2016/04/14

奈良 新大宮の串カツ「神戸亭」。

 ミシュランの1ツ星。
 しかし、予約を受け付けないのだと聞き
 きっと敷居の高い店だと警戒しつつ
 店の扉を入っていったのだが、、

T02200165_0640048013464410957


 まずは、メニューを見て
 その値段の安さに、ひと安心。
 また、気楽な雰囲気に、もうひと安心。
 さらに、美味しさは、ミシュランのお墨付きか。
 安心と驚きの、晩飯を食べることになる。

 冷たい生ビールを飲んで
 次から次に運ばれる串カツを食べる。
 小さな串カツなので、何本でもいけそうだが
 コースの串カツは30本で5,500円なのだと。
 
 そんなたくさんは食べられない。
 12本程度でギブアップ。
 だが、12本なら12本で
 それに見合ったお会計になる。
 
 二人で9,000円なり。
 これは、気分もよし。
 神戸亭、最高なり。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/06

天ぷらの「川原崎(かわらざき)」。

 普段、あまり天ぷらは食べないのだが
 格段に美味しいとなれば、話は別。
 食通の友人に誘われて、
 天満の天ぷら「川原崎」へ行ってきた。

 カウンターだけの席が、せいぜい10席程度。
 毎日、ほぼ満席状態なのだという。

 目の前で作られる天ぷらは、
 美しい天ぷら油から、からりと揚がってくる。
 これは、美味しい。
 天ぷら達人の主人の話によると
 優れた油と食材は、嘘をつかない、のだと。
 悪い食材は、油に入れた瞬間
 その性悪さを露呈するのだそうな。

 天ぷらの締めは、天茶漬け。
 これは、しっかり別腹に入る。

Img_1700


 3人で3万円也。
 すっかり満足して、帰路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/07

月 泉 (西天満)

 美味しい中国料理の店で有名な  
 酒中花「空心」でセカンドシェフ(?)として働いていた
 岡田氏が、独立して始めたのが、この「月泉」。
Gessentabeta141107

 まだオープンして間もないのだが、
 とにもかくにも、一度その味を確かめたくて、
 昼食をいただきに行ってきた、というわけ。
 昼のメニューは2品だけ。 
 きょうは四川風の鶏料理をオーダーしてみたのだが、
 これは、いける!
 味の根源は、やはり空心の味わいか。 
 あの独特の香辛風味が真昼間から
 わずか900円で味わえるとは、幸せなり。
 大人気なく、がつがつと食べきってしまう。
 しかも、白いご飯にもしっかり合う。 
 これはあっという間に人気が出てしまうだろうと思う。
 早めに晩飯の予約を入れねば、とも思う。
 お薦め中のお薦め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/17

堂島の「浜島」 いくらとろ丼。

 大阪堂島浜にある「浜島」は
 海鮮料理の専門店。
 昼は、海鮮丼をメインにして
 界隈で働くビジネスマンの腹を
 満たしてくれます。
Hamajima120416

 きょうの昼飯に選んだのは「いくらとろ丼。」
 名前を聞くだけで、その贅沢さがわかろうと言うもの。
 これは、美味しい。
 1,200円なり、とちょっと高めですが、
 それだけの価値は十分にあります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪福島のカレー「pannya(ぱんにゃ)」

 松尾貴史のカレーの店として
 下北沢では人気の店だそうですが、
 その二号店が、ここ、
 大阪は福島の「pannya(ぱんにゃ)」です。
Pannya1204

 店の外観は、いたって地味。
 教えてもらわなければ、
 ここがカレーの店だとは気が付かないと思います。

 で、カレーを食べてみた。
 これは美味しい。
Curry1204

 まだ、あまり気付かれていないようですが
 近々、列ができるようになってしまうのかも。
 早めにもう一回、行っておこっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/26

名古屋は栄の「冨士屋」。

 名古屋は栄のほぼど真ん中で
 富士屋は営業しています。
 晩飯にこそ利用したい、そんなお店ですが、
 今回は出張の際の昼飯として
 友人に連れていってもらいました。
Fujiya120123

 焼き魚が美味しいとのこと。
 ホッケかサンマか悩んだ末に
 友人はホッケ、私めはサンマの開き。
 
 美味しい食事の決め手は
 主菜はもちろん、白ご飯にこそありか。
 実に満足のゆく昼飯になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/23

北新地「栄屋(さかえや)」の昼食。

 店の中はカウンター席が7席のみ。
 何度トライしても、満席で
 入れない日が続きましたが
 先日、久しぶりに、入店に成功しました。
Sakaeyamenu111221

 昼の献立は一つだけ。
 カウンターに座って、
 後は食事が出されるのを待つだけです。

 美味しい炊き込みご飯。
 手抜きのない、副菜。
 これは、素晴らしいのひと言。
Sakaeya111221

 食事中に、新たな客が訪れては
 すみませ~ん、一杯になってしまいました。
 また、よろしくお願いしま~す。
 の声が狭い店内に響きます。
 きょうは、美味しい昼食がいただけて、
 本当にラッキー。
 幸せなひとときになりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/25

