ばして

 前後、左右、そしてホバリングと

 基本動作を練習する。

 これ、なかなか面白い。

 明日、明後日と、

 まる二日間のレッスンになる。

 せっかくの機会なのだから

 充実した二日間になりますように。

 祈りながら、まあ、ともあれ

 本日の晩酌の時間を過ごす。

| コメント (0) | トラックバック (0)

«2018/03/19(月) 観光旅館 二葉。