2017年5月29日 (月)

2017/05/29(月) ワイヤレス スピーカー。

Wireless170529

 昨今、月曜日が忙しい。

 週末の疲れによる精神的繁忙感もあるが

 週明けのルーチンとして

 朝トレを課していることや

 その後、整形外科でのリハビリがある。

 朝6時半に家を出て

 フィットネス~整形を終えて帰宅すると

 すでに時計は10時を回っている。

 要するに、4時間近くを

 朝のルーチンで使っていることになる。

 まあ、忙しいのは、良いことなのだが。

 さて、きょうも一日、所用を終えて、帰宅。

 今晩は、アマゾンプライムで映画を観ることにする。

 アマゾンプライムは、無料で観られる映画が多く

 昨今、とても重宝している。

 選んだ映画は、「カサブランカ」。

 少なくとも過去に5回は観ているはずだが

 無料ゆえに、まだ、もう一度

 観てみようと思えるところが、良い。

 因みに「カサブランカ」は、

 モノクロ時代の名画なのであるな。

 iPhoneをテレビの画面にコネクトする。

 これ、どうしてなかなか、

 迫力が増して素晴らしい。

 そして、昨今、このような時に

 活用する道具はワイヤレススピーカー。

 テレビの音声をワイヤレスで飛ばして

 好きな場所から好きな音量で

 映画の音声を出力することができる。

 例えば、ちょいと台所に用があれば

 スピーカーをひょいと持って行って

 適切な音量で、映画を

 楽しむことができると言うわけ。

 もちろん、映画のみならず

 ニュースでもスポーツ中継でも

 自身の関心度合いや興奮状態に合わせて

 ボリュームを調整するのであるな。

 適度な音量で観る映画は、感動もひとしお。

 ビールを飲みながら

 時に涙を流しつつ

 クラシックの最高峰として

 誉れの高い映画を見終わる。

 ほろ酔いが、また、快感か。

 忙しかった月曜日が

 ご機嫌さんに終わっていく。

 お休みなさい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

2017/05/26(金) バミューダ。

Burmuda170526

 5月も月末が近づいている。

 サラリーマン時代であれば

 毎月25日が、給料日ゆえに

 ひとつの区切りだったのだが

 今となっては、何にもない。

 気がつけば、26日になっている。

 本日5月26日と言えば

 第35回 アメリカスカップの開幕日。

 地球の裏側、バミューダにて

 いよいよ待ちに待った

 アメリカスカップの予選シリーズが始まる。

 半日の時差があるので

 まだ、慌てることはないのだが

 ソフトバンクチームジャパンの

 アメリカスカップ参戦が決定して以降

 ずいぶん長い時間がかかったようでもあり

 また、あっという間だったようにも思う。

 要するに、感慨深いものがある。

 今回のアメリカスカップ開催地のバミューダには

 2004年に行ったことがある。

 毎年バミューダで開催される

 恒例のグレード1マッチの予選シリーズに

 日本から男子チームが参戦。

 また、同時に開催された

 国際女子マッチ(グレード1)に

 女子チームが参戦した。

 そのレース取材を主目的として

 バミューダまで、行ってみたというわけ。

 地球の裏側の未知の島へ

 今から思えば、よくぞ行ったものと思う。

 正直なところ、最後まで勇気がわかず

 どうしようかと、逡巡していたのだが

 友人に背中を押してもらうことで

 ある意味追い込まれ、

 彼の地に立つことができたのだと思う。

 今さらだが、もしも機会があるのなら

 感謝の気持ちを伝えたいと思う。

 バミューダからの帰国後、

 原稿が舵誌に掲載されたのだが

 その掲載誌に英文翻訳をつけて

 ロイヤルバミューダヨットクラブに送付したところ

 丁寧に感謝状が送られて来た。

 あの感謝状、今年のアメリカスカップ会場にて

 なにがしかの効果があるのだろうか。

 今さら行けるはずのない

 バミューダの地を思い出しながら

 そんなことを妄想してみる。

 さて、さて。

 きょうは、金曜日。

 特に外出の用事はないが

 本日中に仕上げるべきデスクワークがある。

 朝トレの後、家で一生懸命に作業をして

 なんとか、目処をつけることに成功。

 これで、安心して、週末を迎えることができる。

 ほっとすることができたのだから

 今晩は、アルコール入りのビールで

 晩酌を楽しむことにしよう。

 おっと、もちろん、

 ソフトバンクチームジャパンの

 アメリカスカップ奪取を、心から祈りながら。

 ※Photo by Kotan, 2004 in Bermuda.