芦屋の「かねも」

 JRの芦屋駅から徒歩4分程度。
 国道2号線の南側に面した
 とても便利なロケーションです。
 店の売りは、魚。
 目の前に運ばれてくる鮮魚を
 焼き方とともに選ぶことができます。
 おっと、下の写真は、焼き魚の前の
 冷や奴と鯛のお造りです。
Kanemo11111301

 そうしておいて、締めは鯛茶漬け。
 これも美味い。
Kanekataicha111113

 リーズナブルなお値段で、かなり満足できる
 芦屋の「かねも」なのであります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/14

北浜の和食「初代 平蔵」

 北浜の駅から徒歩数分。
 繁華街からは少し離れていますが、
 平野町のビル街に囲まれた
 ビルの中にお店はあります。

 基本メニューは、本格和食会席。
 一番お安いのが、3,500円。
 それに90分の飲み放題をつけて5,000円。
 しかも、ぐるなびのクーポンで
 飲み放題の時間が120分に延長サービス。
Shodaiheizo111012
 
 普通、このようなサービス付きの店の場合
 お味も今ひとつのことがありますが、
 ここ「初代 平蔵」の料理は美味しい。
 お造り、焚き物、蒸し物、なんでも良し!
 お値段との対比も含めて、最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/01

心斎橋の中国料理「桃李」

 心斎橋は、ホテル日航大阪の3階。
 ゴージャスな雰囲気の中国料理「桃李(とうり)」です。
 今回は、この店に昼食を食べに行きました。
 予め予約をしたので、窓際の席が用意されたのですが、
 残念ながら、窓の景色はなし。
 でも、落ち着いて食事できるのは、
 なかなかグッドです。

 頼んだのは、天心ランチ。
 2,400円だったか。
 オーソドックスな天心に加えて
 温かい麺か炒飯かを選べるのも、また、よし。
 かなりの満腹感を味わえます。
Tohri1109

 決定打はありませんが、
 接待でも手軽に使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/31

龍泉寺「あたらしや」の昼食弁当

 今回の「これ食べた」は、ちょっとだけ番外編。
 奈良県大峰山の龍泉寺で滝行を受けた後、
 すぐ近場の旅館「あたらしや」にて
 昼食をいただいたのであります。
Atarashiout110828

 冷たくて厳しい滝行の後の温泉が最高。
 さらに、温泉から上がって、
 すっかり温まった体でいただく
 上品な昼食弁当も最高!です。
Bentoatarashi110828

 神聖な滝行と美味しいお弁当。
 とても幸せなひとときになりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/08

京料理「羽柴」。

 京都市内の観光ルート
 ねねの道を歩いていくと
 高台寺のちょうど前あたりに
 京料理「羽柴」を見つけることができます。
Hashibafront1106

 昼食時に店に入り
 いただいたのは「ねねのはんなり膳」。
 ちょいとお値段高めながら
 京料理らしい、目で楽しめるお膳には
 食べる前に嬉しさを感じてしまいます。
Hashiba1106

 冷たいビールで乾杯。
 明るい昼間だからこそか、
 目の前に八坂の塔も拝めます。
 心地よい、一時になること請け合いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶水楼「時の葉」

Tokinohainner110707

 飲茶の店は、国内にも数多かれど
 これほど上質で
 美味しい飲茶が楽しめる店は、
 そうはないのでは、と思います。

 場所は、大阪市内の四つ橋。
 中国料理の名店「酒中花 空心」の2階に
 2ヶ月ほど前に開店しました。
 
 その味覚と質は「空心」のお墨付き。
 また、過去の「空心」の人気前菜が
 この「時の葉」でいただけると言うのも
 なんとも嬉しいサプライズです。
Tokinohaplate110707

 見て楽しい、食べて美味しい。
 しかも、飲茶ですから、
 お値段もそうは張りません。
 さらに、開店間もなく、今はまだ
 多くの人に知られていないためか
 予約を取るのも簡単です。
 最高です。

 06-6532-6001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/16

「すし萬」の海鮮ちらし

 なんでもござれの、大阪中之島は
 リーガロイヤルホテルなのですが
 夕方の中途半端な午後の4時過ぎ
 おいしい夕飯を食べようか、となったとき
 思いの外、店が開いていないことに気づきます。
 たいがいのお店は、夜の部は、午後5時に開店。
 そんな時に、重宝するのが、このすし萬です。
Sushiman110605

 奇麗なお店で、どのようなお客様にでも
 喜んでいただけます。
 すしですから、もちろん、にぎりもいいけど、
 海鮮ちらしが、いいですねえ。

 おいしいネタに舌鼓を打ち
 冷たいビールを飲みながらいただく豪華版ちらしは
 心も体も満たしてくれること、請け合いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心斎橋の「華蓮(かれん)」

