« 2006年10月 1日 (日) | トップページ | 2006年10月16日 (月) »

2006年10月 9日 (月)

2006年10月 9日 (月)

クレイトンベイカップ優勝!

Genehos061009

 行ってきました、広島へ。

 そして、やってきました、優勝ゲット!であります。

 今週のこうたんは、今回で第15回目となるクレイトンベイカップに

 ゼネラルホスピタルで参戦してきました。

 準備からレース本番までの三日間。

 天気は晴れ。風もそこそこ。

 まずは、最高の週末になったことを報告しておきましょう。

 さて、本番のレースですが、、

 初日は出遅れたものの、それも後から思えばご愛敬か。

 名手寺山紘史選手の抜群のセンスとチューンナップで蘇ったゼネホスは

 バランスの取れたスーパースピードで他艇を圧倒。

 初日の信じがたい出遅れ状態から、

 見事な大逆転劇でクラス優勝を勝ち取ったのであります。

 では、名誉ある優勝クルーの顔ぶれをご覧あれ。

 まあ、思ったほどシビアな顔ではないでしょうが

 余裕の表情のなかにこそ、優勝の秘訣が込められているのでありますぞ(笑)。

| コメント (1)

ドレスアップでパーティだ!

Party061008

 やはり、ヨットレースのパーティはこうあるべし!

 ゼネラルホスピタルチームの全員がジャケット着用で

 クレイトンベイカップのパーティに参加したのであります。

 おいしいお酒と食べ物で満腹、満足!

 のはずだったのですが、パーティの後は

 正岡オーナーにラーメン屋に連れて行ってもらいました。

 食べて、飲んで、レース二日目の挽回を狙うクルー達!

 の厳しい表情とでも言っておきましょう。

 この時点でゼネホスはクラス5位。

 8艇中の5位ですから、ほぼ優勝も絶望的だった、かも。

 この位置から逆転優勝したのも偉い!けど

 パーティでノー天気に騒いでいた雰囲気はもっと、よい。

 ゼネホスチームの強さを強烈にアピールしていたのであります。

| コメント (0)

観音から呉への回航

Kaiko061007

 今回のヨットレースキャンペーンは、

 土曜日のチューニングから始まったのであります。

 ノースセイル専務の三船誠治さんの指導のもと、

 朝から夕方まで徹底的なチューニングが施されました。

 チューニングが終わったら、観音マリーナから

 レース会場である呉まで回航です。

 ざっと8マイル。

 三船さん、箱ちゃん。

 そして、近々結婚の噂?!のある直子を乗せて

 ひとときの快適なサンセットクルージングとなりました。

 やはり、ヨットは最高!

 このひとときの快感が、優勝のベースになっているのでしょうね。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、今度の週末は紀州ヨット少年団、奥志摩練習。

 土曜日は、星野啓示君率いるワイレアチームとマッチ練習。

 そして、日曜日はJ/24全日本に向けて

 総合練習になる予定です。

 晴れるといいなあ。濡れ鼠はもう嫌ですよ。

 

| コメント (0)

« 2006年10月 1日 (日) | トップページ | 2006年10月16日 (月) »