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

2017/05/25(木) フィリピン・ペソ。

Philipin170525

 きょうは、朝から関電病院へ。

 喉の手術から二年が経ち

 今ではふた月に一度、診察を受けている。

 スコープで患部をチェックして、問題なし。

 次回は7月末に予約を入れて

 本日の病院参りは、おしまいとなる。

 せっかく大阪市内に出てきたこともあり

 サラリーマン勤務時代から通っている

 いつもの散髪屋へ行く。

 散髪の頻度は、ひと月半からふた月ほど。

 だいたい、髪の毛が面倒だなと

 感じる頃が切り時だと言える。

 今回もひと月半と少し。

 ひと月半前の、いわば元の状態に

 戻してもらって、散髪屋を出る。

 このすっきり感は、なかなか、良い。

 さて、ここまで来たので、もうひと仕事。

 来週末からひと月のフィリピン行きに備えて

 必要最低限の換金をしておかなければ。

 国内の銀行での換金は

 最悪のレートだと思っているのだが

 なにせ、現地に到着した際に

 現地のお金を所持していないと

 身動きが取れないことがある。

 10,000円をペソに換金。

 iPhoneのアプリでチェックした金額よりも

 はるかに少ないペソを受けとる。

 まあ、安心料のようなものか。

 それとも、保険というやつか。

 幸い、お札を眺めても

 価値感がわからないので、

 ダメージは、少ないのであるな。

 北新地駅からJRに乗り、帰宅。

 フィリピン行きの準備を始めてみる。

 なにせ長い遠征になるので

 入念な支度が必要なはず。

 それが、プレッシャーとなっている。

 でも、フィリピンは暑い場所だし

 ヨットに乗るわけでもない。

 セレモニーへの出席もなし。

 ヨットウェアもフォーマルウェアも不要。

 でたらめなサマーカジュアルでOKだろうから

 スーツケースも軽めで済みそう。

 荷造りの内容をメモにしながら

 少し、気持ちが楽になり

 初めて行くフィリピンを

 思い描く余裕がでてくる。

 せっかくの旅だから

 楽しい日々になればいいのだが。

 期待7割、不安3割というところ。

 なんとなく、遠足前の気分になっている自分がいる。

 幸せな、良い時間だな、と思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

2017/05/24(水) 映画「哀愁」。

Waterloo170524

 二晩連続でノンアルコールの朝を迎え

 三日連続で朝トレへ。

 だから、どうと言うわけではないが

 多少は、自己満足のようなものがある。

 季節の変化とともに、フィットネスの

 館内の気温が上がっていることもあり

 しっかり汗をかいて、朝トレをあがる。

 朝風呂も、その分、気持ち良し。

 気分爽快で、帰宅する。

 午前中にデスクワークを済ませて

 さあ、午後はどうしようか。

 パソコンをぱちぱちやっているうちに

 ひょんなことから、ユーチューブにて

 古い映画のハイライト版を見つける。

 その中で、惹きつけられたのは

 映画「哀愁」のひと場面。

 美しい音楽を聴き

 これは、是非鑑賞してみたいと思う。

 アマゾンで探してみると

 数百円でウェブレンタルできると言う。

 早速、レンタルして、視聴を開始。

 1940年の映画で、時代背景は戦時だが

 なかなか斬新な男女関係が

 描写されていて、感心、感動する。

 原題は「Waterloo Bridge」。

 橋の上での出会いが象徴的で

 物語は、哀愁に包まれて、終わる。

 テーマ音楽は、「別れのワルツ」。

 これ、いわゆる「蛍の光」。

 寂しくも美しいメロディーの中

 主演女優、ビビアン・リーの演技が素晴らしい。

 ビビアン・リーと言えば

 「風と共に去りぬ」で有名だが

 その一年後に、この「哀愁」に出演して

 異なるキャラクターを表現することで

 さらに高い評価を得たのだと言う。

 因みに、このストーリーをリメイクしたのが

 1950年代の日本映画「君の名は」。

 男女が出会う橋は、銀座の

 数寄屋橋に設定されているそうだ。

 おっと、どうでも良いことを。

 映画を見終わり、少し早めの夕飯を食べて

 きょうは、テレビで

 プロ野球 巨人-阪神戦を観戦。

 スポーツ観戦には、ビールが付きものだが

 せっかくなので、もう一日、

 ノンアルコールを継続してみることにする。

 やれば、できるじゃないか。

 そう。

 ある意味簡単にできてしまうがゆえに、

 また、簡単に飲んでしまうのであるな。

 まあ、よい。

 明日は木曜日。

 大阪市内に出て、関電病院へ行き

 その後、床屋にも寄ってくる予定。

 そろそろ、来月の渡航の支度もしなければ。

 なんとなく、いつものように

 慌てだしている、自分がいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

2017/05/23(火) たん焼き定食。

Tongh170523

 実に久しぶりに

 ノンアルコールで迎えた朝。

 確かに、気分は爽快。

 元気に飛び起きて

 朝トレの準備を進める。

 いつものように、6時半に家を出て

 芦屋のセントラルフィットネスへ。

 トレーニングの内容は、

 昨日とは少し変えてみる。

 腹筋運動をきつめにして

 ベンチプレスで胸筋をいじめる。

 このように、久しぶりのトレーニングでは

 少しずつ、回復をはかるに限る。

 フィットネスを出て、コーヒーショップで

 朝食をとってから、帰宅。

 きょうの午前中は、デスクワークに専念する。

 さて、昼飯は、というと

 実は、昨日から決めていたものがある。

 西宮北口まで行って、

 牛タンの定食を食べることに。

 今から35年前のこと

 二日酔いで全く食欲のない会社先輩が

 牛タン屋へ行ったら、

 美味しく食べられたと言う事件があった。

 それ以降、会社内の若手の間で、

 牛タンが、一躍注目されることになった。

 中之島の会社事務所から、

 駅前第二ビルの地下にある牛タン屋まで

 食欲がない時には、

 よく行ったことを思い出す。

 ところで、なんで牛タンには、麦飯なのか。

 わからないまま、今日に至っている。

 きょう行ったお店でも、ご飯は麦飯。

 これ、牛タンに味がマッチするのだから

 本当に不思議だと思う。

 ついでに、ご飯をお代わりして

 大満足にて、本日の昼食を終える。

 しかし、お値段は、高い。

 牛タン定食と聞けば

 せいぜい1,000円程度だと想像したのだが

 実際には、1,600円だと。

 美味しかったから、許すが

 本心では、許しがたい値段だと

 思っている自分がいる。

 阪急芦屋川駅を降りて、コンビニで買い物。

 ノンアルビールとアイスクリームを購入する。

 ここのところ、気温が高いので

 アイスクリームもいいのではないか。

 ハーゲンダッツじゃないので、お値段も控えめ。

 今晩は、アイスでもかじりながら

 二日続けて、ノンアルコールな、

 健康的な夜を過ごすことにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

2017/05/22(月) トロピカーナ オレンジ。

Tropicana170522

 自宅で目を覚ますのは、10日ぶり。

 今回の遠征も、長かったなあ。

 やはり、家の布団は良いものらしく

 朝4時頃、しっかり目が覚める。

 気がついてみれば、日の出時間も

 すっかり早くなっている。

 夏至も近いのだと、改めて、知る。

 きょうは、もちろん、フィットネスへ。

 朝トレは久しぶりなので

 今朝は、軽めにしておく。

 それでも身体からアルコールが

 抜けていくようで、なかなか快感。

 トレーニングを終えて、風呂に入り

 実に気分良く、フィットネスを出る。

 きょうは、もうひとつ、

 久しぶりに、整形へ行く。

 受付にてリハビリを、と言うと

 きょうは、診察を受けてくださいとのこと。

 どうやら、三ヶ月に一度は

 診察を受けなければいけないのであるな。

 診察はすぐに済み

 いつものように、腰と首のリハビリを受ける。

 所要時間は、約1時間。

 このリハビリは、身体との噛み合いが良いようで

 首も腰も、とりあえず、絶好調になる。

 一旦、帰宅の後

 阪急西宮北口まで行って昼食を取る。

 外に出れば、天気は快晴。

 この暑さは、いったい、何だ。

 ここのところ運動不足も感じているので

 阪急西宮北口から、西宮のハローワークまで

 約1キロの道のりを歩いて行く。

 ハローワークの所用も済ませて

 では、JR西宮駅へ。

 途中、コンビニに立ち寄って

 さあ、ビールでも飲んでしまうか。

 いやいや、いけない。

 いわゆる休日ではないのだから

 昼からビールは、飲んではならぬ。

 では、どうするかと悩んだ挙げ句

 トロピカーナのオレンジを購入。

 どうしてなかなか、

 冷たいジュース類というのも、

 美味しくて良い。

 このような味わいを

 昨今は忘れているのだと思う。

 ごくごくと飲み干して

 よし、きょうはノンアルコールで

 一日を済まそうと決める。

 そして、帰り際に購入したのは、

 ノンアルコールビール。

 今晩の晩酌は、これで良し。

 たまには、アルコール抜きも、良い。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

2017/05/19(金) スカイツリー。

Skytree170519

 神田のホテルにて目を覚ます。

 昨晩はクラス会でしっかり飲んだので

 やはり、体調は今一つ。

 だが、幸福感に包まれていて、

 気分は決して悪くはない。

 ホテル地下一階の大浴場へ行き

 温かい風呂に入って、ますます気分良し。

 天気も良好。

 これは、文句の付けようのない

 素晴らしい金曜日だと思う。

 チェックアウト時間は10時なので

 それまでテレビなどを見て寛ぎ

 さて、きょうはどこへ行こうか。

 実は、スカイツリーに

 行ってみようと決めていた。

 神田から銀座線で浅草。

 乗り換えて、押上へ。

 どうやら、スカイツリーは

 開業5周年を迎えるらしいが

 こちらとしては、初めての訪問。

 なんとなく気後れしながら

 チケット売り場にたどり着く。

 チケット購入までの待ち時間は

 5分から15分だと。

 要するに、さして待つこともなく

 スムースに展望デッキへ上がっていく。

 エレベーターに乗っている時間はわずか50秒。

 桁外れの速さに驚く。

 で、展望デッキまで来たのであれば

 当然、その上の、展望回廊にも行きたくなる。

 お値段は、合わせて3,000円強。

 ありゃあ、高いこと。

 しかし、展望回廊から眺める景色は

 非日常感に溢れた、贅沢なもの。

 支払ったお金に満足とまではいかないが

 納得しながら、しばし、時を過ごす。

 小一時間を過ごして、地上に降りる。

 今度は、地上からスカイツリーを見上げて

 その不思議な非日常感を味わってみる。

 その後、野比の家に帰るには、まだ早いので

 ちょっと上野に立ち寄ってみる。

 上野駅の中央改札からホームを眺めてみると

 そこには、北の玄関『上野駅』が、ある。

 上野駅は、すべての路線の上り駅であり

 それゆえに、上野駅に降りる客は

 おのぼりさんと呼ばれたのだと言う。

 今は、すっかり綺麗になってしまったが

 それでも、中央改札からであれば

 上野駅が北に向けた始発駅であることが、わかる。

 続いて、上野駅から歩いて、御徒町へ。

 久しぶりにアメ横を歩く。

 ここには中田商店という店があるのだが

 小学校の頃、モデルガンを買いに

 ここまで来たことを思い出す。

 今は、モデルガンは売っていないのだなあ。

 でも、軍服の類いが面白く

 しばし、店の中を散策してしまう。

 そうこうしているうちに、適度な時間になり

 さあ、品川経由で、野比に戻ろう。

 野比の家に戻れば、晴天の下

 海面を伝って、涼風が吹いている。

 明日は、葉山でヨットレースイベントがあるが

 この調子であれば、明日もコンディションは最高かも。

 大いに期待しつつ、まあ

 ビールの晩酌を軽く進めて

 明日に備えよう、と思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/18(木) 永楽倶楽部。

Eiraku170518

 本日は、夕方まで用事なし。

 野比の家にて、ゆっくり起きて、

 海岸を歩いたりして、

 うだうだと午前の時間を過ごす。

 天気は晴天。

 気温もぽかぽか。

 本当に初夏の素晴らしい陽気だと思う。

 きょうは、夕方から都内にて

 高校の同窓会がある。

 一次会だけでは終わるとは思えず

 遅くなってから野比まで帰るのは

 心身ともにきついと考えて、

 あらかじめ、都内のホテルを予約している。

 ホテルのチェックインタイムは午後4時なので

 それまで、適度に時間をつぶさねば。

 昼過ぎに家を出て、

 YRP野比駅界隈で昼飯、とする。

 入ってみたのは、なんの変哲もないような

 普通の街中中華料理屋。

 が、しかし、もう1時半を回っているのに

 7割以上の席が埋まっている。

 さらに、店の外には、ウェイティングの記入用紙。

 おや。

 ここ、人気の店なのか。

 どうやら、餃子が名物らしく

 特製の冷凍餃子は、通販もしている、という。

 持ち帰り時間は、一時間程度まで。

 それを越えると、せっかくの

 餃子の美味しさがなくなるので

 冷凍パックで送る方が良いと

 店の人は、アナウンスしている。

 幸か不幸か、餃子はあまり好きではないので

 関心は浅いのだが、店内の様子を見てみると

 ラーメン他、餃子以外を食べている人も多い。

 きょうのところは、肉野菜炒めとご飯を食べ

 ある程度の満足を得て、店を出るが

 次回は、ラーメン類を食べてみようと、誓う。

 YRP野比駅から京急特別快速に乗って、品川へ。

 昼飯時に飲んだビールが適度に効いて

 車内ではぐっすり眠って行く。

 ホテルのある神田着は3時半。

 お堅いことは言われずに、チェックイン。

 同窓会用に着替えて、ホテルを出る。

 本日の会場は、永楽倶楽部。

 このような場所があることを

 実は、今回の同窓会の

 案内をもらうまで知らなかった。

 だが、この倶楽部は歴史が長く

 しかも、大隈重信により

 早稲田倶楽部として設立されたのだと。

 高校から早稲田に入り、

 7年間、早稲田に在学したはずなのに。

 それ以上に、卒業して約40年が経つと言うのに

 その存在を知らなかったことを

 実に不思議に思う。

 今さら入会する気もないが

 なんだかもったいないような気がするのは

 持ち前の貧乏性によるものかも知れない。

 同窓会の後、二次会があり

 やはり、その終了時間は10時を過ぎる。

 ホテルをとっておいてよかった。

 帰りにコンビニに寄って、ビールを2本買って

 部屋のみしてから、横になる。

 明日も好天の予報。

 たまには、都内見物でもしてみるか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

2017/05/17(水) 野比の朝。

Nobi170517

 きょうも野比の家で目を覚ます。

 思い起こしてみれば、この家で

 二日続けて目を覚ますのは

 実に久しぶりのこと。

 しかも、今回は、ここに

 4泊する予定になっている。

 このようなことが、今後もあるのだとすれば

 自分専用のベッドのようなものがあっても良いかも。

 敷き布団の上に、シュラフを置いて寝ているが

 どうも、これでは完全に疲れは取れない感じ。

 とは言え、高いベッドは買えないだろうし、

 安いベッドでは、余計に疲れるかも知れぬ。

 お金のかけかたは難しいなあ、と思う。

 窓の外から海を眺めてみる。

 海というより、天候が心配。

 晴天だと良いのだが、

 なんとなく、雲行きがぱっとしない。

 葉山の集合時間は9時なので

 余裕を見て、朝7時半に出発する。

 15分でYRP野比駅に着き

 久里浜で乗り換えて、逗子駅まで。

 朝のラッシュの時間には

 久里浜駅は、想像したより人が多く、驚く。

 平日の朝だもんなあ。

 このような時、定年退職したことを

 痛感せざるを得ない。

 きょうは、葉山マリーナにて

 マッチレースクリニックの二日目にして最終日。

 座学はほどほどにして

 とにかくヨットに乗って、実戦を楽しむことに。

 朝10時過ぎに出港。

 午後3時くらいまで、徹底的に

 マッチレースの実戦練習を行う。

 アンパイアボートには、2名のアンパイアが乗り

 選手のY旗に対して、判定を下す。

 今から25年前、初めて奥志摩で

 マッチレース練習を開始した頃は

 練習艇が1艇しかなく、相手艇を想像しながら

 寂しい練習を行ったもの。

 もちろん、アンパイアがいるはずもなく

 疑問が起こった時には

 練習後にアンパイアに電話をして

 説明してもらったことを思い出す。

 それと比べると、なんと環境が整っていることか。

 贅沢な環境に、しかし、嫉妬するのではなく

 確実に進化してきた事を、喜ぶ。

 二日間にわたった練習を終えて

 今晩は、友人たちと横浜にて、飲む。

 集合時間の午後7時半まで

 たっぷり時間があるので

 ついつい、事前に飲み過ぎてしまう。

 宴会の終了は、10時頃だったか。

 それから京急に乗って、YRP野比へ。

 家に帰り着き、さあ、寝よう。

 野比の家での3泊目の夜だ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

2017/05/16(火) 尻こすり坂通り。

Shirikosuri170516

 きょうは、オフ。

 火曜日はマリーナが休みだと言うことで

 マッチレース講習会も、お休みとした。

 日曜日の晩は、深夜バスで

 あまり良く眠れなかったこともあるのか

 今朝は、横になって眠れる幸せを

 全身に感じながら、目を覚ます。

 野比の家で目を覚ますと

 目の前に朝の海岸があり

 その向こうに、房総半島が見える。

 とても、美しい。

 5月のこの時期、まだ気温が低いので

 小さな暖房のスイッチをオン。

 室温を少しだけ上げて快適感を増す。

 コンビニで買って置いた朝食を食べ

 寝袋にくるまって二度寝を楽しみ

 その後、10時前に家を出て

 野比界隈の散策に出かける。

 グーグルマップを参照して

 人の歩ける道を探して、歩く。

 クルマの通れない、狭い道や

 階段を上がり下がりして、

 気がつけば、海ははるか眼下となる。

 坂を下りきると、あれ、変わった名前の通りを発見。

 『尻こすり坂通り』だと。

 祖父に野比の家を買ってもらってから

 おおよそ50年が経つが

 このような通りの名前は初めて知った。

 そもそも、幼少の頃から

 クルマ以外で来ることは少なく

 周囲の散策もしたことがない。

 寺があったり、マンション群があったり。

 野比の規模のようなものを

 改めて知ったように思う。

 時間はたっぷりあるので

 横須賀中央まで出て、家電量販店へ。

 テレビの室内アンテナを買ってみる。

 このような商品は、時に

 全く役立たないこともあるので

 返品可能商品なのだと。

 帰りにラーメン屋に寄って

 大好きなラーメンを食べてから、野比に帰宅。

 早速、室内アンテナを設置してみるが

 ものの見事に、全くの無反応。

 これは、ダメだ。

 がっかりすると同時に

 ヤマダ電機の返品キャンペーンに感謝する。

 夕方、もう一度、ヤマダ電機に行き

 室内アンテナを返品させてもらい

 その後、兄貴の家を訪ね

 兄夫婦と一緒に焼肉屋へ。

 美味しい焼肉を食べて

 冷たい生ビールを飲んで

 充実したひとときとなる。

 明日は、また、葉山。

 天気は不安定なようだが

 こちらも充実した一日になりますように。

※後刻、調べたところによると

 尻こすり坂 というのは、急坂だったので

 転んで尻をつくことから、付いた名前だとのこと。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

2017/05/15(月) しゃぶしゃぶ牛太。

Gyuta170515

 昨日は、志摩のマッチレースを終えて

 後片付けも全くせずに、すぐに帰宅。

 なんとか暗くなる前に家に着き

 すぐに、今一度、出発の支度をして

 夜行バスに乗って、鎌倉にやってきた。

 このバスに乗るのも、もう慣れたもの。

 やはり、眠りは浅く、疲れはするが

 ヨットの仮眠に比べれば

 上質な眠りが得られることを感じる。

 朝7時前に鎌倉駅に着き

 ひと駅電車に乗って逗子駅へ。

 立ち食いそばを食べて

 その後、コーヒーショップで

 熱いカフェラテを飲んで

 いざ、葉山マリーナへ向かう。

 きょうは、マッチレースのクリニック。

 国内を代表する優秀な選手たちに

 マッチレースのレクチャーをする、というもの。

 どのような話をすればよいのか

 正直、悩みまくったのだが

 最後は、海上での実戦がすべてだろう、

 だから、ルール関係の座学は、

 ある意味、無理強いしない方が良いのだろう。

 そう考えて、かなり気分を楽にして

 葉山マリーナでの本番に臨む。

 選手達は、優秀なので

 座学に力を入れる必要もなかったかも。

 昼過ぎから海に出て

 晴れのち、雨。

 南の風8~15ノットの中、

 有意義な実戦練習を終える。

 次回の講習会は、明後日水曜日。

 きょうは、野比の家に泊まる。

 京急のYRP野比駅まで行ってしまうと

 これと言う飲食店がないので

 京急久里浜駅にて

 晩飯の場所を探してみる。

 お。

 しゃぶしゃぶの店を発見。

 店の名前は、しゃぶしゃぶ牛太。

 ありきたりの名前だが

 メニューの中に、トンシャブがあるのが、良い。

 野菜類を自分で取ってきて

 テーブルの真ん中に鎮座する

 鍋に放り込んで行く。

 豆腐、えのき、その他きのこ、もちろん、白菜。

 ビールを飲みながらひとり鍋を楽しむ。

 食べ終えて、久里浜駅からひと駅電車に乗って

 YRP野比駅に到着する。

 電車を降りると、小雨。

 きょうは、晴天、雨天、そして、晴天、雨天。

 とんでもなく天候の不安定な一日だったと思う。

 明日は、オフ。

 ゆっくり眠って

 買い物にでも行ってみようと考えている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

2017/05/12(金) 奥志摩のコメリ。

Komeri170512

 きょうは、奥志摩行き。

 土日の二日間、志摩ヨットハーバーで開催する

 二宮杯マッチレースの準備をしなければならない。

 志摩に昼過ぎくらいに着けばよいので

 あまり慌てて家を出る必要もない。

 ゆっくり朝食を食べて、

 8時過ぎくらいにクルマで出発する。

 このような時、名阪国道を使えば

 交通費は助かるはずなのだが

 ついつい、便利な新名神を使ってしまう。

 玉城のインターを出て

 5,000円弱の高額な料金に、

 一瞬、驚いてしまう。

 本日は、幸いなことに晴天。

 準備要員はわずか2名で作業量は多いが

 気持ちの良い天気ゆえに

 作業はてきぱきと進む。

 そのような中、塩ビ製の

 パイプが必要だと言うことに気づく。

 どうすれば良いのか、瞬時悩むが

 そうそう、奥志摩には、コメリがある。

 しかも、志摩YHからクルマでわずか5分程度。

 これは、本当に便利だと思う。

 ついでに、スーパーと隣接しているので

 明日のパーティ用にビールも一緒に買ってくる。

 うむ。はかどるではないか、と満足。

 明日土曜日は、朝から土砂降りの雨の予報。

 だから、きょうのうちに

 できる限りのことはやっておかねば。

 人生も60年を過ぎて

 ようやく、悪い事態や状況を

 想像できるようになったと思う。

 夕方の5時に作業は終了。

 友人を1人、宇治山田まで迎えに行き

 一緒に晩飯を食べて、きょうはおしまい。

 しっかり英気を養って

 土日の二日間に備えよう。

 ファイト。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

2017/05/11(木) マルチツール。

Tool170511

 長い遠征から戻り

 気がつけば、もう5日ほどが経とうとしている。

 その間に、何ができたかと言えば

 大したこと、していないのであるな。

 そう思うと、なんだか慌て出す。

 一応、今後の準備は進めているはずだが

 何か忘れていることはないだろうかと

 心配しだすと、切りがない。

 当初の予定では、本日、志摩YHに

 入る予定にしていたのだが

 そのような不安もあり、一日延ばすことに。

 だからと言って、なにをするわけでもない。

 そして、余計に慌てることになる。

 きょうは、結局、昼前に神戸へ行き

 映画などを観てみる。

 昼飯は、神戸牛ステーキ。

 うむ。幸せかも。

 その後、東急ハンズへ行き

 最上階から地下フロアまで

 店内をしっかり散策してみる。

 欲しいもの、多々。

 その中でも、ひときわ目に止まったのが

 レザーマンのマルチツール。

 実は、先日、釜山からの帰国時に

 空港にて、この手のマルチツールを

 没収されてしまったのであるなあ。

 安物なので、ダメージは小さいのだが

 自分のうっかりで、誤って

 機内荷物に入れてしまったことを

 心から悔やんだもの。

 それに、なくなったとなれば

 ヨットの必須アイテムゆえに

 新たに購入しておく必要がある。

 さて、レザーマンだが、

 どうやら、一番小さなプライヤーメインのやつが

 とても良さそうに、見える。

 iPhoneのカメラに収めて、帰宅する。

 家に帰って、ウェブを開いて

 アマゾンの売り物の中から

 件のレザーマンの品番を探してみる。

 あった、あった。

 お値段も東急ハンズよりも一割方、安い。

 これからは、このように

 お店で確認して、ウェブで買う方法が

 主流になっていくのだと思う。

 と言うより、すでに、主流になっているのだろうな。

 なくしてしまったはずの

 マルチツールを購入して、

 ひとつ、物事を片付けたものの

 相変わらず、落ち着かない自分がいる。

 しかたない。

 ビールでも飲むとするか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

2017/05/10(水) カッパの洗濯。

Gear170510

 今朝は、なんと、寝過ごし。

 6時半に目を覚ます。

 これは、珍しい。

 いったい、なにが起こったと言うのか。

 もしかすると、黄砂による

 体調不良かも知れない。

 こんなに遅く目を覚ますと

 朝トレに行くタイミングも失う。

 きょうは、家でしっかり朝食を食べて

 別の過ごし方プランを考えてみる。

 天気はあまり芳しくないのだが

 そう言えば、マンションの屋上に

 カッパを干していたことを思い出す。

 カッパを洗うことは、あまりないのだが

 今回のように、長い期間

 着用した際は、しっかりと洗う。

 それを朝のうちに、取り込んで

 これで、一連の回航における

 最後の仕事を済ませたように、思う。

 しっかり畳んで、タンスの中の

 定位置に、収める。

 カッパに向かってご苦労さん、

 というひと言が出てしまうのは

 年のせいかも、知れないなあ。

 ご苦労さんと言う割には、

 しまいかたは、雑なもの。

 適当に折り曲げて、ぎゅっと

 タンスの中に押し入れてしまう。

 ま、いっか。

 きょうは、午前中に外出して西宮へ。

 帰りは家電量販店に立ち寄り

 以前より買いたかったパーツについて

 店員に、話を聞いてみたりする。

 時間の余裕があるからこそ

 人に話を聞く余裕もあるのだろうか。

 久しぶりに買っておくべき

 家電パーツを見つけて、少し嬉しい。

 一旦、帰宅した後

 クルマで再出発して、その家電を購入する。

 納得のゆく機能に、満足、満足。

 きょうは、とても良い一日だったなあと

 その一件で勘違いできるのが、良い。

 さて、さて。

 明日木曜日は、忙しくなりそう。

 たまった仕事をしっかり済ませて

 週末を迎えるようにしなければ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/09(火) カフェバー「igocoti」。