 プライベートでよし
 接待でもよし。
 個室があり、おいしい鍋料理が楽しめる。
 それでありながら、お値段はそこそこ。
 昨今、ひいきにしている
 お店の一つなのであります。
Karen1105

 キックオフは、牛刺で軽くビール。
 そして、メインメニューは、せいろ蒸し。
 これが、美味。一番のお奨めです。
Seiro1103

 見て楽しみ、食べて楽しむ。
 個室でゆっくり。
 最高のひとときになります。


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/26

奈良の釜飯「志津香(しずか)」

 近鉄奈良駅から
 東大寺に向かって歩くこと15分。
 土日の昼間であれば、いつも満席
 釜飯屋の「志津香」を、左手に
 みつけることができます。
Shizukafront1104

 この日も残念ながら、午前11時の時点で
 店内は、満席。
 しかたがないので、釜飯弁当を買って
 天気の良い、青空の下でいただきました。
Kamameshi1104

 それにしても、その美味しさ。
 熱々の釜のフタを開けて、
 おこげの炊き込みご飯をほおばる時の
 なんと幸せなことか。
 いつも店内が満席なのもわかります。

 最高に美味しい釜飯。
 奈良の「志津香」なのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島聖天通りの蕎麦「からに」

 ここはなかなか良いとの友人評に惹かれて
 行ってきました、福島は聖天通りの
 蕎麦きり「からに」であります。

 JR福島駅から聖天通りの中を通って
 徒歩7~8分といったところ。
 交差点に面して営業しているので
 店はすぐにわかります。
Karaninoren110523

 予約は受け付けないというので
 会社を早々に退散して
 午後5時45分にチェックイン。
 雨だったこともあり、店内はすいてました。
Karaniin110523

 ビールは、キリンの「ハートランド」。
 このようなところにもこだわりが見えますな。
 一人で切り盛りするマスターが作る
 酒のあてを楽しみながら、会話が弾み
 締めはもちろん、蕎麦!
 最高です。

※店名の「からに」は、
プロサーファーのカラニ・ロブから取ったとのこと。
確かに、マスターは、サーファーみたいです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/18

北新地の和食「菖蒲(しょうぶ)」

Shoubu110317

 北新地では、小さな和食料理屋も
 見つけることができます。
 お値段リーズナブルで
 料理は気が利いている。
 ちょっとしたお客さんなら
 十分に接待できる。
 今回行ってみた北新地の「菖蒲」も
 そんなお店の一つです。

 つきだしをいただきながら、
 ビールをぐいと飲み、
 その後、お造りをメインに
 温野菜や湯豆腐で舌鼓を打ちながら
 好みの焼酎をロックで呑む。
 なかなかいける。
 北新地の「菖蒲」なのであります。

 カウンターもよし、
 また、堀のある小座敷も
 使い勝手がよさそうです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/05

奈良町の豆腐庵「こんどう」

 近鉄奈良駅から徒歩10分程度。
 昔の風情を活かした奈良町の
 狭い路地を入っていくと
 豆腐庵「こんどう」が見つかります。
 まずは、その佇まいに感動。
Kondofront110303

 奈良町と言うからには、
 こうあって欲しいものですな。
 
 店に入ると、個室が用意されていて
 それが、また、とても良い感じです。
 今晩は、湯豆腐コースを頼んでみたのですが、
 献立にずらりと並ぶ料理が
 充実の予感を感じさせます。
Naramachikondo110303_2

 動物性タンパク質がほとんどなく
 大人の私めにとっては、最高の美味。
 上質、上品でさりげない美味しさに
 虜にされてしまいそうです。

 これは、素晴らしい。
 ☆☆☆☆☆。
 満点に近い得点をあげたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/24

帝塚山の「よし富」。

 阿倍野から「ちん電」に乗って10分足らず。
 姫松の駅を降りて徒歩30秒ほどで
 和風作りの店構えを発見します。
Yoshitomifront110223

 これが、帝塚山のステーキの店
 よし富なのであります。

 メニューは、もちろん、ステーキがメイン。
 1人あたり200グラムなのだと。
 フィレかロースか。
 また、その焼き方を指定して
 スープやサラダ、飲み物はワインを頼んで
 ステーキの焼き上がりを待ちます。
Yoshitomibeef110223

 これは、美味い!
 普段はせいぜい120グラム程度しか
 牛肉は食べない私ですが、
 200グラムをぺろりと食べてしまって
 自分でもびっくり!
 
