« 2011年3月 7日 (月) | トップページ | 2011年3月21日 (月) »

2011年3月16日 (水)

2011年3月16日 (水)

海外にて震災を知る。

Email2110311

 今週のこうたんは、大震災に自粛して

 更新を一旦お休みにしたのですが、

 自分自身が少し落ち着きを取り戻したところで

 記録を残す意味もあり、厳粛な気持ちを抱きつつ、

 さりげなく、更新しておくことにします。

 さて、

 3月第2週の週末のこうたんは

 海外でゆっくり、のんびり、のつもりだったのですが

 現地二日目の昼過ぎ、プールから上がって

 部屋でシャワーを浴びようとしている時に

 日本で大地震との携帯メール連絡を受け取りました。

 最初は、冗談だと思い、

 次に、まさかと顔が青ざめてきて

 とにもかくにも日本に電話を入れねばと思いつき

 横須賀の父に電話を入れた次第です。

 震源地が東北と聞いてもわけがわからず

 津波で大変だと聞いても

 頭の中は、混乱するばかり。

 クルマが流されている。

 船が流されている。

 大変な被害が出ている。

 想像するだけで恐ろしく、興奮して

 携帯の電話口でかなりの大声で

 まるで怒鳴るかのように、しゃべってしまったようです。

 こんな時に海外に来ているなんて。

 最初は自分自身を恨みましたが、

 よく考えてみれば、せっかくの休みの時に

 大変な事件が起こったわけで

 恨むべきは、やはり天災なのだと思い直し

 ようやく、落ち着くことができました。

| コメント (0)

海外での報道。

Tsunamithainp110312

 なにせ大地震と大津波ですから

 海外においてもニュースで取り上げられます。

 が、取り上げ方は局地的被害の報道に偏っており

 正確な情報を得ることができません。

 ウェブニュースで見ても、整理がつかない。

 このような時に、実は、我々は

 新聞やテレビニュースによって

 順番を丁寧に整理された報道を

 普段は受け取っているのだと言うことがわかります。

 確かに、現地は大変なことになっている。

 しかし、現地に近いところでも

 例えば、仙台市内の放送局のスタジオは

 整然として、稼働しているのです。

 また、もちろん、我が街兵庫県の芦屋は、なんともない。

 そんな全体像が掌握できないがために

 滅多やたらに気ばかり焦る。

 帰国の日まで、そんな時間が続きました。

 現地では、こちらが日本人だとわかると

 家と家族は大丈夫ですかと聞いてきます。

 地震ではなく、TSUNAMIは大丈夫ですかと聞いてくることから

 現地での報道がやはりTSUNAMI中心だと言うことを知り

 その悲惨さを改めて認識するのでした。

 写真は、現地コンビニで売られていた新聞。

 読めない、意味がわからないので

 情報欠乏によるいらいらも募りました。

| コメント (0)

機内で日本の新聞を読む。

Atomic110313

 原子力発電所の問題も現地で知ることになりましたが

 詳細はさっぱりわかりませんでした。

 友人からのメールでかなりひどいとは聞いたものの

 何がどうなっているのか、これまたいらいらするばかり。

 もはや、帰りの飛行機で日本の新聞を読むことが

 一縷の望みのように感じました。

 いつもであれば、機内に乗るのは一番最後。

 だいたい、並ぶのが嫌いなんです。

 しかし、この日は早く乗らないと日本語の新聞がなくなるかも。

 そう思って、搭乗案内前からゲートに並び

 飛行機の入り口に置いてある

 読売新聞と日経新聞をつかみ取りました。

 原子力発電所の爆発が第一面の記事。

 太い黒帯と大きな白抜きの文字が、

 その事故の大きさを語っています。

 とにかく、新聞を読む、読む、読む。

 こんなにむさぼり読んだのは、久しぶりでした。

 翌朝、帰国して、家に帰り着き

 ポストにたまった新聞を、

 今一度むさぼり読んだのは、

 言うまでもありません。

 まだ見つからぬ人の無事を祈り

 あらゆる発生事故の早期解決を祈り

 残念ながら亡くなってしまった方々の冥福を祈り

 できることは、とにかく祈ることばかり。

 大変な週末になりました。

| コメント (0)

« 2011年3月 7日 (月) | トップページ | 2011年3月21日 (月) »