Igocoti170509

 火曜日の朝。

 遠征から帰宅して以降

 なんとなく、ゆっくりと

 時間が進んでいるように感じる。

 きょうは、日中の外出予定は特になし。

 朝トレの後は、家に帰って

 デスクワークに専念する。

 今週末の二宮杯マッチに始まり

 来週には、講習会や他のレースイベントがあるので

 その準備をしなければならない。

 参加選手や運営スタッフに連絡事項を発信し

 講習会やルールブック関係の仕事を進める。

 考えてみれば、仕事と言うのは

 多くの場合、会社デスクでやってきたわけで

 その長年の慣れのようなものがある。

 どうも、孤独に1人でデスクに向かうと

 やる気が湧いてこないから、困る。

 会社生活の頃は、個室が欲しいと

 ないものねだりをしてばかりだったのに

 いざ、個室でとなると、やる気が出ないのだから

 理不尽かつ、自分自身のわがまま勝手に

 少し、腹が立ってくる。

 さて、きょうは夕方から大阪市内にて

 会社のOB会のパーティがある。

 開催場所は、肥後橋の

 カフェバー「igocoti」。

 この店は、早期退社した会社の後輩が

 自分自身で立ち上げて、営業している。

 会社からの距離も近く

 OB会パーティの会場としては

 これ以上に適した店もないだろうと思う。

 少し早めに到着したので

 後輩と少し話をした後

 飲み放題のビールを飲んで

 先輩達の到着を待つ。

 久しぶりに会う先輩方には

 今でも緊張してしまう。

 38年前に新入社員として

 関西のオフィスに来た時から

 お世話になった人も少なからず、いる。

 みんな年を取ったなあと最初は思うのだが

 しばらく話をしているうちに

 昔と変わらぬ顔に変わっていく。

 約1時間半ほど滞在して

 頃合いを見て、退散する。

 緊張しながら飲んでいたせいか

 酒量は思ったよりも多いかも。

 翌朝、しゃきっと起きられますように。

 祈りながらも、家飲み晩酌に入っていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

2017/05/08(月) 公光(きんみつ)郵便局。

Postoffice170508

 久しぶりに家で迎える平日の朝。

 今の時期、エアコンもオフで

 窓を開ければ、涼しいそよ風が吹き込んでくる。

 先月中旬に熱海へ行った頃の気候を思い出しつつ

 4月の中旬と5月の上旬では

 季節が異なることを知る。

 暦の上でも、春から夏へ。

 今が、一年で一番良い季節なのかも知れない。

 なにせ3週間も家を空けていたので

 きょうの平日はやることが、多々。

 まずは、フィットネスへ行って身体をいじめ

 次に、本来であれば、整形でリハビリ、と

 いきたいところだったが

 忙しいので、きょうは、それをやめにする。

 支度を調えて、ハローワークへ行き

 所用を済ませた後、銀行、市役所、郵便局と

 順番に訪ねて行く。

 銀行では、収めるための税金分の現金をおろし

 市役所では、母の死に伴って必要になった

 いくつかの書類を受けとり

 郵便局では、税金を納めると同時に

 市役所で手に入れた書類を

 兄の元へ簡易書留郵便にて送付する。

 因みに、我が家に一番近い郵便局は

 公光(きんみつ)郵便局。

 これ、今の住まいに初めて来た頃

 読みがわからず、困った記憶がある。

 現住所の業平町と同じく

 公光町も人名に由来するのだろうが

 いずれにしても、この年齢になっても

 読めない漢字があることに

 理不尽な日本語の難しさを改めて知る。

 幸い、郵便局は、がらすき。

 税金支払いと郵送の窓口の2つを

 1人で独占させてもらうことに。

 税金の支払いでは、本人確認できる

 ものを見せよと言われ、

 自動車運転免許を出したはずが

 誤って、小型船舶免許を出してしまう。

 手続き上、問題は、全くないのだが

 窓口の女性がこれに反応。

 へえ、一級なんですか、と言われ

 続いて、私は二級免許で神戸大学ヨット部の

 マネージャーをしていたことがあると言う。

 ほんの二言三言のやりとりではあるが

 空いている窓口ならではの

 短いながらも不思議な時間だったと思う。

 クルマの税金も支払って、

 なんだか一日の仕事をすべて終えたかのよう。

 時間も昼前になり、家に帰って

 残り物のカレーライスを食べる。

 飲み物は、牛乳。

 3週間の遠征中は、昼からビール

 時に、朝からビールだったが

 これは、しっかり改善する必要がある。

 午後はたまっていた仕事をこなして

 気がつけば夜の時間帯に入って行く。

 今週末は、志摩でヨットレースがあり

 来週は、また、関東遠征となり

 またもや、約1週間の家出となる。

 来月は、フィリピンへひと月の出張。

 うむ。

 やっておくこと、たくさんあるなあ。

 押し寄せる仕事に負けないよう

 少しずつでも、仕事をこなしていかねば。

 と、えらそうなことを言いながらも

 きょうは、まあいいやと

 ビール晩酌に入ってしまった自分がいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

2017/05/05(金・祝) 人で賑わう三峯神社。

Mitsumine170505

 朝5時に横須賀の兄の家で目を覚ます。

 あまり早くから家の中を

 うろうろするのも邪魔だろうと思い

 ここは、二度寝を決め込んでみる。

 あまり良くは眠れないが

 6時過ぎに、本格的に起き上がる。

 きょうは9時20分にJR衣笠駅に集合して

 毎年恒例の三峯神社に出かける。

 朝食は軽くコンビニおにぎりを食べ

 少しだけビールも飲んで

 いざ、出発、となる。

 逗子駅で乗り換えて、

 池袋駅で西武池袋線に乗り換える。

 すでにこの時点で電車は満席状態。

 秩父全体が人気スポットとなり

 すごいことになっていることを感じる。

 西武秩父駅も人、人、人。

 トイレにもすごく長い列ができている。

 三峯神社のお迎えの運転手さんによると

 神社の手前3キロが渋滞で

 駅から神社まで3時間がかかると言う。

 神社の手前の渋滞とは

 要するに、駐車場に入るクルマの渋滞ということ。

 出てくるクルマを待たねばならないので

 ますますもって長い時間がかかるのだな。

 幸いなことに、神社の送迎バスゆえに

 ショートカットの道を走り

 これで、1時間程度は短縮できたとのこと。

 それでも、結局、西武秩父から2時間半。

 ようやく、目的地の三峯神社に到着する。

 神社の本殿にも人の列ができて

 千客万来の状態になっている。

 客が集まるのは、良いのだが

 受け皿がもっとしっかりしてくれないと

 客は不便を被ることになる。

 そんなことをぶつぶつ言いながら

 宿坊である興雲閣の風呂に入ると

 あれま、すべってしまって

 右の中指を突き指してしまう。

 神様、ごめんなさい、ということか。

 浴衣に着替えて、部屋でビールを飲んで

 さあ、晩飯の時間まで

 今しばらく寛ぐとするか。

 興雲閣の窓からは、美しい景色。

 海も山も、いいものだなあ、と思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

2017/05/04(木・祝) JR成田駅。

Narita170504

 成田駅前のホテルにて起床。

 昨晩、かなりビールを飲んだのだが

 気分が上々なのは、精神的な負担が

 すっかりなくなったせいかと思う。

 起きて、まずやることは、宅急便の荷造り。

 もう海に出ることもないので

 カッパ類他、重たい装備を

 すべてまとめて自宅に送る。

 朝7時にフロントへ降りて

 宅急便を依頼すると同時に

 朝食を食べる。

 コンフォートホテルのサービス朝食は

 必要にして、十分だと思う。

 ご飯は、おにぎり。

 オムレツにソーセージ。

 お腹いっぱいにして部屋に戻る。

 このホテルは、なかなか良い。

 8月末に成田に一泊する予定があるのだが

 では、とばかりに、

 このホテルに泊まることに決める。

 早期の割引もあるのか

 6,000円程度で泊まれるとのこと。

 ひとつ、先の仕事を終えて、ほっとする。

 さて、きょうは、

 明日の三峯神社行きに備えて

 衣笠まで移動する。

 ホテルは京成成田駅側にあるのだが

 衣笠に行くとなると

 JR成田駅を使うことになる。

 エスカレーターを上がり

 京成成田駅を通り過ぎて

 JR成田駅まで、歩いて行く。

 荷物はバックパックだけなので、楽勝なのだな。

 そうそう。

 京成とJRともに、成田駅までは

 成田空港からほ同じルートを走ってきて

 ここから異なるルートにて都心に向かう。

 そんなことも実は、初めて知った。

 JR成田駅で衣笠までの切符を買おうとするが

 そもそも、料金表示に衣笠駅が、ない。

 どうすれば買えるのか

 駅員に尋ねてみると、特定の

 販売機でしか買えないのだと言う。

 なんと、不便な、と思いつつ

 グリーン券と一緒に乗車券も購入する。

 約3,000円也。

 乗車券は異様に高く感じるが

 長い旅程ゆえに、グリーン券は安く感じる。

 成田駅では、グリーン車はがらがら。

 しかし、駅に着くたびに、乗客は増え

 途中から満席状態になる。

 東京駅でまたがらがらになり

 そんな状態で、大船駅に到着する。

 乗り換えて、逗子駅まで。

 今一度、乗り換えて、衣笠まで。

 所要時間はしっかり3時間。

 本日のノルマを終えて、ほっとする。

 実家の兄の家にたどり着き

 ソファにて、ひたすら眠る。

 2週間の疲れがたまっているようで

 自分でも信じられないくらい、良く眠れる。

 明日は、朝9時20分に衣笠駅に集合。

 三峯神社の登拝は、何回目になるのだろうか。

 天気に恵まれますように。

 神様にお願いをしてから、

 眠りにつこうと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

2017/05/03(水・祝) 小さな冷やし中華。

Hiyashi170503

 釜山のホテルにて、

 朝、しっかり5時に起床。

 目覚めも良い。

 このような時、時差がない韓国は

 ありがたいものだと思う。

 きょうは、ヨットチームはレースに出発。

 サポート隊は、マリーナにて

 我がチームを送り出した後

 別の交通手段にて、帰国する。

 8時半にロビーに集合して

 まずは、先発隊がタクシーにて出発する。

 30分後に、後発隊が、

 やはりタクシーにて出発。

 五輪ハーバーにて、再集合する。

 ハーバーでのイミグレーションは、

 思ったよりも早く完了して

 いざ、出港の準備となる。

 天気予報によると、今夕まで軽風なのだと。

 レース艇は、スタート後、

 神経戦になるのだと推察される。

 暗くなったあたりで前からの風となり

 クローズホールドでの

 戦いになっていくのだと思う。

 さて、さて。

 みんなを送り出し、

 釜山の金海空港から飛行機で帰国する。

 ハーバーから空港までのタクシー代は

 日本円にして2,500円程度。

 本当にタクシー代は安いと思う。

 金海空港から成田空港までの

 所要時間は、約2時間。

 出国していたのは、わずか2-3日のはずだが

 なんだか、久しぶりに帰って来たぞ

 という感覚なのが不思議だと思う。

 どうやら、頭の中では

 4/16、熱海に入った時から

 出国のようなカウントが

 開始されていたのだな、きっと。

 本日の宿泊は、成田駅前のホテル。

 空港から京成電車に乗って成田まで。

 徒歩すぐのホテルにチェックインする。

 このような時、まず、大事なのは

 ビールと食べ物をコンビニで買ってくること。

 早速、コンビニへ行き

 ビール5本と、晩飯を買う。

 で、晩飯を何にするか、散々悩んだ挙げ句

 買ったのは、小さな冷やし中華。

 店頭で眺めているうちに

 思い切り欲しくなって買ってしまった。

 ホテルに戻り、ビールとともに

 小さな冷やし中華をいただく。

 湯を沸かす必要もなく、とにかく

 手間がかからず、便利なのだな。

 紅ショウガ、ゆで卵、キュウリの味わいが

 やはり、自分が日本人だと言うことを

 思い出させてくれるように思う。

 そうそう。

 冷やし中華に付いている

 和辛子の味わいが、また、良い。

 明日は、横須賀へ行く予定。

 朝10時過ぎの電車に

 2時間半ほど乗れば、衣笠に着く。

 長時間の旅のようだが

 ヨットに比べれば、なんということは、ないか。

 そんなことを考えながら

 ゆったりとしたホテルの部屋で

 缶ビールの晩酌が進む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

2017/05/02(火) 機張(きじゃん)。

Kijan170502

 三晩、ヨットで仮眠しかできなかったので

 今朝のベッドでの目覚めは、実に爽快。

 やはり、眠りは、人間の身体にとって

 一番の回復剤なのだと思う。

 朝7時にホテルで朝食を食べ

 その前後に、ハイネケンビールを

 ぐびりと、飲む。

 ヨットに乗る必要がないので

 きょうは、いわば、オフ。

 何にも捕らわれない幸せを感じる。

 午前中に、近場を散策。

 小一時間歩いているうちに

 適度に腹も減ってくる。

 きょうのランチは、カニなのだと。

 釜山からタクシーに乗って30分程度。

 機張(きじゃん)というところへ出かける。

 タクシーに乗り、運転手に行き先を告げると

 日本語のわからない運転手が

 しきりに、テゲ、テゲ、と言う。

 どうやら、テゲとは、カニのことらしい。

 機張は、カニで有名なので

 行き先を聞いただけで

 我々がカニを食べに行くことが

 わかったのだな、きっと。

 機張の市場には、

 カニ売り場がずらりと並ぶ。

 と、同時に、レストランになっていて

 店頭でカニを選んで

 店内でそれらを食す仕組み。

 美味しそうなズワイガニを選んでもらって

 後は、店内でビールを飲みながら

 ボイルされたカニの到着を待つ。

 なお、カニの頭の部分は

 焼きめしとなって出される。

 カニミソの味わいが

 今一つはっきりしないのが残念だが

 とにもかくにも、カニ三昧となる。

 8人でお腹いっぱいに食べて

 ビールも飲んで、お値段は

 日本円にして、ひとりあたり

 3,500円程度だったか。

 納得の値段に、とても得した気分になる。

 ホテルに帰り、さて、いよいよ

 アリランレースのモードに入る。

 自身は出場しないのだが

 せっかくの機会なので

 艇長会議には出席してみる。

 会場は、ウェスティンホテル。

 ここは、釜山国際女子マッチの際に

 お世話になっているホテルなので

 ホテル内に入ると、少し安心する。

 艇長会議の内容は、と言えば

 概ね、出入国関係の説明に終始する。

 やはり、ヨットでの出入国ゆえに

 一番大事なのは、そこになるのだと思う。

 本日、残された予定は

 レセプションパーティのみ。

 選手のみんなには、飲み過ぎぬよう

 注意を喚起しなければ、と

 無駄なことを考えつつ

 パーティ会場に向かおうとしている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

2017/05/01(月) 釜山の「Son of Bacchus」。

Sobinbussan170501

 昨晩深夜に対馬の浅茅湾を出港。

 真っ暗の中、また、強風の吹く中

 精神的に重たい出港になった。

 が、しかし、セールがしっかり

 あがってさえしまえばこちらのもの。

 やや後方からの風を受けて

 ヨットは釜山に向けて、かっとんでいく。

 到着予想時間は、朝9時だったが

 1時間ほど早く釜山に到着。

 好天の下で、記念写真などを

 みんなで撮ってみたりする。

 釜山の五輪ハーバーに着けば

 今度は、入管が待っている。

 ヨットチームが1艇ずつ呼ばれて

 順番に入管を済ませていく。

 思いの他、作業は早く

 一人当たりせいぜい

 1分程度で片付いていく感じ。

 その後、もう一度ヨットに戻り

 後片付けと、レースに向けて

 残された作業をこなしていく。

 作業時間は、30分程度で終わり

 では、ホテルへ行こう、となる。

 先月の16日に初めて

 Son of Bacchus の船体を見てから

 きょうで約2週間となる。

 毎日、接している間に

 随分と慣れ親しんだことを感じる。

 きょう、ここで艇を離れれば、

 しばらくは、乗ることもないのだと思う。

 明後日は、アリランレースのスタートとなる。

 朝のうちに、Son of Bacchus を

 このハーバーで見送ってから

 タクシーで釜山空港へ行き

 次の目的地である三峯神社へ向かうべく

 成田空港へ飛んで帰る。

 随分、よく遊んだなあ。

 仕事のリタイヤ後と言うのは

 やることさえあれば、

 充実しているのだなあ、などと

 わかったようなことをほざきつつ

 本日のホテルである

 東横インにチェックインする。

 ベッドに横になるのは、二日ぶりか。

 気分良く眠れますように。

 そんな素朴なお願いをしながら

 本日の晩酌の部に入っていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

2017/04/28(金) 平和台ホテルファイブ。

Hotel5170428

 熱海から福岡までの回航を終えた翌朝。

 ある意味、心地よい達成感に包まれながら

 博多市内のホテルで目を覚ます。

 ここホテルファイブは、ヨット泊地の

 小戸からさほど遠くなく

 また、繁華街に適度に近いのも良い。

 昨晩も天神のお店で宴会があったが

 帰りはタクシーであっという間に

 ホテルに帰り着くことができた。

 今朝の起床時間は、いつも通りの5時。

 ゆっくりと朝のひとときを寛ぎながら

 回航の航跡を思い出してみる。

 このような時、ヨットライフ特有の

 幸福感にひたることができる。

 7時にホテル内レストランで

 バイキングの朝食をとる。

 お値段800円の税別だと。

 一瞬、高いと思ってしまったが、

 辛子明太子があり、納豆があり

 まあ、その他たくさんの惣菜があり

 腹一杯になってしまう。

 ジュースにサラダ、仕上げは

 ゆっくりホットコーヒーを飲みながら

 きょうの予定などを反芻してみる。

 なかなか良い時間になり、

 適度な満足感を得る。 

 その後、シャワーを浴びて

 きょうの支度を進めていく。

 福岡到着でお役御免の衣服をまとめて

 段ボールに入れて、

 宅急便にて自宅に返送する。

 やや、セーリングの際の

 防寒力は低下するが

 釜山までの残りの行程は、

 なにせクルーの人数が多い。

 なんとかなるだろうと思う。

 また、釜山までたどり着けば

 必要なものは、なんでも

 追加購入することができるし

 なにより、釜山到着をもって

 自分自身の一連のセーリング、

 すなわち海上活動は、おしまいとなる。

 さて、さて。

 天気は上々。

 きょうはとても暖かくなると言う。

 好天の下、春の恵みを満喫しながら

 もう少しの時間、ヨット「Son of Bacchus」の

 お手伝いをすることにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

2017/04/27(木) 福岡市立ヨットハーバー。

Odo170427

 昨日の早朝、土砂降りの雨の中

 広島観音マリーナを出港した。

 ホテルからタクシーでマリーナへ向かったので

 かなり楽はできたはずだが

 20キロの重たい軽油入りポリタンクを2個持って

 さらに、タクシー降り場から

 約100メートルは、濡れ鼠状態。

 出港前からダメージの大きな航海となった。

 しかし、早朝出港という無理を押した甲斐もあり

 道中、ほぼすべて追い潮の航海となる。

 西流最高時の大畠の瀬戸を過ぎ

 ついでに関門海峡も西流最速時に通過する。

 その間も追い潮に乗り続けたわけで

 結果、素晴らしく早い時間に

 福岡湾にとっついてしまう。

 あまり早いと真っ暗な中での入港になるので

 ここは燃料の節約も兼ねて

 速度を落として、時間を調整する。

 きょうの福岡の日の出時間は、

 確か、5時38分だったか。

 これ、三重県の志摩の時と比べると

 20分ほど遅い時間だと言うこと。

 うむ。

 宇宙の動きを感じる瞬間だと思う。

 少し、大げさか。。

 入港したのは、小戸ヨットハーバー。

 我々は、ここをひと言で小戸(おど)とも言う。

 が、しかし、正しい名称はと言うと

 福岡市立ヨットハーバーなのだと。

 市による運営のせいなのか

 例えば、ビールの自販機がない。

 また、燃料の給油もできない。

 レストランがあるわけでもなく

 ほんと、ファシリティに関しては

 満たされないハーバーだと思う。

 が、しかし、学生たちのヨットの基地であり

 さらに、その学生たちが活躍している。

 やはり、小戸は小戸であり

 名門のハーバーだと言えるのだな、きっと。

 さて、さて。

 小戸に入港後、雨で濡れたカッパ類を干して

 その後、タクシーでホテルへ向かう。

 今晩の宿となる、平和台ホテルファイブは

 決して贅沢なホテルではないが

 我々の早めのチェックインを

 許してくれたのが、とても、良い。

 午後2時には部屋に入り、

 シャワーを浴びて、回航の垢を落とす。

 気持ち良し。

 明日は、昼前からヨットのメンテをして

 宴会後の夜中に、

 壱岐島に向けて出港する。

 夜の航海にはすっかり身体が慣れてきている。

 ここから先、釜山までも

 快適な航海になりますように。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

2017/04/26(水) 広島のダイヤモンドホテル。

Diamond170426

 徳島-広島の回航を終えて

 ここのところお決まりのようになった

 二日に一度のホテル泊まりとなる。

 なんとなく、毎晩のように

 ホテル暮らしをしているように思えるのだが

 ヨットの回航で、仮眠だけのヨット泊があり

 その翌日、ホテルに泊まっていることになる。

 つまり、二日に一度だけ

 まともなベッドに寝る、ということ。

 ああ、道理で疲れるわけだと思う。

 今回泊まったのは、広島の

 ダイヤモンドホテル。

 ここは、セーリング関係の仕事の際

 何度か使ったことがある。

 一般的に言えば、不便な場所なのだろうが、

 こと、セーリング関係となると

 決してそうとは言い切れない。

 観音マリーナから、無理して歩けば25分。

 実は、このルートは、ヨットイベントのパーティ後に

 腹ごなしもあり、何度も歩いて帰ったことがある。

 歩く道中は長いが、それなりの

 満足感があったことを思い出す。

 そうそう。

 ホテルの名前のダイヤモンドは

 三菱重工に由来するものなのだろうか。

 どうでも良いことだが

 ダイヤモンドという、平凡な名前ゆえに

 勘ぐってしまうのであるな。

 と言うより、そうに違いない。

 さて、さて。

 一連の回航サポートも最終章。

 きょうから明日にかけてはしる

 広島-福岡の回航で、

 ミッションは一旦、終了する。

 春のこの時期は、ヨットをやるには

 思いの他、きついのであるな。

 そんなヨットを年甲斐もなく

 一生懸命にやっている自分を

 たまには褒めてやりたいと思う。

 もう一踏ん張り、頑張れえ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/25(火) 広島観音マリーナ。

Kanon170425

 徳島から広島まで

 途中、鳴門海峡を越えて

 また、宮窪の瀬戸を越えて

 本日の午後2時、観音マリーナに到着。

 きょうは火曜日なのでマリーナはお休み。

 だからヨットの入港手続きや

 マリーナの出入方法等について

 警備員と話をすることになる。

 不慣れな担当者のようで

 少し時間はかかったが

 諸手続きは無事に終了。

 ヨットを離れて、ホテルへ向かう。

 今回の航海は、

 鳴門は潮に乗って、快適だったのだが

 宮窪は、逆潮をくらって、最悪の図。

 丸一日、瀬戸内海をヨットで走れば

 良い時もあれば、悪い時もある。

 しかたなし、と諦めるしかない。

 今回の所要時間は、24時間。

 もっと速い速度を想定していたのだが

 早すぎても困ることがあるので

 むやみに速度を稼げば

 良いというものではない。

 さてさて。

 今晩広島に泊まって、明日は

 いよいよ今回の回航の目的地である

 博多へ向かって出港する。

 所要時間予想は、26時間。

 広島観音マリーナを朝6時半に出港して

 深夜前に関門海峡に入れば

 後は、順調にいけると思う。

 しかしながら、雨の予報。

 これは、参る。

 あ、しまった。

 ヨットの中に傘を忘れてきた。

 このような時、出港前に濡れ鼠になるのが

 最悪の状況のひとつ。

 無駄に思えるが、今晩傘を買っておこう。

 少しでも快適な航海になりますように。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

2017/04/24(月) 潜水士。

Diver170423

 昨日の朝、徳島に入港。

 天気は良く、概ね

 予定通りの時間に到着できたのだが

 問題が起こっている。

 プロペラに何か絡まっているらしく

 本来あるべき艇速が出ない。

 もちろん、途中でなんどか

 前進、後進をかけることで

 異物の除去を試みてみた。

 結果、艇の振動等から判断するに

 異物は除去できたかに思えたのだが

 艇速が出ない事実には

 目を背けることができない。

 艇の底の事は、いくら頑張っても、

 明確に知りようがないのだな。

 徳島に入港して、まず最初に

 防水カメラにて、船底の撮影を試みる。

 うむ。

 水が濁っていてよくわからない。

 次に、艇を上架できるところがないか

 いろいろと当たってみるのだが

 この界隈には、そのような施設がない。

 ありゃ、困ったのだが

 ここでクルーの一人が

 潜水士を呼ぶことに思い至る。

 徳島の潜水士協会のような

 ところへ電話してみると

 その日のうちに派遣してくれると言う。

 これは、助かる。

 昼に潜水士がやってきて

 潜ってもらって確認してもらうと

 プロペラの回転軸に細い海藻が

 絡みついていると言う。

 どうやら、それがプロペラ回転の

 負担になっていた模様。

 障害状態の写真も撮ってもらい

 全員確認した上で、障害物を

 取り除いてもらう。

 その後、試走をしてみると

 あれま、速度は格段にアップする。

 この気持ち良さ。

 以上の日曜日の作業を完了したおかげで

 さて、本日月曜日からの

 広島回航に出発できる。

 所要時間予想は、22時間。

 本日午後の2時くらいに徳島を出港して

 明日の昼前くらいには、

 広島の観音マリーナ到着予定。

 天気は、上々。

 風に翻弄されることもなさそう。

 せっかくトラブルも除去できたことだし、

 快適な航海になることを願う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

2017/04/21(金) 志摩の Son of Bacchus。

Sobinshima170421

 約24時間の回航を済ませ

 我らが Son of Bacchus は

 朝8時に、志摩に到着。

 道中は、概ね快適なクルーズで

 かなり楽な回航となった。

 一番吹いた時で12ノット程度。

 しかも、後方から。

 全く濡れることもなく

 元気に艇から降りる。

 まずは志摩YHでクルマを借りて

 クルーを一人、宇治山田まで送る。

 これで、本日の一番大きな仕事が終わる。

 帰りに少し買い物をして、

 ヨットハーバーに戻る。

 約100リットルの軽油を給油して

 明日の出港の支度は、終了。

 後は、明日からの航海に合流する

 クルーの到着を待つのみとなる。

 日程が二日遅れているので

 それをどのようにして取り返していくのか。

 とは言え、慌ててもしかたなし。

 全行程を機走した場合を想定して

 燃料の確保も計算する必要がある。

 明日の出港は、朝6時の予定。

 天気予報によると、

 潮岬を越えたあたりから

 前からの風をくらいそう。

 縮帆の準備を済ませて、

 それに備えておく。

 ベッドに横になると、

 睡魔が襲ってくる感じ。

 しっかり静養して、明日以降の

 まだまだ長い航海に備えよう。

 ヨット Son of Bacchus よ、

 道中の無事を頼むぞよ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

2017/04/20(木) グランビュー熱海。

Grandview170420

 熱海に滞在して、5日目。

 曜日感覚がなくなっている自分を知る。

 気がつけば、日付けは20日。

 4月も下旬に入ってしまったのだなあ。

 熱海に来て、最初の二日間は

 大月ホテル和風館に泊まったのだが

 その後の二日間は、

 グランビュー熱海に泊まっている。

 部屋も外観も質素。

 でも、必要にして十分だと思う。

 値段が安く、ボリュームたっぷりの

 朝食が付いているのも良い。

 また、屋上に浴場があるのだが

 これ、小さくいながらも

 窓から眺める景観は、合格点。

 ホテルの宣伝文句通りに、

 晴れていれば、初島はもちろん

 大島までくっきりと見える。

 朝6時に朝風呂に入り、

 きょうの好天を通して

 伊豆の海を眺めて、ご機嫌になる。

 さて、さて。

 2日間にわたって暴風をもたらした

 複数の大型の低気圧をやり過ごし

 いよいよ、きょうの朝、

 熱海を出港することになる。

 最初の寄港地は、志摩の予定。

 天気予報によると、全行程

 概ね、穏やかな航海になる模様。

 明日の早朝には志摩に到着して

 まる一日、今度は志摩で休憩できる。

 その次は、徳島まではしり

 次は、広島まではしることになる。

 穏やかな天候でさえあれば

 クルージングは、楽しいばかりに違いない。

 待ちに待った鬱憤を発散するかのように

 出発を前にして、ルンルンな気分になっている。

 では、行って来ます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

2017/04/19(水) 熱海警察中央交番。

Policebox170419

 熱海にやってきて、四日目。

 長い滞在になっている。

 昨日、前線を伴った低気圧が

 ひとつ過ぎ去ったのだが

 きょうは、次の低気圧が接近していて

 天気は晴天なのだが

 熱海の港内にも凄まじい

 南西の風が吹き込んでいる。

 時折35ノット超え。

 きょうも出港しなくて

 よかったと胸をなで下ろす。

 出港予定を明日に決めて

 きょうも朝から、のんびりと過ごす。

 ホテルで朝食をいただき

 その後は、晴天下のヨットにて

 ビールを飲んで、みんなと歓談をして

 数時間を過ごす。

 昼飯は、マリーナの近所の中華。

 もちろん、生ビールを飲みながら

 会話も弾んでいく。

 そうそう。

 マリーナの入り口近くには、交番がある。

 名前は、中央交番なのだと。

 この交番は、30年前からあったのだが

 その頃は、交番のすぐ前に

 公衆電話ボックスが設置されていた。

 1985年10月12日。

 48時間にわたるヨットジャパンカップの

 最終ロングレースを終えて熱海に帰着。

 ヨットから飛び降りて、

 次女誕生の報せを聞くために、

 桟橋から、この交番まで、小銭を持って

 走ったことを鮮明に思い出す。

 当時は携帯電話もなく、また

 生まれてくる子供の性別も事前にはわからず

 家に電話をするまで、誕生の有無も

 男か女かも、知りようがなかった。

 我が母が電話に出て

 36時間前に生まれたわよ。

 女の子。

 母子ともに元気ですよ、だと教えてもらった。

 あれから30年以上が経ち

 今では熱海に素晴らしいマリーナができて

 一方で、公衆電話は、

 その役目を終えたのだと思う。

 もちろん、今は、ない。

 さて。

 いよいよ、明日の朝、出港する。

 当初の予定よりも出港が二日遅れたので

 少しだけ、全体の進行を早める必要がある。

 だが、しかし、慌てるまい。

 先をしっかり見据えて、また

 年をとった我が身と相談しながら

 良い航海にしたいと願う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

2017/04/18(火) Son of Bacchus。

Sob170418

 熱海のホテルで目を覚ます。

 本来であれば、きょう、熱海を出港する日。

 だが、天気予報によると

 本日および明日は、低気圧の接近で

 日本沿海は大荒れとのこと。

 これでは、出港できない。

 地元の人の情報も聞き

 出港日を明後日と決める。

 それであれば、低気圧をやり過ごし

 少なくとも1週間は、穏やかな海象の中

 命の危険を感じずに、航海ができるはず。

 そんなプランを頭に浮かべつつ

 今回の相棒であるヨットのもとへ

 まずは行ってみる。

 ヨットの名前は「Son of Bacchus」。

 酒の神様の息子、というところか。

 確かに。

 乗り組むメンバーは、みいんな酒飲み。

 だが、それは、この艇に限ったことではなく

 ありとあらゆるヨットの乗組員は

 みいんな酒飲みなのであるな。。。。

 日曜日に熱海に来てから

 Son of Bacchus のキャビンにて

 長い時間を過ごしている。

 そうこうしているうちに

 愛着も湧いてくるから不思議だと思う。

 明日ももう一日、ゆっくり陸上で過ごす。

 さて、なにをして熱海の一日を過ごそうか。

 そんな幸せなことを考えながら

 しかも、熱海のホテルの一室にて

 今晩のビール晩酌が進む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

2017/04/17(月) 大月ホテル和風館。

Ohtsuki170417

 きょうは、熱海の旅館で目を覚ます。

 旅館と言っても、部屋は洋室。

 広いダブルベッドで、気分良く起き上がる。

 6時まで待って、温泉に行く。

 天気は上々。

 露天風呂も綺麗で、快適。

 熱海温泉に来たのだなあ、と

 少し、感動してみたりする。

 今回泊まっているのは

 大月ホテル和風館。

 実は、今から30年以上も前

 1985年に開催された

 熱海のジャパンカップの際に

 大月ホテルを使ったことがある。

 会場が目の前で、とても便利。

 最高のロケーションで、

 こんな贅沢ができるなんて、と

 最高の幸せを感じたことを思い出す。

 当時の料金で、ひとり15,000円。

 レースは9日間にわたるもので

 レースクルーは、6名から7名。

 ヨットのオーナーが、我々の目の前で

 100万円を越える現金の

 支払いをしていたことも、思い出す。

 その本体たる大月ホテルは、なくなって

 今は別名のホテルになっている。

 だがその裏手に、大月ホテル和風館があり

 今、その恩恵を受けているのだなあ。

 不思議な縁のようなものを感じ

 ノスタルジーに浸る自分がいる。

 さて、さて。

 回航の出港は、明日火曜日なので

 きょうは、暇な一日となる。

 幸いなことに、朝のひととき

 海をテーマにした雑誌の撮影があり

 ヨットを使わせてください、とのこと。

 これは、大歓迎。

 しばし、退職したはずの広告実務を思い出し

 若い頃の撮影立ち会い業務を懐かしみながら、

 撮影の現場風景を眺める。

 それが終われば、さあ、昼食。

 きょうは、蕎麦を食べて、ビールはお預け。

 少しはアルコールを抜いて

 長い航海に備えねばならぬ。

 と、これ、手遅れかも知れないが。

 午後になれば、天気予報通りに

 雨が降り出す。

 しかも、突然の本降り。

 明日は、この雨が上がった頃を見計らって

 出港するつもりでいるのだが、

 天の神様は、優しく見守ってくれるだろうか。

 まあ、きっと、優しいはず。

 楽しい航海になることを祈りつつ

 あ、気がつけば、

 ビールを飲んでいる自分がいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

2017/04/14(金) iPhoneの防水ケース。

Waterproof170414

 三週間の遠征に出発するまで、あと二日。

 準備万端には、ほど遠く

 気持ちばかりが焦ってくる。

 一番の心配事は、防寒用の衣服。

 単に防寒だけではなく

 着替えのことも真剣に考える必要がある。

 ひとたび出港したら、1週間は

 港を転々とすることになる。

 洗濯も容易にはできないわけで、

 では、着替えをたくさん用意するかと言えば

 荷物が増えるので、それも避けたいと思う。

 悩んでいるうちに、時は経つ。

 また、準備すべきことは、

 それ以外にも、いろいろ、ある。

 きょうの午後は、大阪市内に出かけて

 そんな必要物をひとつ、購入する。

 買ったのは、iPhoneの防水ケース。

 今回の回航では、ナビゲーションに

 iPhoneが役立つと考えている。

 そのiPhoneを防水状態にしておかねば

 活用には、ほど遠いことになる。

 で、防水ケース。

 ヨドバシカメラで物色してみるが

 これいいな、と思うと

 ベラボーに値段が張ることに気づく。

 一旦、2千円強のものに決め込むが

 いやいや、常時緊急の海の上では

 安物買いの銭失いになりかねない。

 いつにない、強い意志をもって

 最初にこれいいな、と

 思ったものを買うことにする。

 1万円超えだと。

 貧乏性ゆえに、とほほの気分になるが

 もう、値段のことは忘れて

 ひたすら、前向きに、ものごとを考えよう。

 家に帰り、今まで使っていたシェルをはずし

 新しい防水ケースに入れ替える。

 ケースをはめた時の、防水特有の

 パチリというシャットアウト音。

 ほお、いいじゃないの。

 根が単純ゆえに、この時の快感で

 すっかり値段のことも忘れている。

 窓の外は、初夏の陽気。

 考えてみれば、4月中旬の日の長さは

 8月末と、ほぼ同じと言うこと。

 桜の開花もニュース性を失い

 さあ、ここから初夏に入る。

 これから、ヨットで釜山行きを

 考えている身としては

 北朝鮮情勢がなんとなく危ういようだが

 一般庶民としては、気にしてもしかたなし。

 ビールでも飲んで、明日のことでも考えよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

2017/04/13(木) 魚の棚(うおんたな)。

Uontana170413

 今朝は、とにもかくにも、空き缶ゴミを出す日。

 我が家では、先月、空き缶ゴミを出せなかったので

 大きなビニール袋が2つ、たまっている。

 これは、実に不愉快。

 一刻も早く、外に出して、楽になりたいと思う。

 町内のルール説明書によると

 毎月第3木曜日が空き缶ゴミの日なのだと。

 きょうは、4月の2回目の木曜日だから

 第2木曜日ではないかと思うのだが

 どうも、そうではないらしい。

 4月1日が土曜日で、この一日だけで

 第1週目が成立すると言うことなのか。

 いずれにしても、我が家としては、大歓迎。

 ラッキーとばかりに、2つの大袋を表に出す。

 これ、中身は空き缶ばかりとは言え、

 実のところ、かなり、重たい。

 ゴミ捨て場にドス、ドスと置いて、

 2ヶ月間にわたる不快感ともお別れとなる。

 ほ。。

 きょうは、晴天の下、

 明石まで行ってみることにする。

 駅前に「魚の棚」という商店街があるのだと。

 芦屋駅から新快速電車に乗って

 30分弱にて、明石駅に到着。

 期待に胸をときめかせて

 目的地の「魚の棚」商店街に入る。

 東西に延びる商店街は

 「うおんたな」と呼ぶらしい。

 これ、方言の一種なのだろうか

 などと考えながら、アーケードを散策する。

 平日の昼前のせいもあるのか

 期待に反して、商店街は、

 賑やかさに欠けている。

 が、しかし、閉じられたシャッターには

 定休日だとの表記も、ちらほら。

 どうやら、木曜定休の店が多い様子。

 これ、待っていても開かないわけで

 だとすれば、日を誤ったのかも知れぬ。

 適当に散策した後、

 せっかく明石に来たのだからと

 明石焼きを食べて、午前の部を終える。

 もちろん、生ビールも飲んでご機嫌さん。

 きょうの明石遠征も、ルンルンに楽しい。

 夕方、帰宅。

 きょうの晩ご飯には、カレーライスを所望する。

 これが、また、美味しい。

 非常に満足な一日を終えて

 後は、有意義な晩酌の時間を過ごすのみ。

 きょうも、幸せな一日に、感謝、感謝。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/12(水) 満開の芦屋川。