 ニンニクが入っていないのも、また、よし。
 素晴らしい店を発見した感じ。
 また、行くぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西宮北口の和食「五味箱」

 阪急西宮北口の北西改札を出て
 わずか徒歩30秒と言ったところか。
 西宮北口は、阪急の特急停車駅でもあり
 駅前立地の交通至便なお店です。
Gomibako110217

 今回頼んだのは、ふぐ三昧。
 1人いくら!で取り仕切ってもらい
 今回の宴会用に
 特別に仕入れておいてもらいます。

 写真は2階の宴会上?!
 ビールは、冷蔵庫に冷えているものを
 客が出して、栓を開けて飲んで
 後で瓶を数えて精算という便利な仕組み。
 まあ、飲み過ぎますな。

 とても落ち着く宴会場で、
 美味しいふぐを食べれば会話もはずむ。
 気がつけばあっと言う間の4時間が経ち
 あわや午前様で帰宅することになるところでした。
 良いお店です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/17

堂島の日本料理「かこみ」

 場所は、堂島。
 白く映えるエルセラーンホテルの
 B1フロアにて営業しています。
 シースルーの入り口を入っていくと
 すぐにカウンター席。
 一瞬、狭い!と感じますが、
 この小スペース感もなかなか良し。
 きょうは、カウンターにて
 昼食をいただきました。
Kakomi110217_2

 選んだメニューは、週替わりの定食。
 1,800円なり。
 定食と聞くと、
 なんだか野暮ったくも聞こえますが
 おいしい茶碗蒸しに始まり、
 ちょいと焼き魚があり、天ぷらがあり、
 仕上げは、鯛飯。
 しかも、2杯目もしっかりいただいて、
 最後の3杯目はお出汁で茶漬け。
 これ、最高!です。
 やみつきになってしまいそうな
 堂島の「かこみ」なのであります。

 昼も予約が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/21

下鴨茶寮の「旬菜小町」お弁当。

Shunsai01

 以前、このページにて
 下鴨茶寮の「六角弁当」をご紹介しましたが、
 今回は、やはり同じ下鴨茶寮の
 「旬菜小町」というお弁当の登場です。
Shunsai02

 二段重ねでなんだかお得感有り。
 綺麗におべべを着せられた
 その美しい姿は、
 眺めて楽しい、
 開けて嬉しい。
 さすが、下鴨茶寮謹製だと
 思わずうなってしまいます。

 お値段1,365円なり。
 ご飯をちりめんにしますか?
 かやくにしますかと聞かれて
 今回はかやくご飯にしてみました。

 美味しい。嬉しい。楽しい。
 お弁当をいただきながら
 至福のひとときを
 感じとることができるでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/20

伊勢路「味楽」の天ざる蕎麦。

 三重県は伊勢路、
 伊勢自動車道の玉城を過ぎた
 サニーロードの沿線には
 食事できる場所がとても少ないのですが、
 この「味楽」は、そんな
 数少ない、お店の一つです。

 いつも、この店の前を通過するのは
 奥志摩ヨット練習の行きと帰りなので
 早朝もしくは夜の遅い時間。
 だから、そもそも店が開いているのを見られるのも
 我々にとっては珍しいのであります。
 
 この日は新年会への参加のため、
 珍しく昼前後に店の前を通り
 珍しく店が開いていたので、
 昼飯をいただきました。
Tenzaru110115

 天ざるそば。
 そして、ビール。
 和風の店のたたずまいと
 開放感に、休日を感じます。
 グッド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/11

宗右衛門町の鰻「菱富」

 創業は明治中頃、うなぎ一筋100余年。
 今も変わらぬ伝統の味、が、うたい文句。
 大阪市は、ミナミ。戎橋を渡ってすぐ、
 宗右衛門町にあります。

 店の中は、座敷がメイン。
 道頓堀を見下ろしながら
 美味いうなぎをいただくことになります。
 
Hishitomi110109

 コースも盛りだくさんで
 お腹の都合に合わせてメニューを選べます。
 この日は鰻重。
 冷たいビールを飲みながら、
 軽めの昼食をいただきました。

 グッドです。

 06-6211-1159

 http://www.mapion.co.jp/m/34.6661125_135.504576111111_9/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/10

和倉温泉「のと楽」の正月料理。

 今年の年越しは、石川県和倉温泉の
 温泉旅館「のと楽」で過ごしました。
 正月休みで心身ともにくつろぎつつ
 北国特有の冷たい空気、白い雪。
 温かい温泉、そして、おいしい食事。
 五感もすっかり満たされるのであります。

Dinner101231

 まずは、大晦日の晩餐。
 舟盛りは、黒鯛とアワビがメイン。
 カニ料理にちょいとすき焼き。
 実に豪華、贅沢版。
 もちろん、食後には年越しそば。
 気持ちよく、年を越すことができました。

Break110101

 そして、翌朝はお正月。
 決して贅沢ではありませんが、
 数の子、昆布締め、黒豆が添えられて
 お雑煮をいただく趣向です。
 おっと、焼き魚がカレイなのが少し嬉しい。。
 お屠蘇もいただいて、嬉しい正月になりました。

