« 2007年12月10日 (月) | トップページ | 2007年12月23日 (日) »

2007年12月16日 (日)

2007年12月16日 (日)

親孝行?の上京。

Yokosuka071215

 上京と言えば、たいがいの場合、ヨットの都合!なのですが、

 今回はちょっと趣向が異なります。

 金曜日に仕事で上京したのですが、

 今回は、久しぶりに九州から兄貴もやってきたので

 兄弟二人で年老いた両親の親孝行をする週末になりました。

 写真は、横須賀の料亭「小松」いわば別館とでも言いましょうか、

 小松 遊雅亭でちょっと贅沢な晩飯を食べる!の図です。

 家族というのは、ひとたび離散してしまうと、

 なかなか勢揃いすることがかなわなくなります。

 考えてみれば、我が家も子供たちは、すっかり親離れ。

 いつまでも家に住み着いてくれるのは、

 もはや可愛いネコたちだけ、なのであります。

 おっと、余談。

 そんなことで、親孝行?!の充実した週末になりました!

 と、報告しておくことにしましょう。

 こんなことが、何故か特別なことをしたような気になってしまうところが

 ヨット漬け人生の証明なのかも知れません。

 いかん、いかん。。。

| コメント (0)

ふるさと赤羽。

Akabanedai071215

 こうたんのふるさとと言えば、東京都北区赤羽台であります。

 小学校1年生から大学4年までの15年間、及び

 関西勤務から戻ってきた1988年から94年までの6年間

 都合21年間過ごした、思い出多き場所です。

 今から45年前に陸軍被服省跡地に建てられたのが

 広大で斬新な公団住宅、赤羽台団地でした。

 しかし、すっかり古くなり、ところどころ取り壊されて

 今ちょうど建て替えに入っているところ。

 そんな赤羽台を久しぶりに訪ねてきました。

 写真は、92年に二宮大師匠に勧められて始めた早朝ランニングのスタート地点。

 毎朝7時にスタートを切って、このまっすぐに伸びる道から

 周回+アップダウン有り、5キロのランニングをしたものです。

 懐かしい場所です。

| コメント (0)

閉校された母校の前で。

Higashiheiko071215

 これが我が母校の小学校、赤羽台東小学校です。

 私はもちろん、兄貴、そして、我が娘二人もお世話になりました。

 赤羽台西小学校の分校だったものが、

 確か昭和38年に独立して赤羽台東小学校になりました。

 分校から独立したのでピンと来ないのですが、

 昭和38年が間違いないのだとすると

 私が赤羽台東小学校の一期生ということになるはずです。

 しかしながら、一昨年の3月に閉校になりました。

 ひとときの隆盛を極めた赤羽台団地でしたが、 

 建築後45年が経ち、住む人もすっかり様変わりして

 今や、若い夫婦や小学生が激減してしまいました。

 母校とはいわば心のふるさと。

 それがなくなってしまうのは、何とも寂しいものです。

 もうすぐ、建物もなくなってしまうのだと思います。

 人生のはかなさを感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、今度の週末はヨットの週末。 

 葉山でクリスマスマッチが開催されるのですが、

 今回はレース委員長として参加することになっています。

 エントリーは13チーム。

 クリスマスパーティも含めて、楽しい週末に期待しています。

| コメント (0)

« 2007年12月10日 (月) | トップページ | 2007年12月23日 (日) »