Fullbloom170412

 先週は、南紀田辺へ旅行に行き

 週末からは、横須賀に三泊。

 なんだか、久しぶりに家で

 ゆっくり眠ったように思う。

 このような状態の時は

 とにかく、通常のペースに戻すに限る。

 朝トレに行き、バーベルをあげて

 マシーンで思い切り身体をいじめて

 友人たちと愉快な会話をして

 気がつけば、毎日のペースに戻っている。

 朝のモーニングセットも同じ。

 いつものコーヒーショップにて

 ゆで卵のモーニング、ホットコーヒー

 サラダ付き、トースト良く焼きを頼む。

 コーヒーにはフレッシュのみ入れて

 甘味のない、美味しいコーヒーの味を楽しむ。

 横須賀から送った荷物があり、それらを

 本日の午前中着でお願いしたので

 少し、早めに切り上げて、帰宅。

 これは、ひたすら待つしか、ない。

 荷物の到着は、11時半過ぎ。

 午前中と言ったのだから、文句は言えないが

 早く来たら困ると思い、

 3時間にわたって待っていた者としては

 なんとも、釈然としない思いが残る。

 午後からは、ハローワークに行き

 そのまま、西宮北口まで足を伸ばして

 映画を観て、一旦、帰宅。

 阪急芦屋川駅からの帰り道、

 満開になった芦屋川の桜を楽しむ。

 芦屋川の桜祭りは、10日ほど前のこと。

 あの時、まだつぼみだった桜が

 今まさに、この世の春を謳歌しているかのよう。

 こぼれるような開花とでも言うのか

 その健気な美しさに、絶句する。

 さて、家に帰れば、そろそろ

 今度の日曜日から三週間の

 遠征の支度に入る。

 荷物はできるだけコンパクトにして

 必要に迫られれば、各地で購入すれば良い。

 ここのところ、雨に降られているが

 来週からは、異常気象なくらい

 晴れてくれるといいなあと

 虫の良い期待をしながら、準備を進める。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

2017/04/11(火) 母の葬儀。

Funeral170411

 京急汐入駅前のホテル

 メルキュールにて起床。

 昨日まで二泊したホテルハーバーは

 満室で延泊できず、

 メルキュールに移動した。

 当然、ホテル側にも都合があるのだが

 このような時、客は勝手なもので

 延泊させないホテル側に

 腹を立ててみたりする。

 まあ、きょうは、母の葬儀だし

 替わりのホテルが、

 しかも、割安で取れたのだから

 この際、心穏やかにしよう。

 朝食は、コンビニで買って

 部屋のレンジでチンして食べる。

 外は、雨。

 ここのところ、本当に良く降るなあ。

 風呂に入って、喪服に着替えて

 頭の中で、きょう一日、

 傘を持つ必要があるか、想像してみる。

 うむ。 多分、必要なし。

 ホテルをチェックアウトする前に

 大きな荷物は、宅急便で発送手配して

 ホテル玄関からタクシーに乗って

 葬儀会場へ移動する。

 葬儀は、とてもコンパクトなもの。

 若い頃の母は、活動的で

 交友関係も広かったのだが

 さすがに90才にもなると

 多くの人がすでに他界している。

 親戚と、友人関係者たち

 約30名にて、見送ることになる。

 大往生とは、こういうものかと

 改めて、思ってみたりする。

 葬儀会場で最後のお別れをする。

 小さくなったなあ。

 最後まで生き抜いた

 母を思い、泣けてくる。

 三年前に亡くなった父に

 ようやく会えることを想像して

 少し、安心しながら

 棺を霊柩車に運び入れる。

 火葬場まで来ると、一種の

 覚悟のようなものがあり

 もはや、感情は動かないもの。

 食事をしながら、時間を過ごし

 お骨をあげて、本日の行事は終了となる。

 横須賀中央まで、友人のクルマで送ってもらい

 京急上大岡経由で新横浜へ。

 午後5時前には、帰宅する。

 家の隣の桜は、見事なまでの満開。

 今年は、桜の開花が遅れたが、

 きっと、世の中の桜は、母を送り出す時を

 待っていてくれたのだな。

 さあ、今度の日曜日から、

 三週間の長い遠征に入る。

 その準備をしなければ。

 人生には、最後まで休まる時はないのだと

 母の90年間を思いながら

 新たな決意を、してみる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

2017/04/10(月) 鯛飯弁当。

Taimeshi170410

 横須賀汐入のホテルで起床。

 いつものように、5時に起き上がる。

 風呂に入り、ゆっくりと所用を済ませて

 一旦、外に散歩に出てみたりする。

 昨日は、実に不愉快な雨に祟られ

 終日、閉口していたのだが

 きょうは、ひやりとした空気を感じつつも

 晴天に包まれた幸福感を受け止める。

 部屋に戻り、テレビをスイッチオン。

 お、そうだ。ゴルフのマスターズを

 生で放送しているではないか。

 ゴルフはそれほど熱心ではないのだが

 今朝のマスターズ最終日は、すごいと思う。

 中盤から、首位を走るローズを

 追いかけるガルシアには

 鬼気迫るものがあり、観る者を虜にする。

 なるほど。

 これほど劇的なシーンの連続であれば

 人気が高まるのも、よくわかる。

 ヨット競技を支持する者として、

 実に悔しいのだが、

 プロゴルフにはかなわない、と痛感する。

 プレーオフにおけるガルシアの逆転劇は、

 まるで小説か、映画の1シーンか。

 満腹の思いでテレビを見終わる。

 さて、きょうは、母の葬儀まで

 もう一日、時間があるので

 野比の家に行ってみることにする。

 天気は晴れ。

 4月の野比海岸は、きっと

 それなりの春の訪れを告げてくれるはず。

 汐入から京急に乗って、

 YRP野比駅で下車。

 昼過ぎまで滞在するつもりなので

 駅前の京急ストアで昼飯を買ってゆく。

 ほほお。

 駅弁コーナーがあるではないか。

 うっかり横を通り過ぎてしまいそうになるが

 鯛飯弁当の存在に気づき、足も止まる。

 これ、復刻版なのだと。

 確かに。

 昔、昔、母と一緒に東海道を移動した際に

 買ってもらった鯛飯弁当を再現している。

 弁当の包み紙の絵柄と、

 くるんでいる紐が、ノスタルジックで、良い。

 このような弁当が、母が亡くなり

 母の思い出に浸っている時に

 目の前に現れたことを、不思議な縁だと感じる。

 鯛と言っても、そぼろの鯛飯。

 はっきり言って子供だましだと思うのだが

 きょうばかりは、その子供だましに

 目頭が熱くなってしまう自分がいる。

 東京から名古屋の長い時間、

 母が、我々子供達を退屈させないために

 車窓から、紙で作った帯を

 たなびかせたりしたことも、思い出す。

 良い時代だったのだなあ。

 夕方、野比から汐入に帰り

 ホテルにて、明日の支度をする。

 明日は、母の告別式。

 いよいよ、お別れだと思うと

 少しだけ、また、寂しい思いに包まれる。

 母から生まれて、60年。

 やはり、思い出の数は多いのだと、

 今さらながら思い知る

 鈍感な自分が、いる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

2017/04/07(金) デコポン(不知火)。

Dekopon170407

 朝5時に起床。

 うっすらと明るくなった窓の外を見ると

 雨に煙る南紀田辺の海。

 うむ。 雨は嫌だが

 景観としては、これもまた、美しい。

 ベランダに出て、しばし、

 幻想的な景色に見とれる。

 さあ、きょうで南紀田辺を後にする。

 チェックアウトまでどのように過ごすか

 また、その後、どこに立ち寄って帰るか等

 朝風呂に浸かりながら、考える。

 結論としては、立ち寄るのは、とれとれ市場。

 以前と比べると、全体的に

 クオリティは落ちているように思うが

 それでも、南紀田辺に来れば、

 とれとれ市場、なのだと思う。

 朝10時に東急ハーヴェストをチェックアウトして

 クルマでとれとれ市場へ向かう。

 到着して、まず買うのは、今晩のおかず。

 かに鍋を想定して、かに。

 続いて、いくらも買っておく。

 それで終わればよいのだが

 ついつい、果物などにも興味を抱く。

 山盛り積まれているのは、

 通常のみかんではなく、デコポンだと。

 ちょっといびつな形だが

 それゆえに、興味をひかれるのか。

 さらに、試食があるものだから

 ちょこちょことつまむ。

 このような大きな作りの柑橘類は

 経験上、酸っぱいことが多いのだが

 おや、これは甘いではないか。

 あっちがいいか、こっちがいいか。

 いくつかある種類から、

 迷った末に、1袋を購入する。

 400円なり。

 ところで、デコポンとは、なんたる名前か。

 後刻、iPhoneで調べてみると

 品種の正式名称は「不知火(しらぬい)」なのだと。

 そう言えば、商品の札にも

 デコポン(不知火)と書いてあった。

 不知火では味気ないが

 デコポンという名前は、

 なんとも愛嬌があって、良いと思う。

 とれとれでの買い物を済ませ、帰路につく。

 天気は雨だが、それももう、どうでもよい。

 家に帰り着き、鍋のしたくをして

 ビールを飲みながら、かに鍋を楽しむ。

 贅沢なひとときに、感謝。

 きょうは金曜日。

 今週も楽しく愉快に過ごすことができたことを

 神様に感謝しよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/06(木) 潮岬。

Shionomisaki170406

 南紀田辺の会社保養施設

 東急ハーヴェストの一室で目を覚ます。

 昨年11月末に会社を定年退職したのだが

 このように、今でも会社施設を使えることを

 本当に幸せに思う。

 まあ、38年間働いてきたのだから

 それも当然と言えば当然か。

 いやいや、ここは謙虚になるべきか。

 やや、複雑な気持ちで朝を迎える。

 朝風呂温泉に入り、気持ち良し。

 しかし、南紀田辺の天候は、雨。

 きょうは観光を予定しているが

 傘が必要になるな、と少し暗い気分になる。

 どこへ行こうかと、しばし悩んで

 そうだ、串本へ行ってみよう、となる。

 幸いなことに、ここ南紀田辺から

 周参見あたりまで、紀勢道路が伸びている。

 しかも無料区間なのだと。

 串本は、芦屋からは遠すぎる距離だが

 南紀田辺からであれば、知れている。

 そうと決まれば、いざ、出発。

 ん?? 南の空は青く見えるではないか。

 もしかすると、串本は晴天かも。

 少しだけ、ご機嫌さんになる。

 所要時間は約1時間。

 期待した通り、素晴らしい青空の

 晴天の串本に到着する。

 串本港を見て、その後、大島へ渡り

 樫野崎灯台を訪ねる。

 この地は、映画「海難1890」の舞台であり

 トルコとの縁も深い。

 トルコ記念館も見学して

 その後、潮岬の灯台へ移動する。

 沖合を多くの本船が行き交っている。

 岸際には激しい岩肌があり

 背景には、太平洋の遠景が見える。

 晴天の空の美しさもあいまって、

 その絶景に、心から感動する。

 風向は南。風速は25ノットと言うところか。

 料金を支払って潮岬の灯台に登り

 さらに美しい景色を楽しむ。

 さて、さて。

 潮岬観光を終えて、南紀田辺へ戻る。

 北へ移動するに連れて天候は下り坂。

 帰り着く頃には、雨となる。

 帰着して、温泉に入って

 本日のビールタイムへ。

 晩ご飯は、とれとれ市場で買った

 明太子といくらどんぶり。

 ああ、幸せだなあ。

 きょうの佳き日を思い返しつつ

 4月上旬の春の一日が過ぎていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

2017/04/05(水) 四月の南紀田辺。

Nankitanabe170405

 朝は、いつものようにフィットネス。

 が、今朝は確認事項が、ひとつ。

 昨日修理したミズノの運動靴が

 しっかり役に立ってくれるのか。

 プライベートロッカーから取り出して

 早速、ランニングマシーンで

 速歩から始めて、ランニングへ。

 お、いけるではないか。

 走り終わってチェックしてみると

 昨日剥がれたゴムの端が

 少し浮いているように感じるが

 まあ、大丈夫だろう。

 実に単純で恥ずかしいのだが、

 ほんのわずかながら、

 仕事を完成させた喜びに満足している

 小さな自分を発見する。

 フィットネスから帰宅して

 さあ、きょうは二ヶ月前からプランしていた

 南紀田辺への旅行に出かける。

 クルマに乗って、2時間半。

 会社の保養所に到着する。

 この田辺の保養所は、

 10年ほど前から活用しているが

 年々、高速道路が延びて

 今年はついに、目的地のすぐそばまで

 高速道路を利用することができた。

 当然、その分時間短縮になるわけで

 実に便利になったと感動する。

 空模様は、晴れ時々曇り。

 まあまあの天気か。

 温泉に入り、幸福感に包まれる。

 ここ白浜の湯は、軟水系で

 風呂からあがると、お肌すべすべ。

 露天風呂から眺める田辺の海も

 素晴らしい景観だと思う。

 部屋に戻り、とれとれ市場で買った

 美味しい食材をネタにして

 冷えたビールを飲む。

 4月の田辺もなかなか良いなあ。

 明日は花見にでも行ってみるか。

 そんなノー天気なことを考えながら

 今晩の南紀田辺での晩酌が進む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

2017/04/04(火) 運動靴の修理。

Shoerepair170404

 ほんの少し、体調不良を感じながらも

 いつも通り、朝トレに行く。

 ランニングマシーンで速歩から

 ランニングに移行してゆくのだが

 そのあたりで左足に違和感あり。

 靴底が、回転するベルトに擦れている模様。

 なんだあ、これ、と思っているうちに

 カタンという足下の感覚とともに

 ベルト上に赤い破片が滑り落ちていく。

 ありゃ、これは靴底が剥がれたのであるな。

 大した不都合はなく

 その後もランニングを続けるが

 やはり、気持ちが悪いもの。

 切りの良いところで、

 ランニングマシーンから降りて

 剥がれた靴底を拾って、ポケットにしまう。

 フィットネスから一旦帰宅して

 はて、どうやって靴を直すか考える。

 運動靴の底は、ゴム製だから

 靴の修理屋へ持って行けば、

 きっと、すぐに直るだろう。

 と思って、芦屋駅地下の

 靴修理屋へ持って行ってみると

 簡単には直らないのだと言う。

 修理費1,000円にて

 預かって直す努力はするが

 いつまでもつか、保証はないのだと。

 恨みっこなし、までは同意するが

 預けて時間をかけるまでは、

 どうにも辛抱がたまらない。

 諦めて自分で直してみることにする。

 文房具屋でゴム製品用のボンドを買い

 フィットネスの待合場所にて

 靴修理の店開きをする。

 テーブルの上に靴を置き

 靴裏にしっかりボンドを塗り込めて

 刷毛で伸ばした後

 落ちた破片をペタリと貼ってみる。

 なかなか、良い感じにできたと思う。

 それにしても、この運動靴は

 淀屋橋のミズノで足に合わせて購入したもの。

 お値段もそれ相当だったように記憶している。

 そんな高い靴のくせに、靴底が剥がれるなんて

 あまりに情けない事態だと思う。

 修理をした靴をロッカーに入れて

 とにかく、明日の朝を待つことにする。

 靴の修理屋が言うのだから

 明日のランニング中に、もう一度

 ポロリ、なのかも知れないが

 自分でやった修理なのだから

 だめでも諦めはつくだろう。

 家に帰り、せっかくだから

 別の革靴の修理もやってみる。

 これは、ちょっと部位が大きいので

 しっかりビニテで押さえて、

 24時間、待ってみるのだぞ。

 明日の仕上がり具合は、いかがなものか。

 思いがけない楽しみのある

 4月初旬の火曜日になった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

2017/04/03(月) Smoking Room。

Smokingroom170403

 先週は水曜日にゴルフへ行き

 その後、腰の調子が今一つ。

 ついでに首の調子も芳しくなく

 きょうは、なにがなんでも

 整形へ行き、リハビリを受けねば、と思う。

 加えて、少し、風邪気味で

 昨日から、いくら寝ても寝たりない。

 しっかり寝坊をして、6時過ぎに起き上がる。

 窓の外を眺めてみれば、天気は上々。

 気温もかなり上がっている模様。

 早速、お隣の桜をチェックして

 二分咲きの状態に、少しだけ、満足。

 るんるんな気持ちになるのが、春の証だと思う。

 もちろん、朝はフィットネスへ。

 6時40分頃にチェックインして

 いつものみんなに挨拶をしてから

 朝トレを開始する。

 所要時間は、いつものように約1時間。

 フィットネスでの運動を終えてから

 リハビリまで時間があるので

 近場でモーニングをいただくことになる。

 今朝は、整形クリニックにほど近い

 ドトールコーヒーにて、

 時間待ちのひとときを過ごすことにする。

 この店は、タバコ臭くないのが、良い。

 全席禁煙だと思っていたのだが、

 ほほお、Smoking Room があるのだな。

 分煙は、とてもありがたいが

 その一方で、喫煙者を

 助長させるのではないかと

 非喫煙者は、懸念する。

 喫煙者は、タバコを吸うのは

 当然の権利だと主張し

 非喫煙者は、吸いたければ

 家の中で、家族の健康を損ねることで

 喫煙すれば良いではないか、と

 少し意地悪に、そんなことを言ったりする。

 いずれにしても、喫煙の最大の罪は

 ニコチン中毒による、自己擁護。

 吸っても良い理由を見つけようとする

 中毒症状は、麻薬患者の心理と同じであり

 人格を壊しているのだが、

 それに気づくことは難しい。

 税収の問題でもなんでもなく、

 喫煙をやめさせるのが、

 国の良心だと思うのだが

 政治家の中に、喫煙者という

 ニコチン中毒患者がいる限り

 改革は決して進まないのだろうな、と確信する。 

 おっと、Smoking Room を見ただけで

 これだけの思いが噴出する。

 それもこれも、タバコの害なのだなあ。

 さて、さて。

 きょうは夕方から大阪市内へ出かけて

 友人と美味しい和食会席をいただく。

 気がつけば、時間も経ち、夜も更ける。

 4月が始まり、また、新しい

 昼の長いシーズンに入って行くのだな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

2017/03/31(金) シェーン英会話の退学。

Quitshane170331

 ついに、2017年の3月末。

 今まで勤めてきた会社の暦にのっとれば

 2016年度の期末でもある。

 だとすれば、会社人生の

 最後の年度末になっていたとしてもおかしくない。

 だからなのか、きょうの日には

 一種、独特の感慨がある。

 とは言うものの、そんな感慨に優先して

 桜の開花が大事となっている。

 朝、玄関を出て、最初にやるのは

 隣の家の桜開花チェック。

 うむ。

 昨日よりも、少しだけ

 芽吹いている気はするが

 ただの勘違いかも。

 しかも、今朝は、冷えるなあ。

 明日の一分咲きを期待していたが

 ちょっと無理っぽいと思う。

 朝トレに行き、午前中の仕事を済ませ

 昼過ぎに、家を出る。

 外は、雨。

 ああ、嫌だ。

 傘を持っていかなければ。

 さて、きょうは、1年半通った

 英会話教室の最終日。

 切りの良い、三月末をもって

 退学することに、決めた。

 その、最終レッスンの前に

 いつもの散髪屋へ行くことにする。

 散髪は、1ヶ月半に一度のペースだったのだが

 退職後は、セーブマネーの意味あいも有り

 2ヶ月に一度、としている。

 その分、今までよりも少しだけ

 余計に髪を切ってもらう。

 さっぱりした髪で、いざ

 シェーン英会話教室へ。

 英会話のレッスンを始めたのは

 今から7年前のことだったか。

 意志の弱い自分の背中を押すために

 家庭教師派遣のある

 英会話教室の門を叩いた。

 軌道に乗って順調だったが

 その英会話教室が教師の派遣をやめてしまい

 一旦、学舎を失ったという経緯がある。

 そのような中で一年半前

 やはり継続は力なり、と

 大阪市内の英会話教室を探し

 シェーン英会話に通うことになった。

 会社勤務時代は、夜の部の

 個人レッスンクラスに通ったが

 退職後は、昼の部の

 グループレッスンに変えて今日に至る。

 会社を退職して、大阪と縁が遠くなり

 こうして、英会話教室をやめることで

 いよいよ、大阪市内に来る理由がなくなっていく。

 残るは、散髪屋と関電病院だけになるかも。

 さて、さて。

 家に帰って、ビールを飲む。

 明日は4月1日。

 年度も新しく変わる。

 素晴らしい新年度を迎えられますように。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

2017/03/30(木) 芦屋川の桜。

Cherry1703302

 ゴルフ遊びをした翌朝。

 木曜日なので、フィットネスは休館。

 しっかり朝5時に、

 元気一杯で目覚めるのだが

 朝トレがないとなると

 なんだか、拍子抜け、となる。

 まずは朝風呂に入って、

 心身ともに、しゃきっ。

 それから、さあ、どうするか、と考える。

 甲子園では、選抜高校野球の準決勝。

 一瞬、観に行くことも考えるが

 残っている高校は、兵庫、大阪、大阪、熊本。

 強豪が残っている楽しみはあるのかも知れないが

 やはり、この手の選手権大会は

 おらが国の要素がないとつまらない。

 そう言えば、今から20年以上前

 高校野球の応援実況生放送というのを

 企画~実施したことがある。

 一つの試合に、両校の地元局の

 アナウンサーを別々に付けて、

 双方の地元ローカル放送局で、異なる音声の

 応援実況を放送する、というもの。

 例えば、沖縄高校対青森高校の試合の場合、

 琉球朝日放送では、沖縄のアナウンサーが

 徹底的に沖縄代表校を応援する。

 一方で、青森朝日放送では、

 青森のアナウンサーが、徹底的に

 青森代表校を応援する。

 地元の視聴者にとって、これは、ウェルカム。

 広告媒体の売り物として、

 やや成立が難しかったがゆえに

 3回ほどで消滅してしまったが

 企画の評価と視聴者からの評判は

 とても良かったことを思い出す。

 おっと、横道に逸れてしまったが

 要するに、関西地元ばかりの試合は

 面白さに欠ける、ということ。

 結果、きょうは試合観戦はやめにして

 同じ甲子園でも、甲子園浜へ

 ゴルフの打ちっ放しにでかける。

 150球ほど打ったら汗びっしょり。

 日差しも強く、春到来の感じ。

 家に帰って、そうだ、芦屋川の

 桜の開花具合をチェックしてみよう。

 きょうの午後の外気温は20度近い。

 だが、芦屋の桜は、といえば

 まだまだ、つぼみのままではないか。

 今週末は土曜日から芦屋の桜祭りだが

 この調子では、うまくいっても

 せいぜい一分咲きがよいところか。

 それとも、このぽかぽか陽気で

 一気に二分咲き程度まで進むのか。

 が、しかし、桜のつぼみのピンク色は

 ほんのわずかなのだが

 芦屋川の景観全体を春の色に変えている。

 良い季節だなあ、と思う。

 幸せな、春の訪れに、拍手。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

2017/03/29(水) 西宮カントリー倶楽部。

Nishinomiyacc170329

 きょうは、フィットネスの友人夫妻と

 ゴルフに行く約束になっている。

 スタート時間は、10時過ぎなので

 朝は、クルマでフィットネスへ行き

 そのままゴルフ場に向かうことにする。

 いつものように、ランニングの後、筋トレ、

 そして、しっかり風呂で身体を温めて

 準備万端で、いざ、ゴルフ場へ。

 きょうの会場は、西宮カントリー倶楽部。

 芦屋からの距離は、10キロ弱。

 実に、近い。

 所要時間は、15分と言うところか。

 8時過ぎにフィットネスを出て

 ゴルフ場には8時半前には着いてしまう。

 ゆっくり着替えて、レストランで朝食をとる。

 ここで友人夫妻の到着を待つのだが

 その間が、また、長い。

 近すぎるのも困ったものだと

 贅沢な事を言ってみたりするのだな。

 きょうは、北っけの風がやや強いものの

 天気は、晴れ。気温もポカポカで

 絶好のゴルフ日よりだと言える。

 ただし、日よりとスコアに

 明確な因果関係はないようで

 終わってみれば、一打あたりのコストは

 極端に安いものになっている。

 でも、楽しかったのだから、まあ、いいか。

 丸一日、すっかり遊んで

 幸せな気分に包まれて、帰宅。

 充実した春の一日が、終わる。

 そうそう。

 きょうは、高校の頃の親友から電話あり。

 懐かしい声に涙が流れそうになる。

 久しぶりの会話なので

 聞きたいことがたくさんあるが

 電話では、話し尽くせない。

 5月に同窓会があるので

 その時にしっかり話そうということで

 一旦、電話を切る。

 中学の友人も、高校の友人も

 みいんな、還暦を迎え

 それなりの年輪が刻まれているのだろう。

 会いたいなあと思いつつ

 また、昔のことを思い出しつつ

 今晩の晩酌がすすむ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

2017/03/28(火) 甲子園の119番通報。

119call170328

 週末の疲れもとれて

 今朝は起きた瞬間から

 とても元気な自分を感じる。

 もちろん、朝トレへ行き

 しっかりランニングの後

 マシーンとウェイトで

 思い切り身体をいじめてみる。

 うむ。

 なかなか、良い。

 風呂場では、友人と

 明日のゴルフの打ち合わせなどをして

 さあ、一旦、帰宅する。 

 きょうは、銀行で打ち合わせがあり

 その後は、明日のゴルフの練習に行くと

 決めていたはずなのだが、、

 銀行からの帰り道、

 あまりの好天に惹かれ

 ううむ、きょうも甲子園へ

 野球を見に行こうと、方針変更。

 前回の甲子園観戦の日よりも

 かなり気温は高く感じるが

 同じ轍を踏まぬよう、

 しっかり厚着の上に、

 ダウンセーターも持って行く。

 いくらなんでも、装備過剰かと思いきや

 どうして、なかなか

 甲子園球場内を吹く風は

 想像している以上に冷たい。

 席について、早速、ダウンを着用。

 前の席に座る人が寒さのために

 少しかがんでいるのが、わかる。

 しめしめと、思ってしまうところが

 まだ、まだ、人間の小さいところか。

 甲子園球場内では

 いろいろな館内放送があるのだが

 一風変わっているのは、これか。

 救急車が必要な場合には

 直接119番通報せずに

 球場係員に知らせよ、と言うもの。

 なるほど、球場はとても広いので

 むやみに救急車を呼んでも

 どこにつけて良いか、わからない。

 結果、救急作業が遅れてしまうのだな。

 さて、さて。

 きょうは、その後の仕事が発生して

 1試合が終わったところで球場をあとにする。

 球場の外に出ると、暖かい風。

 球場内の高さと日陰により

 気温はとても違うのだと、知る。

 日中の天気はとても良かったはずなのに

 その後、雨となる。

 この天候の不安定さは、

 上空に流れ込む寒気のせいなのか。

 きょうは、3月の28日。

 本来であれば、桜がしっかり咲く頃なのに

 今年は、ちょっとおかしいと思う。

 今週末は、芦屋の桜祭りだと言う。

 満開までは求めないまでも

 せめて三分咲き程度には

 なって欲しいと願う。

 夕暮れ時、冴えない色の空を眺めながら

 なんとなく、不完全燃焼な

 今晩のビール晩酌が始まっていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

2017/03/27(月) セミセルフレジ。

Register170327

 昨晩は、新大阪着が

 午後10時半過ぎの新幹線で帰阪。

 帰宅後に、少し所用をこなしてしまい

 就寝時間は午前1時過ぎ。

 そんなこともあり、

 今朝は、朝トレをやめにして

 朝8時40分頃に、直接整形外科へ行き

 リハビリを受けることにする。

 クリニックに着くと、なんと

 フィットネスの先輩たちが、2人

 先に待っているではないか。

 くだらない四方山話をしているうちに

 開院時間の9時になる。

 いつものように、リハビリを受けるのだが

 カーテンを挟んでいるとは言え

 両隣が友人だと、会話が止まらない。

 看護師に笑われながら

 小一時間のリハビリは終了する。

 本日は、昼を挟んで、クルマにて