Dinner110101

 さて、さて。
 正月の晩は、舟盛りが石鯛。
 これも美味い!
 和倉は能登半島の東側なので
 鯛も鰤も最高なのでありますな。
 天ぷらに、今晩も少しステーキ。
 窓の外は雪で真っ白。
 気分の良い
 最高のお正月になりました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/17

ちゃんこ「志可”」博労町店

Shiga101217

 「可」に「”」が付くので、「が」と発音します。
 で、「志可”」だから、「しが」。
 市内に何店かあり、昼でも夜でも
 気軽にちゃんこ鍋が楽しめる店として
 親しまれています。

 今回、行ってみたのは、博労町のお店。
 地下鉄御堂筋線の本町駅から徒歩12分ほど。
 ちょっと交通が不便なのが玉に瑕か。
 しかしながら、個室風のテーブル席を用意してもらい
 飲み放題の大騒ぎをして、1人3,900円という
 この料金設定は、圧巻!大喜び!なのであります。

 さらに、ぐるなびのクーポン持参で
 鍋の後のラーメンがサービス。
 こりゃあ、使える!!

http://www.mapion.co.jp/m/34.6752011111111_135.507913611111_9/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/30

ビフテキの北新地「小松屋」

 北新地は国道二号線沿い。
 何軒かステーキハウスはありますが
 ビフテキ!と表記しているのは、この店のみ。
 開業が昭和6年という、ビフテキの「小松屋」です。
Komatsuin101129

 初代は明治40年生まれ。
 今は二代目が経営していますが、
 昭和11年生まれの75才。
 なかなかしっかりしたポリシーをもった
 白髪の似合う紳士なのであります。

 今回頂いたのは、サービスメニューの
 網焼きステーキコース。 S=100グラム。
 因みに、Mは150グラム。Lは180グラム。
 しかし、おいしい瓶ビールを飲みながら
 ステーキを食べるには、100グラムくらいでちょうどよし。
 
 店内は落ち着いて瀟洒なつくり。
 お値段も二人で1万円程度。
 これはグッド。
 さらに、にんにくを使わないというポリシーが
 社会人にとっては嬉しいもの。
 良い良いづくめの「ビフテキの小松屋」なのであります。
Komatshusign101129


 http://www.mapion.co.jp/m/34.6947730555556_135.500949722222_10/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/18

「与太呂」のてっちり

 大阪には実に多くのふぐやがありますが
 その中でも、おいしいふぐを
 気軽に食べさせる店の一つが
 この「与太呂」なのだと思います。
  
 今回行ってみたのは、道頓堀店。
 なんば界隈には、与太呂の道頓堀店の
 すぐそばに、与太呂の西店があり、
 さらに、浜藤、ふぐどんも軒を並べています。
 大阪ミナミのふぐ人気を
 改めて気づかせてくれますな。
Yotaro101117

 店に入り、テーブル席について
 てっちりを二人で二人前頼んでみました。
 どかーん!とふぐが、てんこ盛り。
 ふぐの身はもちろん、豆腐もでかい!
 
 一人前5,080円は、かなりお得な感じです。
 こりゃあ美味い!
 冬の入り口にさしかかり
 ただでさえ、鍋が美味い季節だと言うのに
 ふぐの風味がたまらない。
 最高です。
 
http://www.mapion.co.jp/m/34.6654527777778_135.501419444444_10/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/15

北新地の「あも珍」

 北新地には昼食が美味しくて
 お手頃な店が多いというのは
 すでにここで紹介した通り。
 この「あも珍」もそんなお店の一つです。
Amochin101112

 定食が3~4品ほどあって
 どれを選んでもお値段1,000円。
 ボリュームたっぷりで美味しい昼定食に
 さらにコーヒーまで付いてくるのですから
 お値打ち感は最高です。
Taicha101112

 本日、頼んでみたのは、鯛茶定食。
 うむ。
 このようなところに、昼に鯛茶を
 食べさせる店があったのだなあ、と
 まずは感激。
 
 そして、食べて感激。
 お腹いっぱい!!
 とても得した感のある
 あも珍の鯛茶定食でした。
 グッド!!
http://www.mapion.co.jp/m/34.6926922222222_135.499328611111_10/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六甲山ホテルの和食「瀬戸」

 六甲山ホテルには、
 和食、洋食そして、ジンギスカンテラスという
 三種のレストランがありますが、
 今回は、その中の和食「瀬戸」に行ってきました。
Seto101113

 頂いたのは、宿泊とセットの会席御膳。
 贅沢な内容ではなく、茶碗蒸しに始まって
 鯛と鮪のお造り、野菜の焚き物に天ぷら。
 実に適量な晩ご飯になりました。

 食事の後は、水菓子(柿)が出て、
 さらに、今回は結婚記念日だと話をしたら
 では、お祝いに!と、
 コーヒーをサービスしていただきました。
Coffee101113

 28年前に結婚披露宴を挙げたホテルにて
 お祝いがコーヒー一杯とは、
 ちょっと寂しいものもありますが、、、
 本来あるはずもないサービスを
 していただける心意気が嬉しいですね。