 家事手伝いの買い物に出かける。

 我が家からクルマに乗れば

 わずか数分のところにある

 関西スーパーへ行く。

 牛乳、卵、食パン、鍋材料等々。

 因みに、今晩の鍋の具材はトンシャブ。

 いつもの野菜、キノコ、豆腐等に加えて、

 きょうは、タケノコ、こんにゃくを加えてみる。

 そうそう、せっかくなので

 ちょっとお値段高めだが

 鍋の前のビールのお供としていくらも購入。

 いろいろ買って、いざ、レジへ。

 と、ここでまたまた目新しいものを発見。

 セミセルフレジだと。

 レジにて会計を済ませてもらった後

 支払いは、このセミセルフレジという

 舌のもつれそうな名前の場所で

 精算するのだと言う。

 現金はもちろん、カードでもOK。

 お札は一枚ずつではなく

 まとめて挿入できるのが、よい。

 千円札を4枚まとめて入れて

 いくばくかの釣り銭が返るのを待つ。

 そもそもレジと言うのは

 1、支払い額を計算する

 2、支払いのやりとりをする

 3、商品を袋に詰める。

 この3つのプロセスのために

 いちいち、時間がかかっている。

 そのうちの、2と3を客にやらせるというのだから

 アイデアは優れていると思う。

 後は、客の方が慣れれば済む。

 さて、家に帰って、所用を済ませる。

 きょうは、海外にもメールを打って

 便利版ヨットルールブックの

 購入手続きを済ませる。

 そして、気がつけば5時半をまわり

 晩酌とそれに続く、鍋タイムに入る。

 飲み過ぎの週末だったので

 今晩は、晩酌は控えめ。

 食べる方に、主眼を置き

 目一杯お腹を膨らませて

 睡魔に任せて、さあ、寝よう。

 気持ちの良い朝を

 迎えることができますように。

 おやすみなさい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

2017/03/24(金) 櫻正宗。

Sakura170324

 二ヶ月前のこと。

 灘五郷の酒蔵巡りをしたことがあった。

 それが火曜日だったので

 火曜日定休の「櫻正宗記念館」は

 訪れることができなかった。

 と言うことで、二ヶ月経った今

 リターンマッチとばかりに

 行ってみることにする。

 阪神芦屋駅から特急でひと駅。

 魚崎駅で降りて、徒歩約5分。

 あっという間にたどり着く。

 櫻正宗記念館は、別名「櫻宴(さくらえん)」。

 サクラにこだわりがあることを、強く感じる。

 館内に入ってみると

 展示スペースは、あまり、ない。

 せっかくなので、無料上映の映画を観る。

 相当古い、モノクロの映像で

 老舗の誇りを感じたりする。

 その後、資料部屋にて、

 櫻正宗の名前の由来等を読む。

 正宗(まさむね)の名前は、

 せいしゅとも読めることに由来していると

 昔、昔、西宮酒造を訪ねた時に

 教えてもらったことがある。

 だが、その正宗という名称を

 最初に使用したのが、櫻正宗だったとは

 正直なところ、初めて知った。

 登録商標として申請したのだが

 すでに、一般的に使用されていたために却下。

 そこで、日本の象徴的な花である

 「サクラ」を冠に付けて、

 櫻正宗と名付けたのだと言う。

 酒は正宗、酢は丸勘。

 その言葉に代表されるように

 いっとき、一世を風靡した筆頭会社が

 いずれも、今の時代に

 やや、名声を失っていることを

 寂しく、思う。

 そう言えば、ここ櫻宴のすぐ近くに

 サクラガーデンというゴルフ練習場がある。

 以前、よく練習に来たことがあるが

 それも、もしかすると、

 櫻正宗と縁があるのだろうか。

 と思って、記念館玄関の案内を見てみると

 ほほお、サクラガーデンの告知があるではないか。

 隆盛を誇っていた頃、魚崎のこのあたり一帯が

 櫻正宗のものだったのかも知れない。

 さてさて。

 きょうの午前中は、櫻正宗記念館を視察して

 午後から英会話レッスンのために、

 大阪市内へ出かけて行く。

 この英会話レッスンも来週でおしまい。

 長い間、大阪市内に依存してきたが

 こうして、少しずつ、大阪から

 離れていこうとしている自分がいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

2017/03/23(木) 心電図室。

Ecg170323

 関電病院で、心房細動の

 手術を受けたのは、昨年の6月だったか。

 時の経過が速すぎて、過去の出来事を

 頭の中で時系列的に整理するのが

 難しくなってきている、と思う。

 手術以降、ふた月に一度の頻度で

 術後経過の診察を受けてきているが

 毎回、毎回、診察の前に

 必ず検査するのが、心電図。

 きょうも、関電病院にチェックインして

 まずは、心電図室へ行き

 ベッドに横たわり、検査を受ける。

 自分自身の心拍なのだから

 自分でわかろうと言うものだが

 どうしてなかなか、しっかり

 脈を打っているのか否か、自信はない。

 初めて不整脈を実感したのは

 1990年のジャパン-グアムの

 レースの時だったと思う。

 約10日間をかけて

 三崎からグアムまでたどり着き

 その間に、時折、脈が飛ぶのを感じて

 おや、と思ったことを記憶している。

 会社の検診の際には

 ちっとも不整脈が見つからなくて

 その手の検査で、ようやく発覚したのは

 齢55才を過ぎてからだった。

 診断は、心房細動。

 不整脈と言うよりも

 脈拍がないような状態。

 自分でもひどいな、と思っていたが

 幸いなことに、昨年6月の手術にて

 もう一度、しっかり脈を打つようになった。

 手術を受けて一旦治っても

 再発の可能性が高いそうだが

 きょうの診察によると

 完治の域にあるのだと言う。

 昨今、あまり聞くことの少なくなった

 朗報!なのだな。

 昼から、元会社のスタッフたちとランチ会食。

 朗報に背中を押されて

 昼からビールを飲むことにする。

 天気は上々。

 きょうも佳い日になったと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

2017/03/22(水) 甲子園球場。

Baseball170322

 ここのところ、腰の調子が悪かったので

 きょうは、是非とも整形クリニックにて

 リハビリを受けようと決めていた。

 朝トレをしっかりこなして

 朝食をとった後、整形へ行く。

 今週は月曜日が休日で

 クリニックは木曜日が休日。

 その狭間だと言うこともあるのだろう

 診察開始の20分前には

 待合室は、10名以上の患者で賑わう。

 早めに来て、良かった。

 いつもと変わらぬ時間にて

 小一時間のリハビリを終える。

 クリニックを出れば、腰も首も快調。

 ああ、良かった。

 さて、きょうの予定は、昨日できなかった

 選抜高校野球の観戦。

 10時半には家を出て

 阪神電車に乗って、甲子園へ向かう。

 家の玄関からわずか15分程度。

 近いのであるな。

 この甲子園球場は、確か

 大正14年頃にできたとか。

 いわゆる「きのえね」の年に完成したので

 甲子園と名付けられたのだと。

 周辺の地名「甲子園」や

 もちろん、阪神電車の駅名も

 球場の名前から命名されたと言う。

 そうそう。

 初期の頃の高校野球大会は

 鳴尾球場で行われたのだと

 何かの本で読んだことがある。

 そんなことを頭に浮かべながら

 そして、球場の大きさを改めて実感しながら

 内野バックネット裏自由席のチケットを買う。

 2,000円なり。

 ま、高くもなく、安くもなく、か。

 第一試合が終わる頃に着席。

 第二試合のノックを見て

 その後、しっかり試合を観戦する。

 日差しが強いので、あまり

 防寒対策をしてこなかったのだが

 球場内は思いの他、肌寒い。

 しまった。

 せっかくの野球観戦なので

 ビールを飲んでも、まあ、いっか。

 冷たいビールを飲んで

 ますます、身体は冷えるかのよう。

 が、しかし、試合はエキサイティングで

 延長の14回まで、しっかり釘付けになる。

 時計を見れば、2時半過ぎ。

 さらに、次の試合も途中まで観戦して

 帰宅時間は、午後4時半となる。

 この時間であれば、ビールを飲んでもOKかな。

 と、自分を甘やかしながら

 冷蔵庫からビールを取り出して、飲む。

 明日は、朝から関電病院。

 そして、昼は会食となる。

 それが済めば、はや、

 次の週末に突入となる。

 今度の週末は、上京予定。

 すでに鬼籍に入った父と

 昨今、めっきり弱ってきたらしい母と

 2人に対する親孝行になりますように。

 と、60年間の親不孝をすっかり忘れて

 殊勝なことを思ってみたり、する。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

2017/03/21(火) 雨のため中止。

Postpone170321

 定年退職したのだから、平日は

 さぞかし暇だろうと思われがちだが

 改めてチェックしてみると

 ぽかりと空いている日は、あまり、ない。

 甲子園で選抜高校野球が始まっているので

 せっかくだから、観に行きたいと思うのだが

 なかなか、そのために

 時間が割けないことを知る。

 そのような中、本日は

 まさにポカリと空いた日。

 実は、先週の今頃から

 きょうの日を、選抜高校野球の

 観戦の日と決めていた。

 が、しかし、朝から雨。

 天気予報によると、

 せいぜい1ミリ程度の雨だと言うので

 もしかすると決行するのではないかと期待したが

 朝一番の情報で、すでに、中止が決定とのこと。

 あれま、がっかり。

 昔だったら、やれるところまで、

 やったのではないかなあ。

 昨今は、天気予報が正確になり

 明日以降の天気回復を、

 週間単位で見越すことができるので

 無理をしないようになったのかも知れない。

 選手たちだって、コンディションの悪い中で

 やりたくないだろうし、雨天が原因の

 失策を見るのは、運営側も後味が悪いと思う。

 実に残念、と思いつつ、それではと

 梅田へ散歩に出かけて行く。

 そう言えば、傘を差すのも久しぶり。

 街中を歩きながら

 雨天の市内風景も

 捨てた物じゃない、と感じる。

 夕方、帰宅して、

 Skype英会話レッスンを受けて

 さあ、ビールの時間に入るとするか。

 ここのところ、かなりの飲み過ぎ状態なので

 きょうは、ほどほどにしておこう。

 食事もインスタントラーメン程度で十分かも。

 そんな塩梅にて、珍しく退屈な

 火曜日の一日が過ぎていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/20(月・祝) 芦屋川。

Ashiyagawa170320

 二日間のヨット三昧が明けた月曜日。

 きょうは、祝日なのだが

 昨今のリタイヤライフでは、

 個人的には普通の日。

 でも、友人たちが休みなので

 では、昼宴会をやろう!と言うことになった。

 集合は、正午。 場所は天満。

 慣れ親しんだ中華料理屋で

 美味しいコース料理に飲み放題付き。

 こりゃあ、飲み過ぎ必至か。

 ではまずその前に、昨日までの

 二日酔いを覚まさねば。

 それには、歩くことが一番だと考え

 春の素晴らしい陽光の下

 小一時間ほど、散歩を楽しむ。

 選んだコースは、芦屋川の河畔。

 業平町からゆっくり南へ下っていく。

 阪神電車の線路をくぐり

 続いて国道43号線をくぐる。

 すっかり干上がった芦屋川には

 なんの色気も感じないが

 歩いているうちに、南方向に

 海が見えてくるのが、良い。

 目の前には、海。

 振り返れば、六甲山。

 阪神間というのは、本当に

 美しい景色の拝める

 素晴らしい場所だと、改めて、思う。

 さて、昼前に家を出て

 天満の中華料理屋へ。

 店に着けば、まず、ビール。

 飲み放題のスタート前だが

 多めに見てくれる。

 8名全員が集まって、

 楽しい宴会がスタートする。

 ほぼ全員、土日の二日間

 ヨットに乗って宴会やって

 ずうっと一緒だったと言うのに

 まだ、話すことがあることを

 驚き、笑ってしまう。

 食事の後は、恒例のカラオケに行き

 2時間ほど、歌って踊って、解散。

 有意義な三日間だったことを

 神様と友人たちに感謝する。

 ああ、楽しかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

2017/03/17(金) フェイクレザー。

Fakeleather170317

 昨日は、昼から美味しい食事をしたせいか

 満腹感に浸りながら、熟睡した模様。

 やや寝坊の朝、となる。

 すっかり明るくなった空の下

 マンションの外に出てみると

 隣家の桜のツボミが

 膨らみ始めているのが、わかる。

 時折、冷たい空気を感じて

 ひやり、とするが、

 日差しの強さは、すっかり

 春の訪れを告げている。

 そう言えば、東大寺の

 お水取りも終わったのだと。

 寒の戻りも、もうないはずだと思う。

 これからは、一雨降るごとに

 寒暖を繰り返しつつ

 気がつけば、汗ばむ季節を

 迎えていることだろう。

 きょうは、午後から大阪市内へ出かける。

 夕方から、友人と

 美味しい和食屋にて会食をする。

 さて、どんな格好で出かけるか。

 サラリーマン時代には、

 スーツ姿とセーラー姿の

 二者択一しかなかったので

 カジュアルというジャンルが、ない。

 特に、今の季節に着るジャケットが、ない。

 そうそう。

 黒の革ジャンがあったはず。

 これを羽織っていけば、ちょうど良いかも、と

 一瞬思ってみるのだが、

 残念、本革ではないので、

 寒さに耐えられない可能性が高い。

 革ジャン風のこのようなジャケット類は

 フェイクレザーと呼ぶのだと。

 偽革、だな。

 思い起こせば、このフェイクレザーは、

 今から17年前、アメリカの

 ニューポートにて、購入したもの。

 本革製のものも売っていて

 最後まで、悩んだ記憶はあるのだが

 最後の最後で、値段に負けて

 フェイクレザーを買ってしまったのだな。

 ともあれ、本日の外気温では

 フェイクでは、ダメ。

 薄目のビジネス風ジャケットの上に

 カジュアル系のコートを羽織って出かけていく。

 これでも、寒いか。

 きりりと冷たい、初春の風を感じながら

 大阪市内へ出かけていく。

 もちろん、今晩の食事も素晴らしく

 幸福感に包まれて帰宅する。

 明日から三連休。

 ヨットレース中心の毎日になりそう。

 友人たちに囲まれて

 楽しい日々になるのだろうなあ。

 本当に、ありがたいことだと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

2017/03/16(木) ハイユニ126円。

Hiuni170316

 今朝は、すっかり明るくなってから、起き上がる。

 解放感に包まれた、朝。

 そもそも仕事がないのだから

 加えて朝トレもないとなると

 心底、幸福感を味わうことができる。

 さて、きょうのイベントは、と言えば

 レストランひらまつの株主会食。

 これ、ひらまつのレストラン1店につき

 年に二回ほど開催される特別イベント。

 お値段は決して安くはないが

 美味しい料理を美味しいお酒を飲みながら

 堪能することができる。

 だから、毎回、申込みの際には

 すぐに席が埋まってしまう。

 今回は、幸いにも

 うまく予約が取れたと言うわけ。

 昼前に家を出て、大阪へ。

 来客で賑わうお店に入る。

 料理の内容は、絶品。

 素晴らしい出来映えに舌鼓を打つ。

 美味しい食事を食べれば、話は弾み

 時間もあっという間に経ってしまう。

 時計を見てみれば、もう2時半。

 お店に、3時間滞在したことになる。

 すっかり満足して、店を出る。

 満足、満腹にて、大阪駅から芦屋駅へ。

 駅中にて、少しだけショッピングしてから、帰ろう。

 文房具売り場に立ち寄ってみると

 鉛筆を売っているのを発見。

 このような時、三菱鉛筆の

 ハイユニに目がいってしまう。

 ハイユニは、確か、このブログでも

 過去に書いたように記憶しているが

 小学生の頃、祖母に、せがんで

 クリスマスプレゼントとして買ってもらったことがある。

 今から50年前に、一本100円で売られていた。

 それを兄貴と2人で1ダース

 12本を買ってもらった。

 当時の100円は、今で言えば

 1,000円くらいではないか。

 とてつもなく値段の高い鉛筆だったのだな。

 で、今は、値札を見ると、一本126円。

 このようなことに、時代相場も勘案した

 単純計算は禁物だが

 敢えて計算をしてみれば

 ハイユニ一本の値段は、

 当時の八分の一程度になったと言うことになる。

 今の学生達は、教材の発達のみならず

 いろいろなことで、幸せになっているのだと思う。

 明日は、もう、金曜日。

 少しずつ日差しが強くなる中

 春の訪れという、幸福も感じている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

2017/03/15(水) プロ野球選手名鑑。

Player170315

 昨晩のWBC対キューバ戦は、

 サムライ日本の見事な逆転勝ち。

 そのせいもあるのだろう。

 気分良く目を覚ます。

 慌てて朝刊を読む必要も感じず

 先に朝トレに行くことにする。

 帰宅してから、ゆっくり読めば、よい。

 だが、朝トレ後のコーヒーショップにて

 備え付けの神戸新聞を取って、読む。

 よし、よし。

 日本の逆転勝ちの記事を心地よく読み

 いつものホットコーヒーもまた、

 一層、美味しく感じる。

 そう言えば、野球は

 オープン戦が始まっているのだと。

 その記事も新聞紙面を賑わしている。

 大相撲は、大阪で春場所が開催されていて

 もうすぐ、春の高校野球も始まる。

 春の訪れは、桜開花のみならず

 スポーツイベントで知る部分もあるのだな。

 そんなことを考えながら

 神戸新聞のページをめくってみると

 プロ野球の選手名鑑が掲載されている。

 セ・パ全球団の選手名と

 主要選手の写真入り。

 新聞社側も、保存版として

 所持されることを狙っているのだろう。

 確かに、プロ野球ファンだったなら

 切り取って、しっかり保存することを

 試みるだろうな、と思う。

 きょうは、午後から大阪市内にて

 英会話教室があり

 連続で2時間のレッスンを受ける。

 ここのところ、サボり気味だったが

 間隔が空いたがゆえの楽しさか

 充実した2時間を堪能する。

 レッスン修了は、午後4時過ぎ。

 この時間になれば、もう

 晩酌の時間だと言える。

 駅からの帰り道を歩きながら、

 外気は、まだ肌寒いが

 日差しは、もうすっかり

 春のものになっていることを知る。

 来週になれば、桜前線の話題も

 本格化してくるはず。

 60才の春よ、来い。

 はあやく、来い。

 口ずさみながら、冷たいビールを飲む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

2017/03/14(火) 海技と知識。

License170314

 いつもと変わらぬ朝。

 世の中ではホワイトデーとか言っているが

 実のところ、縁の薄いイベントだと思う。

 会社生活の頃は、スタッフたちとの

 コミュニケーションツールのひとつだったが

 リタイヤした今となっては、意味はない、かも。

 朝トレに行き、モーニングセットを食べて、

 午前中に一旦、帰宅。

 映画でも観に行こうかと考えるが

 そうそう、きょうは午後2時から

 大阪市内の大手前にて

 海技免許の更新講習会がある。

 昼前に家を出て

 芦屋駅隣接のレストランで

 トンカツ定食を食べてから

 JRに乗って、大阪城北詰駅へ。

 そこから徒歩数分で、目的地に到着する。

 講習会は2時開始予定だったのだが

 1時45分に全員が集合したので

 では、始めましょう、となる。

 これ、合理的な考え方でウェルカム。

 この手の講習会の常套手段である

 ビデオ講習を30分受けた後

 デスクの上に置かれた

 『海技と知識』と言う本を見ながら

 残りの座学講習が進む。

 1時間程度の講習会は終了。

 次回は5年後だと思うと、

 心から、ほっとする。

 しかし、昔と違って、海技免許の取得が

 簡単になってきたことが、

 正直なところ、大いなる不満なのであるな。

 1級免許を取ったのは、1983年。

 34年前には、1級免許の合格率は

 わずか数%と言われており

 その難しさは、他の趣味系免許と比べても

 格段の高水準だったと記憶している。

 目の前に置いてある教本

 『海技と知識』の表紙を眺めつつ

 昔の苦労を思いだし

 昨今の免許取得制度の安易さに

 腹が立ってしまっている自分を知る。

 さて、さて、

 天満橋から地下鉄に乗って大阪駅へ。

 JRに乗り換えて、芦屋へ帰る。

 きょうはWBC(野球)の対キューバ戦。

 絶対に負けられない一戦という触れ込みは

 いつも通りのこと。

 まあ、よい。

 テレビの前に張り付いて

 たまには、思い切り、日本を応援することにしよう。

 頑張れ、サムライニッポン!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

2017/03/13(月) 塩まみれのウェア。

Wear170313

 ヨットレース遠征明けの月曜日。

 四日間のアンパイア稼業と

 蒲郡から帰りの3時間半に及ぶ

 クルマの運転もあり

 疲れまくっていたのだと思う。

 昨晩は、後片付けすることもなく

 ビールをかっくらって、

 床についてしまったのであるな。

 そのかわり、早く寝たので

 朝はしっかり5時に目覚める。

 そして、片付いていないバッグを見つけて

 さらに、バッグのチャックを開けて

 片付ける量の多さに、あっ、と唸る。

 一方で、塩まみれのウェアもある。

 なにせ、イベントの初日は

 蒲郡の強風の洗礼を受け

 乗っていたのがハードボートとは言え、

 アンパイアもずぶ濡れになった。

 で、ウェアも真っ白な塩まみれ。

 どうやって洗おうか、しばし、絶句する。

 すぐに手をつける気にもなれず

 まずは朝トレへ行くことにしよう。

 しっかりランニングの後

 バーベルとマシーンで身体をいじめて

 その後は、整形でリハビリ。

 これ、昨今の月曜日のパターンになっている。

 朝トレのために、家を出るのが6時半。

 リハビリを終えて、帰宅するのは10時過ぎ。

 しっかり4時間の充実したルーティーンになっている。

 家に帰って、さあ、始めるか。

 塩まみれのウェアを

 風呂場でお湯を掛けて洗い

 そのまま風呂場に干すことにする。

 この作業が終われば、一息、つける。

 その後、西宮のハローワークへ行き

 帰りに郵便局と銀行に立ち寄り

 家に帰れば、夕方の良い時間になっている。

 イベントのデスクワーク的な片付けも済ませ

 さあ、晩酌の時間にするか。

 電子レンジでポップコーンを作り

 冷蔵庫からビールを出して

 本日の最後の部に入っていく。

 干していたウェアも、かなり乾いた様子。

 満足しながら、月曜日も終わっていく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

2017/03/10(金) カレーパーティー。

Carry170310

 西浦温泉の富士見荘で目を覚ます。

 朝6時前に階下に降りて

 景色の良い、温泉につかる。

 幸せな、ひととき。

 ここ富士見荘を大学マッチの公式宿泊施設として

 使わせてもらうようになって、4年目になるのか。

 西浦温泉の旅館に泊まれるなんて

 実に贅沢なことだと思う。

 いわば協賛していただいている

 富士見荘の若旦那には、

 心から感謝しなければ。

 さあ、きょうから大学&U25マッチレースが始まる。

 朝8時に選手、運営、アンパイア、

 その他関係者が集合して

 イベントは、始まっていく。

 風は、絶好のコンディション。

 おっと、やや吹きすぎのきらいはあるが

 ヨットレースにとって

 最悪なのは、風がないこと。

 吹いていることに、文句を言うのは

 セーラーとしては、禁句なのだと思う。

 途中、あまりの強風で一旦、ハーバーバックとなるが

 その後、もう一度出港して、イベントは

 着実に進行していく。

 満足とまではいかないが、

 まあまあのレベルの進行度合いに

 運営、アンパイアともに、ほっとする。

 さて、さて、レースが終わって

 きょうの夕方は、マリーナでカレーパーティ。

 これ、大学マッチ恒例の行事で

 大学生や若い選手対象ならではの

 はまり企画だと、いつも感心している。

 そう言えば、昨日の昼も

 カレーだったなと思いだす。

 でも、みんなで食べるカレーは

 ずっと美味しく感じるから不思議だと思う。

 アンパイアの仕事もさることながら

 飲み過ぎの疲れもあり

 この日は、その後の宴会も

 早めに切り上げて、眠りにつく。

 ヨットレースは、まだ初日が終わったばかり。

 残り二日間、頑張るぞお。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

2017/03/09 フェニックス。

Phoenix170309

 きょうから蒲郡へ出かける。

 目的は、大学&U25マッチレース。

 このイベントにアンパイアとして参加する。

 会期は三日間なのだが

 その前日の準備があり、また

 アンパイアの更新講習会も実施される。

 相変わらず、お声がかかることに感謝しつつ

 朝8時半頃、芦屋の自宅をクルマで出発する。

 道中は渋滞もなく、スムース。

 途中、サービスエリアで、少し眠ったりしながら

 ゆっくり向かったはずだが

 しっかり昼前には、目的地の

 マリーナ東海に到着する。

 準備や講習会は、午後1時からなので

 昼食を食べる時間が、ある。

 そのような時、食事のできる

 ファシリティを持ったマリーナは、とても便利。

 ここマリーナ東海にも、

 フェニックスと言うレストランがあり、

 そこで、ランチをいただこう。

 ふんだんに時間があるわけではないので

 頼んだのは、カレーライス。

 お値段1,100円で

 予想通りに、すぐに出てくる。

 フリードリンクなので、決して高いとは思わないが

 時間があまりない身としては

 ドリンクを飲む暇もなく、店を出ることに。

 あちゃ。

 その程度のことで、

 とても損した気分になるのは、

 いつもの貧乏性なのだなあ。

 アンパイア講習会を終えて

 明日からのマッチレースの準備も終えて

 さあ、宴会。

 ビールをがぶ飲み。

 ああ、今晩もやっちまった。

 ともあれ、コンディションに恵まれた

 良いイベントになりますように。

 西浦温泉、富士見荘旅館の

 心地よい布団に包まれて、眠りにつく。

 おやすみなさい。

※写真は、マリーナ東海の玄関。ウェブからの借り物です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

2017/03/08(水) ペブルの防水機能。

Waterresist170308

 昨晩は、友人たちと楽しい会食があり

 美味しい食事と一緒に

 美味しいワインも、しこたま飲んだ。

 そのせいで、しっかり二日酔い。

 朝の目覚めは最悪に近い。

 朝トレに行かねば、と思いつつ

 辛さに、意志がついていかない。

 まあ、きょうのところは許してやろう。

 しっかり目を覚ます意味もあり、

 まずは、朝シャワーといってみる。

 三月に入ったと言うのに

 室温は、まだ、低く

 風呂場に入っても、寒さに震えてしまう。

 シャワーから吹き出す水が

 温水になって、ほっとする。

 頭の上からシャワーを浴びて

 全身をしっかり洗って

 シャワーの時間もおしまいとなる。

 と、この時に、左腕に

 腕時計の存在を知る。

 どうやら、激しい二日酔いで

 ぼおっとしていて、時計をはめたまま、

 シャワーを浴びてしまった模様。

 気づいた瞬間、あ、やっちまった、と思うが

 大丈夫、ペブルウォッチは、

 完全防水仕様なのであるな。

 シャワーから上がり、バスタオルで身体を拭いて

 ついでにペブルウォッチもタオルで拭いて

 それで、おしまい、となる。

 そう言えば、このペブルウォッチは

 購入してから、1年半が経っている。

 以前にもこのコーナーで記したことがあるが

 人生の中で、こんなに満足している腕時計は、ない。

 機能は、優れ、しかも防水。

 ヨット乗りにとって必携のものだと思う。

 だが、どうやら、ペブルウォッチは

 他の会社に吸収合併されてしまい

 今までと同様のサービスは

 受けられなくなるのだと言う。

 ああ、残念。

 さて、さて。

 きょうは、午前中にハローワークに行き

 夕方からは、フィットネスの友人たちと

 苦楽園で、会食となる。

 きょうも幸せに、時が過ぎていく。

 明日から蒲郡。

 良いコンディションに恵まれますように。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

2017/03/07(火) ミサイル。

Misile170307

 今朝はしっかり朝トレへ行く。

 トレーニングを終えて体重を量ってみると

 おやおや、1キロほど減っている。

 やはり、横浜ボートショーでの活躍は

 思いの他、身体に負担をかけたのだと思う。

 トレーニングの後は、整形でのリハビリ。

 しばらく、腰にも首にも負担を掛けてきたので

 しっかり引っ張って、大事にしよう。

 リハビリの後はドコモに行って

 契約の変更をして、という感じで

 午前の部は、終わってしまう。

 きょうの大きなニュースはと言えば、

 北朝鮮によるミサイル発射か。

 いよいよ、日本国の経済水域に対して

 やみくもとも言える攻撃を仕掛けてきた。

 これ、攻撃と言い切るべきか

 それとも、ちょっかいと言うべきか。

 しかしながら、一体、

 なにを求めているのかわからない。

 ミサイルを一発撃てば

 そのたびに、国費をべらぼうに

 消費してしまうことになるはず。

 国民の食糧とミサイルが

 直接的に結びつくことはないにしても

 あまり賢明な策だとは思えないのであるな。

 北朝鮮のやり方には、賛成はできないにしても

 実は面白いと思っていたことがある。

 アメリカは自国の紙幣を勝手に印刷できるのに

 なぜ、他国がやってはいけないのか、と

 ウルトラダラーを作ったのだという節があり

 なんとなく、納得したことがあるし

 それは、核開発においても、

 同様の基盤にあるのかと、推察したこともある。

 だが、今回のミサイル発射は、理解不能。

 国のやり方に四の五の言うつもりはないのだが

 一連のマレーシアにおける事件にしても

 北朝鮮がやったことだとすれば

 求めているはずのことと、

 やっていることの違いは

 理解を超えたものがある。

 さて、さて。

 今晩は、友人ファミリーとの会食がある。

 夙川のステーキハウスにて

 ちょいと高額だが、楽しい時間を過ごす。

 きょうも、幸せ。

 帰宅して、世界平和を頭に浮かべつつ

 もう一杯だけビールを飲んでから

 寝ることにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

2017/03/06(月) マスターアンドコマンダー。

Mc170306

 横浜ボートショーの

 お手伝い終えて帰宅した翌朝。

 やはり、かなりの疲れを感じる。

 きょうは、関電病院へ行く日。

 だからと言って、朝トレを

 休む理由はないのだが

 今朝は、家でゆっくり過ごすことにする。

 関電病院では、速やかに、

 かつ穏やかに診察は終わったが

 先生の処方ミスがあり、

 しばし時間がかかってしまうことに。

 でもまあ、慌てることもない。

 きょうは、友人と昼過ぎにランチ。

 久しぶりに会ったこともあるのだろう。

 積もる話で盛り上がり

 気がつけば、2時間ほどが経過している。

 ああ、良いひとときだったと思う。

 だが、帰宅してみれば、もう午後の4時。

 本日の昼の部は、概ね

 終了の時間を迎えているのだな。

 もはや、本日家でやれることは限られてしまうが

 そうそう、そう言えば

 ボートショーの会場で友人と

 映画の話になった際

 マスターアンドコマンダーという

 映画を観たかという話題になった。

 観てないと答えると

 ヨット乗り必見の映画だと言う。

 ならば、観てみるか、と

 本日の帰宅後に、ウェブ上で

 一生懸命に探してみる。

 iPhoneでは買えないが

 PCでは買えるというのを発見。

 クレジットカード番号を入力して購入。

 PC画面では迫力不足でつまらないので

 テレビの大型画面につないでみる。

 2時間強の映画だが

 気がつけば、あっと言う間。

 帆船時代の航海の厳しさと

 戦いの凄まじさに感動する。

 いつの頃からか、動画における

 海の表現が、飛躍的に進化したと思う。

 特に時化の映像は、

 ヨット乗りとして、船酔いの苦しさを

 具体的に思い出してしまうくらい

 リアルになっていると思う。

 さて、さて。

 月曜日の一日が、ほぼ終了。

 後は、適度にビールを飲んで

 ほろ酔い状態にて眠ることにしよう。

 今週末に向けて、やること、多々。

 それは、まあ、

 明日の日中にでも、やるか。 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

2017/03/03(金) グラインダーチャレンジ。

Grind170302

 ボートショーの二日目。

 きょうは、カプセルホテルの

 1階ラウンジで朝食をとる。

 お値段500円なり。

 まあ、高くもなく、安くもなく。

 それ相当のお値段というところか。

 ご飯をお代わりして、

 お腹いっぱいにして、ホテルを出る。

 集合時間は、朝の9時。

 ホテルから会場まで

 電車をひと駅だけ利用して、後は、徒歩。

 約20分ほどで到着する。

 せっかくの時間なので

 広い会場内を散策して

 ゆっくり余裕をもって、我らの

 セーリングビレッジのブースに着く。

 このブースの目的は、

 いわば、ヨットへ誘う入り口のようなもの。

 また、ヨット乗りに対しては

 より深く、ヨットを楽しんでもらう。

 だから、ディンギーに乗れるコーナーや

 子供向けの塗り絵、それに加えて

 グラインドマシーンも置いてある。

 これ、大きなヨットに設置してあるもので

 怪力クルーが2人ひと組になり

 ウィンチに連動しているグラインドマシーンを

 凄まじいスピードでぶん回し

 ヨット上で引くべきものすべてを引く。

 まあ、それがどのようなものか

 来場者に見てもらうと同時に

 実際に回してもらって

 体験してもらおうと言う企画だ。

 今回は、グラインダーチャレンジと銘打って

 ランキングを表示して

 挑戦意欲をかきたてている。

 これが、なかなか評判よし。

 若いヨット乗りはもちろんだが

 かなりのご年配のお客様も

 我こそはの思いで挑戦してくれる。

 ひとりあたりの時間は、わずか10秒だが

 この短い時間もまた、イベントとして

 頃合いよし、と言うところか。

 人だかりができて、盛り上がるのが、よい。

 さてさて。

 本日は、夕方5時からアルコールタイムとなる。

 本来は、来場者にお酒を飲みながら

 会場内を散策してもらう企画なのだろうが

 我々にとっては、主催者から、

 ブースでの音響発信を制限されるので

 仕事もさっぱりなくなってしまう。

 やむなく、ブースでビールを飲み始める。

 そうそう。 

 イベント二日目の終わりとなると

 正直なところ、かなりの疲労感がある。

 でも、イベント期間は四日間。

 まだ、半分なのであるな。

 頑張らねば。

 ファイト。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

2017/03/02(木) 吉野家の朝食。

Image1_2

 関内のカプセルホテルで目を覚ます。

 いつも通りの時間、すなわち

 朝5時に目を覚ましてしまうのだが

 なにせ、カプセルという

 狭い部屋の中ゆえに、やることがない。

 しかたがないので、もう少し

 眠ることにして、6時半に

 二度目の目覚めとなる。

 朝食は、ホテルを出てすぐの

 吉野家へ行ってみる。

 メニューを見ると、お誂え向けの

 特朝定食というのを発見。

 焼き魚に納豆が付いて550円だと。

 これは良いと思って、注文してみる。

 が、しかし、すぐに

 焼き魚定食に納豆単品を付けると

 530円で済むことに気づく。

 この二つの定食の違いはと言えば

 生卵が付くか、否か。

 そもそも、生卵は食べない身としては

 後者を選ぶしか、ない。

 すぐに訂正して、焼き魚定食に

 納豆を付け加えてもらうことにする。

 一旦、オーダーしたものを、

 値段だけの問題で撤回するなんて、

 以前はできなかったように思う。

 定年退職を迎えて以降、

 多少は節約しようと言う気持ちが

 働くようになったのかなあ。

 が、しかし、それがたったの30円。

 一方で、無駄な費用を垂れ流しているかも知れず

 実は、節約だとか何だとか

 語れる筋合いではないのだと思う。

 さあ、きょうからボートショーの初日を迎える。

 朝10時に横浜パシフィコに集合。

 きょうは、初日の木曜日なので

 客の数は、大したことないのであるな。

 ブースの司会を勤める身としては

 初日は、あまりばたつかず

 ウォーミングアップ程度の方が、良い。

 ブースを訪れる多くの友人、知人と

 楽しく挨拶を交わしつつ

 時に緊張しながら、全体的には

 思い切り楽しみながら、夕方5時に

 ボートショーの初日を終える。

 明日は、金曜日。

 客数も増えるのだろう。

 集合時間も1時間早まって、9時。

 さあ、ここからが本番か。

 頑張るぞお。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

2017/03/01(水) 菊名駅。

Kikuna170301

 二月は短いから、と言うわけではなく

 あっという間の三月を迎える。

 きょうから、横浜へ出張。

 午後1時に「みなとみらい」駅で

 友人と待ち合わせている。

 時間の余裕はあるので

 まずは、朝トレに行き

 一旦、帰宅してから

 再出発するプランとしている。

 新幹線は、新大阪発10時過ぎ。

 ふむ。余裕であるなあ。

 と、思いつつ、朝トレで

 最初のランニングをしながら

 おもむろにテレビ画面を眺めていると

 おや、新大阪と岡山間で

 運転を見合わせている、だと。

 これは、いけない。

 慌てて、トレーニングを切り上げて

 そそくさと家に帰り、

 さらに、新幹線の予約を

 新大阪発のものに切り替えて

 ダッシュで新大阪へ向かう。

 新大阪駅には人が溢れて

 大変な状況になっている。

 博多方面からの電車の遅れは

 2時間を超えているとのこと。

 だが、幸いなことに、新大阪始発の電車は

 わずか数分の遅れにて、出発する。

 多少の遅れはしかたないとしても

 まあ、許される時間内には到着できるだろう。

 電車の中では、眠っているうちに

 新横浜に到着する。

 結果、ほとんど延着することなく、

 着いたのであるな。

 そうとなると、今度は早すぎる。

 でも、遅延の恐怖が取り除かれたのだから

 これは、幸せなのだと思う。

 慌てることなく、待ち合わせの

 みなとみらい駅へ向かおう。

 iPhoneの指示によると、

 ベストな行き方は、菊名駅で

 東急東横線に乗り換えるのだと言う。

 今まで数え切れないほど、

 新横浜駅は利用してきたが

 菊名駅を使うのは、初体験。

 JR菊名駅で電車を降りて

 ホームの一番前まで歩いていって

 東急東横線に乗り換える。

 乗換えは、スムース。

 かつ、目的地のみなとみらい駅にも

 あっという間に着いてしまう。

 これは、便利。

 今まで知らなかったことを不思議に思う。

 みなとみらい駅で友人と落ち合って

 ボートショー会場のパシフィコへ行く。

 明日から始まる展示の準備で

 会場はごった返している。

 大学卒業以来、38年間にわたって、

 広告屋に勤めていたのだから

 展示会の現場は、おてのもの。

 と、言いたいところだが

 指示はできても、自分では何もできない。

 広告屋の営業職というのは、つくづく、

 つぶしのきかない職業なのだと思う。

 夕方の5時過ぎに、本日の

 準備を済ませて会場を出る。

 泊まりは、関内のカプセルホテルに決めている。

 この手のホテルに連泊するのも初めてのこと。

 昨今、ベッドや枕が変わるだけで

 腰や首の調子が悪くなることがあるので

 要注意であるな。

 明日の会場集合時間は、朝の10時。

 ゆっくりと有意義に時間を過ごすことにしよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

2017/02/28(火) アカデミー賞。

Hollywood170228

 昨今、就寝中の寒さが、やけに堪える。

 週末のヨット泊は例外で参考にならないが

 我が家にて、夜中に寒さで目を覚ます現象には

 これ、もしかすると加齢が原因ではないかと思う。

 昨晩も夜中の2時に、寒さで目が覚め

 ごそごそと起き出して、起き上がった後

 布団をかけ直して、今一度、眠りについた。

 体感温度と言うものは

 ひとそれぞれ、かなり異なると知ってはいるが

 もしもそれが、加齢によるものだとすれば

 なんだか、情けない。

 とほほ。

 きょうは、大阪市内に所用があり

 朝トレのない、一日が始まる。

 昨日のゴルフコンペでいただいた

 ジャンボミンチカツをおかずに朝食を食べる。

 自分が持ちかえった賞品だと思うと

 それだけで美味しく感じるのだから

 人間と言うのは、単純だと思う。

 まあ、喜ばしい単純さでは、あるが。

 さて、本日のニュースは、と言うと、

 一つは、米国アカデミー賞の話題か。

 作品賞の大本命だった

 ラ・ラ・ランドが受賞を逃したのみならず

 発表を誤ったことが、ニュースになっている。

 さらに、一連のトランプ大統領の

 強引な手法に対する俳優たちの反旗もまた

 大きなニュースになっている。

 朝日新聞の紙面上では、

 アカデミー賞自体の話題は乏しく

 むしろ、政治的な色合いが濃い。

 おいおい。

 作品賞は、どれが取ったのか。

 はたまた、受賞理由は何だったのか。

 映画をこよなく、かつ純粋に愛する読者に対して

 新聞が向き合っていないのではないか。

 そう思うと、トランプ氏を

 支持するわけではないが、

 新聞に対して、腹も立ってくるのだな。

 さて、さて。

 明日から横浜出張。

 4泊の長い滞在となる。

 テレビを観ながら、支度を進める。

 適度なところで、時計を見れば

 ちょうど頃合いの良い、

 日暮れ時の時間になっていることを知る。

 そうとあれば、やはりビール。

 休肝日という言葉もあったなあ、などと

 余計なことを頭に浮かべつつ

 冷蔵庫から冷えたビールを取り出して

 本日の晩酌、となる。

 3月に入ったら、たまには

 休肝日を設けてみるか。

 とてつもなく、手遅れな対処かも知れないが

 殊勝なことを、逐一、思いつくのもまた

 美しき、酒飲みの癖なのだと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

2017/02/27(月) 山垣の冷凍ジャンボミンチカツ。

Minch170227

 週末を博多で過ごした明けの月曜日。

 昨晩の就寝時間は遅かったのだが

 今朝はしっかり5時前に目を覚ます。

 きょうはフィットネスの先輩たちと

 ひと月ぶりにゴルフを楽しむ。

 これは、決して遅刻するわけにはゆかない。

 いそいそとゴルフの支度をして

 朝6時15分過ぎに、クルマで家を出る。

 そうそう。

 ひと月前のゴルフの際は、

 同じような時間に家を出たのに

 空はまだ真っ暗だったことを思い出す。

 ああ、あれからひと月が経ち、

 着実に春が近づいているのだなあ。

 だが、一方で、ああ、あれから、

 ひと月が経ち、また、我が寿命は

 終着駅に近づきつつあるのだなあ。 

 そんなことを考えながら、アクセルを踏む。

 ゴルフ場に着き、チェックインすると、

 受付の女性から、本日は、コンペがあるので

 参加しませんかと勧められる。

 参加料は1,080円。

 前半のハーフのスコアで競い合い

 もれなく、なにがしかの賞品がいただける。

 これは、良い。

 一緒に回るメンバーが揃ったところで相談をして

 全員賛成で、コンペに参加することを決める。

 プライベートのゴルフは、本当に楽しい。

 朝7時45分にスタートして、

 前半を終わったのが、10時15分。

 ラウンド料とセットになっているランチを食べて

 後半のスタートは、11時05分。

 午後2時前には、ホールアウトして

 風呂に入って、最高の気分で

 本日の、愉快で有意義なゴルフの時を終える。

 フロントで支払いを済ませ、

 同時にコンペの賞品も受けとる。

 この際、順位のことは、さておいて

 いただいた賞品は、山垣畜産の

 冷凍ジャンボミンチカツ。

 値段にすれば400円程度のものらしいが

 晴天の一日、朝から夕方までしっかり遊んで

 朝食と昼食のお値段込みで、さらに

 賞品と言う名の、いわば手みやげまでいただいて

 支払いは、7,000円弱と言うのだから

 これ、幸せなことだと思う。

 山垣の冷凍ジャンボミンチカツを手に提げて

 クルマに戻り、さあ、帰ろう。

 どうでも良いことかも知れないが

 今から約40年前に大阪に着任した際

 東京言葉と大阪言葉の違いを

 会社のクリエイターの二人が、

 冗談まじりに言い争っていたことがあった。

 東京出身のクリエイターが、

 大阪言葉の「ヘレカツ」は、

 英語の発音的におかしく、

 東京言葉の「ヒレカツ」が正しいと主張。

 対して、大阪出身のクリエイターは、

 ヒレカツ論争に直接反論することをせず

 そう言う君たちは、「ミンチカツ」を

 「メンチカツ」と言うではないか。

 ミンチの英語での発音は、どうあっても

 メンチではなくミンチだろうと

 すぐさま反論したことを思い出す。

 で、きょうの賞品のジャンボミンチカツ。

 東京だったらメンチカツなんだろうなと

 くだらないことを頭に浮かべつつ

 クルマを飛ばして帰宅する。

 せっかくのミンチカツだが、これは、

 本日の幸せだった一日の証として

 後刻、家族と一緒に食べることにしよう。

 もちろん、ビールを飲みながら、であるな。

※後刻談:箱を開けたら4個入ってました(写真)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

2017/02/24(金) 札幌濃厚醤油「すみれ」。

Sumire170224

 昨晩は、早く寝たはずなのに

 今朝の目覚めは、いまひとつ。

 もちろん、一旦、五時に目覚めるのだが

 次に気がついたのは、5時45分。

 あれま、これはいけない。

 慌てて布団から起き出して

 きょうの一日が始まっていく。

 朝トレでは、友人達と

 来週月曜日のゴルフの

 スタート時間の最終確認をする。

 このような時が、なんとも幸せな感じ。

 よし、後で練習に行こう、と誓う。

 一旦、家に帰り、所用を済ませてから

 では、ゴルフの練習に出かけよう。

 クルマに乗って、約10分程度。

 甲子園浜のアコーディアガーデンへ行くのも

 昨今の習慣の一部になってきている。

 いよいよ、週明けが本番なので

 きょうは、いつも以上に気合いが入る。

 しかし、気合いの乗りと、ショットは別物。

 50%程度の満足感で、あがることにする。

 帰り道、ユニクロに立ち寄って

 少しだけ買い物をする。

 サラリーマン時代には、ビジネスシャツ以外の

 長袖系のシャツ類は不要だったのだが

 普段着を標準とする昨今では、

 必要とする場面が多い。

 明日から福岡に出かけるのだが

 その際にも、長袖があると良いだろう、と気づく。

 だから、長袖アンダーを購入する。

 会社のリタイヤから早三ヶ月が経とうとしており

 なんとなく、生活のパターンが

 着衣も含めて、固まってきているのだと、思う。

 家に帰れば、昼飯の時間。

 きょうは、ラーメンに決めている。

 あらかじめ買って用意しているのは

 セブンイレブンで買った、即席ラーメン。

 札幌のラーメン屋「すみれ」ブランドで

 札幌濃厚醤油すみれ、だと。

 製造が日清食品だと言うので

 それ相当の期待感を抱き、

 きょう、ようやく、食べることに。

 が、しかし、食べてみて

 あれま、がっかり。

 元々、ラーメンには期待は禁物。

 確かに太麺はなかなかのものと感じたが

 スープは、変に、にんにく風味が効いている。

 自身がにんにく嫌いと言うこともあるが

 これは、どうにもいただけない。

 さて、さて。

 やや落胆のラーメン昼食の後

 午後から大阪市内に出かける。

 金曜日は、英会話のレッスンなのであるな。

 きょうは、3月一杯で退会する手続きを済ます。

 思えば、一昨年の8月に入会して

 一年半以上、習慣としてやってきた。

 関係者のみなさんに感謝、感謝。

 おっと、まだひと月残っているので

 感傷にふけるのは、まだ、早いか。

 レッスンを終えて、帰宅。

 慣れた椅子に腰掛けて、思う。 

 どうしてなかなか、本日の金曜日も

 朝から夕方まで、ばたばたと

 有意義な一日だったではないか。

 明日からの福岡行きの準備をしながら

 冷たいビールを飲んで、幸福感にひたる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/23(木) 特定記録郵便。

Tokutei170223

 きょうは、朝から友人たちとの

 Skype会議がある。

 来週、横浜パシフィコで行われる

 ボートショーの手伝いをするので

 事前の担当者ミーティングというわけ。

 朝9時にパソコン前にスタンバイして

 友人からの着信を待つ。

 会議の参加者は4人。

 全員、動画をオンにして

 顔を見ながら、円滑に話は進む。

 時が経つのは速く

 気がつけば10時となり

 本日の会議は、お開きとなる。

 正直なところ、本番を目前にして

 かなり焦り始めていたので

 この会議は、精神的にとても助かる。

 みんな、ありがとう。

 Skype会議を終えて

 そうだ、昨日の続きがある。

 小型船舶免許更新講習会の

 申込み書類を送らねばならない。

 ま、郵便局へ行けば良いだけなので

 簡単な話ではある。

 先日、確定申告書類を提出する際には

 家に封筒がなくて難儀したが

 その後、百均で大小併せて購入したので

 問題はすでに解決している。

 後は、どのような方法で送付するか、だ。

 説明書によると、

 通常郵便でも問題ないが、紛失時には

 自己責任となるので、心配な方は

 追跡調査可能な方法で送れ、とある。

 要するに、当たり前の話だが

 なくなったら知らないぞということ。

 万が一にも、紛失して

 今一度写真を撮りに行くような

 愚は冒したくないので

 郵便局へ行き、窓口で相談してみる。

 書留の類いの場合

 どうやら、500円弱がかかるらしい。

 では、レターパックでと、決めようとしたら

 特定記録郵便という方法がある、という。

 本人に手渡すことはしないが

 追跡調査可能な方法らしい。

 あ、説明書にあったのは、このようなことか。

 普通郵便料金に追加料金を支払って

 都合300円以内に収まる。

 受取書(写真)が、また、大げさで、良い。

 かなり満足して、ひと仕事を終えた感じ。

 帰宅した後、きょうは、特にやることもなく

 いつになく、退屈な一日を過ごす。

 今週末の交通手配をして

 来週早々のゴルフの準備や

 友人との昼会食の予約、また

 横浜へ出かける支度、等々。

 だらだらと進めているうちに

 貴重な木曜日が終わっていく。

 よし、ビールでも飲むか。

 テレビを観ながら、

 本日の、やや、後悔気味な

 晩酌の時が進む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

2017/02/22(水) 小型船舶免許の更新。

Boatlicense170222


 確か、この前、更新したばかりと思っていたのだが

 なんと、5年に一度の小型船舶免許の有効期限が

 平成29年の10月だと言うことを発見。

 期限まで、まだ半年以上残っているが

 この手のことは、一度記憶に引っかかると

 そう簡単には離れてくれない。

 ずるずると更新のことを

 気にし続けるのは、たまらないので

 それでは、今のうちに手を打つか、となる。

 幸い、小型船舶の更新は

 期限が切れる1年前からできるのだと。

 さらに、期限前に更新手続きをしたとしても

 次の有効期限は、本来の期限切れの日から

 五年間になるのだと言う。

 そうであれば、気がついた時が、吉日か。

 すぐに手続きを進めることにする。

 だが、しかし、手続きは面倒くさい。

 インターネットで申し込んだ後

 今一度、封書にて、いくつかのものを

 送らなければならない。

 委任状、小型船舶免許の写し。

 ここまでは、手元で準備ができるのだが

 45×35の写真を2枚、となると

 これは、どこかで撮ってもらわねばならない。

 そう言えば、ハローワークの申請のために

 昨年暮れ、大阪市内で撮影してもらったなあ。

 が、しかし、サイズが違う。

 どうしてこのようなものの

 サイズが統一されないのか。

 昨今の技術の発展から鑑みて

 どうにも納得がゆかないが

 文句を言ってもしかたなし。

 最近見つけた芦屋駅界隈の

 証明写真撮影機の場所へ行き

 ボックスに入って撮影を済ます。

 必要書類関係を封筒に入れて

 覚えているうちに振り込みも済ませておく。

 インターネット振り込みができるので

 あっという間に完了するが

 最後の封筒の投函は、

 切手を貼って、まあ、郵便局まで歩いて行って

 局内のポストに投函することにしよう。

 さてさて。

 きょうもいろいろあった。

 朝トレに始まり、ゴルフの練習に行き

 デスクワークをこなし、

 免許更新の手続きに時間を費やし

 気がつけば、窓の外は真っ暗。

 あ、そうか。

 晩酌の時間であるな。

 冷蔵庫からビールを取り出して

 きょうの一日を思い出しながら

 そして、自分の働きを労いながら

 寛ぎのひとときを過ごす。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

2017/02/21(火) パタゴニアとモンベル。

Patagonia170221

 きょうは、昼前から三宮へ行ってみる。

 主目的は、パタゴニアショップへ行き

 ナノエアをチェックしてみること。

 これ、通気性および保温性に優れ

 主に、山用としてなのだろうが

 非常に評判が良いウェアなのだと言う。

 と言うことで、阪神電車に乗って三宮駅へ。

 まずは、銀行に立ち寄って、次に、映画館。

 シニア料金で観られるものだから

 ついつい、映画でも観るか、となってしまう。

 昼飯は、神戸なのだから、神戸牛か。

 そんなことを考えていると

 目の前に神戸牛のレストランが現れる。

 客寄せのやや年を召した女性に

 店内へ誘い入れられ、メニューをみる。

 一番安いランチメニューで2,500円だと。

 質の高い神戸牛であれば、

 決して割高ではないのだろうが

 シニア料金で映画を観る身分からすると

 ランチにそんな値段は支払えない。

 これ、サラリーマン時代であれば

 考えられない我が身のリアクションで

 今だにやったことを信じられないのだが、

 なんと、席に着いた後だと言うのに

 すみません、予算が合いません、

 と断って、店外へ出てしまう。

 恥ずかしさのようなものはなく

 ひどく素直に言葉が出たことが

 また、不思議だと思う。

 結局、そのあたりの中華料理屋で

 酢豚ランチを食べて780円なり。

 そうそう。

 このくらいが、身の丈にあっている、と思う。

 さて、ついに目的地のパタゴニアへ。

 三宮のパタゴニアは、モンベルと

 向かい合って営業している。

 どちらのブランドも同じようなテイストなのだが

 アメリカのパタゴニアに対して

 モンベルは、純日本の会社だと思うと

 なんとも釈然としないものがある。

 きょうは、なにせ目的はナノエアなので

 まずは、パタゴニアに入り

 ナノエアを試着してみることに。

 なるほど、軽くて、良いかも。

 が、しかし、袖がやや長いのに対して

 肩周りは、窮屈で入らない。

 要するに、サイズが合わないのであるな。

 それだけが理由ではないが

 しばし滞在して、店員と四方山話をした後

 向かいのモンベルに移動する。

 品揃えは、モンベルに軍配か。

 欲しいものをいくつか見つけるが

 きょうのところは、買わずに帰ろう。

 青空の下、天気は最高なのだが

 時折、小雪が舞い、寒さは厳しい。

 2月も中旬を過ぎ

 春の支度に忙しくなってくるのだな。

 家に帰れば、仕事の依頼があり

 それをこなしているうちに

 窓の外は少しずつ、明るさを失っていく。

 ついに、真っ暗になり、

 ああ、晩酌の時間かな。

 温かい風呂に入って、勢いを付けて

 さあ、冷たいビールでも、飲むか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/20(月) NTT docomo。