 ありがとうございました!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/12

下鴨茶寮の六角弁当

 これは、上品。
 もちろん、美味しいのは折り紙付き。
 それ以前に見て楽しい!
 本来のお弁当の持つべき魅力が満載された
 下鴨茶寮のお弁当なのであります。
Rokkakuout101110

 きょう紹介するのは、六角弁当。
 にじみ出るように上質な包みをほどき
 静かにふたを取りのぞき
 ようやく、お弁当の姿を拝むことができます。
Rokkakuin101110

 眺めて、そして、いただいて
 隙がない!というのが実感。
 ご飯は、季節のもので、
 今回は松茸の炊き込みご飯。
 全体的に薄味を基盤としながらも
 しっかりとした味付けには、参った!!
 
 また、すぐに食べてみたいと思わせる
 下鴨茶寮謹製のお弁当なのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/01

手頃で美味い、寿司「くるくる丸」

 阪神西宮駅のすぐ南。
 駅に隣り合わせている感じで
 まずは立地が抜群ですな。

 安い、美味しい。
 ビールもうまくて安い!
Kurukurumaru101031

 さらに、
 店構えは回転寿司屋なのですが、
 回転台には寿司はほとんど乗ってなくて
 あたかも通常の寿司屋のカウンターで食べるかのごとく
 注文して、そのたびに握ってもらうのであります。
 そして、たまに、その中のいくつかが回転台に乗る感じ。
 
 とまあ、回転寿司の中では
 かなりのハイスコアがゲットできるのではないでしょうか。
 2人で茶碗蒸し一つずつと寿司10皿(20貫)食べて、
 生ビールを3杯飲んで、3,000円だったか。

 庶民派としては、くせになりそう。
 寿司は、やっぱり回転寿司。
 しかも、くるくる丸が最高ですな。。。
http://www.mapion.co.jp/m/34.7332941666667_135.341782222222_9/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/31

久しぶりに、ふぐの「でん」

 ふぐの「でん」は、静かな場所にあります。
 JR桜ノ宮駅の東口から徒歩で1~2分。
 華やかな場所ではなく、ひっそりと営業しているところが
 使い勝手の良さにもつながっています。

 以前、会社オフィスがOAPタワーだった頃には
 頻繁に利用したものですが、
 今の中之島に移ってからは、あまり行かなくなりました。
 もっとも不景気になってきて
 いかな関西においても、
 頻繁にふぐを食べることができなくなってきたことも
 背景には、あるのだと思います。
Den101028

 久しぶりに送別会で使ったふぐの「でん」は
 ふぐはおいしい、お値段は手頃、
 掘りごたつの個室がまた最高でした。
 ごちそうさま!!
http://www.mapion.co.jp/m/34.7005836111111_135.5258275_10/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/16

谷六の蕎麦「文目堂」

 文目堂と書いて「あやめどう」と読みます。
 谷町六丁目、というのか十二軒町と言うのか
 あまり目立たない場所で営業しています。

 味噌豆腐をお箸でつまみつつ
 ビールに続いて日本酒が進む。
 そこで登場!鴨の塩焼き。
 美味、美味。
 しばし、言葉も少なくなります。。。
Ayamekamoshio101015

 そして、締めはもちろん、ざる蕎麦!となります。
 いやはや。
 お蕎麦の名店らしく
 その風味は見事。
Ayamedou1010


 山葵でつるり。
 つゆにつけてつるり。
 上質なお蕎麦を堪能できました。
 
 満足。。。
http://www.mapion.co.jp/m/34.6731780555556_135.518781111111_10/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/15

天神橋筋7丁目の蕎麦「たかま」

 大阪でおいしい蕎麦と言えばここ
 と聞いて、初めて行ってきました
 天神橋筋7丁目の
 蕎麦「たかま」です。

 味噌豆腐に始まり、だし巻き
 そして子持鮎煮。
 かたや、飲み物は、
 冷たいビールに続いておいしい吟醸酒。
Takamadashimaki101014


 こおりゃあたまらん。
 そして、とどめは盛りそば!
 うむ。
 確かに、この蕎麦のおいしさは
 半端じゃない。
 蕎麦自体のおいしさ、ヒヤリとして
 びちゃっとしないしっかりした食感、
 添えてあるワサビとネギの質もグッド。
Takamamorisoba101014

 しばし、つゆも使わず
 ワサビを付けてつるりとやってました。
 幸せな味わいです。
http://www.mapion.co.jp/m/34.7106813888889_135.513881111111_9/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北新地の串カツ「凡」

 ランチタイムに串カツと聞いて
 ちょっと身が引いたのですが、
 なんとまあ、嬉しい勘違いでした。

 こんなにおいしい串カツは
 そうは食べたことなし。
 旬の松茸に始まり、おいしい黒牛、
 そしてフォアグラ他。
 素晴らしい食材の串カツが続きます。
Bon101014main