Docomo170220

 先週末のこと、

 iPhoneのストラップが切れていることを発見。

 とても小さなパーツだが

 普段から、ストラップを指にまくようにして

 iPhoneを使っているので

 なくなると、かなり不便、かつ

 落とすのではないかと、

 不安な状態に陥る。

 特に、昨日の朝、友人が

 ヨットに乗る前に、iPhone7を

 海に落としてしまった事件もあり

 より、神経質になっている自分がいる。

 朝のフィットネスを終えて、さらに

 朝食の後、整形でリハビリ。

 その後、ここなら買えるだろうと思い

 芦屋駅前のdocomoの店を訪ねてみる。

 開店時間が朝の10時。

 店の前に着いたのが、2分前。

 すでに3人ほどのお客さんが

 開店を待っている。

 docomoの店は10時を1分過ぎた頃

 ドアはようやく開くのだが、

 店内のスタッフはまだ、スタンバイしていない。

 ほとんど一番の客なので

 幸い、すぐに対応はしてもらったのだが

 1分でも開店を待たされるのは、不愉快極まりない。

 主目的は、ストラップの購入だったが

 せっかくなので、契約状況を確認してもらう。

 docomoの契約は、複雑怪奇であり

 このような時を活用して

 窓口でしっかり説明を聞かないと

 さっぱり、わけがわからない。

 いろいろと話を聞いてみると

 おやおや、家族割引の類いで

 お得な契約変更があると言う。

 その部分だけ、しっかり聞いて

 説明書に朱を入れてもらう。

 さて、では、ストラップはと言うと

 店内では売っていない。

 あれま。

 諦めて、次は、芦屋駅上の

 百円ショップへ行ってみる。

 ストラップは売っているのだが

 これと言う物が、ない。

 諦めて帰ろうと思うが

 百円ショップは、見ているだけで楽しく

 気がつけば、ついつい買い物をしてしまう。

 あれを買い、これを買い

 それでも総計400円強なのだから

 この手の店の生命力の強さを感じる。

 今朝、家を出たのは6時半。

 帰宅したのは、11時前。

 4時間半近く、経っていることになる。

 フィットネスを含めて

 しっかりやるべきことをやったのだと

 不思議な充実感を得ている。

 さて、きょうは、午後から

 大学時代からの旧友と難波で飲み会。

 3時に待ち合わせて、ふぐを食べながら

 冷たいビールをがぶ飲みする。

 もちろん、話は途切れることなく

 気がつけば、あっという間に5時を過ぎている。

 友人を近鉄特急に送り出し

 来月また会おうと約束して、お別れとなる。

 楽しい週の出だしになったと思う。

 飲み過ぎで苦しいくらいなのだが

 家に帰って、もう一杯だけ

 ビールにて、きょうの幸せな日を

 一人、乾杯してみる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

2017/02/17(金) エンブレム。

Emblem170217

 おや、また、金曜日を迎える。

 日の出が早くなったなあと思いつつ

 シェイドを上げて、窓の外に目を向ける。

 歩道が少し黒っぽく見えるのは

 雨が降っている、もしくは

 雨模様の朝だと言うこと。

 まだ、歩いている人が見当たらないので

 傘による雨判断ができないのであるな。

 6時半。フィットネスに向かって家を出る。

 幸い、傘は不要で、濡れることもなく

 JRの芦屋駅まで到着できて、ほ。

 きょうも、フィットネスの

 メンバーたちと会話を交わしながら

 楽しいひとときを過ごす。

 最近は、短時間だが

 別フロアでゴルフクラブの素振りをしている。

 感じをつかむだけだが、それでも

 多少は練習をしている気分になれるし

 みなさんとの会話の機会も増える。

 これ、良い時間だなあ、と思う。

 家に帰り、さあ、デスクワークに励まねば。

 仕事の合間に、ふと、棚を見上げると

 そうだ、葉山マリーナヨットクラブの

 エンブレムを、先週末、手に入れたのだった。

 会社との帰属がなくなり

 これからは、例えば

 ヨットクラブに所属していることが

 自分にとって、大事な基盤になるのだと思う。

 そんなこともあり、今さらながら

 エンブレムを買ってみたというわけ。

 聞くところによると

 最近、葉山マリーナヨットクラブの

 メンバーになった人たちには

 ネクタイ、エンブレムが授与されるのだと。

 残念ながら、それ以前に入会したものだから

 自分で購入せねばならなかった。

 ちょっと悔しいような思いもあるが

 なにを言うか、わずかながらでも

 古株会員の証ではないかと、

 自分自身を納得させる。

 次回から、ヨットの仕事で、海外へ行くときは

 上着とエンブレムを持って行こうと思っている。

 まあ、その機会は、昨年と比較すると

 かなり減ってしまうのは、明らかなのだが。

 午後から英会話のレッスンがあり

 大阪市内へ出かけて行く。

 この英会話も、活かせる機会が

 減ってしまうと思うと、少し、残念気分。

 でも、なにがしか、

 自分のスキルアップの試みは

 継続すべし、と考えている。

 雨が本降りとなり、帰り道が心配になるが

 日頃の行いが良いせいか

 JR芦屋駅にたどり着く頃

 雨もちょうど、こやみになる。

 明日は土曜日。

 クルマで志摩へ出かける予定。

 二葉館に一泊して、明後日は

 クラブレースに参加する。

 寒さ控えめの、好天に恵まれますように。

 祈りながら、今晩のビールによる

 晩酌を楽しんでいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/16(木) ビール工場。

Beerfact170216

 きょうは、ひと月に一度

 関電病院へ行く日。

 二年前に喉の手術を受けて以降

 毎月、病院へ検査のために通っている。

 幸い、毎回異常なしで終わるのだが

 せっかく手術で治したのだから

 生涯、同じような原因で

 苦労はしたくはないと思っている。

 きょうの検査も異常なし。

 今朝はほとんど待たされることもなかったので

 所要時間、わずか数分にて終了。

 会計を済ませて帰宅する。

 一旦、帰宅の後、

 午後からは、アサヒの吹田ビール工場へ。

 ウィークデーの昼間に

 このようなところの見学に行けてしまうところが

 リタイヤ人生の楽しさだと思う。

 二日前にインターネットで予約を済ませ

 家で軽めのランチを食べたあと

 JRに乗って吹田駅まで。

 工場は駅の目の前なのだが

 広い敷地をぐるりと回って徒歩数分。

 ようやく、正面玄関にたどり着く。

 後刻聞いた説明によると

 工場の敷地面積は、甲子園球場の

 数個分なのだと。

 どうりで、時間がかかったわけだと思う。

 工場内のツアーは、1時半に開始。

 ビール作りの紹介映画を観て、

 約1時間で工場内を見終わる。

 そして、その後が、ビールの試飲。

 ガイダンスの女性から

 お一人さま3杯まで、と言われたが

 実際には、それを過ぎても

 大目に見てもらえるらしい。

 が、しかし、自身のような酒飲みでも

 20分程度の時間内に

 小ジョッキビール3杯は、決して少量ではない。

 結果、一般制限内の3杯を飲み終えて

 ほろ酔いにて、気分は上々。

 お土産売り場では、つい強気になって

 チョコレートボンボン他、

 たくさんのお土産を買ってしまう。

 そもそも、ビール工場のビールは美味しい。

 だから、気分が良いのだと思う。

 そう言えば、近々、ビール類にかかる税制がかわり

 ビールも発泡酒も第3のビールも

 税率が統一されるのだと。

 昨今、年齢があがるとともに

 値段はもちろん、軽妙な味わいも含めて

 発泡酒の恩恵を受けるようになってきたのに

 いったい、どうなってしまうのだろうか。

 今晩は、家で牛しゃぶ。

 発泡酒をがぶがぶ飲みながら

 結論の出ない、そんなことを考えてみる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

2017/02/15(水) Koganeya。

Koganeya170215

 朝6時半。

 しっかり防寒をして、家を出る。

 いつの間に、こんなに明るくなったのか。

 芦屋駅に向かう道を歩きながら

 季節の移ろいを、感じるのだな。

 この、朝のフィットネス通いだが、

 会社勤めの頃は、まるで

 毎日通っているかのように思っても

 実のところ、週にせいぜい3回が限度だったと思う。

 だが、昨今は、余程のことがない限り

 本当に毎朝、通っている。

 そして、毎日通えば、効果も出る。

 あげるバーベルのウェイトも

 昨年の50肩で落とした分を

 ようやく取り返しつつある。

 それに伴い、両肩の筋肉も少しずつ戻り

 自分の身体でありながら

 どうしてなかなか、良い感じだと思う。

 フィットネスの後、一旦、家に帰り

 デスクワークに専念する。

 ヨットレースのノーティスを書き上げ、

 その後、韓国の友人やヨットチームの

 メンバーにメールを送ったりする。

 そうこうしているうちに、午前の部が終わる。

 昼前に、さて、西宮へ映画を観に出かけようか。

 西宮の映画館へは

 阪急電車で行くのが常套手段なのだが

 JRに乗って西宮駅へ行き

 そこから阪急の西宮北口駅まで

 徒歩で歩くのが、気分よし。

 距離にして2キロくらいか。

 昨今は、この程度の道のりは

 歩くのが当たり前になってきている。

 気がつけば、あれだけ乗り慣れた

 タクシーと縁がなくなっているのだな。

 経済的で、よし。

 夕方、帰宅して、iPhoneの距離計をチェック。

 ほほお。

 約1万歩程度歩いているのだと。

 これに、フィットネスのランニングが加わるので

 まあ、1万5千歩といったところか。

 きょうも、しっかり運動をこなしたことに

 ささやかな満足感を得る。

 そうとなれば、たまには行くか、と

 近場の、いわば居酒屋へ出かけてみる。

 店の名前は、"Koganeya"。

 「こがねや」であるな。

 今のマンションに住むようになってから

 何回か利用したことはあるのだが

 最近はとんと疎遠になっている。

 久しぶりに眺めるメニューも

 なんだか、随分変わったように思う。

 とりあえず生ビールを飲んで

 冷や奴とサラダをいただいて

 ビールをお代わりして、

 締めは鮭茶漬け、と行く。

 地元の店で、一人で飲むのも、よし。

 こんな時にも、また

 会社から解放されて、

 自由になったことを感じる。

 明日は、朝から関電病院へ行く予定。

 何も起こらない平穏な一日であることを、祈る。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

2017/02/14(火) ピーコックストアの閉店。

Close170214

 きょうはバレンタインデー。

 しかし、ある程度の年齢に達して以降

 本来の意味はすっかり失せた。

 それでも会社内では、それなりの日だったが

 リタイヤした今となっては、

 本格的に、意味のない日と化したと思う。

 バレンタインという習慣が

 日本に根付いたのはいつ頃だったか。

 中学二年生だったか、同級生の女子に

 放課後の教室で、初めて

 チョコレートをもらったことを

 今さら鮮明に思い出してみたりする。

 また、高校受験にあたって、

 下級生の女子が、「志望校に受かったら、

 チョコをあげる。」と言ってくれたことまでも

 まるで昨日のことのように思い出す。

 なんだか、バレンタインデーが

 本気でその機能を果たしていたのは

 中学生の時代まで、だったように思う。

 50年前だなあ。

 さて、さて。

 きょうは火曜日で、燃えるゴミに加えて

 段ボール・新聞紙ゴミを出せる日。

 先週のきょう、うっかり誤って出して

 差し戻されて以来、

 玄関に段ボールを置きっ放しにしていたので

 それがなくなって、心底、ほっとする。

 きれいさっぱり。

 気分を良くして、朝トレに行く。

 朝トレの後は、古いキャディ・バッグを

 芦屋のゴミ処理場に持っていき

 その足で、ゴルフの練習に行く。

 練習時間は、せいぜい15分。

 クリーンにボールがヒットして

 気分が良いところで切り上げる。

 使ったお金は数百円程度か。

 金のかからないひとときに満足して帰宅する。

 夕方、近所のスーパーへ買い物へ。

 以前、大丸ピーコックだった店だが

 イオンが買収したようで、

 店内の様相もすっかり変わっていた。

 その店が、なんと、明日をもって閉店なのだと。

 がらがらになった棚を見て

 ほとんど因果関係のない存在でありながら

 少しだけ、寂しいと思う。

 閉店間際であれば、安売り中かと思うのだが

 それをやっていないことも含めて

 店は繁盛しなかったのではないかと推察する。

 いずれにしても、最も家から近い

 スーパーがなくなることになり

 では、どこに買い物に行けばよいのか

 心配してみたりする。

 まあ、よい。

 なんとかなる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

2017/02/13(月) キャディ・バッグ。

Caddie170213

 二日間の葉山出張から戻り

 今朝は、元気に目を覚ます。

 おっと、葉山出張などという言葉は

 サラリーマン時代には使ったことがない。

 出張とは、仕事用語。

 広辞苑をひいてみても 「用務のため、

 臨時にふだんの勤め先以外の場所」云々。

 しかし、もはや会社に帰属していないのだから

 葉山に行くこともまた、出張という

 言葉で表現して良いように感じている。

 まあ、いいんじゃないか、それで。

 さて、月曜日の新たな習慣として

 朝トレの後、整形で腰と首のリハビリを受ける。

 前回も、前々回もそうだったが

 このリハビリは、非常に良く効いているように感じる。

 リハビリを終えて外に出ると

 腰の嫌あな感じが、消失して

 爽快な気分で歩いている自分がいる。

 ゆっくり温め、電気治療をした上で

 牽引に入る順番が良いのだろうか。

 いずれにしても、心地よいに越したことはない。

 整形の先生に感謝しつつ、一旦、帰宅。

 さあ、きょうは用事がたくさんある。

 前々から買いたかったものがあり

 また、せっかく外出するのであれば

 ハローワークにも立ち寄ろうと考える。

 クルマに乗って、西宮方面へ走り

 ユニクロで服を買って、

 ハローワークで所用を済ませ

 その後、ゴルフショップへ行って

 懸案のキャディ・バッグを購入する。

 ついでに一番のお気に入りクラブの

 グリップも付け替えてもらう。

 さらについでに、スタンドクラブケースも買ってみる。

 これ、前回ゴルフに行った際

 一緒に回った人が持っていて

 こりゃあ便利だと感心したもの。

 腕前の優れない者にこそ、役に立つと思い

 迷わず手に入れた、というわけ。

 キャディ・バッグとスタンドケース

 それにグリップの交換も含めて1万円と少し。

 まあ、腕なりのお値段だろうと

 勝手に値踏みをして、満足している自分がいる。

 そう言えば、前回、キャディ・バッグを買ったのは

 少なくとも10年以上も前のこと。

 どうりで、今の物は、汚くなっているはずだと

 改めて、気づく。

 家に帰り、古いバッグからすべての物を取り出し

 新しいバックに入れ替える。

 ゴルフ場ではいつも、適当なティーが見つからず

 困ってしまうと言うのに、実際には

 こんなにたくさん、かつ、様々な

 ティーがバッグには、入っているのだな。

 次回から取り出しやすいように

 平べったい袋に入れ替えて

 よし、これで万全、と思うところが

 へたくその真骨頂なのかも知れぬ。

 でも、まあ、新しいものに買い替えれば

 気分も一新、うまくなるかも。

 そう信じて、明日は、

 練習にでも行ってみよう、と思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

2017/02/10(金) スカイレストラン。

Skyrestaurant170210

 週末が近づき、いつものように

 いよいよ、忙しくなる。

 今夕は上京の予定。

 だが、その前に、いくつか所用がある。

 朝は、もちろん、朝トレに行き

 トレーニングはもちろん

 フィットネスの先輩たちとコミュニケーションをとる。

 今月末のゴルフの話に加えて

 来月末のゴルフの予定も決まる。

 大浴場の湯につかりながら

 我が身の幸せを噛みしめる。

 フィットネスを出て、いつものように

 コーヒーショップで朝食をいただく。

 そして、ちょいと銀行に立ち寄る。

 貧乏人は貧乏人で、それなりに

 銀行に用事があるものなのだな。

 一旦、帰宅して、さあ、上京の支度をする。

 あらかじめプリントアウトした装備書に従って

 バックパックに荷物を詰めていく。

 上京前に、友人のお見舞いに行くので

 11時過ぎには家を出る。

 一緒に行く友人と大阪駅で待ち合わせて

 JRで茨木駅へ。

 バスに乗りかえて、阪大病院へ行く。

 入院している友人の

 元気そうな顔をみて、安心、安心。

 このような時、顔色が

 元気か否かの決め手になるのだと思う。

 いやあ、顔色良し。

 しばし話をするが、この顔色を見ているだけで

 こちらも元気になってくるから、不思議だと思う。

 なんだか、こちらが元気を

 もらったような気分になり、

 入院している友人に感謝の気持ちを抱きつつ

 では、またね! となる。

 時間は正午を過ぎ、うむ、腹が減った。

 阪大病院の最上階にはレストランがあると聞き

 では、行ってみるか、となる。

 病院食をなんとなく想像しながら最上階にあがり

 レストランの玄関を見て、驚く。

 名前はスカイレストラン。

 いや、はや、豪華な店構え。

 店内に入ってみてわかったのだが

 リーガロイヤル系なのだと。

 その分、ややお値段高めだが

 目が飛び出すほどのこともない。

 要するにリーズナブルなのであるな。

 満足のゆくランチを食べて、

 ああ、きょうの昼も幸せだと感じる。

 病院前から帰りのバスに乗り

 JRに乗って大阪に戻る。

 英会話のレッスンを受けて

 いざ、新幹線で上京する。

 途中、関ヶ原あたりで雪景色となるが

 世界に誇る日本の新幹線は

 何事もなかったかのように

 定時に新横浜に到着する。

 今晩のホテルは新横浜。

 明日は10時半くらいまでに

 逗子に到着すれば良い。

 ゆとりのある時間を感じながら

 ホテルの一室にて、

 今晩のビール晩酌が進む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

2017/02/09(木) フォーマルシューズ。

Shoes170209

 どうも、ここのところ

 体調不良というわけではないが

 絶好調には、ほど遠い感じがする。

 大して飲んでいないのに

 朝の目覚めがいまひとつ。

 さらに、軽めだが、まるで

 二日酔いのような不快感が残る。

 室内での仕事が多いせいかも。

 もう少し、外出するよう、

 心がけるようにしよう。

 とは言え、きょうも、

 午前中に銀行へ行った後、

 家に帰ってデスクワークに専念する。

 すると、携帯に電話が入る。

 おや、と思って出てみると

 随分前に預けた靴の修理が終わったので

 取りに来て欲しいとのこと。

 それ、所有している靴の中で

 唯一、ドレスコードのフォーマルに対応できる

 一番、上等なはずの靴なのであるな。

 もちろん、単なるビジネスシューズの

 ちょっとだけ良いもの、なのだが、

 ここでは、フォーマルシューズと言っておこう。

 そんな大切な靴だったのだが、3年ほど前のこと、

 履きやすいので、ついつい履き倒して

 革の底をすっかりダメにしてしまった。

 仕事をしている頃は、

 手に物を持って通勤するのが難儀だったので

 定年退職して、ようやく

 修理に出すことができたと言うわけ。

 デスクワークを適当な時間で切り上げて

 いざ、靴を受取りに行く。

 ほほお、綺麗に仕上がっているではないの。

 修理代の一万円強を支払って、

 大事に抱えて、持ち帰る。

 家に帰り、靴箱に入れてみるのだが

 そうか、もう、あまり履くこともないのだな。

 隣に並ぶビジネスシューズ群を眺めつつ

 そう言えば、スーツ群も余っていることに

 改めて思い至る。

 リタイヤしたのだなあ。

 そんな当たり前のことにため息をつきながら

 ふた月ぶりに戻ってきた

 美しいフォーマルシューズを

 大事そうに、撫でている自分がいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

2017/02/08(水) コールブック。

Callbook170208

 定年退職したのだから

 さぞかし暇にしているだろうと

 言ってくる友人がいる。

 しかしながら、週末の予定は

 会社のリタイヤとは全く関係なく

 今まで通り、しっかり埋まっている。

 また、知人、友人に対して

 時間があるので声をかけてくださいと

 お願いしていることもあり

 なんだか、むしろ、忙しくなっているように思う。

 今、そのような忙しさに輪を掛けているのが

 ヨット マッチレースコールブックの改訂作業。

 これ、英語版が新版に改訂されたので

 日本語版も改訂しなければならないというわけ。

 幸いなことに、その仕事をさせてもらっている。

 自分で決めた締め切りが今週末。

 慌てる必要はなく、

 ただ着実に進めれば良いだろうと

 我が身を甘やかしたのが拙かったか

 いつものように、締め切りギリギリになって

 一気に慌ててしまっている。

 一夜漬けという言葉を知ったのは

 中学生の頃だったろうか。

 あれから50年以上が経ち、相変わらず

 同じようなことをしでかしている自分に

 腹が立つわけでもないのが

 甘さの所以なのだと思う。

 きょうは、朝トレで汗を流した後

 西宮のハローワークへ行き

 諸手続きを済ませて、少しだけ、ほ。

 家に帰れば、そろそろゴールデンウィークの

 予約関係を進めることにする。

 それにしても、ゴールデンウィーク中の

 関東のホテルの値段の高さに驚く。

 あれやって、これやって

 いろいろとやるべきことに追われてから

 さあ、もう一度、コールブックのお仕事に戻る。

 気がつけば、仕事も半分を過ぎている。

 本に挟んだ付箋の位置を見て

 今晩は、元気が出てくるよう。

 もういいか。

 と、ビールを飲み始めようと思う。

 きょうの一日も、そろそろおしまい。

 何をしながら夜を過ごすか。

 昼の過ごしかたよりも

 難しいかも知れない、と思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/07(火) ドトールの朝カフェセット。

Doutor170207

 朝5時にしっかり起きて

 今朝は、燃えるゴミを出す日。

 さらに、段ボールも出せる日だと思い

 家の中にたまっていた段ボールを

 ガムテープで縛るようにして、

 マンションの外に運び出す。

 だが、これが、大間違い。

 段ボールおよび新聞紙等は

 第二、第四火曜日なのだと。

 要するに、毎月、

 第二回目と四回目の火曜日ということ。

 きょうは、第一回目の火曜日なのであるな。

 朝っぱらから無駄な仕事をしてしまい

 自分の馬鹿さ加減に、少し、呆れる。

 気を取り直す意味もあり

 きょうは、朝トレを終えた後

 朝食場所を変えてみる。

 昨今ありきたりのドトール・コーヒー。

 ドアの外に、モーニングセット紹介の

 スタンドが立ててあり、それに惹かれる。

 レジカウンターで注文したのは

 朝カフェセットのハムタマゴサラダ。

 サラダの名称だが、これ、サンドイッチ。

 ブレンドコーヒーがセットで390円なり。

 普段行くコーヒーショップのモーニングセットは

 だいたい、500円弱くらいなので

 これは、安いと思う。

 だが、食べてみて、ちょっと失敗か、と思う。

 それとも、習慣を変えることの難しさか。

 せっかくのハムタマゴサラダサンドだが

 あまり美味しさを感じない。

 そもそも、ドトールのシステムである

 レジカウンターで注文すること自体に

 違和感があり、それを引きずっているのかも。

 座席の配置や構造も含めて

 ちっとも落ち着かないのだな。

 ともあれ、慌てずゆっくり

 朝の有意義な時間を過ごし、帰宅する。

 きょうの晩は、元会社の同僚と食事の予定。

 それまで、家でデスクワークをこなし

 午後の早い時間に家を出て

 難波で映画を鑑賞してみる。

 映画館を出て、北新地に向かい

 ほぼ、ジャストの時間に店に着く。

 同僚との会食は、話が弾み

 楽しい時間は、あっという間に経過する。

 きょうも幸せな一日になったと思う。

 が、気がつけば週末が近づいている。

 あれも、これも、早くやらなければ。

 小心者にとって、もっとも恐ろしい

 仕事に追われる焦りを感じながら

 まあ、いいや、と、眠りにつく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

2017/02/06(月) メジロ。

Mejiro170206

 昨晩は、早く寝たはずなのに

 どうしたことか、少し、寝過ごす。

 朝5時の腕時計のアラームバイブを

 即時、止めてしまって、二度寝して

 気がつけば、6時前となっている。

 これ、疲労によるものだろうか。

 もしかすると、風邪気味なのかも知れぬ。

 しかし、そんなことを気にしてはいられない。

 6時半に家を出て、フィットネスに向かう。

 先月の今頃であれば、

 まだ、外は真っ暗だったはずなのに

 今は、しっかり明るくなっている。

 人生60回目なのか、61回目なのか

 この手の算数は面倒くさいが

 要するに、人生最終章の春の訪れを

 迎えているのだなあ。

 朝トレを終えて、いつものように、

 コーヒーショップへ向かう。

 が、そこへ上がる階段の踊り場で

 おもちゃの小鳥を見つける。

 こんなところに、と思いつつ

 腰をかがめて確かめてみると、

 なんと、生きた小鳥ではないか。

 鳥に関する知識は全く欠如しているので

 まずは、ああ、スズメかな、と思ってみる。

 だが、どうも、スズメよりも小さく

 スズメのような色をしているわけでもない。

 なんだろう、なんだろうと

 悩むばかりで、なにも答が出るはずがない。

 せっかくなので、写真を撮って

 あとで図鑑で調べてみることにするが

 フラッシュの明かりにも動じない

 小鳥の無防備な仕草には、

 すこぶる愛着を感じてしまう。

 さて、さて。

 家に帰ってから、パソコンにて

 鳥の図鑑をチェックしてみる。

 ほほお。

 メジロだと。

 梅の時期に見られる小鳥で

 ウグイスと同じような色合いで、

 かつ、ウグイスのように美しい声で鳴くらしい。

 だが、ウグイスはすぐに逃げるが

 メジロは、鈍感で逃げないのだと。

 なるほど、どうりで今朝は、と思う。

 せっかくだから、鳴いてくれれば良かったのに。

 遅まきながら、そんなことも考えながら

 改めて、撮った写真を眺めてみる。

 ついでに、もう一度

 図鑑の写真とも見比べてみるが

 これは、やはり、まるで、おもちゃのよう。

 考えてみれば、本物の

 メジロを見たのは、生まれて初めて。

 きょうは、ラッキーな日だと考えることにする。

 日中は、デスクワークに専念するような

 ある意味、退屈な一日になったのだが

 それも、メジロの一件で精算される。

 でも、あのメジロ、どうしたでしょうね。

 と、映画「人間の証明」の一説を思い出しながら

 今晩のなんとなく幸せな晩酌が、進む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

2017/02/03(金) 極楽橋。

Gokuraku170203

 2月に入ったな、と思ったら

 そうそう、きょうは節分の日。

 要するに、春、ということか。

 朝トレに出かける時に

 玄関の外の明るさに、少し、驚く。

 日に日に明るくなる朝の日差しに

 冬から春への移ろいという

 一番嬉しい季節の変化を知る。

 きょうは、イベント盛りだくさん。

 朝トレの後、午前中一杯はデスクワークをして

 昼過ぎに、大阪市内へ出かける。

 おやつ時から、所用があるので

 その前に、大阪城へ行ってみることに。

 考えてみれば、関西に住んで30年が経つが

 ゆっくり大阪城を散策したことが、ない。

 JR芦屋駅から東西線に乗って、

 大阪城北詰で下車。

 ここから大阪城の天守閣を目指して歩く。

 天守閣は、目の前に見えるのに

 なかなか近づかないのは、世の常のようなもの。

 お堀の手前までたどり着き、

 ようやく、ああ、到着したのだな、と感じる。

 渡る橋は、極楽橋、だと。

 今から400年前に、太閤秀吉が

 この場所を通ったのかと想像するだけで

 なんとなく楽しい気分になれるのが

 歴史の面白さなのだろうか。

 小学校、中学校を通じて

 社会科は嫌いだったので、

 正直なところ、理解不能なのだな。

 でも、いにしえの昔、太閤秀吉が

 吉野の桜を観に行くときに

 はたして、何日かかったのだろうか。

 駕籠を担ぐのじゃ辛かっただろうな、とか。

 一生懸命に想像することが

 ロマンなのではないか、と

 わかったような、ふりをしてみる。

 天守閣の一番上まで上り

 大阪市内を一望してみる。

 ああ、来て良かった。

 歴史のことはわからないが

 この高見から眺める景色の心地よさは

 400年の時を超えて理解することができる。

 さて、さて。

 大阪城をあとにして、英会話レッスンを受けて

 その後、散髪に行って、

 さらに、その後、ストレッチマッサージを受けて

 いざ、夜の会食に入って行く。

 在社時代から親しくさせてもらった友人たちと

 美味しい中国料理を食べて、大満足。

 満たされた一日を終える。

 家に帰り、豆まきをするわけではないが

 節分の日だと言うことを感じながら

 冷たいビールで、今一度

 就寝前の晩酌を、楽しむ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

2017/02/02(木) 元祖 豚饅頭。

Butaman170202

 きょうは、朝からデスクワークに

 精を出すことに決めている。

 起きてすぐに朝風呂に入り

 朝食前には、仕事を始める。

 仕掛かっている仕事の締め切りは

 来週末、としているので

 いよいよ、ケツかっちんになってきている。

 資料に目を通して、実作業に入っていくと

 進展具合とかかった時間が、

 やけに気になり出す。

 要するに、このペースで、期間内に

 仕事を完遂することができるのか。

 久しぶりに焦りまくりながら

 朝の仕事を進めていく。

 10時半に、一旦、きょうの仕事を終了。

 なんとなく、いけそうな感じに安心する。

 家の中に閉じこもってばかり、いられないので

 外の空気を吸いに、いざ、神戸元町へ。

 阪神電車で西元町駅まで行き

 曇天の神戸の街中を

 ゆっくり東へ歩いてみる。

 少し空腹を感じたところで

 目の前に現れたのが、元祖 豚饅頭。

 大正4年に創業なのだと。

 店に入ってみると、おかあさんから

 店内で食べていきますか?と聞かれ

 はい、と答えると、すぐに

 豚まんが3個乗ったお皿と、お茶が出てくる。

 元祖の豚饅頭は、中身が少ないのだな。

 あっという間に食べ終えて

 お会計は、240円。

 神戸元町の繁華街で、まあ、

 これがランチだとは言わないまでも

 お店に入って、240円は、安いわなあ。

 かなり得した気分で、店を出る。

 その後、ポートタワーに上って

 美しい神戸と大阪湾の景色を眺め

 帰りは、JRに乗って、芦屋に帰る。

 午後は、午後で、やること有り。

 尼崎まで行き、所用を済ませ

 今度は帰宅して、Skypeで所用をこなす。

 やること多々な毎日は、面倒だが

 充実感が得られて、良い。

 明日は大阪へ出かける予定。

 充実した日々になるよう、少し、祈る。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

2017/02/01(水) 映画「人間の証明」。

Ningen170201

 月末でも、月初でも、変化なし。

 ましてや曜日は、ほとんど関係なし。

 朝起きて、しばらく経ってから

 きょうの日付と曜日を認識する。

 体調は、かなり良いので、もちろん、朝トレ。

 ここのところ、ほんの少しだが

 家を出る時間が早まっている。

 フィットネスに着くと、まずは

 受付内側に設置してあるマシーンで

 来館の登録をする。

 どうやら、ポイントがたまると

 なにがしかの引換券になるらしい。

 そんなこと、今まで何十年も知らずにいた。

 先日、先輩会員たちから、

 やらないともったいないぞ、と指導され

 ようやく、習慣となりつつある。

 朝トレは、かなり快調。

 月曜日に行ったゴルフのおかげなのか。

 バーベルもすいすい揚がり、気分良し。

 帰宅後は、ゴルフの練習に出かける。

 コースを回り、感じが残っているうちに

 練習には行ったほうがいいと

 大昔、友人に教えてもらったことがある。

 だが、きょうのゴルフ練習は、だめ。

 少し、考え始めてしまったせいか

 浅めの迷宮に入ってしまったように思う。

 次回練習は、すぐがいいのか、

 それとも間隔を空けるべきか。

 くだらないことに、しっかり悩む。

 帰宅後は、テレビで映画鑑賞といってみる。

 アマゾンプライムビデオというのがあり

 非常に多くの映画が、無料で観られる。

 iPhoneに呼び出して、それを

 テレビにつないで、大画面で映画を鑑賞する。

 本日選んだ映画は、「人間の証明」。

 原作は、森村誠一で、彼の作品の中では

 一番好きな小説の一つとして

 夢中で読み切った記憶がある。

 映画の方は、テーマ音楽もはやって

 一世を風靡した感があったが、観ていない。

 期待して映画に集中してみる。

 が、ストーリーの流れは、小説に忠実だが

 どうも、勘所が、異なる。

 自分にとって一番の感動場面がなく

 正直なところ、がっかりして、見終える。

 なにより、タイトルの「人間の証明」が

 どこからやってきたのか

 映画を観ただけでは、わからないではないか。

 生前の、というのか、若い頃の松田優作が

 一種独特のアクを出していて、

 感動を与えてくれたのは、それくらいか。

 上映されたのは、ちょうど40年前らしいが

 昔だからと言って、映画界全体の

 クオリティが低かったわけではないだろうに。

 ところどころに、野暮ったさが目立ち

 納得感のないまま、晩酌の時間に入って行く。

 おっと、本日やるつもりだった仕事を

 またまた、先送りしてしまった。

 これでまた、時間がなくなっていく。

 明日の午前中が、勝負だな。

 ファイト。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/31(火) 和風パスタの晩飯。

Pasta170131

 1月も最終日。

 これで、定年退職してから

 まる、ふた月が経過したことになる。

 回りの友人たちの言葉によると

 家にいるのが退屈になると言うのだが

 週末の忙しさと、その準備に追われているためか

 幸か不幸か、退屈さは感じないまま

 幸せに、時が経過しているのだと思う。

 先のマッチレース協会の理事会で

 今年のマッチレース日程がほぼ決まり

 他のレースイベント日程と合わせると

 年内のかなりの週末予定が

 しっかり固まってきている。

 朝のフィットネスのコミュニティーも加えて

 順調な毎日だと、思う。

 月曜日は、リハビリの日だと決めていたのだが

 ゴルフに行ってしまったので

 その分をきょう、補うことにする。

 朝トレと朝食の後

 整形へ行って、腰と首の牽引を受ける。

 週にたった一度のペースだが

 過去の経験から鑑みるに

 長い目でみると、かなり有効のはず。

 朝、家を出てから、整形のリハビリを

 終えて帰宅するまで3時間半。

 有効に時間を活用した、良い習慣だな。

 午後から家の中で、所用を済ませ

 その後、映画を観に行って

 帰宅して、晩飯となる。

 本日の晩飯は、コンビニで買って来たパスタ。

 パスタ類は、うっかり購入すると

 苦手のガーリックが含まれている。

 その点、和風パスタは、安全か。

 電子レンジでチンして

 冷たいビールを飲みながら、食べる。

 リタイヤする前は、朝からビール

 昼からビールをやっちまうのではないかと

 我がことながら、心配したのだが

 きちんとコントロールできている。

 不思議と言うのか、我が身を褒めるというのか。

 やはり、自制心は、働くものだと、知る。

 さあ、明日から2月。

 やるべきこと、盛りだくさん。

 しかも、前半に集中している。

 社会のお役に立てるよう、頑張るぞお。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

2017/01/30(月) 霧の中のゴルフ。

Fog170130

 土日の二日間、葉山と横浜で打合せだったので

 本日、月曜日の朝は、ちょっと、きつい。

 このきつさは、打合せのせいではなく

 飲酒量によるもの。

 そう言えば、土曜日は中華料理屋で

 紹興酒を数本空けてしまった記憶がある。

 また、日曜日の夕方も

 かなりのハイペースで生ビールを

 がぶがぶ飲んだのであるな。

 酒飲みと言うのは、飲み始めると

 どうして、なかなか止まらない。

 60才を過ぎ、体力は落ちるばかりなのだから

 せめて、酒量は減らさなければ。

 と、しらふになるたびに反省するのだが

 この反省は、猿ですらやらない

 人間特有の反省なのだと、

 も一度、重ねて反省する。

 さて、きょうは、友人とゴルフ。

 ゴルフに行くのは、一年半ぶり。

 きょうの日のために練習にも行ってみたが

 正直なところ、自信はなし。

 朝6時に家をクルマで出発して

 本日の会場である、随縁カントリークラブ

 西神戸コースには、6時40分に到着。

 到着が早すぎて、駐車場にて

 クラブハウスの開門を、しばし、待つ。

 スタートは、朝の8時。

 普段からフィットネスで朝トレをしているので

 このような時、出だしで苦労することは、少ない。

 下手は下手なりに、なのだが

 体調的には朝から絶好調でスタートする。

 だが、この天気は、なんだ。

 一年半ぶりのゴルフだと言うのに

 天候は、雨。

 しかも、スタートして一時間経過したあたりで

 コース全体が濃霧に包まれる。

 初めてのコースで、この濃霧。

 コースに詳しい友人の言葉を信じて

 指示された方向に向かって打つしか、ない。

 しかも、ティーグラウンドは、フルバック。

 友人たちと、愉快な会話をしながらの

 ゴルフはとても楽しいのだが

 手強さだけは、どしようもない。

 まあ、スコアを気にすることもなく

 せっかくの幸せなゴルフの時間を堪能することにする。

 昼食までついて、丸一日遊んでお値段5,000円強。

 週日だからこその料金なのだが

 その安さには本当に驚く。

 午後になり、霧は晴れ、雨もあがり

 気がつけば、晴天下のゴルフになる。

 コンディションが良くなったのだから

 スコアも良くなるかと思いきや

 そうは、問屋が卸さない。

 うまくいったり、失敗したり。

 一喜一憂しながら、1ラウンドが終了する。

 次回のゴルフは来月末の予定。

 天気に恵まれますように。

 それ以前に、もう少し練習しなければと

 今さらながら、反省している自分がいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

2017/01/27(金) もち吉。

Mochikichi170127

 さあ、金曜日。

 もはや、時の経つのが、

 速い、速いと言っても始まらない、と思う。

 が、しかし、ほんとに、速い。

 毎朝の日課に従って、今朝も朝トレ。

 家を出る時間は、同じなのだが

 少しずつ、空は明るくなっていく。

 それに、今朝は気圧配置の影響か

 かなり暖かく感じられる。

 これから何回か、寒暖を繰り返しつつ

 春になっていくのだな。

 朝トレを終えて、風呂場でのこと。

 いつもの常連の先輩から

 月曜日、空いていれば

 ゴルフへ行かないかとの誘いあり。

 これは、ウェルカム。

 念のために手帳をチェックして

 すぐにOKの返事をする。

 さらに、来月末のお誘いも加わり

 なんだか突然ゴルフの世界に

 ぐいっと引き込まれてしまう。

 そうとあれば、練習に行かねば。

 朝トレから一旦帰宅の後

 クルマに乗って、甲子園浜へ。

 約30分ほど、クラブを振ってみる。

 練習場では、球は当たるもの。

 本番では、そう簡単にゆかぬのは承知ながら

 良い感じをつかんだまま、

 きょうのところは、ここまで、とする。

 まあ、なんとかなるだろう。

 さて、さて。

 ゴルフの練習から帰宅して

 きょうは、ハローワークへ行かねばならぬ。

 JRに乗って、すでに慣れた道のりを歩き

 家から約30分程度で到着。

 2時間の説明会をしっかり聞いて、帰路に着く。

 西宮駅までの道のりで、おや、

 こんなところに、おかきのお店を発見。

 あられ、おせんべいの「もち吉(もちきち)」だと。

 これも何かの縁だと思い

 せっかくなので、店内に入ってみる。

 大して目新しい売り物はないが

 店内をぶらぶらしていると

 店員がお茶とお菓子を持ってくるではないか。

 断る暇もなく、さらに

 講習の受講で疲れていたこともあり

 これも、また、

 せっかくなので、いただくことにする。

 歩いてみると、いろいろ、見つかる。

 そんなことを、ここのところ

 毎日のように感じている。

 まあ、充実した毎日だと言うことか。

 そのように、自分自身を納得させることが

 今晩の美味しいビールにつながっていくのだな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

2017/01/26(木) 芦屋郵便局。

Postoffice170126

 ハローワークにも通うようになり

 定年退職後のペースみたいなものが

 ますますもって、固まってきたように思う。

 木曜日なので、フィットネスは休館日。

 だから、ゆっくりした朝が始まる。

 美味しい朝ご飯を食べて

 朝風呂に入って、午前中は、

 週末のための仕事をこなす。

 このような時、追い込まれたように感じるのは

 相変わらず、精神的な貧乏性なのかと思う。

 元々、時間に対して、やけに

 敏感なところがあるのだが

 昨今は、その敏感さが、

 変に作用するのを感じる。

 待ち合わせの時間には、

 思い切り早く着いてしまうか

 少しだけだが、遅刻する。

 ジャストに着くことができない自分に

 腹を立てることが増えている。

 きょうは、友人とのランチを

 大阪市内で食べるのだが

 やはり、やっちまった。

 待ち合わせ時間の11時45分に着くことができず

 11時50分になってしまう。

 これ、いったい、何が起こっているのか。

 我がパフォーマンスの低下を

 このような時にも、感じざるを得ない。

 友人とのひとときは、最高。

 やはり、同世代の、しかも

 会社でともに働いてきた同期の友人は

 昔、昔も知っているがゆえに

 どんな話も、弾んでいく。

 気がつけば、2時間ほどが経ち

 難波駅で、お別れとなる。

 まさか今生の別れになるとは思わないが

 これからは、一期一会を

 大切にしなければならないと思う。

 そうそう。

 ここのところ、新たな事象はと言えば

 会社からの郵便物が、簡易書留で届くこと。

 本日も、郵便受けに

 簡易書留の不達通知が入っているのを見つける。

 さて、再配達してもらうか、それとも取りに行くか。

 芦屋郵便局までは、徒歩で15分。

 この程度の距離は、健康のためにちょうど良い。

 電話で確認を済ませた上で、取りに行く。

 健康にも良いが、このような時

 配達してもらう時間を

 相手のペースに合わせなければならないのは

 どうにも我慢がならない。

 しかも、配達の希望時間は

 最短でも2時間単位となっている。

 2時間の制約や拘束は、

 例え、サンデー毎日の身をもってしても

 やはり、辛いのであるな。

 芦屋郵便局で簡易書留を受けとって、帰宅。

 封を開けて、ため息をつく。

 確かに、これからの手続きに必要な書類。

 これらを、自分でやらねばならないのか。

 我が身を見捨てる会社に

 少しだけ恨みに似た感情を抱くと同時に

 今まで、会社に助けてもらってきたことに

 感謝の気持ちも感じたりする。

 嗚呼、ともう一度ため息をつきながら

 今晩のビール晩酌が始まる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

2017/01/25(水) ソースカツ丼。

Sorce170125

 きょうは、人間ドックで神戸へ行く。

 この手の検診では、朝食は不可。

 すべてが終わるまで、食事を我慢することになる。

 朝8時過ぎに家を出て、クリニック着が9時。

 毎年恒例、人間ドックの半日が始まる。

 この時、すでに空腹感に襲われる。

 まあ、健康の証なのであろうが

 とにかく、早く終わって欲しいと願う。

 検診は、てきぱきと進むのだが

 内視鏡検査などもあり、

 やはり、時間がかかってしまう。

 終わったのは、昼過ぎ。

 ああ、腹減ったと思いながら

 三宮駅に向かって歩いていく。

 適当に食事のできる店を探せばよし。

 と、思って見つけたのが、これ。 カツ丼屋。

 店の前に飾ってある

 ソースカツ丼に惹かれて、店内へ。

 カツ丼と言えば、当然、卵でとじたもの。

 だが、若い頃、初めてソースカツ丼を見て

 心底驚いた記憶がある。

 今から50年ほど前になるのか。

 横須賀の祖父、祖母を訪ねた際に

 近場の蕎麦屋に出前で頼んだカツ丼が

 ソースカツ丼だったのだな。

 想像とあまりに異なるカツ丼に

 兄貴と二人、仰天を通り越して

 絶句したことを思い出す。

 そうそう。

 兄貴と二人で絶句と言えば

 やはり50年ほど前のこと。

 海岸近くの魚屋で買ったベーコンが

 白くて、焼くとやたらに煙ばかり出る

 とんでもない、変なものだったことがある。

 それ、二人にとって、生まれて初めて見る

 くじらのベーコンだったのだが

 ソースカツ丼の驚きは、その時の

 くじらベーコンの驚きとほど同様だったと思う。

 きょうは、そんな懐かしさに惹かれてしまい

 ソースカツ丼を食べてみる。

 悪くない。

 特に、どんぶりに載ったキャベツが良い。

 多少、胸焼けを感じつつも

 ノスタルジーに包まれながら

 本日のランチタイムが過ぎていく。

 さて、さて。

 人間ドックの後は、ハローワークへ出頭する。

 オリエンテーションを聞き終えて

 帰宅してみれば、そろそろ日暮れ時。

 きょうも、なんとなく

 有意義な一日を過ごすことができた感じ。

 もしくは、しょうもない一日だった、とも言えるのか。

 そんなことを、一人で評価しながら

 本日のビール晩酌が進む。

 やや、精進の少ない一日ではあったが

 ま、いっか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

2017/01/24(火) アコーディア・ガーデン。

Accordia170124

 昨晩の楽しさの後遺症か

 今朝は思いの他、目覚めが悪い。

 5時のアラームをすぐにオフにして

 7時前まで、二度寝する。

 もしかすると、食事の最後の

 ガーリックライスが胃袋に効いたのかも。

 しっかり火が通っていれば

 大丈夫ではないかと楽観したが

 やはり、いつものように

 ニンニクは、ボディブローのように

 我が体調を崩してくる。

 朝トレどころではなく

 かろうじて、朝ご飯を食べて

 きょうの一日が始まっていく。

 午前中の予定は、ゴルフの練習。

 フィットネスの先輩たちが

 近々、コースに誘ってくれると言うので

 では、練習にでも行ってみるか、というわけ。

 埃をかぶったキャディバッグと

 ゴルフシューズをクルマに入れて

 甲子園のアコーディア・ガーデンに行く。

 ゴルフの練習というのは、いつも満杯状態で

 あまり気分の良い思い出はない。

 だが、今はこうして平日の昼前に来ることができる。

 もちろん、混んでいるはずもなく

 がら空きの一階をキープする。

 これからは、いつでもこんな状態かと思うと

 精神的な余裕もできる。

 がつがつ練習する必要も感じないので

 適度な球数にて、終了する。

 ほほお。

 このような精神的な余裕が

 ゴルフの上達にもつながれば良いのだが。

 まあ、そんな都合の良い話は、ないか。

 一旦、家に帰ってから、

 今朝の宿題とも言うべき

 フィットネスへ出かけて行く。

 昼過ぎのフィットネスもまた

 精神的な余裕を感じさせてくれる。

 ゴルフの練習とフィットネス。

 二つのスケジュールをこなして

 4時間半ほどが過ぎていることを知る。

 また、有効に時間を使ったことに、満足感を得る。

 フィットネスの後は、芦屋駅界隈で

 遅めの昼食をとり、さあ

 家に帰って、午後の部に入っていく。

 デスクワークをしようと考えるが

 まあ、それは、明日からで良いか。

 相変わらず、自分を甘やかしてばかりだが

 この解放感が、なんとも幸せで、良い。

 明日は、定年退職後初めての人間ドック。

 適度の酒量に抑えて、

 良い検診結果が見られるよう

 多少は、頑張ってみようと言う

 無駄な抵抗を目論んでいる自分がいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

«2017/01/23(月) 藤崎整形外科。