 ノンアルコールビールを
 ぐびぐびやりながら、
 抜群にうまい!串カツに
 舌鼓を打ったのでありました。
 
 ランチの特別メニューだったかな?!
 お値段3,000円なり。
http://www.mapion.co.jp/m/34.6935205555556_135.499946666667_10/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/01

ステーキハウス「チャコール」(難波)

 場所は便利。道頓堀、御堂筋右側です。
 そして、お値段は手頃。
 普段着感覚でステーキが楽しめる
 そんな店が「チャコール」なのであります。
Chacoal100930

 写真は特選テンダーロインステーキ200グラム。
 5000円なり。
 庶民のちょっとした背伸びは
 このくらいがちょうど良いのであります。
 
 グッド、グッド!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「華味鳥」西梅田別館。

 博多「華味鳥(はなみどり)」が正しい店の名前のよう。
 日本全国に多くのチェーン店がありますが、
 きょうは西梅田の別館に行ってきました。
 ビルの10階。
 なかなか綺麗な店で好感が持てます。
Hanamidori100927

 鳥三昧の会席に飲み放題もついて
 お値段とてもお手頃なのが、また、よし。
 が、しかし、、、
 あまりに鳥ばかりだと、飽きもくるなあ。
 ちょっと残念。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琴平温泉「とら丸旅館」

 金比羅様参りのための宿泊ですから
 食事も必要最小限の贅沢さ加減がちょうどよし。
 Toramarudinner100925


 金比羅様の奥社まで1300段強の石段を上がり
 疲れた足腰を暖かい温泉で癒す。
 その後、冷たいビールで体を内側から癒し直し
 おいしい食事で仕上げる、って感じでしょうか。

 朝は、朝で、朝風呂を浴びて
 石段の参道の土産物屋を少し冷やかして
 その後、軽い朝食をいただくのが良し。
Toramarubf100926


 食事の内容以上に、心の贅沢を感じることのできる
 琴平温泉の「とら丸旅館」なのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うどんの「吉田家」金比羅参道。

 うどんと言えば、讃岐。
 香川県の名物ですから、金比羅様の参道でも
 たくさんのうどん屋を見つけることができます。
 
 この「吉田家」は、参道の石段にしてちょうど100段目くらい。
 金比羅参りで石段を上りはじめて、最初の休憩時間にあたる
 ちょうどよい頃合いの場所で営業しています。

 頼んでみたのは、かやくうどん。
Yoshidaya100925

 歯ごたえのある讃岐うどんは、とても美味。
 旅のるんるん気分にビールのうまさも手伝って
 素晴らしいひとときを味わうことができます。
 最高です。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/25

「伊藤ダイニング」のステーキランチ

 北新地には、お得なランチを食べられるお店が多いのですが、
 この「伊藤ダイニング」もその一つです。
Itohdining01

 場所は、北新地の北東。
 2号線から少し入ったところにあります。
 JR北新地駅の東寄りエスカレーターを上がってすぐ。
 ビルの表階段もしくはエレベーターで二階へ上がれば
 そのまま店に入ることができます。
 とても便利な場所にあります。
Itoh02

 カウンターに座り、目の前で焼いてもらいます。
 昼はガーリック控えめにして、ご飯と一緒に食べる
 ステーキランチはおいしくて、お値段も割安で最高。
 心身ともに満たされる、
 とても贅沢なランチをいただくことができます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/24

法善寺の「正弁丹吾(しょうべんたんご)亭」

 老舗の集まる法善寺横町の中でもかなりの老舗。
 一風変わった名前なことでも知られています。
 正弁丹吾と書いて「しょうべんたんご」と読む。
 この命名にも由来があるのだそうです。
Shoben10092301

 おいしい突き出しを、まずは冷たい生ビールでいただく。
 これが上品でなかなか良い。
 店のお奨めに従って、シマアジの西京焼きと
 自分の好みで野菜の焚き物をいただく。
Shoben10092302

 これまた、上品なお味が良し。
 そして、最後は「鯛茶漬け」で締め。
 腹一杯のつもりだったのですが
 やはり、鯛茶は別腹ものでした。

 お値段ともに、大満足。。。 

 http://www.mapion.co.jp/m/34.6649577777778_135.505279722222_10/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラン・カフェ(ヒルトンプラザウェスト)

 場所は超のつく便利さ。
 まさに大阪駅前のヒルトンプラザウェスト6階に
 「グラン・カフェ」は、あります。
 広々としながらも奇麗で整然とした店内はグッド。
 落ち着いて昼食がいただけます。

 メニューはセットメニューがメイン。 
 きょうは、BLETサンドを頼んでみました。
Hiltoncafe100923

 添えられたポテトチップスが
 冷たいビールに、また良くあうこと。
 とても贅沢な気分になれたランチタイムでした。
 
 ※ただし、この日は劇団四季「ウィキッド」の観劇待ちの客で
  落ち着かない小さな子供がいたのがいただけない。
  子供を静かにさせるのは、店の義務か親のマナーか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/26

たん熊 北店の「天ぷら御膳」

Tankumagate1008
 中之島のリーガグランドホテルがなくなって以降
 中之島及び北新地界隈でホテルの昼食と言えば
 ANAクラウンプラザホテルがメインになりました。
 このホテルの6階にあるのが、たん熊北店。
 質が高く、お客さんを連れていっても安心です。 
Tankumatenpura1008
 この日は、昼のメニューから
 天ぷら御膳を頼んでみました。
 
 このゴージャスな感覚がよし。
 また、とても美しいのも売りですね。
 お値段少し高めですが、
 毎日でも行きたくなる、たん熊の昼食なのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/04

上海楼の冷麺 二種!

 関東では冷やし中華と呼ぶのでしょうが
 関西では、冷麺。
 レイメンと発音します。

 さて、きょう紹介するのは、大阪市北区にある上海楼横堀のお店。
 昼飯どきに、ちょいと粋な長い路地を入って行くと
 満席の店内の熱気が表にまで伝わってきます。
Shanghigate100803

 客がさまざまなメニュー楽しんでいるところを見ると
 要するに、なんでもおいしいのだと思います。
 
 が、我々が頼んだのは、暑い夏なので、冷麺。
 冷麺にも種類があって、
 左が、友人が頼んだねぎ冷麺。 
 右が私が頼んだ五目冷麺なのであります。
Shanghi100803

 他人のなんとかではないでしょうが、
 白ねぎの冷麺もやたらおいしそう。
 もちろん、五目冷麺もおいしかったのですが、、、
 次回は必ずねぎ系の麺をオーダーするぞと
 固く誓いつつ、再び、長い路地を帰ってきたのであります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/02

奈良ホテル「三笠」のランチコース

 木造の落ち着きあるたたずまいに、
 古の奈良の歴史をずず~んと感じます。
 そのような最も奈良らしい建物の一つ
 奈良ホテルのメインダイニングが「三笠」。
 今回は、その「三笠」にて、
 ランチメニューをいただいてきました。
Narahze100530
 まずは、上品な前菜が嬉しい。
 次にスープが出てきて、
 メインディッシュは、仔牛のなんだったか??
 とほほ、浅学。。。
Narahmain100530

 最後は、お約束のデザートをいただいて
 本日の上品なランチはおしまい!となるわけですな。
Narahdes100530
 奈良ホテルは、その外観を眺めるだけでも
 立派な奈良観光の一環になります。
 そんな美しい場所で冷たいビールを喉で味わいながら
 食べるランチのおいしさよ!
 
 感動!!
 
 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/05/20

北新地「ふぐまる」で、ハモ焼き。

 店の名前が「ふぐまる」なのだから
 やはりフグがメインの店なのであります。
 が、今の季節は、ハモもおいしいとのことで
 フグのセットにハモ焼きを加えてもらいました。
Hamoyaki100519

 いやあ、これはおいしい!
 ハモの味覚と香ばしさ。
 焼くこともまた、楽しいという
 良い良いずくめの夏の味覚。
 ハモの虜になってしまいそうですな。。

 http://www.mapion.co.jp/m/34.6946591666667_135.501520277778_10/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/18

ラ・トゥール(スイスホテル大阪)

 ニンニクがあまり好きじゃない私めが
 西洋料理をいただくとなると、
 イタリアンではなく、フレンチ!になりやすい。
 
 今回行ってきたのは、
 スイスホテル大阪の10階にて営業している
 ラ・トゥールであります。
Lat1

 フレンチは、一種独特の華奢な美しさとでもいうのか
 それとも繊細といえばよいのか。
 食べる以上に目も楽しませてくれます。
Lat2

 今回はフルコースをいただいてきたのですが、
 少しずつ食べているようでお腹が一杯になってしまうのは
 日本料理の懐石と一緒ですな。
 でも、満腹にして満足なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北新地「いなば播七」のお赤飯

 北新地の「いなば播七」と言えば、老舗のお菓子屋さん。
 菓子を作る店はあんこを作るので小豆も扱う。
 だから、お赤飯も売っていると言うわけですな。
 きっと。。

 このような老舗で買うと、お赤飯もこのように
 綺麗なおべべに包まれます。
Banshichi1

 中の包装も、老舗らしくて、なんだか嬉しい!
Banshichi2

 そして、すべてをあけると、お赤飯が出てきます。
 ごま塩が付いて520円だったかな。
Banshichi3

 で、おいしかったかって?
 うむ。
 ご飯がぐちゃっとしていて、残念!!
 包装を解くまでが一番嬉しいひとときでした。

 http://www.mapion.co.jp/m/34.6944_135.501938611111_10/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«名古屋は錦の寿し処「圓山(まるやま)」